1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Scratch
  6. »
  7. Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

今回も、小学生からのScratchスクラッチ入門、はじめていきます。

前回、「Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門」では、Scratchを使ってシューティングゲームを作りました。
今回はピアノの鍵盤けんばんを作って、音をらしてみましょう。

目次
  1. プロローグ
  2. ピアノ鍵盤けんばん素材そざい
  3. プロジェクト名を変更する
  4. スプライトをScratchに読み込む
  5. 鍵盤けんばん複製ふくせいしよう
  6. 鍵盤をけんばんならべる
  7. スプライトに名前をつけよう
  8. 鍵盤けんばんすと音がなるようにしよう
  9. まとめ

プロローグ

アル

ドーレーミー

りこ

あ、アル。ピアノいてるの?

アル

うん、全然弾けないけど

山田

だったら、Scratchスクラッチ簡易的かんいてきなピアノ鍵盤けんばんを作って、演奏えんそうしてみたらどうだべか?

アル

そんなことできるの!?

りこ

すごい、私もやってみたい!


今回作成するものはこちらです。
はたマークを押して、鍵盤を押すと弾くことができます。

ピアノ鍵盤けんばん素材そざい

今回使用する素材についてです。

山田

今回使う素材そざいだべ。下の画像を右クリックして、さらに「名前を付けて画像を保存」をクリックして、自分のパソコンに保存するべ

白鍵A

白鍵B

白鍵C

黒鍵

山田

ちなみにこの素材は、「自分が作りました」と言わない限り、どう使ってもいいべよ。
ただ他のサイトで公開こうかいしている素材は、その規約きやくまっていることが多いから、ちゃんと確認かくにんして使うべよ

※素材を使って生じたいかなる損害そんがいも、山田先生も管理人も一切責任を負いません。
報告ほうこく不要ふようです。しかし「使ったよ」といっていただければ、山田先生と管理人は喜びます。

プロジェクト名を変更する

ではまず、プロジェクト名を変更しましょう。

りこ

どんなふうになるのかな

スプライトをScratchに読み込む

さきほど保存ほぞんした画像をScratchスクラッチに読み込んでいきます。

まずは最初さいしょから入っているねこのスプライトを「×」を押して削除さくじょしましょう。

山田

この猫はわだずの永遠えいえんのライ……

アル

毎回毎回……もういいよ!

スプライトリスト右下の猫(犬?)のマークにマウスカーソルを合わせ、出てきた「スプライトをアップロード」のボタンをクリックします。

これでステージとスプライトリストに鍵盤けんばんが読み込まれました。

鍵盤が読み込まれた
りこ

でもこれじゃあ鍵盤の数が足りないよ

山田

そんなときは、じゃんけんゲームの時にも紹介した「複製ふくせい」を使うべ

鍵盤けんばん複製ふくせいしよう

続いて、鍵盤けんばん複製ふくせいします。

山田

複製のやり方は覚えているべか? スプライトリストで複製したいスプライトを右クリックして「複製」を選べばいいべよ

右クリックして「複製」
りこ

いくつか複製する必要があるよね

山田

そうだべ。なので複製して次の数だけ作って欲しいんだべ

鍵盤はいくつか複製する必要があります。
hakken_a : 全部で2つ
hakken_b : 全部で2つ
hakken_c : 全部で3つ
kokken : 全部で5つ

りこ

hakken_aはさっき複製したから、もうしなくていいね

するとこのように鍵盤がたくさんになりました。

たくさん複製された
りこ

わぁ、たくさん表示されたね

鍵盤をけんばんならべる

続いて、鍵盤けんばんならべていきます。

山田

次は鍵盤のスプライトをピアノの鍵盤みたく並べていくべよ

では鍵盤画像のように並べてみましょう。

さらにスプライトリストの方も、ドレミの順番じゅんばんになるように並べ替えます。
スプライトリストからスプライトをクリックすると青く光り、対応たいおうしているスプライトがどれか分かります。

スプライトリストから スプライトをクリックすると 青く光る

これを使って、スプライトリストのスプライトの順番をドレミの順(鍵盤の並び)にならべ変えます。

スプライトをドラッグで 順番を変える
アル

並べ替えたよ……でもすごくたくさん。もうどれがどれだか分からないよ

山田

そんな時はスプライトに名前をつけるといいべよ

スプライトに名前をつけよう

つづいて、スプライトに名前をつけていきます。

山田

じゃあ、スプライトに名前をつけていくべよ

スプライト名を変更します。
まずスプライトリストから、名前を変えたいスプライトを選び、「スプライト」の部分を変更します。
今回は「ド」にしました。

同じように全てのスプライトに名前をつけましょう。

すべてのスプライト名を変更
りこ

これで分かりやすくなったね!

鍵盤けんばんすと音がなるようにしよう

つづいて、鍵盤けんばんすと音がなるようにしていきます。

山田

つづいて、音が出るようにするべよ

アル

わーい、すごいすごい!

山田

音が出るようにするには「拡張機能かくちょうきのう」を使う必要ひつようがあるから、それもふくめて紹介しょうかいするべよ!

まず、「ド」のスプライトを選択せんたくし、「イベント」から「このスプライトがされたとき」をスクリプトエリアにドラッグします。

続いて、画面左下の「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

「音楽」の拡張機能を追加します。

これで「音楽」の拡張機能が追加されました。

「音楽」の拡張機能が追加された

「60の音符を0.25拍鳴らす」をドラッグし、「このスプライトが押されたとき」につなげます。

この60と言うのがScratchスクラッチでは「ド」の音になります。

では、今作った一番上のブロックをドラッグして、「ド#」のスプライトにコピーします。

「ド#」のスプライトを選択し、「60」の部分をクリックします。
すると鍵盤が表示されるので、画像のように音をド#にします。すると、数値すうちが「61」に変わります。
この61がScratchでは「ド#」の音になります。

一番上のブロックをドラッグして、「レ」のスプライトにコピーします。

「レ」のスプライトを選択し、「61」の部分をクリックします。
表示された鍵盤から、画像のようにレを選択します。すると、数値が「62」に変わります。
この62がScratchでは「レ」の音になります。

同じように、レ#〜シの音も作ります。
これでScratch上でのピアノの完成です。

鍵盤を押すと、音が出ます。

まとめ

今回はScratchスクラッチ上で音が出せるピアノを作りました。

りこ

わー、音が出てる。楽しい!

アル

うん! これでチューリップが弾ける! 山田先生もいてよ

山田

てやんでぇ、べらぼうめ! ねこふんじゃっただべよ……あれ、鍵盤けんばんが足りないべ

りこ

でも、同じようにやれば、鍵盤を増やすこともできそうだね

山田

自分でカスタマイズするのも楽しいべな。これからも色んなプログラミングのやり方をしっかりとを学ぶべよ

りこ

はーい!

アル

はーい!

この企画の一覧はこちら

  1. 小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?
  2. Scratchの使い方と、ゲーム作りの基礎知識を学ぼう! 小学生からのプログラミング入門
  3. Scratchでじゃんけんゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門
  4. Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門
  5. Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門
  6. JavaScriptでおみくじを作ろう! 小学生からのプログラミング入門
  7. JavaScriptで今月の残り日数を計算してみよう! 小学生からのプログラミング入門
  8. JavaScriptで画像を表示してみよう! 小学生からのプログラミング入門
  9. JavaScriptで画像を移動してみよう! 小学生からのプログラミング入門
  10. 【JavaScript】キー入力でキャラを動かしてみよう! 小学生からのプログラミング入門
  11. 【JavaScript】ファイルを分けて管理してみよう! 小学生からのプログラミング入門
  12. 【JavaScript】オブジェクトを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  13. 【JavaScript】ゲームのメインループを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  14. 【JavaScript】キャラを決まった間隔ずつ動かす! 小学生からのプログラミング入門
  15. HTML5とCanvasを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  16. 【JavaScript】迷路やRPGで使えるマップを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  17. 【JavaScript】マップでキャラを動かせるようにしよう! 小学生からのプログラミング入門
  18. 【JavaScript】クラスの概念をしっかりと理解しよう! 小学生からのプログラミング入門
  19. 【JavaScript】プログラム全体をクラスを使って作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  20. 【JavaScript】文字を表示するクラスを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門
  21. 【JavaScript】改行と一文字ずつ画面に表示する方法! 小学生からのプログラミング入門
  22. 【JavaScript】ノベルゲーム風にキー入力で文字を切り替える方法! 小学生からのプログラミング入門
  23. JavaScriptでRPGを作ろう!スマホにも対応したゲームの作り方
  24. webpackを使ってゲームエンジンを作ろう!(JSライブラリの作り方)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

迷路やRPGで使えるマップを作ってみよ!

【JavaScript】迷路やRPGで使えるマップを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回はHTML5とCanvasを使って、キャラクターがキーボードの入力《にゅうりょく》で移動《いどう》するところまで、紹

【Mac】Gitのダウンロードとインストールの手順

いらないファイルは残っているのに、欲しいファイルに限って見つからない@It_is_Rです。 前回「GitHubのアカウントを作成する方法」では、GitHubのアカウントを作成する方法を紹介しま

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、WEB開発で、JavaScriptは必須といっても過言ではありません

enchant.js100行未満!!本格シューティングゲーム作り方

昨日歩き回ったせいで、足がかなり痛い@It_is_Rです。 さて、今回はenchant.jsのネタです。enchant.jsを使うと、javascriptのプログラムがものすごく簡単に書けてし

java

Javaでじゃんけんゲームを作ろう。サンプルコードあり!

※追記(2018/8/29) より分かりやすい記事になるよう修正しました。 今回はJavaを使って、じゃんけんゲームを作る方法を紹介します。 eclipseがインストールされており、Java

【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

スマホの充電がいつの間にか無くなっている@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、10回目となりました。 前回、様々なレイアウトの使い方を紹介しましたが、今回はその中でもちょっと難しい

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

とってもかんたん!iPhoneアプリ開発

SwiftUIでじゃんけんゲームを作ろう。かんたんiPhoneアプリ開発入門

SwiftUIは、2019年にアップルが発表したフレームワークです。 SwiftUIを使って、iPhoneで遊べるじゃんけんゲームを作成してみましょう。 この入門ではXcodeを使いますので、

JavaScriptでRPGを作ろう!スマホにも対応したゲームの作り方

みなさんこんにちは。今日も楽しくプログラミングを学んでいきましょう! これまでの講座《こうざ》で、JavaScript《ジャバスクリプト》によるゲーム開発《かいはつ》の方法が、なんとなくでも分

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です