1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。

Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。
今回はBootstrap4を使ったボタンの作り方を紹介していきたいと思います。

目次
  1. ボタンの作り方の基本
  2. 色、デザインの指定
  3. サイズの指定
  4. 状態の指定
  5. トグル ( toggle )
  6. まとめ
  7. 参考サイト

ボタンの作り方の基本

ではまずボタンの作り方の基本を紹介していこうと思います。
「btn」というクラスと、ボタンのデザインやサイズを示すクラス(btn-xxxx)と組み合わせて使うことで、色々なパターンのボタンを作ることができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-lg" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-sm" type="button">buttonタグ</button>

上の例では、buttonタグを使いましたが、aタグやinputタグも使うことができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<input class="btn btn-primary" type="button" value="Inputタグ">
<a class="btn btn-primary" href="#" role="button">aタグ</a>

色、デザインの指定

色の指定をしてみましょう。
次の例をご覧ください。

<button type="button" class="btn btn-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-dark">Dark</button>
<button type="button" class="btn btn-link">Link</button>

また、アウトラインデザインのボタンを作ることもできます。

<button type="button" class="btn btn-outline-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-dark">Dark</button>

サイズの指定

.btn-lg, .btn-sm, .btn-blockで、ボタンのサイズを指定することもできます。
また、.btn-blockについては、「btn-lg」や「btn-sm」とも組み合わせることが可能です。

<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg">大きいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-sm">小さいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg btn-block">幅いっぱい</button>

状態の指定

ボタンの状態を指定することもできます。
まず「active」というクラスを使うことで、ボタンを押された状態に保っておくことができます。
また、buttonタグのdisabled属性を使うことで、そのボタンを無効状態にしておくことができます。
しかしボタンにaタグを使用している場合、クラスに「disabled」を使う必要があります。

<button type="button" class="btn btn-primary active" aria-pressed="true">アクティブ</button>
<button type="button" class="btn btn-primary" disabled>無効なボタン</button>
<a href="#" class="btn btn-primary disabled" role="button" aria-disabled="true">無効なボタン</a>

トグル ( toggle )

トグルとは、ボタンの ON OFF を切り替えられるようにするものです。
ボタンの初期値をONにする場合は、activeクラスと、aria-pressed="true"を使います。

<button type="button" class="btn btn-primary" data-toggle="button" aria-pressed="false">
	切り替え
</button>
<button type="button" class="btn btn-primary active" data-toggle="button" aria-pressed="true">
	切り替え
</button>

まとめ

Bootstrap4にはボタンで使える様々なクラスが含まれており、組み合わせることでより多くのパターンのボタンを作ることができます。
今回はボタンのサイズや色などの指定方法を紹介しましたが、さらにBootstrap4にはボタングループという機能も備わっており、それを使うことで複数のボタンをまとめることもできます。
ボタングループについては後日紹介する予定です。

興味のある方はぜひお試しください。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

FC2でブログを始めよう!誰でも簡単にできるブログの作り方

FC2ブログは、FC2が運営する無料でブログを開設できるサービスです。(有料版もあります) また、FC2のサービスには、動画、ライブ配信、アフィリエイト、小説など、様々なものがあります。 今回

Node.js

Windows10にNode.jsをインストールする方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。今回は、Windows10にNode.jsをインストールする方法を紹介していきます。 また、Macを使っている場合は「MacにNode.jsをインスト

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

プログラミングのクラスってなぁに?

【JavaScript】クラスの概念をしっかりと理解しよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回はマップ上をキャラクターが自由に動くことができるようにしました。 今回はES6から使われるようになった「クラス

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

何だか今日はトイレが近い。@It_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

scratch

Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門

さて、プログラミングの勉強をはじめていきましょう! 前回の「Scratchでじゃんけんゲームを作ろう!」では、じゃんけんゲームの作り方を学びました。今回は、もうちょっと本格的(ほんかくてき)な

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です