1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。

Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。
今回はBootstrap4を使ったボタンの作り方を紹介していきたいと思います。

ボタンの作り方の基本

ではまずボタンの作り方の基本を紹介していこうと思います。
「btn」というクラスと、ボタンのデザインやサイズを示すクラス(btn-xxxx)と組み合わせて使うことで、色々なパターンのボタンを作ることができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-lg" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-sm" type="button">buttonタグ</button>

上の例では、buttonタグを使いましたが、aタグやinputタグも使うことができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<input class="btn btn-primary" type="button" value="Inputタグ">
<a class="btn btn-primary" href="#" role="button">aタグ</a>

色、デザインの指定

色の指定をしてみましょう。
次の例をご覧ください。

<button type="button" class="btn btn-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-dark">Dark</button>
<button type="button" class="btn btn-link">Link</button>

また、アウトラインデザインのボタンを作ることもできます。

<button type="button" class="btn btn-outline-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-dark">Dark</button>

サイズの指定

.btn-lg, .btn-sm, .btn-blockで、ボタンのサイズを指定することもできます。
また、.btn-blockについては、「btn-lg」や「btn-sm」とも組み合わせることが可能です。

<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg">大きいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-sm">小さいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg btn-block">幅いっぱい</button>

状態の指定

ボタンの状態を指定することもできます。
まず「active」というクラスを使うことで、ボタンを押された状態に保っておくことができます。
また、buttonタグのdisabled属性を使うことで、そのボタンを無効状態にしておくことができます。
しかしボタンにaタグを使用している場合、クラスに「disabled」を使う必要があります。

<button type="button" class="btn btn-primary active" aria-pressed="true">アクティブ</button>
<button type="button" class="btn btn-primary" disabled>無効なボタン</button>
<a href="#" class="btn btn-primary disabled" role="button" aria-disabled="true">無効なボタン</a>

トグル ( toggle )

トグルとは、ボタンの ON OFF を切り替えられるようにするものです。
ボタンの初期値をONにする場合は、activeクラスと、aria-pressed="true"を使います。

<button type="button" class="btn btn-primary" data-toggle="button" aria-pressed="false">
	切り替え
</button>
<button type="button" class="btn btn-primary active" data-toggle="button" aria-pressed="true">
	切り替え
</button>

まとめ

Bootstrap4にはボタンで使える様々なクラスが含まれており、組み合わせることでより多くのパターンのボタンを作ることができます。
今回はボタンのサイズや色などの指定方法を紹介しましたが、さらにBootstrap4にはボタングループという機能も備わっており、それを使うことで複数のボタンをまとめることもできます。
ボタングループについては後日紹介する予定です。

興味のある方はぜひお試しください。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. 【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!

何をやっても長続きしない@It_is_Rです。 このままでは人生さえも長続きしないかも知れない。 さて、しばらくぶりになってしまいましたが、今回は Android Studio 2.3.2 を

zsh

enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

曲を作っても、再生数が伸びない。@It_is_Rです。 やかましいわ。 ターミナルをカッコよくするシリーズ4回目です。 今回は enhancd というプラグインを使って cd コマンドを便利

WordPress テーマ自作 | 本格的に作りたい人が揃えるべきツールや知識。

時計を見るとなぜか悲しくなります。@It_is_Rです。 今回から、いくつかの記事に渡って、 WordPress のテーマ(テンプレート)を自作する方法を紹介していきたいと思います。 しかし、

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

enchant.js

enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみよう

前回の記事では、キャラが移動する時のアニメーションがありませんでした。 突っ立ったまま進んで行く、まるで幽霊の様な状態です。 これでは、キャラが生きてるのか死んでるのか分からない! というこ

wordpress

WordPress にウィジェット(サイドバー)を追加する方法。

サイドバーというより、頭がパーな@It_is_Rです。やかましいわ。 WordPress テーマ自作シリーズ、早くも第6回目です。 今回はウィジェット(サイドバー)を追加する方法を紹介します。

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。