1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。

Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。
今回はBootstrap4を使ったボタンの作り方を紹介していきたいと思います。

ボタンの作り方の基本

ではまずボタンの作り方の基本を紹介していこうと思います。
「btn」というクラスと、ボタンのデザインやサイズを示すクラス(btn-xxxx)と組み合わせて使うことで、色々なパターンのボタンを作ることができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-lg" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-sm" type="button">buttonタグ</button>

上の例では、buttonタグを使いましたが、aタグやinputタグも使うことができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<input class="btn btn-primary" type="button" value="Inputタグ">
<a class="btn btn-primary" href="#" role="button">aタグ</a>

色、デザインの指定

色の指定をしてみましょう。
次の例をご覧ください。

<button type="button" class="btn btn-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-dark">Dark</button>
<button type="button" class="btn btn-link">Link</button>

また、アウトラインデザインのボタンを作ることもできます。

<button type="button" class="btn btn-outline-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-dark">Dark</button>

サイズの指定

.btn-lg, .btn-sm, .btn-blockで、ボタンのサイズを指定することもできます。
また、.btn-blockについては、「btn-lg」や「btn-sm」とも組み合わせることが可能です。

<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg">大きいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-sm">小さいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg btn-block">幅いっぱい</button>

状態の指定

ボタンの状態を指定することもできます。
まず「active」というクラスを使うことで、ボタンを押された状態に保っておくことができます。
また、buttonタグのdisabled属性を使うことで、そのボタンを無効状態にしておくことができます。
しかしボタンにaタグを使用している場合、クラスに「disabled」を使う必要があります。

<button type="button" class="btn btn-primary active" aria-pressed="true">アクティブ</button>
<button type="button" class="btn btn-primary" disabled>無効なボタン</button>
<a href="#" class="btn btn-primary disabled" role="button" aria-disabled="true">無効なボタン</a>

トグル ( toggle )

トグルとは、ボタンの ON OFF を切り替えられるようにするものです。
ボタンの初期値をONにする場合は、activeクラスと、aria-pressed="true"を使います。

<button type="button" class="btn btn-primary" data-toggle="button" aria-pressed="false">
	切り替え
</button>
<button type="button" class="btn btn-primary active" data-toggle="button" aria-pressed="true">
	切り替え
</button>

まとめ

Bootstrap4にはボタンで使える様々なクラスが含まれており、組み合わせることでより多くのパターンのボタンを作ることができます。
今回はボタンのサイズや色などの指定方法を紹介しましたが、さらにBootstrap4にはボタングループという機能も備わっており、それを使うことで複数のボタンをまとめることもできます。
ボタングループについては後日紹介する予定です。

興味のある方はぜひお試しください。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. 【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

wordpress

WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPressみたいに私自身の人生もカスタムできたらいいのに。@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズは、公開しているサイトだけではありません。 管理画面をカスタマイズする

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ

CSS Button

サイト制作に!!CSSでマウスオーバーボタンの作り方。

新年初の記事です。とりあえず、あけましておめでとうございます。@It_is_Rです。 お正月……おそーがつ……おそまつ……おそ松さん。新年早々くだらないこと言ってないで早く記事を書けって話ですね。

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

Android アプリ開発入門! Android Studio のインストール手順。

人の笑顔が大嫌い。 @It_is_R です。 Android アプリ開発では、 Eclipse や Android Studio を使ってアプリを開発するのが一般的です。 一般的に言語は Ja

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。