1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。

Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。
今回はBootstrap4を使ったボタンの作り方を紹介していきたいと思います。

目次
  1. ボタンの作り方の基本
  2. 色、デザインの指定
  3. サイズの指定
  4. 状態の指定
  5. トグル ( toggle )
  6. まとめ
  7. 参考サイト

ボタンの作り方の基本

ではまずボタンの作り方の基本を紹介していこうと思います。
「btn」というクラスと、ボタンのデザインやサイズを示すクラス(btn-xxxx)と組み合わせて使うことで、色々なパターンのボタンを作ることができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-lg" type="button">buttonタグ</button>
<button class="btn btn-primary btn-sm" type="button">buttonタグ</button>

上の例では、buttonタグを使いましたが、aタグやinputタグも使うことができます。

<button class="btn btn-primary" type="button">buttonタグ</button>
<input class="btn btn-primary" type="button" value="Inputタグ">
<a class="btn btn-primary" href="#" role="button">aタグ</a>

色、デザインの指定

色の指定をしてみましょう。
次の例をご覧ください。

<button type="button" class="btn btn-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-dark">Dark</button>
<button type="button" class="btn btn-link">Link</button>

また、アウトラインデザインのボタンを作ることもできます。

<button type="button" class="btn btn-outline-primary">Primary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-secondary">Secondary</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-success">Success</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-danger">Danger</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-warning">Warning</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-info">Info</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-light">Light</button>
<button type="button" class="btn btn-outline-dark">Dark</button>

サイズの指定

.btn-lg, .btn-sm, .btn-blockで、ボタンのサイズを指定することもできます。
また、.btn-blockについては、「btn-lg」や「btn-sm」とも組み合わせることが可能です。

<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg">大きいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-sm">小さいボタン</button>
<button type="button" class="btn btn-primary btn-lg btn-block">幅いっぱい</button>

状態の指定

ボタンの状態を指定することもできます。
まず「active」というクラスを使うことで、ボタンを押された状態に保っておくことができます。
また、buttonタグのdisabled属性を使うことで、そのボタンを無効状態にしておくことができます。
しかしボタンにaタグを使用している場合、クラスに「disabled」を使う必要があります。

<button type="button" class="btn btn-primary active" aria-pressed="true">アクティブ</button>
<button type="button" class="btn btn-primary" disabled>無効なボタン</button>
<a href="#" class="btn btn-primary disabled" role="button" aria-disabled="true">無効なボタン</a>

トグル ( toggle )

トグルとは、ボタンの ON OFF を切り替えられるようにするものです。
ボタンの初期値をONにする場合は、activeクラスと、aria-pressed="true"を使います。

<button type="button" class="btn btn-primary" data-toggle="button" aria-pressed="false">
	切り替え
</button>
<button type="button" class="btn btn-primary active" data-toggle="button" aria-pressed="true">
	切り替え
</button>

まとめ

Bootstrap4にはボタンで使える様々なクラスが含まれており、組み合わせることでより多くのパターンのボタンを作ることができます。
今回はボタンのサイズや色などの指定方法を紹介しましたが、さらにBootstrap4にはボタングループという機能も備わっており、それを使うことで複数のボタンをまとめることもできます。
ボタングループについては後日紹介する予定です。

興味のある方はぜひお試しください。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

これまでのプログラム全体をクラスを使って作るべ!

【JavaScript】プログラム全体をクラスを使って作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、第13弾です。 前回はプログラミングにおける、クラスの使い方を学びました。しかし、まだクラスをどうやって使えばいいのか、ピンときていないかもしれません

WordPressのテーマを自作してみよう。テーマ開発の方法を徹底解説!

WordPressテーマの自作方法を紹介していきます。 今回はテーマ作成における知識や、ツール、ファイル構成、実際の作り方などを書いていきます。 WordPressのテーマを自作する上

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

GitHubのアカウントを作成する方法

Gitを使うとバージョン管理が簡単になりますが、それ以前に自分の頭の中を管理するのが大変な@It_is_Rです。 Gitの使い方をいくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。まず今回はG

文字を表示するクラスを作ろう!

【JavaScript】文字を表示するクラスを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重要なキ

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。 今回はPugでWordPressテーマを作る方法を少し紹介します。 詳しいテーマの作り方はこちらをご覧ください。 WordPressのテーマを自作

Homebrew

Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

enchant.js100行未満!!本格シューティングゲーム作り方

昨日歩き回ったせいで、足がかなり痛い@It_is_Rです。 さて、今回はenchant.jsのネタです。enchant.jsを使うと、javascriptのプログラムがものすごく簡単に書けてし

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です