1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。

enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないですか!別に良いんですけど。
これを変更したいと思うのは、Rだけではないはず。。。

実は、あのロード画面を変更する方法があるのを知っていますか?
今回はそのロード画面を変更する方法を、丁寧に解説していきたいと思います。

そのロード画面というのがこちらですね。
見るだけで、早くしろよと言いたくなります。これは画像ですよ、待ってても何も始まりません。

enchant.js

目次
  1. enchant.js、基本のプログラム。
  2. enchant.jsのロード画面を画像に変更する。
  3. ロードの状況を表示する。

enchant.js、基本のプログラム。

enchant.jsで開発している場合、基本的なプログラムは以下の様になっていると思います。かなり省略していますが。。。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);
	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

では、このプログラムを使って、ロード画面を画像に変更してみたいと思います。

enchant.jsのロード画面を画像に変更する。

では、早速画像に変更してみましょう。

ロード画面のシーンを作成する。

ロード画面を作る時は、まずロード画面のシーンを作成します。

var loadScene = new Scene();
と記述することで、loadSceneというシーンが作成されます。

シーンを作成したら、そのシーンでどのようにしたいかを、addEventListenerを使って作っていきます。

loadScene.addEventListener(‘progress’, function(e) {
});

を作って、この中に記述していきましょう。

使用する画像を用意します。

では、使用する画像を用意します。今回は単なる解説なので、かなりテキトーにマウスで描いた画像です。
文字は、プログラムで作ってもよかったのですが、今回は画像に直接書きました。この画像は大きいですが、実際に使ったのは320*320の大きさになおしています。

enchant.js

画像をロード画面に表示する

この画像をロード画面に表示してみましょう。以下のソースをaddEventListener内に書き込みます。

var loadImg = new Sprite(320,320);
loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
loadScene.addChild(loadImg);

更に、この画像ファイルをあらかじめ読み込んでおきたいので、addEventListenerの前に、game.preload(‘画像ファイル’);を記述します。

最後に、game.loadingSceneの中にloadSceneを入れてやります。つまり、元々のロード画面に上書きしてあげるわけです。

game.loadingScene = loadScene;

これで、画像を表示させることができます。

enchant.js

しかし、これではどれだけ待ってもロード画面からゲームへと切り替わりません!
そこで、以下のプログラムを追加します。

loadScene.addEventListener('load', function(e) {
	var core = enchant.Core.instance;
	core.removeScene(core.loadingScene);
	core.dispatchEvent(e);
});

これまでの、全体のコードはこうなりました。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);

	var loadScene = new Scene();	
	game.loadingScene = loadScene;

	game.preload('画像ファイル');
	loadScene.addEventListener('progress', function(e) {
		var loadImg = new Sprite(320,320);
		loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
		loadScene.addChild(loadImg);
	});
	loadScene.addEventListener('load', function(e) {
		var core = enchant.Core.instance;
		core.removeScene(core.loadingScene);
		core.dispatchEvent(e);
	});

	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

このように、好きな画像に変更してあげれば、カッコいいロード画面が作れる訳です。

ロードの状況を表示する。

でも、ただ画像を表示するだけでは、ゲームをプレイする人が、ほんとに読み込まれてるのかよと不安になります。
そこで、ロードの状況も表示してみましょう。

以下のコードは、ロードの状況を変数に代入する為の命令です。

var progress = e.loaded / e.total;
progress *= 100;
progress = Math.round(progress);

var progress = e.loaded / e.total;で、どれだけロードができたかを変数に入力できるのですが、これは小数点まで表示されてしまいます。
なので、100をかけて%表示にしてから、progress = Math.round(progress);で、四捨五入しています。

では、プログラムを作ってみましょう。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);

	var loadScene = new Scene();	
	game.loadingScene = loadScene;

	game.preload('画像ファイル');
	loadScene.addEventListener('progress', function(e) {
		var progress = e.loaded / e.total;
		progress *= 100;
		progress = Math.round(progress);

		var loadImg = new Sprite(320,320);
		loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
		loadScene.addChild(loadImg);

		var label = new Label();
		label.moveTo(200,290);
		label.text = "LOADING..." + progress;
		label.color = 'white';
		loadScene.addChild(label);
	});
	loadScene.addEventListener('load', function(e) {
		var core = enchant.Core.instance;
		core.removeScene(core.loadingScene);
		core.dispatchEvent(e);
	});

	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

enchant.js

ここまできて、「読み込み中です。」の必要なさに気がつきました。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

押入れが部屋になっている@It_is_Rです。 今回の記事はJavaScriptマンガ講座、2回目となりました。 この企画はJavaScriptをフザケまくって覚えようというものです。

【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!

何をやっても長続きしない@It_is_Rです。 このままでは人生さえも長続きしないかも知れない。 さて、しばらくぶりになってしまいましたが、今回は Android Studio 2.3.2 を

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

Homebrew

Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】

馬鹿は風邪を引かないといいますが、どうやら引いたようです。@It_is_Rです。 ちなみに、「馬鹿は風邪を引かない」ということわざは、「馬鹿は風邪を引いても気がつかない」という例えだって知ってました

【Xcode7】Swift2使ってみた。playgroundで遊びながら覚える。

最近は押入れの中で寝るのが日課の@It_is_Rです。 押入れは寝心地がいいです。部屋も押入れ分だけ広くなるし。 SwiftはAppleが出しているプログラミング言語です。Swiftを使うこと

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

【enchant.js入門】ガンシューティングゲームの作り方を完全解説!

enchant.jsを使ってガンシューティングゲームの開発を行なっていきます。 enchant.jsはゲームを作るのに特化したJavaScriptフレームワークです。 これを使うことで、Jav

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。