1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。

トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。
今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カード」という機能の使い方を紹介しようと思います。

目次
  1. カードの使い方の基本
  2. カードの中にタイトルを挿入する
  3. カードの中にリンクを挿入する
  4. 画像をボトムに配置する
  5. 画像の上に文字をかぶせる
  6. カードにヘッダーやフッターを作る
  7. まとめ
  8. 参考サイト

カードの使い方の基本

まず基本的なカードの使い方です。

「card」というクラスを使い、その中に画像やテキストを入れていきます。
下の例ではトップに画像を置くので、「card-img-top」というクラスをimgタグに指定します。

さらに内容部分には「card-body」クラスを指定し、テキスト部分には「card-text」クラスを指定します。
style="width: 280px;"を入れているのは、サイズを指定しないとサイズが最大になってしまうからです。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードの中にタイトルを挿入する

もしもブログなどの記事一覧を作成している場合は、カードの中にタイトルは必須となります。
では、カードの中にタイトルを挿入してみましょう。
追加したのは4行目です。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

また、「card-subtitle」クラスを使うことで、サブタイトルを挿入することもできます。
文字のサイズや色などは、各自設定する必要があります。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<h4 class="card-subtitle">サブタイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードの中にリンクを挿入する

カードの中にリンクを挿入する場合は「card-link」クラスを使います。
2つリンクを挿入することで、後ろ側のリンクにスタイルが当てられ、前後の間に隙間をあけることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<h4 class="card-subtitle">サブタイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
		<a href="#" class="card-link">リンク1</a>
		<a href="#" class="card-link">リンク2</a>
	</div>
</div>

画像をボトムに配置する

いままで画像をトップに配置していましたが、ボトムに持っていきたい場合、「card-img-bottom」クラスを使います。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
	<img class="card-img-bottom" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
</div>

画像の上に文字をかぶせる

画像の上に文字をかぶせるには、「card-img-overlay」クラスを使います。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-img-overlay">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードにヘッダーやフッターを作る

「card-header」クラスを使うと、カードにヘッダーを作ることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<h3 class="card-header">記事タイトル</h3>
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

また、「card-footer」クラスを使うと、フッターも作ることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<h3 class="card-header">記事タイトル</h3>
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
	<div class="card-footer">
		記事フッター
	</div>
</div>

まとめ

Bootstrapには便利な機能がたくさんあります。今回のカードもその一つです。
カードの機能を使うと、記事一覧ページなどをつくるのに役立ちます。その他工夫を加えて、かっこいいWebサイトを作っていきましょう。

以上、Bootstrap4でのカードの使い方についての紹介でした。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

このシリーズの一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、CSSフレーム

GitHubのアカウントを作成する方法

Gitを使うとバージョン管理が簡単になりますが、それ以前に自分の頭の中を管理するのが大変な@It_is_Rです。 Gitの使い方をいくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。まず今回はG

pipenvの使い方。MacにPython環境を構築する方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。今回はpipenvを使って、MacにPython環境を構築する方法を紹介します。 pipenvとは pipenvは、Pythonでの開発

【初心者向け】cdコマンドの使い方を分かりやすく解説!(Windows)

「cd」は、いま作業《さぎょう》しているディレクトリを移動《いどう》するためのコマンドです。 Windows《ウィンドウズ》でも、Mac《マック》(Unix)でも、使うことができますが、その使

Scratchでピアノを 作ってみよう!

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

今回も、小学生からのScratch《スクラッチ》入門、はじめていきます。 前回、「Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門」では、Scratchを使ってシ

【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!

何をやっても長続きしない@It_is_Rです。 このままでは人生さえも長続きしないかも知れない。 さて、しばらくぶりになってしまいましたが、今回は Android Studio 2.3.2 を使って

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げ

マップ上をキャラが移動できるようにしよう!

【JavaScript】マップでキャラを動かせるようにしよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回は、JavaScriptでのマップの作り方を紹介《しょうかい》しました。しかし、まだマップを配置《はいち》しただけで

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。今回は

WindowsにPythonをインストールしてみよう!小学生からのPython入門

さて、今回もプログラミングを学んでいきましょう! 前回までで、Scratch《スクラッチ》やJavaScript《ジャバスクリプト》でのゲーム開発《かいはつ》を体験《たいけん》し、RPGを作る

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。