1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。

トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。
今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カード」という機能の使い方を紹介しようと思います。

目次
  1. カードの使い方の基本
  2. カードの中にタイトルを挿入する
  3. カードの中にリンクを挿入する
  4. 画像をボトムに配置する
  5. 画像の上に文字をかぶせる
  6. カードにヘッダーやフッターを作る
  7. まとめ
  8. 参考サイト

カードの使い方の基本

まず基本的なカードの使い方です。

「card」というクラスを使い、その中に画像やテキストを入れていきます。
下の例ではトップに画像を置くので、「card-img-top」というクラスをimgタグに指定します。

さらに内容部分には「card-body」クラスを指定し、テキスト部分には「card-text」クラスを指定します。
style="width: 280px;"を入れているのは、サイズを指定しないとサイズが最大になってしまうからです。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードの中にタイトルを挿入する

もしもブログなどの記事一覧を作成している場合は、カードの中にタイトルは必須となります。
では、カードの中にタイトルを挿入してみましょう。
追加したのは4行目です。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

また、「card-subtitle」クラスを使うことで、サブタイトルを挿入することもできます。
文字のサイズや色などは、各自設定する必要があります。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<h4 class="card-subtitle">サブタイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードの中にリンクを挿入する

カードの中にリンクを挿入する場合は「card-link」クラスを使います。
2つリンクを挿入することで、後ろ側のリンクにスタイルが当てられ、前後の間に隙間をあけることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img-top" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<h4 class="card-subtitle">サブタイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
		<a href="#" class="card-link">リンク1</a>
		<a href="#" class="card-link">リンク2</a>
	</div>
</div>

画像をボトムに配置する

いままで画像をトップに配置していましたが、ボトムに持っていきたい場合、「card-img-bottom」クラスを使います。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<div class="card-body">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
	<img class="card-img-bottom" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
</div>

画像の上に文字をかぶせる

画像の上に文字をかぶせるには、「card-img-overlay」クラスを使います。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<img class="card-img" src="./img/280x150.png" alt="カード画像">
	<div class="card-img-overlay">
		<h3 class="card-title">記事タイトル</h3>
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

カードにヘッダーやフッターを作る

「card-header」クラスを使うと、カードにヘッダーを作ることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<h3 class="card-header">記事タイトル</h3>
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
</div>

また、「card-footer」クラスを使うと、フッターも作ることができます。

<div class="card" style="width: 280px;">
	<h3 class="card-header">記事タイトル</h3>
	<div class="card-body">
		<p class="card-text">カードの使い方の紹介ページです。</p>
	</div>
	<div class="card-footer">
		記事フッター
	</div>
</div>

まとめ

Bootstrapには便利な機能がたくさんあります。今回のカードもその一つです。
カードの機能を使うと、記事一覧ページなどをつくるのに役立ちます。その他工夫を加えて、かっこいいWebサイトを作っていきましょう。

以上、Bootstrap4でのカードの使い方についての紹介でした。

参考サイト

参考サイト : Bootstrap 公式ページ

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

HTML CSS

CSSでの円の作り方と、その上下左右中央に文字を表示する方法

サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。 円はCSSで簡単に作ることができます。 さらに今回はCSSで作成した円の中央に文字を置く方法も紹介します。 CSSでの

小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?

小学校でプログラミングを勉強しなくてはいけないことになり、「プログラミングなんてやったことないし、そもそもプログラミングってなんなんだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。 といっても、「

【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

スマホの充電がいつの間にか無くなっている@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、10回目となりました。 前回、様々なレイアウトの使い方を紹介しましたが、今回はその中でもちょっと難しい

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

小学校プログラミング必修化。どんなことを学べばいいの?

2020年からのプログラミング必修化において、お子さんのいる方は、「いったいどんなことを学べばいいんだろう?」、「プログラミングなんてまったく分からないのに、どうやって教えてあげればいいんだろう……

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】

馬鹿は風邪を引かないといいますが、どうやら引いたようです。@It_is_Rです。 ちなみに、「馬鹿は風邪を引かない」ということわざは、「馬鹿は風邪を引いても気がつかない」という例えだって知ってました

とってもかんたん!iPhoneアプリ開発

SwiftUIでじゃんけんゲームを作ろう。かんたんiPhoneアプリ開発入門

SwiftUIは、2019年にアップルが発表したフレームワークです。 SwiftUIを使って、iPhoneで遊べるじゃんけんゲームを作成してみましょう。 この入門ではXcodeを使いますので、

今月の残り日数を計算するべ!

JavaScriptで今月の残り日数を計算してみよう! 小学生からのプログラミング入門

さて、小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門、第2回目のはじまりです。今回は、JavaScriptでの演算(えんざん)の方法を学び、今月の残《のこ》り日数を計算してみましょう。

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です