1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Python
  6. »
  7. pipenvの使い方。MacにPython環境を構築する方法

pipenvの使い方。MacにPython環境を構築する方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。
今回はpipenvを使って、MacにPython環境を構築する方法を紹介します。

目次
  1. pipenvとは
  2. pipenvのインストール
  3. pipenvによる、プロジェクトの初期化
  4. pipenvとpyenvを組み合わせて使う
  5. 仮想環境に入る方法と、抜ける方法
  6. パッケージのインストール
  7. Pipfileを使ったパッケージのインストール
  8. まとめ

pipenvとは

pipenvは、Pythonでの開発環境を整えるのに便利な、パッケージ管理ツールです。npmやyarnといった、パッケージ管理ツールのPython版のようなものです。

また、仮想環境を構築することも可能です。
仮想環境を作るとどのようなメリットがあるかというと、プロジェクトごとに違うバージョンのPythonを使うことができたり、パッケージなどもプロジェクトごとに管理することができます。

pipenvのインストール

まず、pipenvのインストール方法です。

今回、pipenvのインストールにはHomebrewで行っていきます。まだHomebrewをインストールしていない方は、こちらの「Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ」を参考にしてください。

では以下のコマンドを実行します。

$ brew install pipenv

これでpipenvがインストールされます。以下のコマンドで確認してみましょう。

$ pipenv --version
pipenv, version 2020.11.15

このようにバージョンが表示されれば、インストールの完了です。

pipenvによる、プロジェクトの初期化

つづいて、pipenvを使ってプロジェクトの初期化をしていきたいと思います。
ひとつプロジェクトを作ってみましょう。

では「testproject」というディレクトリを作成し、そのなかに入ります。

$ mkdir testproject
$ cd testproject

さて、今回使いたいPythonは3.9.2(現在の最新安定版)です。
では以下のコマンドを実行しましょう。

$ pipenv --python 3
Creating a virtualenv for this project...

これでPython3で開発するためのプロジェクトを初期化することができました。
もちろん、もっと細かいバージョンの指定をすることもできます。

$ pipenv --python 3.9.2
Creating a virtualenv for this project...

このとき、pyenvやasdfがインストールされていれば、Macに入れていないバージョンのpythonが選択されたとき、自動的にインストールされます。それについては、このあと紹介します。

以下のコマンドで確認してみましょう。

$ pipenv run python -V
Python 3.9.2

ここでは、pythonコマンドpipenv runのあとに入力する必要があります。
これでPython3の最新安定版である3.9.2が使えるようになりました。

また、Python 3.9.1は、macOS Big Surをサポートする最初のバージョンとのことです。(https://www.python.org/downloads/release/python-391/)

この方法では、それ以前のPythonではWarning: The Python you just installed is not available on your PATH, apparently.というエラーが表示され、インストールは失敗してしまいます。

といっても、macOSにはPython 2.17.16が含まれています。これは過去のソフトウェアとの互換性のためにインストールされているようです。

pipenvとpyenvを組み合わせて使う

pipenvはpyenvと組み合わせて使うととても便利です。なんと、使いたいバージョンを指定するだけで、インストールまで自動で行なってくれます。

試しに、3.9.1を指定してみましょう。
まずはpyenvやasdfがインストールされていないときの場合です。

$ pipenv --python 3.9.1
Warning: Python 3.9.1 was not found on your system...
Neither 'pyenv' nor 'asdf' could be found to install Python.

Neither 'pyenv' nor 'asdf' could be found to install Python.というエラーが表示されてしまいました。

ではpyenvがインストールされているときの場合です。

$ pipenv --python 3.9.1
Warning: Python 3.9.1 was not found on your system...
Would you like us to install CPython 3.9.1 with Pyenv? [Y/n]: Y
Installing CPython 3.9.1 with /opt/homebrew/bin/pyenv (this may take a few minutes)...
Success! 

このように、Python 3.9.1がインストールされました。
では次のコマンドで確認してみましょう。

$ pipenv run python -V             
Python 3.9.1

無事、Python 3.9.1が使われています。

Python 3.9.2に戻すには、次のコマンドを実行します。

$ pipenv --python=3.9.2
Virtualenv already exists!
Removing existing virtualenv...
Creating a virtualenv for this project...
......
$ pipenv run python -V 
Python 3.9.2

仮想環境に入る方法と、抜ける方法

さて、ここまででそれぞれのバージョンのpythonコマンドを実行できるようになったのですが、いちいちpipenv runと入力するのは大変です。
しかし、仮想環境のなかに入ってしまえば、まるでMacにそのバージョンがインストールされているかのように使うことができます。

では仮想環境のなかに入ってみましょう!

$ pipenv shell       
Launching subshell in virtual environment...

これで、仮想環境に入ることができました。

ではpythonコマンドを入力してみましょう。

$ python -V
Python 3.9.2

さきほどの初期化のときに指定したバージョンのPythonを使うことができています。

では仮想環境から抜けてみましょう。

$ exit
Saving session...

これで仮想環境から抜けることができました。
python -Vを実行すると、Macにもともと入っていたバージョンが表示されます。

$ python -V
Python 2.7.16

パッケージのインストール

つづいて、パッケージのインストールについてです。
パッケージのインストールにはpipenv install <パッケージ名>を使います。

$ pipenv install flask
Installing flask...

pipenvコマンドは、仮想環境のなかからでも、外からでも、実行することができます。
仮想環境のなかであればpipコマンドも使えるのですが、pipenv install <パッケージ名>を使っておいたほうが、Pipfileの[package]にインストールしたものが記録されるので、別に同じ環境を作りたいときなどに便利になります。

Pipfileを使ったパッケージのインストール

さて、さきほどパッケージのインストールをしましたが、その情報はPipfileに記録されています。
つまり、別の仮想環境で同じパッケージをインストールしたいとき、Pipfileからインストールすることができます。

新しいプロジェクトを作ったら、Pipfileをそのフォルダにコピペして、以下のコマンドを実行します。

$ pipenv install                   
Creating a virtualenv for this project...

これでかんたんに、別の仮想環境でも同じパッケージをインストールすることができます。

まとめ

pipenvを使うと、かんたんにPython開発環境を構築できます。
また、pyenvと組み合わせて使うことで、Pythonのバージョンをかんたんに指定できるようになり、さらに便利になります。

以上、pipenvを使った、MacにPython開発環境を構築する方法でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。 このシリーズの前回の記事はこちらです。 【 WordPres

文字を一文字ずつ表示してみよう!

【JavaScript】改行と一文字ずつ画面に表示する方法! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 前回、画面に文字を表示するためのクラスを作ったのですが、それをも

MacにPythonをインストールしてみよう!小学生からのPython入門

さて、今回《こんかい》もプログラミングを学んでいきましょう! 前回はWindows《ウィンドウズ》にPython《パイソン》をインストールする方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》しました。今回

【Mac】ローカルにWebサーバを立ち上げる超簡単な方法!

JavaScriptを使ってWebページなどの開発をしていると、Google ChromeやSafariなどのブラウザでうまく開けない場合が稀にあります。 そんな時、ローカルにWebサーバを立ち上げ

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりやすく示

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

パスの書き方を覚えるべ!

パスの書き方を覚えよう。絶対パス、相対パス、ルート相対パスの違い

みなさん、こんにちは。今日もプログラミングの勉強《べんきょう》をはじめていきましょう。 今回は、パスの書き方について学びます。パスというのは、ファイルの場所《ばしょ》を、パソコンに教《おし》え

Node.js

Windows10にNode.jsをインストールする方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。今回は、Windows10にNode.jsをインストールする方法を紹介していきます。 また、Macを使っている場合は「MacにNode.jsをインスト

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テストです

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です