1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。

Androidアプリ開発、11回目となりました。
そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。

そこで今回は、アプリ開発の基本を学びながら、じゃんけんゲームを作ってみましょう。

このシリーズの前回の記事はこちらです。
【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

今回はこんな感じのゲームを作ります。
android studio

目次
  1. じゃんけんゲームの画面を作る
  2. ゲームが動くようにプログラムを作る
  3. 完成
  4. まとめ

じゃんけんゲームの画面を作る

まずはじゃんけんゲームの画面を作ってみましょう。
今回、TextViewも使いたいので、最初から入っているTextViewはそのままにしておきます。

ボタンを作る

じゃんけんゲームですので、「グー」、「チョキ」、「パー」のボタンが必要です。
このボタンは横一列に並べたいので、LinearLayout(horizontal)を使います。
android studio

ボタンを3つ作ります。
android studio

ボタンが一番上ではタップしにくいので、下の方に配置したいですね。
今回はLinearLayoutの高さを低くし、LinearLayoutごと一番下に持ってくる方法にしたいと思います。

LinearLayoutを選択し、layout_heightを60dpにします。
android studio

LinearLayoutの下の白い丸を一番下にドラッグします。
android studio

すると、レイアウトを下の方に配置することができます。

ボタンのテキストとIDを変更

次に、それぞれのボタンのテキストとIDを変更します。
それぞれのボタンを選択し、下の画像の様にtextとIDの部分を変更してください。
android studio

  • ID:rock text:グー
  • ID:scissors text:チョキ
  • ID:paper text:パー

といった感じにします。
android studio

TextViewの表示を変更

テキストビューのテキストを変更します。
Hello World! となっている部分を「じゃんけん」に変更しました。
android studio

また、テキストサイズの変更もします。
中央寄せはどちらでもいいと思いますがとりあえず。
android studio

IDはtextに変更しました。
android studio

こんな感じになります。
android studio

更にもう一つTextViewを追加します。
ボタンのレイアウトを配置した要領で、TextViewの上の白い丸を一番上までドラッグします。
android studio

IDを「subtext」
textを「最初はグー」
textSizeを「20sp」にしました。
android studio

こんな感じになります。
android studio

これで画面全体が完成しました。

ゲームが動くようにプログラムを作る

では、ゲームが動く様にしていきましょう。

MainActivity.java にプログラムを書いていきます。

MainActivity.java

package com.example.r.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;

import java.util.Random;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        final TextView text = (TextView)findViewById(R.id.text);
        final TextView subtext = (TextView)findViewById(R.id.subtext);
        Button rock = (Button)findViewById(R.id.rock);
        Button scissors = (Button)findViewById(R.id.scissors);
        Button paper = (Button)findViewById(R.id.paper);

        //opponentHand 1  "rock"
        //opponentHand 2  "scissors"
        //opponentHand 3  "paper"
        rock.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(1, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
        scissors.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(2, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
        paper.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(3, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
    }
    String changeTextOpponentHand(int hand) {
        String handText = "";
        if (hand == 1) handText = "グー";
        else if (hand == 2) handText = "チョキ";
        else if (hand == 3) handText = "パー";
        return handText;
    }
    int decideOpponentHand() {
        Random rnd = new Random();
        int hand = rnd.nextInt(3)+1;
        return hand;
    }
    void decideGame(int playerHand, int opponentHand, TextView decidetext) {
        String decision;
        if(playerHand == opponentHand) decision = "あいこ";
        else if((playerHand == 3 && opponentHand == 1) || (playerHand+1 == opponentHand)) decision = "勝ち";
        else decision = "負け";
        decidetext.setText(decision);
    }
}

17〜21行目
findViewByIdを使って、テキストやボタンを取得します。

26, 35, 44行目
グーチョキパーそれぞれのボタンが押された時の処理です。ここで、相手の出す手を考え、判定し、setTextで画面上のテキストを変更します。

54行目
相手の手の変数の数値によって、文字列を作るメソッドです。

61行目
相手の手をランダムで決定するメソッドです。

66行目
ゲームの判定をするメソッドです。

完成

完成したアプリはこんな感じです。
android studio

まとめ

今回はAndroidアプリ開発らしく、じゃんけんゲームを作りました。
ようやくアプリ開発をしたかって感じです。

この企画の一覧はこちら

  1. Android StudioをMacにインストールする方法
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordPressのテーマを自作してみよう。テーマ開発の方法を徹底解説!

WordPressテーマの自作方法を紹介していきます。 今回はテーマ作成における知識や、ツール、ファイル構成、実際の作り方などを書いていきます。 WordPressのテーマを自作する上

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

マップ上をキャラが移動できるようにしよう!

【JavaScript】マップでキャラを動かせるようにしよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、第11弾です。 前回は、JavaScriptでのマップの作り方を紹介《しょうかい》しました。しかし、まだマップを配置《はいち》しただけで、キャラクター

文字を一文字ずつ表示してみよう!

【JavaScript】改行と一文字ずつ画面に表示する方法! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 前回、画面に文字を表示するためのクラスを作ったのですが、それをも

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。今回は

文字を表示するクラスを作ろう!

【JavaScript】文字を表示するクラスを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重要なキ

迷路やRPGで使えるマップを作ってみよ!

【JavaScript】迷路やRPGで使えるマップを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座《こうざ》、第10弾です。 前回はHTML5とCanvasを使って、キャラクターがキーボードの入力《にゅうりょく》で移動《いどう》するところまで、紹介《しょうかい

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です