1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。

Androidアプリ開発、11回目となりました。
そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。

そこで今回は、アプリ開発の基本を学びながら、じゃんけんゲームを作ってみましょう。

このシリーズの前回の記事はこちらです。
【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

今回はこんな感じのゲームを作ります。
android studio

じゃんけんゲームの画面を作る

まずはじゃんけんゲームの画面を作ってみましょう。
今回、TextViewも使いたいので、最初から入っているTextViewはそのままにしておきます。

ボタンを作る

じゃんけんゲームですので、「グー」、「チョキ」、「パー」のボタンが必要です。
このボタンは横一列に並べたいので、LinearLayout(horizontal)を使います。
android studio

ボタンを3つ作ります。
android studio

ボタンが一番上ではタップしにくいので、下の方に配置したいですね。
今回はLinearLayoutの高さを低くし、LinearLayoutごと一番下に持ってくる方法にしたいと思います。

LinearLayoutを選択し、layout_heightを60dpにします。
android studio

LinearLayoutの下の白い丸を一番下にドラッグします。
android studio

すると、レイアウトを下の方に配置することができます。

ボタンのテキストとIDを変更

次に、それぞれのボタンのテキストとIDを変更します。
それぞれのボタンを選択し、下の画像の様にtextとIDの部分を変更してください。
android studio

  • ID:rock text:グー
  • ID:scissors text:チョキ
  • ID:paper text:パー

といった感じにします。
android studio

TextViewの表示を変更

テキストビューのテキストを変更します。
Hello World! となっている部分を「じゃんけん」に変更しました。
android studio

また、テキストサイズの変更もします。
中央寄せはどちらでもいいと思いますがとりあえず。
android studio

IDはtextに変更しました。
android studio

こんな感じになります。
android studio

更にもう一つTextViewを追加します。
ボタンのレイアウトを配置した要領で、TextViewの上の白い丸を一番上までドラッグします。
android studio

IDを「subtext」
textを「最初はグー」
textSizeを「20sp」にしました。
android studio

こんな感じになります。
android studio

これで画面全体が完成しました。

ゲームが動くようにプログラムを作る

では、ゲームが動く様にしていきましょう。

MainActivity.java にプログラムを書いていきます。

MainActivity.java

package com.example.r.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;

import java.util.Random;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        final TextView text = (TextView)findViewById(R.id.text);
        final TextView subtext = (TextView)findViewById(R.id.subtext);
        Button rock = (Button)findViewById(R.id.rock);
        Button scissors = (Button)findViewById(R.id.scissors);
        Button paper = (Button)findViewById(R.id.paper);

        //opponentHand 1  "rock"
        //opponentHand 2  "scissors"
        //opponentHand 3  "paper"
        rock.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(1, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
        scissors.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(2, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
        paper.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                int opponentHand = decideOpponentHand();
                String opponentHandText = changeTextOpponentHand(opponentHand);
                decideGame(3, opponentHand, subtext);
                text.setText(opponentHandText);
            }
        });
    }
    String changeTextOpponentHand(int hand) {
        String handText = "";
        if (hand == 1) handText = "グー";
        else if (hand == 2) handText = "チョキ";
        else if (hand == 3) handText = "パー";
        return handText;
    }
    int decideOpponentHand() {
        Random rnd = new Random();
        int hand = rnd.nextInt(3)+1;
        return hand;
    }
    void decideGame(int playerHand, int opponentHand, TextView decidetext) {
        String decision;
        if(playerHand == opponentHand) decision = "あいこ";
        else if((playerHand == 3 && opponentHand == 1) || (playerHand+1 == opponentHand)) decision = "勝ち";
        else decision = "負け";
        decidetext.setText(decision);
    }
}

17〜21行目
findViewByIdを使って、テキストやボタンを取得します。

26, 35, 44行目
グーチョキパーそれぞれのボタンが押された時の処理です。ここで、相手の出す手を考え、判定し、setTextで画面上のテキストを変更します。

54行目
相手の手の変数の数値によって、文字列を作るメソッドです。

61行目
相手の手をランダムで決定するメソッドです。

66行目
ゲームの判定をするメソッドです。

完成

完成したアプリはこんな感じです。
android studio

まとめ

今回はAndroidアプリ開発らしく、じゃんけんゲームを作りました。
ようやくアプリ開発をしたかって感じです。

この企画の一覧はこちら

  1. Android アプリ開発入門! Android Studio のインストール手順。
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オススメ記事

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

Swift

【Xcode7】Swift2使ってみた。playgroundで遊びながら覚える。

最近は押入れの中で寝るのが日課の@It_is_Rです。 押入れは寝心地がいいです。部屋も押入れ分だけ広くなるし。 SwiftはAppleが出しているプログラミング言語です。Swiftを使うこと

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

Swift

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

何だか今日はトイレが近い。@It_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ