1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。

Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。
今回はこれを使って、ローカルに開発環境を作る方法を紹介します。

目次
  1. Local by Flywheelのダウンロード
  2. Local by Flywheelのインストール
  3. サイトを作成する
  4. サイトの管理
  5. Local by Flywheelの基本的な使い方
  6. ブループリントについて
  7. まとめ

Local by Flywheelのダウンロード

では、Local by Flywheelをインストールしていきましょう。

Local by Flywheel

サイトにアクセスして FREE DOWNLOAD をクリックします。
すると、次の様な画面になりますので、 Mac か Windows のどちらで使用するか選択し、 Work Email(Eメール) を入力します。
最後に「GET IT NOW!」をクリックします。

Local by Flywheelのインストール

ダウンロードしたファイルを開くと、このようなアラートが表示されます。

To help make Local as great as can be, we’d love if you turned on error reporting.
With this enabled, Local will automatically send errors and warnings back to the team so we can patch things up!

Localをより良いものにするために、エラー報告をぜひ有効にしていただけると嬉しいです。
これを有効にすると、Localは自動的にエラーと警告をチームに送り、私たちはパッチを適用することができます。

もしもチームにエラーや警告を送るのであれば「Turn on Error Reporting」を、送らないのならば「No」をクリックします。

LET’S GO!と書かれたボタンをクリックします。

パスワードを訊かれたら入力します。

インストールが始まります。

もしも途中で「System Extension Blocked」といった警告が表示されたら、セキュリティとプライバシーから「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を許可してあげてください。

このような画面になったら、無事インストールが完了です。

サイトを作成する

CREAT A NEW SITE のボタンをクリックします。

What’s your site’s name?(サイト名は何ですか?)

What’s your site’s name? と表示されました。
サイト名を入力します。

また、ADVANCED OPTIONをクリックすると、ローカルサイトのドメイン(Local site domain)、パス(Local site path)、ブループリントを選択(Create site from Blueprint?)できます。
ブループリントは、開発環境のテンプレートみたいなものです。前にブループリントを保存しておかないと使えないので、初めてインストールする場合、この機能は使えません。

CONTINUEボタンをクリックします。

Choose your environment(環境を選んでください)

Choose your environment と表示されました。

PreferredかCustomかを選びます。
特に設定が必要ない場合はPreferredを、カスタムしたい場合はCustomを選択します。

もしCustomを選択した場合、PHPのバージョン、Webサーバー、MySQLのバージョンを選択できます。

CONTINUEボタンをクリックします。

Setup WordPress

ここで、WordPressのセットアップをします。
WordPress Usernameにはユーザー名、WordPress Passwordにはパスワードを設定します。

もし、マルチサイトの環境を作りたいのであれば、ADVANCED OPTIONの部分をクリックし、サブディレクトリ、サブドメインのどちらかを選択することで、作ることができます。

ADD SITEボタンをクリックすると、ローカルサイトが作られます。

サイトの管理

では、Local by Flywheelでローカルサイトを管理してみましょう。
ADMINボタンで管理画面を表示、VIEW SITEでサイトを見ることができます。

また、「+」ボタンをクリックすると、サイトを追加することができます。

Local by Flywheelの基本的な使い方

ではLocal by Flywheelの基本的な使い方を見ていきましょう。

Local by Flywheelをいったん終了して、再び起動すると、ローカルサイトはストップした状態になっています。
起動にはしばらく時間がかかります。

サイトをスタート、ストップする

ではローカルサイトをスタートしてみましょう。
まず、起動したばかりのLocal by Flywheelは次のようになっていますので、先ほど作成したローカルサイトを選択します。

まだサイトはストップ状態となっています。
「START SITE」をクリックすると、サイトをスタートすることができます。

また、サイトをストップするときは、右上の「STOP SITE」をクリックします。

複数のローカルサイトがあり、それらを全てストップしたい場合は、左下の「STOP ALL」をクリックします。
全てのローカルサイトをストップ

ブループリントについて

ここまでで紹介したやりかたでは、一つのローカルサイトを作成するのに手間がかかります。
普段使うサイトの設定が決まっている場合、ブループリントを使うと便利です。

サイトの設定が完了したら、そのサイトを右クリックし、「Save as Blueprint」をクリックします。

SAVE BLUEPRINTをクリックします。

こうすることで、ローカルサイトを作成する画面でブループリントを選ぶことができるようになります。

まとめ

Local by Flywheelを使えば、GUIで簡単にローカルWordPress開発環境を作ることができます。
難しい操作もないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

文字を一文字ずつ表示してみよう!

小学生からのJavaScript。改行と一文字ずつ画面に表示する方法!

小学生からのJavaScript講座です。 このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 前回、画面に文字を表示するためのクラスを作ったのですが、それを

おみくじゲームを作るべ!

小学生からのプログラミング入門。JavaScriptでおみくじを作ろう!

小学生から始めるプログラミングシリーズです。 この講座ではScratch(スクラッチ)から少しレベルアップして、JavaScriptを使ってプログラミングを行なっていきます。 Scratc

文字を表示するクラスを作ろう!

小学生からのJavaScript。文字を表示するクラスを作ってみよう!

小学生からのJavaScript講座です。 このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重

これまでのプログラム全体をクラスを使って作るべ!

小学生からのJavaScript。プログラム全体をクラスを使って作ってみよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第13弾です。 前回はプログラミングにおける、クラスの使い方を学びました。しかし、まだクラスをどうやって使えばいいのか、ピンときていないかも

HTML CSS

CSSでの円の作り方と、その上下左右中央に文字を表示する方法

サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。 円はCSSで簡単に作ることができます。 さらに今回はCSSで作成した円の中央に文字を置く方法も紹介します。 CSSでの

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

プログラミングのクラスってなぁに?

小学生からのJavaScript。クラスの概念をしっかりと理解しよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第12弾です。 前回はマップ上をキャラクターが自由に動くことができるようにしました。 今回はES6から使われるようになった「ク

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。 このシリーズの前回の記事はこちらです。 【 WordPres

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。