1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。

Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。
今回はこれを使って、ローカルに開発環境を作る方法を紹介します。

目次
  1. Local by Flywheelのダウンロード
  2. Local by Flywheelのインストール
  3. サイトを作成する
  4. サイトの管理
  5. Local by Flywheelの基本的な使い方
  6. ブループリントについて
  7. まとめ

Local by Flywheelのダウンロード

では、Local by Flywheelをインストールしていきましょう。

Local by Flywheel

サイトにアクセスして FREE DOWNLOAD をクリックします。
すると、次の様な画面になりますので、 Mac か Windows のどちらで使用するか選択し、 Work Email(Eメール) を入力します。
最後に「GET IT NOW!」をクリックします。

Local by Flywheelのインストール

ダウンロードしたファイルを開くと、このようなアラートが表示されます。

To help make Local as great as can be, we’d love if you turned on error reporting.
With this enabled, Local will automatically send errors and warnings back to the team so we can patch things up!

Localをより良いものにするために、エラー報告をぜひ有効にしていただけると嬉しいです。
これを有効にすると、Localは自動的にエラーと警告をチームに送り、私たちはパッチを適用することができます。

もしもチームにエラーや警告を送るのであれば「Turn on Error Reporting」を、送らないのならば「No」をクリックします。

LET’S GO!と書かれたボタンをクリックします。

パスワードを訊かれたら入力します。

インストールが始まります。

もしも途中で「System Extension Blocked」といった警告が表示されたら、セキュリティとプライバシーから「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を許可してあげてください。

このような画面になったら、無事インストールが完了です。

サイトを作成する

CREAT A NEW SITE のボタンをクリックします。

What’s your site’s name?(サイト名は何ですか?)

What’s your site’s name? と表示されました。
サイト名を入力します。

また、ADVANCED OPTIONをクリックすると、ローカルサイトのドメイン(Local site domain)、パス(Local site path)、ブループリントを選択(Create site from Blueprint?)できます。
ブループリントは、開発環境のテンプレートみたいなものです。前にブループリントを保存しておかないと使えないので、初めてインストールする場合、この機能は使えません。

CONTINUEボタンをクリックします。

Choose your environment(環境を選んでください)

Choose your environment と表示されました。

PreferredかCustomかを選びます。
特に設定が必要ない場合はPreferredを、カスタムしたい場合はCustomを選択します。

もしCustomを選択した場合、PHPのバージョン、Webサーバー、MySQLのバージョンを選択できます。

CONTINUEボタンをクリックします。

Setup WordPress

ここで、WordPressのセットアップをします。
WordPress Usernameにはユーザー名、WordPress Passwordにはパスワードを設定します。

もし、マルチサイトの環境を作りたいのであれば、ADVANCED OPTIONの部分をクリックし、サブディレクトリ、サブドメインのどちらかを選択することで、作ることができます。

ADD SITEボタンをクリックすると、ローカルサイトが作られます。

サイトの管理

では、Local by Flywheelでローカルサイトを管理してみましょう。
ADMINボタンで管理画面を表示、VIEW SITEでサイトを見ることができます。

また、「+」ボタンをクリックすると、サイトを追加することができます。

Local by Flywheelの基本的な使い方

ではLocal by Flywheelの基本的な使い方を見ていきましょう。

Local by Flywheelをいったん終了して、再び起動すると、ローカルサイトはストップした状態になっています。
起動にはしばらく時間がかかります。

サイトをスタート、ストップする

ではローカルサイトをスタートしてみましょう。
まず、起動したばかりのLocal by Flywheelは次のようになっていますので、先ほど作成したローカルサイトを選択します。

まだサイトはストップ状態となっています。
「START SITE」をクリックすると、サイトをスタートすることができます。

また、サイトをストップするときは、右上の「STOP SITE」をクリックします。

複数のローカルサイトがあり、それらを全てストップしたい場合は、左下の「STOP ALL」をクリックします。
全てのローカルサイトをストップ

ブループリントについて

ここまでで紹介したやりかたでは、一つのローカルサイトを作成するのに手間がかかります。
普段使うサイトの設定が決まっている場合、ブループリントを使うと便利です。

サイトの設定が完了したら、そのサイトを右クリックし、「Save as Blueprint」をクリックします。

SAVE BLUEPRINTをクリックします。

こうすることで、ローカルサイトを作成する画面でブループリントを選ぶことができるようになります。

まとめ

Local by Flywheelを使えば、GUIで簡単にローカルWordPress開発環境を作ることができます。
難しい操作もないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

HTML5とCanvasを使うべ!

HTML5とCanvasを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第9弾です。 これまでの講座(こうざ)では、JavScriptの基本(きほん)について学び、キャラクターの操作(そうさ)ができるようになりました。 ここから

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

オブジェクトを使ってみよう!

【JavaScript】オブジェクトを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第6弾です。 前回の講座(こうざ)では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理(かんり)する方法を紹介しました。 今回はオブ

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

scratch

Scratchの使い方と、ゲーム作りの基礎知識を学ぼう! 小学生からのプログラミング入門

さて、今回もプログラミングの勉強(べんきょう)をはじめていきましょう!前回の「小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?」では、プログラミングっていうのが、どういうものなのかを学びま

FC2でブログを始めよう!誰でも簡単にできるブログの作り方

FC2ブログは、FC2が運営する無料でブログを開設できるサービスです。(有料版もあります) また、FC2のサービスには、動画、ライブ配信、アフィリエイト、小説など、様々なものがあります。 今回

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

zsh

enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

曲を作っても、再生数が伸びない。@It_is_Rです。 やかましいわ。 ターミナルをカッコよくするシリーズ4回目です。 今回は enhancd というプラグインを使って cd コマンドを便利

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

Android Studio

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法

前回、 Android Studio のインストールが完了しました。 その続きから始めていきましょう。 今回は新規プロジェクトを作成する方法です。 新規プロジェクトの作成 それ

2件のコメント “Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

  1. はじめまして。minakと申します。
    記事を読ませて頂きました。ありがとうございます。
    worepressですでに運営しているサイトがあるのですが、
    Local by Flywheelをインストールした場合
    この2つは別々の画面で管理することになるのでしょうか?
    それとも、一つのwordpressで2つを管理することになるのでしょうか?
    お手数ですが、お答え頂けないでしょうか。

    1. >minakさん
      はじめまして。It is Rです。
      コメントありがとうございます。

      まず、Local by Flywheelは、パソコン上にインストールし、ローカルにWordPressの環境を作るものです。
      つまり、現在minakさんが運営しているWordPressのサイトと、もうひとつ別の公開されていないサイトがある状態になります。

      もしも、ローカルのサイトを、運営中のサイトと同じ状態にしたい場合は、サーバからサイトのデータをダウンロードしてきて、同じになるようにしてあげる必要があります。
      逆に、ローカルで作成したサイトを、公開中のサイトに反映したいのならば、そのデータをサーバにアップロードする必要があります。

      ご質問の内容は、運営中のサイトとLocal by Flywheelで作成したサイトの管理画面は別々か、とのことでしたが、この2つのサイトは別物ということになりますので、管理画面も別々になります。
      お役に立てれば幸いです。

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です