1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. 一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。

Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。
今回はこれを使って、ローカルに開発環境を作る方法を紹介します。

Local by Flywheelのダウンロード

では、Local by Flywheelをインストールしていきましょう。
Local by Flywheel

サイトにアクセスして FREE DOWNLOAD をクリックします。
すると、次の様な画面になりますので、 Mac か Windows のどちらで使用するか選択し、 Work Email(Eメール) と Number of websites(Webサイトの数) を入力します。
Local by Flywheel

Local by Flywheelのインストール

インストールしていきます。

まずLET’S GO!と書かれたボタンをクリックします。
Local by Flywheel

インストールが始まります。
Local by Flywheel

パスワードを訊かれたら入力します。
Local by Flywheel

サイトを作成する

CREAT A NEW SITE のボタンをクリックします。
Local by Flywheel

What’s your site’s name?(サイト名は何ですか?)

What’s your site’s name? と表示されました。
サイト名を入力します。
Local by Flywheel

また、ADVANCED OPTIONをクリックすると、ローカルサイトのドメイン(Local site domain)、パス(Local site path)、ブループリントを選択(Create site from Blueprint?)できます。
ブループリントは、開発環境のテンプレートみたいなものです。前にブループリントを保存しておかないと使えないので、初めてインストールする場合、この機能は使えません。
Local by Flywheel

CONTINUEボタンをクリックします。

Choose your environment(環境を選んでください)

Choose your environment と表示されました。

PreferredかCustomかを選びます。
特に設定が必要ない場合はPreferredを、カスタムしたい場合はCustomを選択します。
Local by Flywheel

もしCustomを選択した場合、PHPのバージョン、Webサーバー、MySQLのバージョンを選択できます。
Local by Flywheel

Setup WordPress

ここで、WordPressのセットアップをします。
WordPress Usernameにはユーザー名、WordPress Passwordにはパスワードを設定します。
Local by Flywheel

もし、マルチサイトの環境を作りたいのであれば、ADVANCED OPTIONの部分をクリックし、サブディレクトリ、サブドメインのどちらかを選択することで、作ることができます。
Local by Flywheel

ADD SITEボタンをクリックすると、ローカルサイトができます。

サイトの管理

では、Local by Flywheelでローカルサイトを管理してみましょう。
ADMINボタンで管理画面を表示、VIEW SITEでサイトを見ることができます。
Local by Flywheel

また、「+」ボタンをクリックすると、サイトを追加することができます。
Local by Flywheel

ブループリントについて

ここまでで紹介したやりかたでは、一つのローカルサイトを作成するのに手間がかかります。
普段使うサイトの設定が決まっている場合、ブループリントを使うと便利です。

サイトの設定が完了したら、そのサイトを右クリックし、「Save as Blueprint」をクリックします。
Local by Flywheel

SAVE BLUEPRINTをクリックします。
Local by Flywheel

こうすることで、ローカルサイトを作成する画面でブループリントを選ぶことができるようになります。
Local by Flywheel

まとめ

Local by Flywheelを使えば、GUIで簡単にローカルWordPress開発環境を作ることができます。
難しい操作もないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。文字の大きさを設定する。

こんにちわ。美しいものほど濁って見える@It_is_Rです。 今回もFC2ブログの"最強"カスタマイズを始めていこうと思います。 今回は文字の大きさや色など、ブログ内の文字の設定をしていきます

【Mac】ローカルにWebサーバを立ち上げる超簡単な方法!

JavaScriptを使ってWebページなどの開発をしていると、Google ChromeやSafariなどのブラウザでうまく開けない場合が稀にあります。 そんな時、ローカルにWebサーバを立ち上げ

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

CSS Button

サイト制作に!!CSSでマウスオーバーボタンの作り方。

新年初の記事です。とりあえず、あけましておめでとうございます。@It_is_Rです。 お正月……おそーがつ……おそまつ……おそ松さん。新年早々くだらないこと言ってないで早く記事を書けって話ですね。

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。