1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. 一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。

Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。
今回はこれを使って、ローカルに開発環境を作る方法を紹介します。

Local by Flywheelのダウンロード

では、Local by Flywheelをインストールしていきましょう。
Local by Flywheel

サイトにアクセスして FREE DOWNLOAD をクリックします。
すると、次の様な画面になりますので、 Mac か Windows のどちらで使用するか選択し、 Work Email(Eメール) と Number of websites(Webサイトの数) を入力します。
Local by Flywheel

Local by Flywheelのインストール

インストールしていきます。

まずLET’S GO!と書かれたボタンをクリックします。
Local by Flywheel

インストールが始まります。
Local by Flywheel

パスワードを訊かれたら入力します。
Local by Flywheel

サイトを作成する

CREAT A NEW SITE のボタンをクリックします。
Local by Flywheel

What’s your site’s name?(サイト名は何ですか?)

What’s your site’s name? と表示されました。
サイト名を入力します。
Local by Flywheel

また、ADVANCED OPTIONをクリックすると、ローカルサイトのドメイン(Local site domain)、パス(Local site path)、ブループリントを選択(Create site from Blueprint?)できます。
ブループリントは、開発環境のテンプレートみたいなものです。前にブループリントを保存しておかないと使えないので、初めてインストールする場合、この機能は使えません。
Local by Flywheel

CONTINUEボタンをクリックします。

Choose your environment(環境を選んでください)

Choose your environment と表示されました。

PreferredかCustomかを選びます。
特に設定が必要ない場合はPreferredを、カスタムしたい場合はCustomを選択します。
Local by Flywheel

もしCustomを選択した場合、PHPのバージョン、Webサーバー、MySQLのバージョンを選択できます。
Local by Flywheel

Setup WordPress

ここで、WordPressのセットアップをします。
WordPress Usernameにはユーザー名、WordPress Passwordにはパスワードを設定します。
Local by Flywheel

もし、マルチサイトの環境を作りたいのであれば、ADVANCED OPTIONの部分をクリックし、サブディレクトリ、サブドメインのどちらかを選択することで、作ることができます。
Local by Flywheel

ADD SITEボタンをクリックすると、ローカルサイトができます。

サイトの管理

では、Local by Flywheelでローカルサイトを管理してみましょう。
ADMINボタンで管理画面を表示、VIEW SITEでサイトを見ることができます。
Local by Flywheel

また、「+」ボタンをクリックすると、サイトを追加することができます。
Local by Flywheel

ブループリントについて

ここまでで紹介したやりかたでは、一つのローカルサイトを作成するのに手間がかかります。
普段使うサイトの設定が決まっている場合、ブループリントを使うと便利です。

サイトの設定が完了したら、そのサイトを右クリックし、「Save as Blueprint」をクリックします。
Local by Flywheel

SAVE BLUEPRINTをクリックします。
Local by Flywheel

こうすることで、ローカルサイトを作成する画面でブループリントを選ぶことができるようになります。
Local by Flywheel

まとめ

Local by Flywheelを使えば、GUIで簡単にローカルWordPress開発環境を作ることができます。
難しい操作もないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。

ふぁ……ふぁ……、ファンクションッ!! あ、どうも@It_is_Rです。 なに笑ってるんですか? WordPress テーマ自作シリーズ第10回目です。 今回は、 functions.php

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。 今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。 webpack.config.jsとは

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。

インスタント焼きそばを作ろうとすると、なぜか焼うどんになります。 @It_is_R です。 しかも、ラーメン作ろうと思うと焼きそばができあがります。 前回、 Android Studio のイ

Yarn

Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

最近ドラクエにはまっている@It_is_Rです。PS1 のやつです。ドラクエⅦ。 関係ない話はさておき、今回は Yarn の使い方を解説していきたいと思います。 Yarn とは

WordPress テーマ自作!投稿ページ、固定ページの作り方。

サンタは何故お爺さんなんでしょうか。@It_is_Rです。 今年からサンタのギャルにしましょう。 WordPress テーマ自作シリーズ第7回目です。 今回は、投稿ページと固定ページを作って

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

普段から猫に遊ばれている@It_is_Rです。 今回は JavaScript について、初心者の人にも分かりやすく、丁寧に解説していきます。 JavaScript と EcmaSc

HTML CSS

CSSで文字を、円の上下左右中央ド真ん中に表示する方法。

体重が50キロを切りました。@It_is_Rです。身長は171あります。 骨っていうなー! サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。画像を丸くして。。。なんてやっている人

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。