1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. 一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。

Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。
今回はこれを使って、ローカルに開発環境を作る方法を紹介します。

Local by Flywheelのダウンロード

では、Local by Flywheelをインストールしていきましょう。
Local by Flywheel

サイトにアクセスして FREE DOWNLOAD をクリックします。
すると、次の様な画面になりますので、 Mac か Windows のどちらで使用するか選択し、 Work Email(Eメール) と Number of websites(Webサイトの数) を入力します。
Local by Flywheel

Local by Flywheelのインストール

インストールしていきます。

まずLET’S GO!と書かれたボタンをクリックします。
Local by Flywheel

インストールが始まります。
Local by Flywheel

パスワードを訊かれたら入力します。
Local by Flywheel

サイトを作成する

CREAT A NEW SITE のボタンをクリックします。
Local by Flywheel

What’s your site’s name?(サイト名は何ですか?)

What’s your site’s name? と表示されました。
サイト名を入力します。
Local by Flywheel

また、ADVANCED OPTIONをクリックすると、ローカルサイトのドメイン(Local site domain)、パス(Local site path)、ブループリントを選択(Create site from Blueprint?)できます。
ブループリントは、開発環境のテンプレートみたいなものです。前にブループリントを保存しておかないと使えないので、初めてインストールする場合、この機能は使えません。
Local by Flywheel

CONTINUEボタンをクリックします。

Choose your environment(環境を選んでください)

Choose your environment と表示されました。

PreferredかCustomかを選びます。
特に設定が必要ない場合はPreferredを、カスタムしたい場合はCustomを選択します。
Local by Flywheel

もしCustomを選択した場合、PHPのバージョン、Webサーバー、MySQLのバージョンを選択できます。
Local by Flywheel

Setup WordPress

ここで、WordPressのセットアップをします。
WordPress Usernameにはユーザー名、WordPress Passwordにはパスワードを設定します。
Local by Flywheel

もし、マルチサイトの環境を作りたいのであれば、ADVANCED OPTIONの部分をクリックし、サブディレクトリ、サブドメインのどちらかを選択することで、作ることができます。
Local by Flywheel

ADD SITEボタンをクリックすると、ローカルサイトができます。

サイトの管理

では、Local by Flywheelでローカルサイトを管理してみましょう。
ADMINボタンで管理画面を表示、VIEW SITEでサイトを見ることができます。
Local by Flywheel

また、「+」ボタンをクリックすると、サイトを追加することができます。
Local by Flywheel

ブループリントについて

ここまでで紹介したやりかたでは、一つのローカルサイトを作成するのに手間がかかります。
普段使うサイトの設定が決まっている場合、ブループリントを使うと便利です。

サイトの設定が完了したら、そのサイトを右クリックし、「Save as Blueprint」をクリックします。
Local by Flywheel

SAVE BLUEPRINTをクリックします。
Local by Flywheel

こうすることで、ローカルサイトを作成する画面でブループリントを選ぶことができるようになります。
Local by Flywheel

まとめ

Local by Flywheelを使えば、GUIで簡単にローカルWordPress開発環境を作ることができます。
難しい操作もないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法

エビの殻や、ポテチ、煮干しなどを食べると、必ずと言っていいほど口が血だらけになります。@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方4回目の今回は、ブランチについてです。 ブランチは作業を枝分か

ファイルを分けるべよ!

小学生からのJavaScript入門。ファイルを分けて管理してみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第5弾です。 前回はりこちゃんを方向キーで操作(そうさ)することができるようになりました。 しかしプログラムを作ってくと、コンピュ

Ameba customize

アメーバのOwndで、無料で超簡単にホームページ作ってやろうぜ!!

どうも、@It_is_Rです。 ホームページを作成するには、まずHTMLを使う能力、若しくはソフトが必要になります。 さらにサーバーを借りなくてはなりません。するとお金がかかったりします。 では

迷路やRPGで使えるマップを作ってみよ!

小学生からのJavaScript。迷路やRPGで使えるマップを作ってみよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第10弾です。 前回はHTML5とCanvasを使って、キャラクターがキーボードの入力(にゅうりょく)で移動(いどう)するところまで、紹介(しょうかい)

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が

Swift

【Xcode7】Swift2使ってみた。playgroundで遊びながら覚える。

最近は押入れの中で寝るのが日課の@It_is_Rです。 押入れは寝心地がいいです。部屋も押入れ分だけ広くなるし。 SwiftはAppleが出しているプログラミング言語です。Swiftを使うこと

WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

ドラクエとかにテンプレートっていう武器ありそうですね。@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第4回目です。 今回はテーマを作成する上で、重要な知識を書いていこうと思いま

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。