WordPress

WordPressワードプレスは、HTMLエイチティーエムエルPHPピーエイチピーなどの知識ちしきがなくても、かんたんにブログなどのWebサイトを作ることができるツールです。

目次
  1. WordPressとは?
  2. WordPressはどうやって使うの?
  3. WordPressでどんなことができるの?
  4. WordPressの仕組みはどうなってるの?
  5. まとめ

WordPressとは?

ブログやホームページ(ここではWebサイトのことをホームページ記述きじゅつしています)を作りたいと思ったとき、サーバーやドメイン以外にサービスやツールを使わないとすれば、HTMLエイチティーエムエルPHPピーエイチピーCSSシーエスエス、データベースなどの知識ちしき必要ひつようになります。

しかし、WordPressワードプレスを使うことで、そのような知識がなくてもかんたんにホームページを作ることができます。
もちろん、そういった知識があれば、作れるホームページはばが大きく広がります。

また、サイト運営うんえいにはサーバーだいやドメイン代といった費用ひようがかかってしまいますが、WordPressワードプレス自体じたい無料むりょうで使うことができます。

WordPressはどうやって使うの?

普段ふだん、みなさんがパソコンやスマホで使っているアプリは、そのパソコンやスマホにインストールして使いますよね。

しかしWordPressワードプレスはそのへんがちょっとちがって、自分が契約けいやくしたサーバーにインストールして使います。

ちょっとむずかしい話になってしまいますが、サーバーというのは、どこかとおくにあるパソコンだと思ってください。
どこかは分かりません。ただ、手のとどかない遠くのパソコンです。電源でんげんはずっと入れっぱなしです。

どこにあるかも分からないパソコンですが、今は便利べんり時代じだいになったので、インターネットでつながっています。
ですので、そのパソコンにつなぐことができるパスワードさえっていれば、そのパソコンにデータをおくって、保存ほぞんしておくことができます。

そしてWordPressは、サーバーにインストールすることで使うことができます。
つまり、みなさんのパソコンやスマホにアプリをインストールするみたいに、どこか遠くのパソコンにWordPressインストールするんです。

すると、世界中せかいじゅう人々ひとびとが、WordPressで作ったそのサイトを見ることができるようになります。(セキュリティの観点かんてんから、サーバー設定せっていによって海外かいがいからのアクセスを制限せいげんしたりはします)

また、ブラウザからサーバー上のWordPressにアクセスして、ログインすることで、サイト編集へんしゅうなどを行なうことができます。

WordPressでどんなことができるの?

WordPressワードプレスでは、管理画面かんりがめんのページから、さまざまな設定せっていや、記事きじ投稿とうこうができ、むずかしいことをしなくても、Webサイトを作ったり、更新こうしんしていくことができます。

また、おおくの方がさまざまなプラグインを公開こうかいしてくれているので、なにかしい機能きのうがあるときは、その機能を持ったプラグインをさがせば、見つかることも多いです。
プラグインは、管理画面からかんたんに入れたり消したりできるので、お手軽てがるためしてみることができます。

さらには、PHPピーエイチピーなどの知識ちしきがあれば、サイトのデザインだけにとどまらず、管理画面自体じたいにも、いろんなカスタマイズをすることができ、その可能性かのうせい無限大むげんだいといえます。

WordPressの仕組みはどうなってるの?

最近さいきんではWordPressワードプレスなどのツールを使って作られたホームページおおいのですが、通常つうじょうHTMLエイチティーエムエルという言語げんごを使ってホームページは作られています。

みなさんが普段ふだん使っている、ChromeクロームEdgeエッジといったブラウザは、HTMLで書かれたものを、だれが見ても分かりやすいようにして表示ひょうじしてくれます。これがホームページです。
つまり、HTMLおぼえれば、かんたんなホームページを作ることはできます。

ただ、いろんなホームページを見ていると、よく「おすすめ記事きじ」といったものが、記事のよこしたにでてくることがありますよね。
これは、ホームページむたびにちがうものがでてきていたり、見ているページによっても変わったりします。

こういった機能きのうは、HTMLだけで作ることはできません。(JavaScriptジャバスクリプトを使えば、それっぽいものはできるかもしれませんが、あまり効率的こうりつてきではありません)

そんなときに使えるのがPHPピーエイチピーというものです。
PHPはサーバーがわで動いてくれる言語です。たとえば、今見ているページのカテゴリなどから、その人が興味きょうみちそうな記事をえらび、その記事を一覧いちらんにしたものを作って、ホームページんでくれるようなプログラムを作ることができるんです。

そうすることで、ページを読み込むたびに違うおすすめ記事が表示されたり、もっとこだわったものであれば、アクセス数の多い記事をおすすめとして表示したりできるんです。

こういった、見る人、時間、などによって、表示する内容ないようが変わるサイトを、「動的どうてきサイト」といいます。
PHPは、こういった動的サイトを作るのにてきしています。

ところで、ホームページって、ひとつホームページ内だったら、どのページもだいたい見た目は同じですよね。
たとえば、さっきのページは白い背景はいけいだったのに、次のページを見たら真っ黒な背景、っていうホームページは、あまりないと思います。

であれば、ホームページのメインの部分ぶぶん、ヘッダー(ページの一番上の部分)、サイドバー(ページの横にあるやつ)、フッター(ページの一番下の部分)などを、それぞれ作っておき、それらを組み合わせてくれるプログラムがあれば、ホームページ管理かんりらくになるはずです。

さらに記事の内容も、そのタイトルや、本文ほんぶんなどを、それぞれべつに保存しておいて、それらをホームページに組み込んでくれるプログラムがあれば、もっともっと管理が楽になるはずです。

このような管理ができるようにするには、PHPを使って、そういうシステムを作ってしまう方法があります。
ただ、このような管理システムを自分で作ろうとすると、とても大変なんです。

でも、多くの方が手を取り合って、ひとつの管理システムが作られました。それが、WordPressです。

WordPressでは、上で紹介しょうかいしたように、ホームページをパーツごとに作成してそれを組み合わせる、という仕組しくみになっています。もちろん、記事のタイトルや本文なども、データベースというものに保存されて、自動的じどうてきホームページに組み込まれるようになっています。

WordPress大部分だいぶぶんは、PHPで作られています。

さまざまなテンプレート(テーマ)が用意されているので、自分の好きなものを選んで使うこともできますし、自分で1から作ることもできます。

まとめ

WordPressワードプレスは、サーバーにインストールすることで使うことができ、ブログなどのWebサイトをかんたんに作ることができるツールです。

管理画面かんりがめんから、設定せってい変更へんこう記事きじ投稿とうこうなどができ、プラグインを使うことでも、さまざまなカスタマイズができます。

また、PHPピーエイチピーなどの知識ちしきがあれば、そのカスタマイズの可能性かのうせい無限大むげんだいになります。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTML《エイチティーエムエル》などで作られたホームページの見た目をデザインするための言葉(言語)です。 CSSとは た

HTML

HTMLは、ホームページを作るときにコンピュータに対して使う、言葉のことです。コンピュータは人間の言葉が分からないので、その専用の言葉を使います。 今回は、HTMLとはなんなのかについて紹介し

オリジナルゲーム.com