1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. インターネット
  6. »
  7. ホームページ(Webサイト)

ホームページ(Webサイト)

ホームページは、ブラウザひらいたときに、最初さいしょ表示ひょうじされるページのことです。
しかし、だんだんと言葉ことば意味いみわっていき、サイト一番いちばんうえのページ(トップページ)をホームページぶようになりました。

さらに、言葉の意味が変わり、サイト全体ぜんたいWebウェブサイト)のことを、ホームページぶようになりました。

ホームページという言葉ことば使つかわれたときは、そのどれかの意味ですが、だいたいはWebサイトのことを言っています。

目次
  1. ホームページとは
  2. ホームページ、Webサイト、Webページ、サイト、ページの使い分け
  3. まとめ

ホームページとは

ホームページには3つの意味いみがあります。

まず、もともとのホームページ意味は、ChromeクロームEdgeエッジなどのブラウザひらいたときに表示ひょうじされるページのことです。

みなさんがスマホやパソコンで、なにかを調しらべようと思ったとき、ブラウザを開きますよね。
このとき、最初さいしょに表示されるページが、もともとのホームページの意味です。

しかし、今のブラウザは、起動きどうしたときにスタートページが表示されたり、起動ページを設定せっていできたり、といった仕組しくみがあります。
ですので、ブラウザのホームボタンをしたときに表示されるページをホームページと呼び、スタートページや起動ページとはべつのものというふうにされることがおおいです。

しかし、だんだんとホームページの意味がわっていき、つぎにWebウェブサイト一番いちばんうえのページ(トップページ)が、ホームページばれるようになりました。
おおくのWebサイトでは、タイトルロゴをクリックすることで、トップページに行くことができます。

と、いうのが、ふたつめのホームページの意味です。

さらに、だんだんと意味が変わっていき、Webサイト全体ぜんたいのことをホームページと呼ぶようになりました。
そして今では、これが一般的いっぱんてきにみんなが使っている、3つ目のホームページの意味です。

ですので、ホームページという言葉が出てきたときは、Webサイトのことを言っているのかな、と思えば、だいたい間違まちがいないです。

ホームページ、Webサイト、Webページ、サイト、ページの使い分け

ホームページには、たような言葉ことばがたくさんあります。ホームページWebウェブサイト、Webページサイト、ページ、などです。
では、これらはどのように使つかけるのでしょうか。

まず、「サイト」という言葉が出てきたときは、それは「Webサイト」をみじかくしたものの場合ばあいがほとんどです。
つまり、サイト=Webサイトです。

そして、「Webページ」というのは、「Webサイト」の中の、ひとつのページのことを言います。
また、「ページ」は、「Webページ」を短くしたものです。

ホームページ」には、さきほど紹介しょうかいした3つの意味いみがありますが、おおくの場合は「Webサイト」と同じ意味で使われます。これは、もともとの意味とはちがっています。しかし、Webサイトのことをホームページというのは間違まちがい、というわけではないと私は思っています。
もともとのホームページの意味をちゃんとっている人も、かりやすいように、あえてWebサイトのことをホームページと言ったりもします。

ですので、まとめるとこのようになります。

まとめ

ホームページには3つの意味いみがありますが、だいたいはWebウェブサイトと同じ意味で使われます。

Webサイトの中の、ひとつのページが、Webページです。
さらに、WebサイトやWebページみじかくして、サイトやページとばれます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

ブログ

ブログは、Web《ウェブ》 log《ログ》を短《みじか》くしたもので、毎日《まいにち》の出来事《できごと》や、自分が好きなテーマなど、いろんな情報《じょうほう》を、日々《ひび》更新《こうしん》してい