1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPressみたいに私自身の人生もカスタムできたらいいのに。@It_is_Rです。

WordPressのカスタマイズは、公開しているサイトだけではありません。
管理画面をカスタマイズすることで、サイトのカスタマイズ(色の変更や、画像の変更など)がとても楽にできるようになります。

今回はテーマカスタマイザーを自分好みにアレンジする方法を紹介します。

テーマカスタマイザーとは

まず、テーマカスタマイザーと聞いてもピンとこない方もいるかもしれません。
テーマカスタマイザーは、WordPressのテーマカスタマイズ画面です。
WordPressにログインし、「外観」 → 「カスタマイズ」と進んだ先にある画面です。
wordpress

こちらがその画面です。
wordpress

テーマカスタマイザーの項目について

テーマカスタマイザーの項目は、使っているテーマによって異なります。
また同じテーマを使っていても、カスタマイズによって項目を変更している場合もあります。

こちらは追加した項目を省いた状態の画面です。
wordpress

デフォルトの項目を追加

まずは、WordPressにデフォルトで備わっている機能を追加していきます。

ウィジェット項目を追加

ウィジェット項目を作成するには、以下のソースをfunctions.phpに追加します。
widgets_initフックを使用します。

functions.php

function mytheme_widgets_init() {
	register_sidebar( array(
		'name' => 'ウィジェット',
		'id' => 'sidebar',
	) );
}
add_action( 'widgets_init', 'mytheme_widgets_init' );

ウィジェット項目が追加されました。
wordpress

色、ヘッダー画像の項目を追加

色、ヘッダー画像の項目を追加するには、カスタムヘッダーサポートを有効にする必要があります。

functions.php

add_theme_support( 'custom-header' );

「色」、「ヘッダー画像」の項目が表示されました。
wordpress

ただ、このままでは色やヘッダー画像を設定した場合でも、反映されません。
反映させるにはテーマをそれなりに変更しなければなりません。

その方法は、また別の記事で紹介します。

背景画像の項目を追加

背景画像の項目を追加するには、カスタム背景のサポートを有効にします。

functions.php

add_theme_support( 'custom-background' );

「背景画像」の項目が有効になりました。
wordpress

オリジナルの項目を追加する

オリジナルの項目を追加するには、add_section(), add_setting(), add_control()を使います。

今回は例として、パンくずリストの区切り文字を設定する項目を作成してみました。

functions.php

function mytheme_register ( $wp_customize ) {

	//パンくずリスト項目を作成
	$wp_customize->add_section( 'mytheme_breadcrumb' , array(
		'title' => 'パンくずリスト',
	) );

	//パンくずリストの設定(データベースに設定を追加)
	$wp_customize->add_setting( 'mytheme_options[sep]', array(
		'default' => '»',
		'type' => 'option',
	) );

	//項目内のラベルなどの設定と、紐付け
	$wp_customize->add_control( 'mytheme_set_breadcrumb', array(
		'label' => '区切り文字',
		'section' => 'mytheme_breadcrumb',
		'settings' => 'mytheme_options[sep]',
	) );
}
add_action( 'customize_register' , 'mytheme_register' );

パンくずリストの項目が追加されました。
wordpress

さらに、パンくずリストの項目で設定した区切り文字を取得してみます。
取得にはget_option()を使います。

$options = get_option( 'mytheme_options' );
echo esc_html($options['sep']);

このように取得できます。
wordpress

後はパンくずリストの機能さえ作れば、簡単に区切り文字を変更することができます。
パンくずリストの作り方はこちらに書いております。
【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

既存の項目に設定を追加

既存の項目に設定を追加する方法もあります。

先ほどの場合だと、add_control()のsectionをadd_section()で自作したmytheme_breadcrumbにしていますが、今回は項目を作らないので、add_section()を使う必要はありません。

どの項目に設定を追加するには、add_control()で設定します。

今回は例として、「サイト基本情報」の項目に、AMPページ用のロゴを設定する機能を追加してみます。

functions.php

function mytheme_register ( $wp_customize ) {
 
	//AMPページ用のロゴの設定(データベースに設定を追加)
	$wp_customize->add_setting('mytheme_options[amp_logo]', array(
		'default' => '',
		'type' => 'option',
	));
 
	//項目内のラベルなどの設定と、紐付け
	$wp_customize->add_control( new WP_Customize_Image_Control(
		$wp_customize,
		'mermaid_header_amp_logo_image', array(
			'label' => 'AMPページロゴ画像',
			'section' => 'title_tagline',
			'settings' => 'mytheme_options[amp_logo]',
			'description' => 'ロゴ画像を設定してください。',
		)
	));
}
add_action( 'customize_register' , 'mytheme_register' );

この場合ですと、add_control()sectionに、title_taglineが指定されています。
これが「サイト基本情報」の項目に設定を追加するということになります。

実際にはこのように表示されます。
wordpress

AMPページの作成とそれなりの設定をしなければ、AMPページロゴ画像を読み込んでも機能しないのでご注意ください。

また、add_control()sectionに指定できるものは以下のものがあります。

title_tagline : サイト基本情報
colors : 色
header_image : ヘッダー画像
background_image : 背景画像
static_front_page : ホームページ設定

さらに、今回は画像をアップロードする機能を使いたかったので、WP_Customize_Image_Control()を使っています。その他、色を選択する機能や、日付や時間を入力する機能などあります。
テキストを入力する機能や、ラジオボタン機能などを使いたい場合は、これらのクラスを指定しなくても使えます。

まとめ

テーマカスタマイザーをカスタムする基本を紹介してみました。
今回はテキスト入力と、画像のアップロードしか触れていませんが、他にも機能があります。また、add_setting()add_control()add_section()などの使い方なども含めて、次回以降の記事で徐々に紹介していければと思います。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、11回目となりました。 そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。 そこ

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

WordPress

WordPressカスタマイズ。テンプレートのファイル構成をチェック。

二兎を追う者は一兎をも得ず。でも、三兎を追えばそのうちの一兎ぐらい得られるんじゃ無いかと思い、その努力の割に何も得られないのが@It_is_Rです。やかましいわ。 今回の記事は初のWordPre

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

Dockerでよく使うコマンドとオプション、その使い方を徹底解説!

人生に意味は求めない。それよりもDockerのコマンドの意味を理解する方が重要です。@It_is_Rです。 Dockerにはたくさんのコマンドがありますが、まずはよく使うコマンドを覚えていきまし

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。 今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。 webpack.config.jsとは

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。

インスタント焼きそばを作ろうとすると、なぜか焼うどんになります。 @It_is_R です。 しかも、ラーメン作ろうと思うと焼きそばができあがります。 前回、 Android Studio のイ

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。