1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. ターミナル
  6. »
  7. Macで「デフォルトシェルはzshになったよ」と表示されるときの対処法

Macで「デフォルトシェルはzshになったよ」と表示されるときの対処法

MacOSをアップデートしてから、ターミナルを開くたびに、「The default interactive shell is now zsh.」というメッセージが表示されるようになりました。

これはMacOS Catalinaから表示されるようになったようです。というのも、Catalinaからデフォルトシェルがbashからzshに変更されました。そこでターミナルが、デフォルトのインタラクティブシェルはzshになったからね、と教えてくれているのです。
ログインシェルをbashにしていると表示されます。

教えてくれるのはありがたいのですが、ターミナルを開くたびに毎回教えてくれるので、もう知ってるって、となります。

そこで今回は、「The default interactive shell is now zsh.」とターミナルに表示されるときの対処法を二つ紹介します。

まず、いま現在の状態についてです。
ターミナル

ターミナルを開くと、以下のようなメッセージが表示されます。

The default interactive shell is now zsh.
To update your account to use zsh, please run `chsh -s /bin/zsh`.
For more details, please visit https://support.apple.com/kb/HT208050.

デフォルトのインタラクティブシェルはzshになりました。アカウントの設定を変更してzshを使うには、chsh -s /bin/zshを実行してください、といった内容です。
さらに詳しくは https://support.apple.com/kb/HT208050 をご覧ください、とも書かれていますので、気になる方は見てみるといいでしょう。
日本語サイトなので、分かりやすいです。

目次
  1. ログインシェルをzshに変更する場合
  2. デフォルトシェルを変更せずに、メッセージを非表示にする場合
  3. まとめ

ログインシェルをzshに変更する場合

まずは、ターミナルで教えてくれる通りに、ログインシェルをzshに変更する方法を紹介します。
ターミナルからコマンドで変更する方法と、システム環境設定から変更する方法があります。

コマンドで変更する方法

これはメッセージに表示されているコマンドchsh -s /bin/zshを、そのままターミナルに打ち込むだけでできます。

$ chsh -s /bin/zsh

ここでちょっとだけ解説します。

まず、表示されるメッセージにあるchsh -s /bin/zshですが、これはログインシェルをzshに変更するコマンドです。
chsh -s の後ろに、どのシェルに変更したいのか、そのシェルへのパスを入力します。
使用できるシェルへのパス一覧は、以下のコマンドで見ることができます。

$ cat /etc/shells
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/bash
/bin/csh
/bin/dash
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh

システム環境設定から変更する方法

システム環境設定から「ユーザとグループ」を開きます。
システム環境設定

鍵マークをクリックし、パスワードを入力し、ロックを外します。
さらに、ユーザを右クリックして「詳細オプション」をクリックします。
ユーザとグループ

ログインシェルを/bin/zshに変更します。
ユーザとグループ

これで、ログインシェルがzshに変更され、ターミナルを開いてもメッセージが表示されなくなります。

デフォルトシェルを変更せずに、メッセージを非表示にする場合

デフォルトシェルを変更せずに、メッセージだけを表示させないようにする方法です。
これは、これまでのようにbashを使い続けたい、という人のための対処法です。

その場合は「~/.bash_profile」もしくは「~/.profile」に、以下のコマンドを入力することで、メッセージを非表示にすることができます。

export BASH_SILENCE_DEPRECATION_WARNING=1

「~/.profile」よりも「~/.bash_profile」に書かれたものの方が優先順位が高いので、よく分からない場合は「~/.bash_profile」の方に記述しておけば、間違いないと思います。

もし~/.bash_profileに上記コマンドを書き込みたい場合は、以下のコマンドをターミナルに入力します。(~/.bash_profileがない場合は作られます。)

$ echo "export BASH_SILENCE_DEPRECATION_WARNING=1" >> ~/.bash_profile

これで、デフォルトシェルはbashのまま、メッセージだけを非表示にすることができます。

まとめ

MacOS Catalinaから、デフォルトシェルがbashからzshに変更されたことにより、ターミナルを開くたびに「The default interactive shell is now zsh.」というメッセージが表示されるようになりました。
これは、ログインシェルをbashにしていると表示されるようです。

そしてそれは、簡単なコマンドを実行するだけで、非表示にすることができます。

以上、そんなターミナルのメッセージへの対処法でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

gulp

gulp4完全攻略ガイド。インストールから使い方まで徹底解説!

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回はgulp4の使い方を、インストールか

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

おみくじゲームを作るべ!

小学生からのプログラミング入門。JavaScriptでおみくじを作ろう!

小学生から始めるプログラミングシリーズです。 この講座ではScratch(スクラッチ)から少しレベルアップして、JavaScriptを使ってプログラミングを行なっていきます。 Scratc

WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!

3Dゲームに酔ってしまう@It_is_Rです。 今回は、テーマを自作するのに必須な gulp プラグインの紹介と使い方について書いていきます。 gulp について gulpは、sas

fish shell

Fish shellの使い方。プラグインなしでもここまで可愛くできる!

先日、Macをフォーマットしたため、今まで構築したきた開発環境が消えました。 といっても、バックアップはとってあるので戻すことはできるのですが、せっかく綺麗に全部消えたので、もう一度作り直そうかな、

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

プログラミングのクラスってなぁに?

小学生からのJavaScript。クラスの概念をしっかりと理解しよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第12弾です。 前回はマップ上をキャラクターが自由に動くことができるようにしました。 今回はES6から使われるようになった「ク

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。 今回はPugでWordPressテーマを作る方法を少し紹介します。 詳しいテーマの作り方はこちらをご覧ください。 WordPressのテーマを自作

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。