1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。

Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。
今回はアプリに表示されたテキストを変更、そして、さらに別のテキストを追加表示してみます。

※今回使用しているバージョンは「Android Studio 2.3.3.0」です。

前回までの解説では、アプリ内に「Hello World!」と表示されているだけでした。
言い換えれば「Hello World!」と書かれた TextView が、あらかじめ用意されているということです。
本来の開発であれば、これが不要の場合、削除してしまいます。が、今回はそのままにしておきます。
今回はここからテキストの変更や追加、表示する方法を解説していきたいと思います。
android studio

目次
  1. TextView のテキストを変更する
  2. テキストを追加する

TextView のテキストを変更する

まずはテキストを変更する方法です。
その方法は「Design」もしくは「Text」で編集していきます。

Design で変更する方法

「activity_main.xml」ファイルを開くと、左下に「Design」と「Text」が選べるようになっています。
ここでは「Design」を選びましょう。
android studio

すると下のように、アプリ画面のデザインが表示されます。
今回は文字を変更したいので、アプリ画面中央の文字をクリックして選択します。
右に「Properties」が表示されますので、TextView→textの「Hello World!」を好きな文字に変更します。
android studio

私は「ハローワールド!」に変更してみました。
android studio

Text で変更する方法

ソースを編集するのに慣れている方は、こちらの方が分かりやすいかもしれません。
「activity_main.xml」ファイルを開き「Text」を選択します。
android studio

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Hello World!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

12行目のandroid:text="Hello World!"が、アプリ内のTextViewに表示されている文字を表しています。
この部分を変更してみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="ハローワールド!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

どちらの方法でも、実行するとこのように文字が変更されます。
android studio

エラー?が表示されます

さて、文字列を変更すると、エラー?が表示されます。
android studio

この赤い四角をクリックすると、次のように表示されます。
android studio

実は今回のこれはエラーではなくWarning(警告)です。
Warning: Hardcoded string “ハローワールド!”, should use `@string` resource

つまり、@stringを使った方がいいよ、ということです。
このままでも実行はされますが、警告をそのままにしておくのも気持ち悪いので、@stringを使ったものに作り変えてみたいと思います。
「strings.xml」を使用することで、これを解決することができます。

「strings.xml」を使う

「strings.xml」ファイルを開きます。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
</resources>

ここに表示したいテキストをあらかじめ入力しておきます。
こんな感じです。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
    <string name="text">ハローワールド!</string>
</resources>

入力したら「activity_main.xml」を開きます。
ここから「Design」か「Text」かのどちらかで変更していきます。

まずは「Design」で変更する方法です。
TextViewを選択し「Properties」から「text」の部分を書き換えます。
@string/textと入力します。ここでいうtextというのは、先ほど「strings.xml」で指定した「name」にあたるものです。
android studio

もしも「Text」で編集する場合は、ソースを以下のように変更します。
変更する箇所は12行目です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

テキストを追加する

では、テキストを追加してみましょう。
これも「Design」と「Text」の二つの方法があります。

Design で変更する方法

追加は「Palette」から「TextView」をドラッグすることでできます。
android studio

Text で変更する方法

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <!-- ここから -->
    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextView" />
    <!-- ここまで追加 -->

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

とりあえずテキストを追加することができますが、このままでは位置を指定していないので、実行しても左上に文字がきてしまいます。
文字の位置を指定する方法については、後日別の記事で紹介したいと思います。
android studio

この企画の一覧はこちら

  1. MacでのAndroid Studioインストール手順
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Yarn

Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

最近ドラクエにはまっている@It_is_Rです。PS1 のやつです。ドラクエⅦ。 関係ない話はさておき、今回は Yarn の使い方を解説していきたいと思います。 Yarn とは

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

キー入力で文字を切り替えるべ

JavaScript|ノベルゲーム風にキー入力で文字を切り替える方法!

小学生からのJavaScript講座です。 前回、文字を一文字づつ表示させる方法と改行の方法を紹介しました。 今回はこのプログラムに、キー入力によって文字を切り替えられる機能をつけてみましょう

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!

3Dゲームに酔ってしまう@It_is_Rです。 今回は、テーマを自作するのに必須な gulp プラグインの紹介と使い方について書いていきます。 gulp について gulpは、sas

JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

押入れが部屋になっている@It_is_Rです。 今回の記事はJavaScriptマンガ講座、2回目となりました。 この企画はJavaScriptをフザケまくって覚えようというものです。

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。