文字列

文字列もじれつは、いくつもの文字もじがあつまったものです。

目次
  1. 文字列とは
  2. もっとくわしい文字列の説明
  3. まとめ

文字列とは

プログラミングをしているときなどに、「文字列もじれつ」という言葉ことばがよく出てきます。
なんとなく意味いみかるもしますが、いまいちはっきりとしない、不思議ふしぎな言葉だと思います。

文字列というのは、文字もじがあつまったものです。

たとえば、小説しょうせつは文字がたくさんあつまったものです。
ですので、小説の文章ぶんしょう文字列と言えます。

では、「こんにちは」という言葉はどうでしょうか。

「こんにちは」は、「こ、ん、に、ち、は」の5つの文字があつまったものです。
ですので、「こんにちは」も、文字列です。

では、「犬」だったらどうでしょう。
これは文字です。

「犬」は1文字ですので文字ですが、「いぬ」は文字が2つあつまっているので文字列です。

もっとくわしい文字列の説明

文字列もじれつ」という言葉ことばは、プログラミングの中でも「変数へんすう」のところでてくると思います。

プログラミング言語によってもちがうのですが、変数には、いろんなかたがあって、その中に「文字列型(String型)」とか、「文字型(char型)」とか、そういうのがあったりします。
つまり、「文字」と「文字列」をしっかり区別くべつしないと、うまくうごいてくれなかったりするんです。

また、変数には、整数せいすう小数しょうすうといった、数字すうじ数値すうち)をおぼえておいてくれる型などもあります。

このでちょっとむすかしいのが、123は数字(数値)ですが、"123"文字列だったりします。

まとめ

文字列もじれつは、いくつもの文字もじがあつまったものです。

変数へんすうにはいろんなかたがあり、プログラミング言語にもよりますが、文字列はその型のひとつです。
また数字すうじは、数値すうちだったり、文字列だったり、文字だったりするので、型を意識いしきしてプログラミングおこなわないと、うまくうごいてくれなかったりすることがあります。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

コマンド

コマンドは、「コンピュータに対してお願《ねが》いするときの言葉《ことば》」のことです。コンピュータに、ああしてほしい、こうしてほしい、ということを、コマンドという言葉を使って頼《たの》みます。

多次元配列

多次元配列《たじげんはいれつ》は、配列《はいれつ》の中に配列があって、またその中に配列があったりする、配列のことです。 多次元配列とは まず、配列《はいれつ》というのは、いくつも

Scratch

Scratch(スクラッチ)は、むずかしいプログラミング言語《げんご》を覚《おぼ》えなくてもゲームなどを作ることができる、プログラミング言語であり、その開発環境《かいはつかんきょう》のことでもありま

配列

プログラミングにおいての配列《はいれつ》は、さまざまなことを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。 配列《はいれつ》は変数《へんすう》のなかまなのですが、ふつうの変数

三項演算子

三項演算子は、プログラムの書き方のひとつで、真理値(true false)による条件分岐をかんたんに書く方法のことです。 プログラミングをしていると、真理値によって分岐したいことが本当によくあ

プログラミング

プログラミングは、コンピュータに対しての文章を作って、コンピュータにお願いすることです。 コンピュータは人の言葉を理解することができません。そこで、プログラミング言語というものを使って、コンピ

プログラミング言語

プログラミング言語《げんご》は、プログラミングをするときに使《つか》う言葉《ことば》のことです。言葉といっても、人に対《たい》して使うのではなく、コンピュータに対して使います。 プログ

変数

プログラミングにおいての変数《へんすう》は、さまざまなものを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。ものすごい記憶力《きおくりょく》の持《も》ち主《ぬし》なのですが、複数《ふ

Git

Git《ギット》は、バージョン管理《かんり》システムと呼《よ》ばれるもののひとつです。いま作っているものにどういった変更《へんこう》があったのか、といったことを管理することができます。

関数

プログラミングにおいての関数《かんすう》は、なにかの値《あたい》を渡《わた》してあげると、決《き》められたなにかをやって、値《あたい》を返《かえ》してくれるものです。 関数とは