配列

プログラミングにおいての配列はいれつは、さまざまなことをおぼえておいてくれる役割やくわりをしてくれるものです。

配列はいれつ変数へんすうのなかまなのですが、ふつうの変数はひとつしか覚えておいてくれないのにたいして、配列はいくつものことを覚えておいてくれます。

目次
  1. 配列とは
  2. まとめ

配列とは

配列はいれつは、いくつものことをおぼえておいてくれる、変数へんすうです。

まず変数は、数値すうち文字列もじれつといったものに名前なまえをつけて、それをおぼえておいてもらうものです。
たとえば、ゲームの得点とくてんの変数「point」に、「140」という数値を覚えておいてもらうには、プログラミング言語によってもちがいますが、だいたいつぎのようにします。

point = 140

ひとつの変数は、ひとつのあたいしかおぼえておいてくれません。

では、配列について見ていきましょう。
配列は、いくつもの値を覚えておいてくれます。

例えば、ゲームが5めんまであったとしましょう。5つの面の得点(point)を変数に覚えておいてもらおうと思ったら、5つの変数必要ひつようになります。

しかし、配列を使えば、たったひとつの配列で、5面すべての得点を覚えておいてもらうことができます。

実際じっさいのプログラミングでは、プログラミング言語によっても違いますが、だいたい次のようにします。

point = [500, 360, 600, 220, 400]

配列が覚えておいてくれている値を使うには、0から数えて何番目なんばんめの数字か、というのをうしろにつけてあげます。

point[0]  #500と覚えてくれている
point[1]  #360と覚えてくれている
point[2]  #600と覚えてくれている
point[3]  #220と覚えてくれている
point[4]  #400と覚えてくれている

もちろん、数値だけではなく、文字列なども、覚えておいてもらうことができます。
さらに、配列の中に配列を作ってしまう、多次元配列たじげんはいれつなどもあります。

ちょっとおくふかいのですが、まずは、配列はいくつものことを覚えておいてくれる変数なんだな、というふうに思ってください。

まとめ

配列はいれつ変数へんすうのなかまで、さまざまなことをおぼえておいてくれるものです。

ふつうの変数はひとつのことだけを覚えていてくれるのにたいし、配列はいくつものことを覚えておいてくれます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

変数

プログラミングにおいての変数《へんすう》は、さまざまなものを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。ものすごい記憶力《きおくりょく》の持《も》ち主《ぬし》なのですが、複数《ふ

Scratch

Scratch(スクラッチ)は、むずかしいプログラミング言語《げんご》を覚《おぼ》えなくてもゲームなどを作ることができる、プログラミング言語であり、その開発環境《かいはつかんきょう》のことでもありま

JavaScript

JavaScript《ジャバスクリプト》は、Webページに動《うご》きをつけたりすることができる、プログラミング言語《げんご》です。HTMLに直接書き込むこともでき、さまざまなところで使われ、さらに

文字列

文字列《もじれつ》は、いくつもの文字《もじ》があつまったものです。 文字列とは プログラミングをしているときなどに、「文字列《もじれつ》」という言葉《ことば》がよく出てきます。な

三項演算子

三項演算子は、プログラムの書き方のひとつで、真理値(true false)による条件分岐をかんたんに書く方法のことです。 プログラミングをしていると、真理値によって分岐したいことが本当によくあ

プログラミング言語

プログラミング言語《げんご》は、プログラミングをするときに使《つか》う言葉《ことば》のことです。言葉といっても、人に対《たい》して使うのではなく、コンピュータに対して使います。 プログ

多次元配列

多次元配列《たじげんはいれつ》は、配列《はいれつ》の中に配列があって、またその中に配列があったりする、配列のことです。 多次元配列とは まず、配列《はいれつ》というのは、いくつも

コマンド

コマンドは、「コンピュータに対してお願《ねが》いするときの言葉《ことば》」のことです。コンピュータに、ああしてほしい、こうしてほしい、ということを、コマンドという言葉を使って頼《たの》みます。

Git

Git《ギット》は、バージョン管理《かんり》システムと呼《よ》ばれるもののひとつです。いま作っているものにどういった変更《へんこう》があったのか、といったことを管理することができます。

関数

プログラミングにおいての関数《かんすう》は、なにかの値《あたい》を渡《わた》してあげると、決《き》められたなにかをやって、値《あたい》を返《かえ》してくれるものです。 関数とは

オリジナルゲーム.com