三項演算子

三項演算子は、プログラムの書き方のひとつで、真理値(true false)による条件分岐をかんたんに書く方法のことです。

プログラミングをしていると、真理値によって分岐したいことが本当によくあります。そんなとき、if〜elseを使ったりしますが、これを毎回書いているとめんどくさくなってきます。

そんなときに使えるのが三項演算子です。

目次
  1. 三項演算子の意味と使い方
  2. まとめ

三項演算子の意味と使い方

三項演算子は、真理値による条件分岐をかんたんに書く方法です。と言われても、まだいまいちピンとこないかもしれません。

では三項演算子とはどういったものなのでしょうか。実際に使い方をみていきましょう。

ところでみなさん、ドラクエは好きですか? 私はゲームの中で一番好きです。新作が出たら絶対に買います。
さて、これをプログラムで表すと、こうなります。

まずはif〜elseで書いてみましょう。

ドラクエ = "好き"
if ( ドラクエ == "好き" ) {
    買うか買わないか = "買う"
}
else {
    買うか買わないか = "買わない"
}

上記のプログラムは、「ドラクエ = “好き”」のとき、「買うか買わないか」の変数に「買う」と入れるプログラムです。それ以外の場合は「買わない」を入れます。

さて、これを三項演算子で表してみましょう。

ドラクエ = "好き"
買うか買わないか = ( ドラクエ == "好き" ) ? "買う" : "買わない"

三項演算子をはじめて見た人は、意味が分からないかもしれません。
つまり「( ドラクエ == “好き” )」という条件がtrueのとき、「買うか買わないか」の変数に「買う」と入れ、falseのときは「買わない」と入れる、という意味になります。

また、実際のプログラミング(JavaScript)での三項演算子の使い方は、こちらの記事に分かりやすくまとめております。

まとめ

三項演算子は、プログラムの書き方のひとつで、真理値による条件分岐を、かんたんに書くことができる方法です。
if〜elseでは、何行か使ってしまうコードでも、たった一行で書くことができます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

プログラミング言語

プログラミング言語《げんご》は、プログラミングをするときに使《つか》う言葉《ことば》のことです。言葉といっても、人に対《たい》して使うのではなく、コンピュータに対して使います。 プログ

変数

プログラミングにおいての変数《へんすう》は、さまざまなものを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。ものすごい記憶力《きおくりょく》の持《も》ち主《ぬし》なのですが、複数《ふ

関数

プログラミングにおいての関数《かんすう》は、なにかの値《あたい》を渡《わた》してあげると、決《き》められたなにかをやって、値《あたい》を返《かえ》してくれるものです。 関数とは

プログラミング

プログラミングは、コンピュータに対しての文章を作って、コンピュータにお願いすることです。 コンピュータは人の言葉を理解することができません。そこで、プログラミング言語というものを使って、コンピ

コマンド

コマンドは、「コンピュータに対してお願《ねが》いするときの言葉《ことば》」のことです。コンピュータに、ああしてほしい、こうしてほしい、ということを、コマンドという言葉を使って頼《たの》みます。

Git

Git《ギット》は、バージョン管理《かんり》システムと呼《よ》ばれるもののひとつです。いま作っているものにどういった変更《へんこう》があったのか、といったことを管理することができます。

多次元配列

多次元配列《たじげんはいれつ》は、配列《はいれつ》の中に配列があって、またその中に配列があったりする、配列のことです。 多次元配列とは まず、配列《はいれつ》というのは、いくつも

Scratch

Scratch(スクラッチ)は、むずかしいプログラミング言語《げんご》を覚《おぼ》えなくてもゲームなどを作ることができる、プログラミング言語であり、その開発環境《かいはつかんきょう》のことでもありま

JavaScript

JavaScript《ジャバスクリプト》は、Webページに動《うご》きをつけたりすることができる、プログラミング言語《げんご》です。HTMLに直接書き込むこともでき、さまざまなところで使われ、さらに

文字列

文字列《もじれつ》は、いくつもの文字《もじ》があつまったものです。 文字列とは プログラミングをしているときなどに、「文字列《もじれつ》」という言葉《ことば》がよく出てきます。な