1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. プログラミング
  6. »
  7. プログラミング言語

プログラミング言語

プログラミング言語げんごは、プログラミングをするときに使つか言葉ことばのことです。
言葉といっても、人にたいして使うのではなく、コンピュータに対して使います。

目次
  1. プログラミング言語ってどんなもの?
  2. どういったプログラミング言語があるの?
  3. まとめ

プログラミング言語ってどんなもの?

まず、みなさんは普段ふだんだれかとおしゃべりしたりしますよね。

日本人の方であれば、日本語を使って相手あいて気持きもちをつたえたりします。
もちろん、アメリカ人の方ならば、英語えいごを使います。

では、コンピュータに自分の気持きもちを伝えるには、どのようにすればいいのでしょうか。

それはコンピュータにも理解りかいできる言葉ことば(※正確せいかくには理解できる言葉に翻訳ほんやくできる言葉)を使って、気持ちを伝えるのです。

コンピュータはとっても素直すなおなので、伝えればどんなおねがいでも聞いてくれます。

画面がめん画像がぞう表示ひょうじして!」
「テキストを表示して!」
「画像をうごかして!」

こういった小さなお願いをかさねていくことで、ゲームなどをアプリケーションができています。
それを行なうことを「プログラミング」といい、プログラミングをするための言葉が「プログラミング言語」です。

どういったプログラミング言語があるの?

プログラミング言語には、さまざまなものがあります。
有名ゆうめいなものですと、次のようなものがあります。

もちろんこれだけではなく、たくさんの言語があります。

まとめ

プログラミングはコンピュータに対して小さなおねがいをかさねていくことで、それを行なうための言葉ことばプログラミング言語げんごです。

プログラミング言語にはさまざまなものがあり、目的もくてきなどによって使い分けます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

多次元配列

多次元配列《たじげんはいれつ》は、配列《はいれつ》の中に配列があって、またその中に配列があったりする、配列のことです。 多次元配列とは まず、配列《はいれつ》というのは、いくつも

Scratch

Scratch(スクラッチ)は、むずかしいプログラミング言語《げんご》を覚《おぼ》えなくてもゲームなどを作ることができる、プログラミング言語であり、その開発環境《かいはつかんきょう》のことでもありま

配列

プログラミングにおいての配列《はいれつ》は、さまざまなことを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。 配列《はいれつ》は変数《へんすう》のなかまなのですが、ふつうの変数

変数

プログラミングにおいての変数《へんすう》は、さまざまなものを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。ものすごい記憶力《きおくりょく》の持《も》ち主《ぬし》なのですが、複数《ふ

文字列

文字列《もじれつ》は、いくつもの文字《もじ》があつまったものです。 文字列とは プログラミングをしているときなどに、「文字列《もじれつ》」という言葉《ことば》がよく出てきます。な

プログラミング

プログラミングは、コンピュータに対しての文章を作って、コンピュータにお願いすることです。 コンピュータは人の言葉を理解することができません。そこで、プログラミング言語というものを使って、コンピ

JavaScript

JavaScript《ジャバスクリプト》は、Webページに動《うご》きをつけたりすることができる、プログラミング言語《げんご》です。HTMLに直接書き込むこともでき、さまざまなところで使われ、さらに

コマンド

コマンドは、「コンピュータに対してお願《ねが》いするときの言葉《ことば》」のことです。コンピュータに、ああしてほしい、こうしてほしい、ということを、コマンドという言葉を使って頼《たの》みます。

三項演算子

三項演算子は、プログラムの書き方のひとつで、真理値(true false)による条件分岐をかんたんに書く方法のことです。 プログラミングをしていると、真理値によって分岐したいことが本当によくあ

関数

プログラミングにおいての関数《かんすう》は、なにかの値《あたい》を渡《わた》してあげると、決《き》められたなにかをやって、値《あたい》を返《かえ》してくれるものです。 関数とは