1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。
タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。

Androidアプリ開発、7回目となりました。
今回はボタンを作り方を解説していこうと思います。

前回追加した TextView を消した状態からスタートします。

目次
  1. Button を追加する
  2. Button のアクションを作る

Button を追加する

Button を追加するときも、前回の Text の追加と同様に「Design」で追加していきます。
「Text」でも追加できますが、ボタンとなるとソース入力が大変なので「Design」で追加する方がおすすめです。

「activity_main.xml」ファイルを開き、左下から「Design」を選択します。ここまでは前回と同じです。
では Button を追加してみましょう。
android studio

ソースは以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button"
        tools:layout_editor_absoluteX="147dp"
        tools:layout_editor_absoluteY="81dp" />
</android.support.constraint.ConstraintLayout>

配置の場所の指定は、いずれ別の記事でまとめて解説するとして、ボタンを作成することができました。
android studio

Button のアクションを作る

ボタンは作りましたが、実はこのままでは、ボタンをタップしても何も起きません。
ではこのボタンをタップした時に、テキストを変更できるようにしてみましょう。

そのためには、まず TextView に ID をつける必要があります。
TextView を選択し「Properties」の「ID」に text と入力します。
android studio

Button の方は、追加した際に自動的に「button」という ID がふられているので、つける必要はありません。

ボタンが押された時、テキストを変える

では「MainActivity.java」を開き、ボタンが押された時にテキストが変更されるように作っていきましょう。

package com.example.r.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        //ここから
        final TextView text1 = (TextView)findViewById(R.id.text);
        Button button1 = (Button)findViewById(R.id.button);
        button1.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                text1.setText("はろーわーるど!");
            }
        });
        //ここまで入力
    }
}

上の「ここからここまで」の部分を入力した後「alt (option)」+「enter (return)」で、自動的にimport文が書かれます。

17〜18行目では、「TextView」や「Button」の ID を取得しています。
19〜24行目では、ボタンが押された時の処理を作っています。
22行目が、テキストを変更する命令です。

これでボタンをタップするとテキストを変更するプログラムを作ることができました。
android studio

この企画の一覧はこちら

  1. MacでのAndroid Studioインストール手順
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、11回目となりました。 そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。 そこ

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。 Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。 今回はアプリに表示されたテキストを変更

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。 [se

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。