1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。
タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。

Androidアプリ開発、7回目となりました。
今回はボタンを作り方を解説していこうと思います。

前回追加した TextView を消した状態からスタートします。

目次
  1. Button を追加する
  2. Button のアクションを作る

Button を追加する

Button を追加するときも、前回の Text の追加と同様に「Design」で追加していきます。
「Text」でも追加できますが、ボタンとなるとソース入力が大変なので「Design」で追加する方がおすすめです。

「activity_main.xml」ファイルを開き、左下から「Design」を選択します。ここまでは前回と同じです。
では Button を追加してみましょう。
android studio

ソースは以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button"
        tools:layout_editor_absoluteX="147dp"
        tools:layout_editor_absoluteY="81dp" />
</android.support.constraint.ConstraintLayout>

配置の場所の指定は、いずれ別の記事でまとめて解説するとして、ボタンを作成することができました。
android studio

Button のアクションを作る

ボタンは作りましたが、実はこのままでは、ボタンをタップしても何も起きません。
ではこのボタンをタップした時に、テキストを変更できるようにしてみましょう。

そのためには、まず TextView に ID をつける必要があります。
TextView を選択し「Properties」の「ID」に text と入力します。
android studio

Button の方は、追加した際に自動的に「button」という ID がふられているので、つける必要はありません。

ボタンが押された時、テキストを変える

では「MainActivity.java」を開き、ボタンが押された時にテキストが変更されるように作っていきましょう。

package com.example.r.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        //ここから
        final TextView text1 = (TextView)findViewById(R.id.text);
        Button button1 = (Button)findViewById(R.id.button);
        button1.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                text1.setText("はろーわーるど!");
            }
        });
        //ここまで入力
    }
}

上の「ここからここまで」の部分を入力した後「alt (option)」+「enter (return)」で、自動的にimport文が書かれます。

17〜18行目では、「TextView」や「Button」の ID を取得しています。
19〜24行目では、ボタンが押された時の処理を作っています。
22行目が、テキストを変更する命令です。

これでボタンをタップするとテキストを変更するプログラムを作ることができました。
android studio

この企画の一覧はこちら

  1. Android StudioをMacにインストールする方法
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

Android Studio

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法

前回、 Android Studio のインストールが完了しました。 その続きから始めていきましょう。 今回は新規プロジェクトを作成する方法です。 新規プロジェクトの作成 それ

JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

押入れが部屋になっている@It_is_Rです。 今回の記事はJavaScriptマンガ講座、2回目となりました。 この企画はJavaScriptをフザケまくって覚えようというものです。

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

fish shell

Fish shellの使い方。プラグインなしでもここまで可愛くできる!

先日、Macをフォーマットしたため、今まで構築したきた開発環境が消えました。 といっても、バックアップはとってあるので戻すことはできるのですが、せっかく綺麗に全部消えたので、もう一度作り直そうかな、

【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】

馬鹿は風邪を引かないといいますが、どうやら引いたようです。@It_is_Rです。 ちなみに、「馬鹿は風邪を引かない」ということわざは、「馬鹿は風邪を引いても気がつかない」という例えだって知ってました

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。文字の大きさを設定する。

こんにちわ。美しいものほど濁って見える@It_is_Rです。 今回もFC2ブログの最強カスタマイズを始めていこうと思います。 今回は文字の大きさや色など、ブログ内の文字の設定をしていきます。初

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です