1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. MacにNode.jsをインストールする方法

MacにNode.jsをインストールする方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。
今回はMacにNode.jsをインストールする方法を紹介していきます。

インストールの方法はいくつかありますが、今回はインストーラー(pkg)を使った方法と、nodebrewを使った方法を紹介します。

また、Windowsを使っている場合は「Windows10にNode.jsをインストールする方法」を参考にしてください。

目次
  1. インストーラー(pkg)を使ってNode.jsをインストールする方法
  2. nodebrewを使ってNode.jsをインストールする方法
  3. まとめ

インストーラー(pkg)を使ってNode.jsをインストールする方法

まずインストーラーを使ってNode.jsをインストールする方法です。
この方法は、操作が分かりやすく、かんたんにインストールできるのですが、Node.jsのバージョンを変えたいときなどに少し不便だったりします。

ますはNode.jsをインストールしてためしてみたい、という人におすすめの方法です。

Node.jsのダウンロード

公式サイトにアクセスします。

Node.js

では、Node.jsをダウンロードしていきましょう。
今回は推奨版のLTSを選びます。下の画像の場所をクリックします。

Node.jsのインストール

ダウンロードが完了したら、つぎはNode.jsをインストールしていきます。
インストーラーを開いたら、「続ける」をクリックします。

再び、「続ける」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

①インストール先を変えたい場合は「インストール先を変更…」をクリックします。
②カスタムインストールしたい場合は「カスタマイズ」をクリックします。
③インストールを実行する場合は「インストール」をクリックします。

パスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

インストールがはじまります。

「閉じる」をクリックします。

インストーラをゴミ箱に入れるかどうかを選び、インストールの完了です。

Pathを確認、追加する

つづいて、Parhを確認してみます。
ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

$ echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Library/Apple/usr/bin:/Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/Current/Commands

表示された中に「/usr/local/bin」があることを確認します。

もし「/usr/local/bin」が見つからない場合は、パスを追加します。
zshを使っている場合は.zsh_profileに、bashを使っている場合は.bash_profileに、以下を追加します。

export PATH=/usr/local/bin:$PATH
#zshを使っている場合
$ source ~/.zsh_profile
#bashを使っている場合
$ source ~/.bash_profile

また、fishを使っている場合は、以下のコマンドを実行します。

$ set -U fish_user_paths /usr/local/bin $fish_user_paths

nodebrewを使ってNode.jsをインストールする方法

つづいて、nodebrewを使ってNode.jsをインストールする方法を紹介します。

nodebrewを使うと、Node.jsのバージョン管理がしやすくなります。つまり、かんたんにバージョンを切り替えることができます。

nodebrewはGitHubから直接ダウンロードすることもできますが、Macを使っていてWeb開発をしている人の多くはHomebrewをインストールしているのではないかと思います。
今回はHomebrewを使ってnodebrewをインストールしていこうと思います。

Homebrewをまだインストールしていない方は「Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ」を参考にしてください。

Homebrewでnodebrewをインストールする

ではHomebrewを使って、nodebrewをインストールしましょう。
以下のコマンドを実行します。

$ brew install nodebrew

nodebrewのインストールが終わったら、つぎのコマンドを実行してみます。

$ nodebrew ls
not installed

current: none

まだNode.jsをインストールしていないので、not installedと表示されます。

nobebrewでNode.jsをインストールする

つづいて、nodebrewでNode.jsをインストールします。
今回はLTSをインストールしてみます。

$ nodebrew install stable
Fetching: https://nodejs.org/dist/v14.16.0/node-v14.16.0-darwin-x64.tar.gz
################################################################################################## 100.0%
Installed successfully

もし、最新版をインストールしたい場合は、つぎのコマンドを実行します。

$ nodebrew install latest

次のようなエラーがでることがあるかもしれません。

$ nodebrew install stable
Fetching: https://nodejs.org/dist/v14.16.0/node-v14.16.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/r/.nodebrew/src/v14.16.0/node-v14.16.0-darwin-x64.tar.gz: No 
Warning: such file or directory
                                                                                                     0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 978)
download failed: https://nodejs.org/dist/v14.16.0/node-v14.16.0-darwin-x64.tar.gz

そんなときは、以下のコマンドを実行して、フォルダを作ってあげます。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src

もう一度nodebrew install stableを実行し、nobebrew lsで確認してみましょう。

$ nodebrew install stable
$ nodebrew ls
v14.16.0

current: none

インストールしたNode.jsのバージョンが表示されましたが、currentがnoneになっています。
では、使いたいNode.jsのバージョンを指定してみましょう。

$ nodebrew use v14.16.0
use v14.16.0
$ nodebrew ls
v14.16.0

current: v14.16.0

これでcurrentに使いたいNode.jsのバージョンが表示されるようになりました。

Pathを通す方法

つづいて、パスを通していきたいと思います。
Macではzshが標準になっているので、多くの方がzshを使っていると思います。

zshを使っている場合は.zsh_profileに、bashを使っている場合は.bash_profileに、以下を追加します。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
#zshを使っている場合
$ source ~/.zsh_profile
#bashを使っている場合
$ source ~/.bash_profile

また、fishを使っている場合は、以下のコマンドを実行します。

$ set -U fish_user_paths $HOME/.nodebrew/current/bin $fish_user_paths

これでnodenpmが使えるようになります。

$ node -v
v14.16.0
$ npm -v 
6.14.11

まとめ

今回はNode.jsをMacにインストールするふたつの方法を紹介しました。

インストーラを使う方法はかんたんですが、バージョンの切り替えのときに、大変だったりします。
nodebrewはNode.jsのバージョン管理ができ、バージョンの切り替えもかんたんにできるのですが、インストールが少しだけむずかしいです。

自分に合った方法を試してみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Scratchでピアノを 作ってみよう!

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

今回も、小学生からのScratch《スクラッチ》入門、はじめていきます。 前回、「Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門」では、Scratchを使ってシ

Dockerでよく使うコマンドとオプション、その使い方を徹底解説!

人生に意味は求めない。それよりもDockerのコマンドの意味を理解する方が重要です。@It_is_Rです。 Dockerにはたくさんのコマンドがありますが、まずはよく使うコマンドを覚えていきまし

Pug

PugでPHPが使える! gulpfile.jsをちょっと工夫するだけだよ

HTMLを書くときPugを使うととても便利なのですが、PHPを書きたいと思ったときは少し工夫が必要になります。 PugでPHPを書くためのプラグインを使う方法もありますが、使うプラグインが増えれば増

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

wordpress

WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPressみたいに私自身の人生もカスタムできたらいいのに。@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズは、公開しているサイトだけではありません。 管理画面をカスタマイズする

ファイルを分けるべよ!

【JavaScript】ファイルを分けて管理してみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回はりこちゃんを方向キーで操作《そうさ》することができるようになりました。しか

webpackを使ってゲームエンジンを作ろう!(JSライブラリの作り方)

みなさんこんにちは。今回もたのしくプログラミングを学んでいきましょう! 前回の「JavaScriptでRPGを作ろう!スマホにも対応したゲームの作り方」では、JavaScriptでゲームエンジ

Android StudioをMacにインストールする方法

Android Studioを使って、Androidアプリ開発を行っていきましょう! 今回は Android Studioをインストールする手順を解説します。 Android Studio

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です