1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. パッケージマネージャー
  6. »
  7. Homebrewのインストール&使い方。すぐに使える詳しい解説!

Homebrewのインストール&使い方。すぐに使える詳しい解説!


※追記
この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。


人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。

今回はHomebrewについての記事を書いてみようと思います。
Homebrewをインストールすると、ターミナルから便利なコマンドを使用できるようになります。

Homebrewとは

Homebrewとは、OS X上で動く、パッケージ管理システムです。分かりやすく言うと、Macのターミナルから簡単にソフトウェアをインストールできるようにするものです。

Homebrew
homebrew

Homebrewのインストール

では、Homebrewをインストールしてみましょう。
インストールはとても簡単です。先ほど紹介したHomebrewのページから、インストール用のスクリプトをコピーし、ターミナルに貼り付けるだけでインストールすることができます。

homebrew

赤枠で囲んだ部分をコピーしてターミナルに貼り付けます。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewの問題をチェック

インストールが終わったら、Homebrewの問題をチェックしてみましょう。

brew doctor

まず、一番最初に実行するのは、brew doctorというコマンドです。
このコマンドは、Homebrewの問題をチェックするものです。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

上記のようにYour system is ready to brew.と表示された場合、Homebrewは問題ありません。
もしもこのように表示されなかった場合は、こちらに私がbrew doctorで表示された警告を載せますので、参考にしてください。

それが終わったら準備完了です。

Homebrewの使い方

では、Homebrewのコマンドを見ていきましょう。

ますは、よく使われると思われるコマンドを表にしましたので、参考にしてください。


$ brew --version
($ brew -v)
Homebrewのバージョンを見る
($ brew -vに省略可能)
$ brew サブコマンドの表示
$ brew search
($ brew -S)
Homebrewのパッケージを一覧表示
($ brew -Sと省略することも可能)
$ brew search キーワード
($ brew -S キーワード)
キーワードが含まれるbrewのパッケージを検索
$ brew info Homebrewでインストールした統計の情報を表示
$ brew info パッケージ名 パッケージについての情報を表示
$ brew install パッケージ名 パッケージをインストール
$ brew update Homebrewと全てのパッケージ定義(Formula)をアップデート
$ brew upgrade Homebrewとパッケージをアップグレード
$ brew uninstall パッケージ名
($ brew remove パッケージ名)
($ brew rm パッケージ名)
パッケージをアンインストール。
($ brew remove パッケージ名 や $ brew rm パッケージ名 とすることも可能)
$ brew list
($ brew ls)
インストールされているパッケージを表示
($ brew ls)に省略することも可能
$ brew config Homebrewシステム構成を表示
$ brew doctor Homebrewの問題をチェック。
$ brew commands Homebrewのコマンドの一覧を表示。
$ brew help コマンド Homebrewのコマンドの使い方を表示。
$ brew home Homebrewや、そのパッケージのページを表示。
$ man brew Homebrewについてのマニュアルを表示。

Homebrewのバージョンを確認 ( brew -v )

まず、Homebrewのバージョンを確認してみます。
ターミナルに以下のコマンドを打ち込んでみてください。

$ brew -v
Homebrew 1.6.2-41-g03dd26c
Homebrew/homebrew-core (git revision c010d8; last commit 2018-04-28)

このようにバージョンが表示されます。

サブコマンドの確認 ( brew )

ターミナルにbrewと打ち込むと、brewのサブコマンドが表示されます。(詳しく表示するには、man brewを実行したほうがいいかもしれません)

$ brew
Example usage:
  brew search [TEXT|/REGEX/]
  brew info [FORMULA...]
  brew install FORMULA...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA...]
  brew uninstall FORMULA...
  brew list [FORMULA...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA

Contributing:
  brew create [URL [--no-fetch]]
  brew edit [FORMULA...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

brew search

brew searchは、Homebrewのパッケージ定義(Formula)を確認するコマンドです。

$ brew search
a2ps                                 fleetctl                             liboping                             rabbitmq
a52dec                               flex                                 libopkele                            rabbitmq-c
〜略〜

という様に、配布されているパッケージの一覧を表示することができます。
また、後ろにキーワードを入れることで、そのキーワードを含むパッケージのみを表示させることもできます。

キーワードにnodeを含むパッケージを表示してみました。

$ brew search node
leafnode    llnode      node ✔      node-build  nodebrew    nodeenv     nodenv    
homebrew/versions/node010     homebrew/versions/node4-lts   Caskroom/cask/nodebox       
homebrew/versions/node012     homebrew/versions/node5       Caskroom/cask/nodeclipse    
homebrew/versions/node04      Caskroom/cask/mindnode-pro    Caskroom/cask/printnode     
homebrew/versions/node06      Caskroom/cask/node-profiler   Caskroom/cask/soundnode     
homebrew/versions/node08      Caskroom/cask/node

すでにインストールされているパッケージにはチェックマーク(✔)が表示されます。

brew info

Homebrewでインストールした統計の情報が表示されます。

$ brew info
44 kegs, 71,961 files, 1.6GB

また、後ろのパッケージ名を入力することで、パッケージの情報を表示することもできます。

$ brew info node
node: stable 10.0.0 (bottled), HEAD
Platform built on V8 to build network applications
https://nodejs.org/
〜略〜

brew install

brew installの後ろに、パッケージ名を入力することで、パッケージをインストールすることができます。
インストールできるパッケージ名は、brew searchで探すこともできます。

では、試しにnode.jsをインストールしてみたいと思います。

$ brew install node

これで、node.jsをインストールすることができます。

brew update

brew updateを実行すると、Homebrewとパッケージの定義(Formula)をアップデートすることができます。

$ brew update

brew upgrade

これを実行すると、Homebrewとパッケージをアップグレードすることができます。

$ brew upgrade

また、古いバージョンのものを削除する、cleanupというコマンドがありますが、それを同時に行うこともできます。

$ brew upgrade --cleanup

また、後ろにパッケージ名をいれることで、そのパッケージのみをアップグレードすることも可能です。
Node.jsをアップグレードしてみます。

$ brew upgrade node

brew uninstall

brew uninstallの後ろに、パッケージ名を入力することで、そこパッケージをアンインストールすることができます。

$ brew uninstall node
Uninstalling /usr/local/Cellar/node/6.1.0... (3,655 files, 38.6M)

また、下記の様にremoveやrmを使っても、uninstallと同じ動きをします。

$ brew remove node
$ brew rm node

brew list

brew listは、インストールされているパッケージを表示するコマンドです。
この様に一覧で表示することができます。

$ brew list
autoconf	openssl		rbenv		readline	ruby-build
libyaml		pkg-config	rbenv-gemset	ruby

また、brew lsというふうに省略することもできます。

$ brew ls
autoconf	openssl		rbenv		readline	ruby-build
libyaml		pkg-config	rbenv-gemset	ruby

brew config

brew configはHomebrewシステム構成を表示するコマンドです。

$ brew config
HOMEBREW_VERSION: 1.6.2-43-gbae92c9
ORIGIN: https://github.com/Homebrew/brew
〜略〜

brew commands

Homebrewのコマンドの一覧を表示します。

$ brew commands
Built-in commands
--cache         cat             doctor          link            postinstall     tap             untap
--cellar        cleanup         fetch           list
〜略〜

brew help

brew help コマンド で、そのコマンドの使い方が表示されます。

$ brew help info
brew info:
    Display brief statistics for your Homebrew installation.

brew info formula:
    Display information about formula.
〜略〜

brew home

brew homeは、Homebrewや、そのパッケージのページ表示をするコマンドです。
まず、Homebrewのページを表示してみます。

$ brew home

ブラウザが開き、Homebrewのページが表示されたと思います。

さらに、この後にパッケージ名を入力することで、そのパッケージのページを表示することもできます。

$ brew home node

この様にすると、node.jsのページを開くことができます。

man brew

Homebrewのマニュアルを表示します。コマンドについても多く書かれていますので、brewコマンドではなく、こちらを実行してもいいかもしれません。

$ man brew

どんなコマンドがあるんだろうと疑問に思ったら、このコマンドを思い出してください。

表示されたWarning

brew doctorを使い、警告があった場合、以下のようになります。

$ brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

〜略〜

といった文の後に、警告が表示されます。
では、自分自身のパソコンで表示された警告を、例として載せておきます。

Warning: “config” scripts exist outside your system or Homebrew directories. …

以下のようなエラーが表示された場合です。

Warning: "config" scripts exist outside your system or Homebrew directories.
`./configure` scripts often look for *-config scripts to determine if
software packages are installed, and what additional flags to use when
compiling and linking.

Having additional scripts in your path can confuse software installed via
Homebrew if the config script overrides a system or Homebrew provided
script of the same name. We found the following "config" scripts:
  /Users/xxxxx/Library/Python/3.6/bin/powerline-config
  /usr/local/opt/pkg-config

こちらは、以下を.zshrcや.bash_profileなどに入力することで解決するようです。

alias brew="PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin brew"

参考サイト : pyenv をインストールしてると brew doctor で出る Warning を消す方法

Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew prune` …

以下のようなエラーが表示された場合です。

Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew prune`:
  /usr/local/bin/bower

brew pruneを実行すればOKです。

$ brew prune
Pruned 21 symbolic links and 24 directories from /usr/local

Warning: You have unlinked kegs in your Cellar …

以下のようなエラーが表示された場合です。

Warning: You have unlinked kegs in your Cellar
Leaving kegs unlinked can lead to build-trouble and cause brews that depend on
those kegs to fail to run properly once built. Run `brew link` on these:
  node
  git

言われた通りに、brew linkしてみたのですが、エラーが表示されたので、強制的に上書きしてくれるオプションをつけたら解決しました。

$ brew link --overwrite node
Linking /usr/local/Cellar/node/10.0.0... 7 symlinks created
$ brew link --overwrite git 
Linking /usr/local/Cellar/git/2.17.0... 188 symlinks created

Warning: Unbrewed header files were found in /usr/local/include. …

以下のようなエラーが表示された場合です。

Warning: Unbrewed header files were found in /usr/local/include.
If you didn't put them there on purpose they could cause problems when
building Homebrew formulae, and may need to be deleted.

Unexpected header files:
  /usr/local/include/python3.6m/greenlet/greenlet.h

/usr/local/include/python3.6m/greenlet/greenlet.hを削除することで、エラーは表示されなくなりました。

その他のWarning

以下は古いバージョンのHomebrewで表示Warningです。
もしかすると役にたつかもしれないので、そのまま残しておきます。

$ brew doctor
Warning: A newer Command Line Tools release is available.
Update them from Software Update in the App Store.

Warning: Xcode is installed to a directory with a space in the name.
This will cause some formulae to fail to build.

Warning: Your Xcode (5.1.1) is outdated
Please update to Xcode 7.3.1.
Xcode can be updated from the App Store.

とりあえず、翻訳してみました。

警告 : 新しいコマンドラインツール(Command Line Tools)が利用可能です。App StoreのSoftware Updateから、アップデートしてください。

警告 : Xcodeは名前にスペースを含んだディレクトリにインストールされています。これはビルドに失敗という、いくつかの問題を引き起こすものです。

警告 : あなたのXcode(5.1.1)は古いバージョンです。Xcode 7.3.1にアップデートしてください。

普段、使用していないバージョンのOSを起動したため、Command Line Toolsがアップデートされていなかったことと、古いバージョンのXcodeがインストールされていたことが原因の様です。
2つ目の警告は、Xcodeをアップデートすることで解決すると思います。

まず、1つ目の警告はおいておいてXcodeをアップデートしましょう。
App Storeを開き、Xcode7.3.1をインストールします。

app store xcode

これで、2番目と3番目の警告は解決しました。

では、コマンドラインツールをアップデートします。
App Storeからアップデートする方法でもいいのですが、今回はもうちょっとイカしたアップデートの方法をしたいと思います。

$ xcode-select --install

command line tools

インストールをクリックし、規約に同意すれば、インストールされます。

また、何日かHomebrewを使用した後に、brew doctorコマンドを使用すると、次の様な警告が表示されることがあります。

$ brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours. This is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.

とりあえず、警告部分だけ翻訳します。

あなたのHomebrewは古いバージョンです。
24時間以上アップデートしていません。これはbrewlandでは長年です!
Homebrewをアップデートするには、brew updateを実行してください。

24時間以上は、brewlandで長年だってよ。brewlandってどこ?
…まぁ、それはいいとして、つまり、brew updateを実行すればいいってことです。

$ brew update
Updated Homebrew from 815edc0 to 2f20a42.
Updated 2 taps (caskroom/cask, homebrew/core).
==> New Formulae
bookloupe      derby          dssim          git-secret     mit-scheme     wiredtiger   
czmqpp         docker-clean   frege-repl     grt            nuget        
==> Updated Formulae
activemq                      gnatsd                        p7zip                       
activemq-cpp                  gnu-tar                       peco                        
afl-fuzz                      godep                         planck                      
apache-flink                  graphite2                     plowshare                   
aria2                         hbase                         postgresql                  
artifactory                   icdiff                        prometheus                  
at-spi2-core                  idnits                        pyenv                       
aws-sdk-cpp                   imagemagick                   pyvim                       

〜略〜

==> Renamed Formulae
beanstalk -> beanstalkd                      d-bus -> dbus                              
==> Deleted Formulae
eet               eina              embryo            evas              tinyscheme

これで、アップデートが完了しました。

まとめ

今回はHomebrewの使い方を紹介しました。
また、次回の記事をお楽しみに!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

小学生からのJavaScript入門。画像の表示と移動をしてみよう!

小学生からのJavaScript入門、第3弾です。 今回はゲーム開発(かいはつ)へもう一歩踏み込んでみましょう! [serif icon="aru-s.jpg" name="アル"]うーん……

キー入力で文字を切り替えるべ

JavaScript|ノベルゲーム風にキー入力で文字を切り替える方法!

小学生からのJavaScript講座です。 前回、文字を一文字づつ表示させる方法と改行の方法を紹介しました。 今回はこのプログラムに、キー入力によって文字を切り替えられる機能をつけてみましょう

【CSS設計】ボタンを作って覚える。機能ごとに分けて作る重要性。

手が回らない、頭が回らない、口が回らない。@It_is_Rです。 CSSはある程度大雑把に書いても動かすことができます。しかし、CSSを覚える上で一番難しい部分と言えばCSS設計でしょう。 パ

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

bootstrap3

Bootstrap3でサイト制作するための、準備と初期設定。

ゲーム制作は順調にすすんでいます。このまま順調にいけば、今月か来月までには完成できそうです。@It_is_Rです。 さて、今回はBootstrap3によるサイト制作の入門講座です。 このBoo

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

プログラミングのクラスってなぁに?

小学生からのJavaScript。クラスの概念をしっかりと理解しよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第12弾です。 前回はマップ上をキャラクターが自由に動くことができるようにしました。 今回はES6から使われるようになった「ク

WordPress テーマ自作!投稿ページ、固定ページの作り方。

サンタは何故お爺さんなんでしょうか。@It_is_Rです。 今年からサンタのギャルにしましょう。 WordPress テーマ自作シリーズ第7回目です。 今回は、投稿ページと固定ページを作って

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。