Vim

Vimヴィムは、オランダのプログラマー、ブラム・ムールナーさんによって開発かいはつされた、シンプルで高機能こうきのうテキストエディタです。

viヴィーアイというテキストエディタから派生はせいしたものですが、viよりもおおくの機能きのうがあり、今ではEmacsイーマックスならんで、プログラマーの方などのあいだでとても人気にんきです。

目次
  1. Vimの特徴
  2. Vimのカスタマイズについて
  3. Vimを使うメリット、デメリット
  4. まとめ

Vimの特徴

Vimヴィム一番いちばん特徴とくちょうは、やはりキーボードのみでの操作そうさ前提ぜんていとしているところでしょう。

もちろん、設定せっていえればマウスを使つかうこともできるのですが、をマウスにっていくよりも、カーソルの移動いどうから文字もじ選択せんたく、コピー&ペースト、ファイルじたりひらいたりなど、すべてキーボードでおこなってしまったほうが、効率こうりつが良かったりもします。

さらに、キーボードのみ、といっても、カーソルを移動させるときに、方向ほうこうキーは使いません。
いや、方向キーも使えるのですが、hjklを使ってカーソルを移動させることを、Vimではつよくおすすめしているのです。
これは、右手を方向キーへと移動させることなく、文字を入力する位置いちのままにカーソルを移動することができるのです。

そんなことしたら、その文字が入力されちゃうじゃないか、と思われるかもしれませんが、Vimにはモードという概念がいねんがあり、このモードをえることで、キーボードのみでのいろいろな操作ができるようになるのです。

このように、一般的いっぱんてきテキストエディタと比べて、Vim特別とくべつ使つかい方をします。
そのため、Vimが使えるようになるにはれが必要ひつようになります。しかし、この使い方に慣れることで、プログラミングなどの作業効率さぎょうこうりつアップにつながります。

Vimのカスタマイズについて

Vimヴィム初期状態しょきじょうたいは、文字もじに色もつかず、行末ぎょうまつでカーソルを右に移動いどうしてもつぎぎょうすすんでもくれなかったり、文字をそうとしてもうまく消えてくれなかったりと、とても使つか心地ごこちがいいとはいえないです。

あまりにも使い方が特別とくべつすぎて、はじめて使う人は、なにがなんだか分からない、といった印象いんしょうつと思います。

しかしそれは、まだVim設定せっていができていないために、便利べんりに使うことができていないだけなのかもしれません。
Vimは、デザインや操作方法そうさほうほうなどを設定ファイルに書いていくことで、どんどん使いやすく変わっていくのです。

ぎゃくにこれは、自分自身じぶんじしんで使いやすいようにカスタマイズしていける、ということでもあります。

Vimでは、基本的に.vimrcというファイルに設定を書いていきます。
ここに書いた設定は、Vim起動きどうしたときにまれて反映はんえいされます。

Vimが好きな人は、自分専用じぶんせんようの設定ファイルっていて、Vimを使いながら、自分が使いやすいように設定ファイルを作っていくのです。

また、多くの方がとても便利べんりなプラグインをGitHubギットハブなどで公開こうかいしてくれています。
これらを自分のVimむことでも、カスタマイズすることができます。

Vimを使うメリット、デメリット

まず、Vimヴィムを使うメリットです。

  • コマンドプロンプトやターミナル上で動かすことができる
  • 起動きどうはや
  • キーボードのみで素早すばや操作そうさができ、プログラミングなどの作業効率さぎょうこうりつがあがる
  • 自分だけの設定せっていファイルを作れるので、自分好みのテキストエディタ仕上しあげていくことができる

しかし、やはりデメリットもあります。

  • 操作方法そうさほうほう特別とくべつなので、おぼえるまでに時間じかんがかかる
  • 設定ファイルを作っていないと(デフォルトのままだと)、とても使いにくい
  • Vimれてきたころには、自分専用じぶんせんようの設定ファイルができているので、気持きもてきVimからはなれられなくなる
  • 設定ファイル記述きじゅつにミスがあると、思い通りに動かなかったりする
  • カスタマイズに時間じかんがかかり、しかもそれが意外いがいたのしいので、本来ほんらい目的もくてきプログラミングができなくなったりもする

まとめ

Vimヴィムはシンプルで高機能こうきのうテキストエディタです。

一般的いっぱんてきテキストエディタとは使つかかたがまったくちがい、はじめて使う人は、かなら戸惑とまどうことでしょう。
しかし、Vimを使いこなすことができれば、作業効率さぎょうこうりつアップにつながります。

また、好きなようにカスタマイズしていくことができるので、自分だけのVimを作り上げていくことが、Vimを使う楽しみのひとつだったりします。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトは、Windows《ウィンドウズ》にデフォルトで入っているツールで、コマンドを入力《にゅうりょく》するときに使《つか》います。 真《ま》っ黒《くろ》な画面《がめん》で、コマン

アプリ(アプリケーション)

アプリ(アプリケーション、アプリケーションソフトウェア)は、スマホやパソコンなどのコンピュータで使《つか》う、形《かたち》のないもののことです。よく似《に》た意味《いみ》の言葉《ことば》に、「ソフト

テキストエディタ

テキストエディタは、文字を入力したり、編集したり、保存したりすることができるソフトウェアです。Windowsにはメモ帳というアプリが入っていますが、これもテキストエディタのひとつです。 ホーム

アップデートとアップグレードの違い

アップデートとアップグレードは、とてもよくにた言葉《ことば》ですが、このふたつの違《ちが》いはなんなのでしょうか。今回《こんかい》は、アップデートとアップグレードの違いについて、見《み》ていきましょ

GUI

GUIは、「Graphical User Interface《グラフィカル ユーザ インタフェース》」を短《みじか》くしたもので、アイコンやボタンなどを、マウスでクリックしたり、タッチしたり、という

アップグレード

アップグレードは、ソフトウェアやハードウェアなどを、よりよいものにすることです。アップデートとよくにていますが、アップグレードは、それよりも大幅《おおはば》に変更《へんこう》します。

CUI

CUIは、「character user interface《キャラクタ ユーザ インタフェース》」を短《みじか》くしたもので、文字《もじ》だけで操作《そうさ》を行《おこ》なうものです。表示《ひょう

Blender

Blender《ブレンダー》は、オープンソースで、フリーの、3DCGソフトです。 3Dのイラストを描《か》いたり、映像《えいぞう》を作ったり、実《じつ》は2Dアニメーションを作ったりすることも

ソフト(ソフトウェア)

ソフト(ソフトウェア)は、スマホやパソコンなどのコンピュータで使《つか》う、形《かたち》のないもののことです。 よく似《に》た意味《いみ》の言葉《ことば》に、「アプリ(アプリケーション、アプリ

プロンプト

プロンプトは、パソコンを使っている人が入力できるときに、ここに入力できるよ、と教えてくれる文字やマークのことです。 WindowsならばコマンドプロンプトやPowerShell、Macならば

オリジナルゲーム.com