1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. webpack
  6. »
  7. webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。
今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。

webpack.config.jsとは

webpack.config.jsは、webpackの設定ファイルです。
エントリーポイントや、ファイルの出力場所、プラグインなどを設定することができます。

webpack.config.jsの作成

まず、webpack.config.jsファイルを作成しておきましょう。

$ touch webpack.config.js

エントリーポイントの変更

エントリーポイントとは、プログラムの実行を開始する場所のことです。
デフォルトでは「./src/index.js」になります。
では、エントリーポイントを変更してみましょう。

webpack.config.js

module.exports = {
  entry: './js/script.js'
};

上の例では、エントリーポイントを「./js/script.js」に変更しています。

出力先フォルダやファイル名の変更

コンパイルしたファイルの出力先やファイル名を変更できます。

デフォルトでの出力先は、「./dist/main.js」ですが、これを「./dest/bundle.js」に変更してみます。

webpack.config.js

module.exports = {
	entry: './js/script.js',
	output: {
		path: __dirname + '/dest',
		filename: 'bundle.js'
	}
};

Loaderを使う

Loaderを使う方法です。
今回は例としてBabelを使ってみたいと思います。

まず、以下のコマンドでBabelをインストールします。

$ npm install babel-loader babel-core babel-preset-env --save-dev

webpack.config.jsは、以下のようにします。

webpack.config.js

module.exports = {
	entry: './js/script.js',
	output: {
		path: __dirname + '/dest',
		filename: 'bundle.js'
	},
	module: {
		rules: [
			{
				test: /\.js$/,
				exclude: /(node_modules | bower_components)/,
				use: {
					loader: 'babel-loader',
					options: {
						presets: ['env']
					}
				}
			}
		]
	}
};

追加したのは7〜20行目です。

testプロパティは、変換するファイルを特定します。
正規表現で表しますので、「/\.js$/」というのは、「.js」で終わるファイル、つまりはJavaScriptファイルを表します。

excludeプロパティは、除外するファイルを指定します。
今回の例では、npmでインストールした時に作られる「node_modules」フォルダと、bowerでインストールした時に作られる「bower_components」フォルダを指定しています。

useプロパティは、変換に使うローダを指定します。
今回の例では、loaderにbabel-loaderを、optionsでオプションを指定しています。

プラグインを使う

プラグインを使ってみましょう。
今回は「html-webpack-plugin」を使ってみたいと思います。

このプラグインを使うと、コンパイル時にhtmlファイルが作られるようになります。

では実際に使ってみましょう。

$ npm install html-webpack-plugin --save-dev

webpack.config.js

const HtmlWebpackPlugin = require( 'html-webpack-plugin' );

module.exports = {
	entry: './js/script.js',
	output: {
		path: __dirname + '/dest',
		filename: 'bundle.js'
	},
	module: {
		rules: [
			{
				test: /\.js$/,
				exclude: /(node_modules | bower_components)/,
				use: {
					loader: 'babel-loader',
					options: {
						presets: ['env']
					}
				}
			}
		]
	},
	plugins: [ new HtmlWebpackPlugin() ]
};

追加したのは、1行目と23行目です。
このwebpack.config.jsの場合、destフォルダにindex.htmlファイルが作成されます。

modeを指定する

前々回のwebpackの記事では、modeはオプションを使って指定していましたが、webpack.config.jsで設定しておくこともできます。
modeについて知りたい方は、【初心者向け】webpack 4入門。一番簡単で詳しい使い方 | modeについてをご覧ください。

const HtmlWebpackPlugin = require( 'html-webpack-plugin' );

module.exports = {
	entry: './js/script.js',
	output: {
		path: __dirname + '/dest',
		filename: 'bundle.js'
	},
	mode: 'development',
	module: {
		rules: [
			{
				test: /\.js$/,
				exclude: /(node_modules | bower_components)/,
				use: {
					loader: 'babel-loader',
					options: {
						presets: ['env']
					}
				}
			}
		]
	},
	plugins: [ new HtmlWebpackPlugin() ]
};

追加したのは9行目です。これで開発用のモードで出力されます。

まとめ

webpack.config.jsファイルはwebpackの設定ファイルです。
これを使うことで、webpackの様々な設定を行うことが可能です。

webpackにはまだまだ多くの機能がありますので、徐々に紹介していければと思います。
以上、webpack.config.jsの使い方でした。

参考ページ:webpack Concepts

この企画の一覧はこちら

  1. 【初心者向け】webpack 4入門。一番簡単で詳しい使い方
  2. 【webpack 4】npm-scriptsでオリジナルのコマンドを設定する方法
  3. webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう
  4. webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

wordpress

WordPress にウィジェット(サイドバー)を追加する方法。

サイドバーというより、頭がパーな@It_is_Rです。やかましいわ。 WordPress テーマ自作シリーズ、早くも第6回目です。 今回はウィジェット(サイドバー)を追加する方法を紹介します。

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

bootstrap3

Bootstrap3でサイト制作するための、準備と初期設定。

ゲーム制作は順調にすすんでいます。このまま順調にいけば、今月か来月までには完成できそうです。@It_is_Rです。 さて、今回はBootstrap3によるサイト制作の入門講座です。 このBoo

【Mac】ローカルにWebサーバを立ち上げる超簡単な方法!

JavaScriptを使ってWebページなどの開発をしていると、Google ChromeやSafariなどのブラウザでうまく開けない場合が稀にあります。 そんな時、ローカルにWebサーバを立ち上げ

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。背景を変更する。

三度の飯よりも好きなものが多すぎて比較にならない@It_is_Rです。 FC2ブログ"最強"カスタマイズ入門講座の続きですね。最強にカスタマイズしていきましょう。 今回は背景色の変更をメインに

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

小学生から始めるプログラミング入門。プログラミングってなぁに?

2020年から小学校でプログラミングが必修(ひっしゅう)となりますが、「プログラミングなんてやったことないし、何から初めていいのか分からない」といった方も多いのではないでしょうか。 プログラミン

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。