1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Androidアプリ開発
  6. »
  7. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。

Androidアプリ開発、5回目となりました。
今回は Android Studio でアプリを開発する時の、それぞれのファイルの役割を簡単に覚えていきましょう。
ファイルの役割はアプリ開発をする上で必ず必要な知識ですので、分からなくなったらこのページを見直す様にしてみてください。

それぞれのファイルの使い方

まず、Android Studioを開き、新規プロジェクトを作成すると次の様になります。
android studio

画面左側には、フォルダの階層が表示されています。
もしも表示されていない場合は「Project」タブをクリックしましょう。
android studio

一応、階層の表示方法を変えておきます。
人によるのかもしれませんが、変更した方が見やすいかも知れません。

ツールウィンドウ上部の「Android」と書かれた部分を「Project」に変更します。
階層の表示方法が変更されます。
android studio

今回は以下のファイルやフォルダについて解説します。

  • app/src/main/java/パッケージ名/MainActivity
  • app/src/res/drawable
  • app/src/res/layout/activity_main.xml
  • app/src/res/mipmap-xxxx
  • app/src/res/values/colors.xml
  • app/src/res/values/strings.xml
  • app/src/res/values/styles.xml
  • app/src/res/AndroidManifest.xml

MainActivity

「MainActivity」は「MainActivity.java」というファイルに書かれたクラスです。
ここでActivityを作成しています。Activityクラスがありそのサブクラスを作る事で、Activityが作成されます。

Activityとは、ユーザーの操作を可能にする画面を提供するコンポーネント(部品)の事です。
つまりこのファイルは、アプリをどう動かすのか、例えばボタンが押されたらこれを実行するなど、アプリの動きを書いていくファイルということになります。

では実際にソースを見て見ましょう。

MainActivity.java

package com.example.r.mytestproject;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }
}

「MainActivity」というActivityがあり「AppCompatActivity」というクラスを継承しています。
先ほど、Activityクラスのサブクラスを作ることでActivityが作成されると言いましたが、Activityクラスではなく「AppCompatActivity」クラスを継承しています。

では、どうして「AppCompatActivity」クラスなのでしょうか?
それを解決するために、スーパークラスを辿っていきましょう。

AppCompatActivity → FragmentActivity
FragmentActivity → BaseFragmentActivityJB
BaseFragmentActivityJB → BaseFragmentActivityHoneycomb
BaseFragmentActivityHoneycomb → BaseFragmentActivityGingerbread
BaseFragmentActivityGingerbread → SupportActivity
SupportActivity → Activity

やっとたどり着きましたね。継承元を順番に見ていくとActivityクラスに辿り着くのです。

では、話を戻しましょう。
MainActivityクラスの中に「onCreate」というメソッドがあります。
これはActivityが作成された時に呼び出されるメソッドです。

アプリを作成する時には、必ず実装しなくてはいけないものです。
詳しくは実際にアプリを作っていく時に解説したいと思います。

drawable

drawableフォルダには、アプリ内で使用する画像ファイルを格納します。
詳しくは実際にアプリを作っていく時に解説していきます。

activity_main.xml

activity_main.xmlはレイアウトファイルです。
今の状態でアプリを実行した場合、「Hello World!」というテキストが画面上に表示されています。
この「Hello World!」の位置や、テキストの文字、サイズなどが指定されています。

「MainActivity.java」の11行目にsetContentView(R.layout.activity_main);という記述がありました。
これこそが、MainActivityクラスとactivity_mainを紐付ける命令です。

mipmap-xxxx

mipmap-xxxxというフォルダが5つあります。
その中には「ic_launcher.png」や「ic_launcher_round.png」という画像ファイルが入っています。
ここには端末のサイズによって画像サイズを変更したい時のアイコンです。

drawableとの使い分けとして、mipmap-xxxxではアニメーション中に画像を拡大縮小する時に使用するといいとのこと。
また、mipmap-xxxxでは古い端末に対応していない様です。
というわけで、はじめのうちはdrawableを使えばいいかと思われます。

colors.xml

色を指定しておくファイルです。
例えば、赤にも様々な赤がありますよね。しかし同じアプリ内では同じ赤を使いたいと思います。
そこで、好きな赤をここに指定しておけば、定数を入力するだけで、毎回同じ赤を使うことができる様になります。

strings.xml

文字をあらかじめ指定しておくファイルです。
上のカラーと同様に、指定しておけば毎回同じ文字列を使用することができます。

styles.xml

styles.xmlは、テーマをカスタマイズしたい場合などに使います。
例えば、初期状態で実行すると、次の様になっています。
android studio

styles.xmlを少し触るだけで、この様に変更できます。
android studio

AndroidManifest.xml

AndroidManifest.xmlは少し理解に苦しむ部分かも知れません。
とりあえず、ファイルを開いてみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.r.mytestproject">

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true"
        android:theme="@style/AppTheme">
        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>

manifestとapplicationは必須で、一度しか使用できません。
2行目の「xmlns:android=”http://schemas.android.com/apk/res/android”」は、これはネームスペース(名前空間)を定義するものです。

applicationの中で、様々な設定が行われています。
例えば、アプリの名前を変更したり、アイコンを変更したりといったことが可能です。
その他、バックアップエージェントのバックアップを有効にするか否か、なども設定することができます。

この企画の一覧はこちら

  1. Android アプリ開発入門! Android Studio のインストール手順。
  2. 【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。
  3. 【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!
  4. 【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。
  5. 【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。
  6. 【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。
  7. 【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。
  8. 【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。
  9. 【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!
  10. 【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法
  11. 【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

リセットCSS は何を使う? 2018年ランキング5選紹介。

世間では年があけたと大騒ぎですが、私はいつでもオープンです。@It_is_Rです。 祝ってください。 Web開発でブラウザごとの表示の違いをリセットしてくれる リセットCSS というものがあり

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キャラを決まった間隔ずつ動かす!

小学生からのプログラミング入門講座(にゅうもんこうざ)、第11弾です。 前回は、キャラクターの画像(がぞう)をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔(かんかく)を短

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com