1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. ターミナル
  6. »
  7. .zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

さて、今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第二弾です。

この記事は、前回からのつづきとなっております。
前回の記事はこちらです。
zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

目次
  1. 補完機能について
  2. 入力をミスった時に、似たコマンドを表示
  3. プロンプトの変更
  4. 直前に入力したコマンドと同じ場合、履歴に残さない
  5. まとめ

補完機能について

まず、補完機能について見てみましょう。

zsh

なんでもいいので、アルファベットのキーを押してみてください。
私はyを押してみました。そのままtabを押します。
すると次のように、入力候補が表示されます。

そのままtabを連打することで、選ぶことができます。

……不便ですね。

選択中の候補を塗りつぶす

ではまず、選択中の候補を塗りつぶしてみましょう。
こうすることで、今どれを選んでいるのか、視覚的に分かりやすくなります。

まず、 .zshrc を開きます。

$ vim ~/.zshrc

では .zshrc に以下を入力しましょう。

autoload -Uz compinit
compinit

zstyle ':completion:*' menu select

その後、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/.zshrc

すると、このように選択中の候補を塗りつぶすことができます。

zsh

入力をミスった時に、似たコマンドを表示

入力をミスった時に、それに似たコマンドを表示してくれる機能もあります。

.zshrc に以下を入力します。

setopt correct

忘れずに、以下のコマンドを実行しておきます。

$ source ~/.zshrc

以下は clear と入力したいのを、 cleat と入力してしまった場合の画像です。
“zsh: correct ‘cleat’ to ‘clear’ [nyae]?” と訊かれます。
cleat を clear に直していいですか? って意味です。

yは、「はい」。つまり clear が実行されます。
nは、「いいえ」です。つまり cleat が実行されます。
aは、実行せずに中止します。
eは、コマンドを変更することができます。

zsh

プロンプトの変更

プロンプトを変更することもできます。

基本的なこと

基本はこのようにします。
.zshrc に以下を入力します。

PROMPT='コマンドを入力してください。%% '

%% と入力することで % と表示されます。

くどいようですが、こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc
zsh

では、もう少し詳しく見ていきましょう。
以下のように設定することも可能です。 ” の中は、好きなように変更してください。
.zshrc に以下を入力します。

PROMPT='左側に表示%% '
PROMPT2='複数行の場合%% '
RPROMPT='右側に表示されます。'

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc
zsh

特殊文字を使う

特殊文字を使うことも可能です。

%D年-月-日 の形で、日付を表示
%T時刻を24時間形式で表示
%t時刻を12時間形式で表示
%*時刻を24時間形式(秒単位)で表示
%w曜日、日にちを表示
%W月/日/年 の形で、日付を表示
%Mホスト名
%mホスト名
%nユーザー名

例えば、 .zshrc に以下を入力します。

PROMPT='%D %m %n%% '

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc
zsh

直前に入力したコマンドと同じ場合、履歴に残さない

履歴については、で選択することができます。
しかし、続けて同じコマンドを入力したとき、「あれ? 選択できない!?」ってなります。

要するに、同じコマンドが連続で記録されてしまってるわけです。

そこで、以下も .zshrc に追加しておきましょう。

setopt HIST_IGNORE_DUPS

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc

まとめ

では、最後に今回設定した .zshrc ファイルを見てみましょう。

#補完機能を有効にする
autoload -Uz compinit
compinit

#補完のリストの、選択している部分を塗りつぶす
zstyle ':completion:*' menu select

#入力ミスに対応する。
setopt correct

#直前のコマンドと同じなら、履歴に残さない
setopt HIST_IGNORE_DUPS

#プロンプト文字列を変更
PROMPT='%m %n%% '
#複数行の時
PROMPT2='%% '
#右側に表示する文字列
RPROMPT='%*'

では、また次回に続きます。

このシリーズの一覧はこちら

  1. zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。
  2. .zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)
  3. zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。
  4. enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com