1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. ターミナル
  6. »
  7. .zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。
あの時は気まずかった。。。女性の方でした。

さて、今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第二弾です。

この記事は、前回からのつづきとなっております。
前回の記事はこちらです。
zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

補完機能について

まず、補完機能について見てみましょう。

なんでもいいので、アルファベットのキーを押してみてください。
私はyを押してみました。そのままtabを押します。
すると次のように、入力候補が表示されます。
zsh

そのままtabを連打することで、選ぶことができます。

……不便ですね。

選択中の候補を塗りつぶす

ではまず、選択中の候補を塗りつぶしてみましょう。
こうすることで、今どれを選んでいるのか、視覚的に分かりやすくなります。

まず、 .zshrc を開きます。

$ vim ~/.zshrc

では .zshrc に以下を入力しましょう。

autoload -Uz compinit
compinit

zstyle ':completion:*' menu select

その後、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/.zshrc

すると、このように選択中の候補を塗りつぶすことができます。
zsh

入力をミスった時に、似たコマンドを表示

入力をミスった時に、それに似たコマンドを表示してくれる機能もあります。

.zshrc に以下を入力します。

setopt correct

忘れずに、以下のコマンドを実行しておきます。

$ source ~/.zshrc

以下は clear と入力したいのを、 cleat と入力してしまった場合の画像です。
“zsh: correct ‘cleat’ to ‘clear’ [nyae]?” と訊かれます。
cleat を clear に直していいですか? って意味です。

yは、「はい」。つまり clear が実行されます。
nは、「いいえ」です。つまり cleat が実行されます。
aは、実行せずに中止します。
eは、コマンドを変更することができます。

zsh

プロンプトの変更

プロンプトを変更することもできます。

基本的なこと

基本はこのようにします。
.zshrc に以下を入力します。

PROMPT='コマンドを入力してください。%% '

%% と入力することで % と表示されます。

くどいようですが、こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc

zsh

では、もう少し詳しく見ていきましょう。
以下のように設定することも可能です。 ” の中は、好きなように変更してください。
.zshrc に以下を入力します。

PROMPT='左側に表示%% '
PROMPT2='複数行の場合%% '
RPROMPT='右側に表示されます。'

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc

zsh

特殊文字を使う

特殊文字を使うことも可能です。

%D 年-月-日 の形で、日付を表示
%T 時刻を24時間形式で表示
%t 時刻を12時間形式で表示
%* 時刻を24時間形式(秒単位)で表示
%w 曜日、日にちを表示
%W 月/日/年 の形で、日付を表示
%M ホスト名
%m ホスト名
%n ユーザー名

例えば、 .zshrc に以下を入力します。

PROMPT='%D %m %n%% '

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc

zsh

直前に入力したコマンドと同じ場合、履歴に残さない

履歴については、で選択することができます。
しかし、続けて同じコマンドを入力したとき、「あれ? 選択できない!?」ってなります。

要するに、同じコマンドが連続で記録されてしまってるわけです。

そこで、以下も .zshrc に追加しておきましょう。

setopt HIST_IGNORE_DUPS

こちらも実行します。

$ source ~/.zshrc

まとめ

では、最後に今回設定した .zshrc ファイルを見てみましょう。

#補完機能を有効にする
autoload -Uz compinit
compinit

#補完のリストの、選択している部分を塗りつぶす
zstyle ':completion:*' menu select

#入力ミスに対応する。
setopt correct

#直前のコマンドと同じなら、履歴に残さない
setopt HIST_IGNORE_DUPS

#プロンプトの文字列を変更
PROMPT='%m %n%% '
#複数行の時
PROMPT2='%% '
#右側に表示する文字列
RPROMPT='%*'

では、また次回に続きます。

この企画の一覧はこちら

  1. zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。
  2. .zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)
  3. zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。
  4. enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第9回目となります。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。 Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。 今回はアプリに表示されたテキストを変更

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。

ふぁ……ふぁ……、ファンクションッ!! あ、どうも@It_is_Rです。 なに笑ってるんですか? WordPress テーマ自作シリーズ第10回目です。 今回は、 functions.php

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

ブログSEOに絶対的効果!人を惹きつける記事タイトルの考え方のコツ

ブログのSEO対策において、もっとも重要なのは記事の内容、そしてタイトルです。 情報を探している人はまずタイトルを見ます。つまりタイトルによって人がその記事をクリックするかどうかが決まります。

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。

インスタント焼きそばを作ろうとすると、なぜか焼うどんになります。 @It_is_R です。 しかも、ラーメン作ろうと思うと焼きそばができあがります。 前回、 Android Studio のイ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。