1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Swift
  6. »
  7. 【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。

前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、これではただ文字が表示されただけで何も面白くありません。
そこで、今回はボタンを作り、ボタンを押すことによってその文字列が変化するプログラムを作ってみたいと思います。今回もStoryboardを使うので、視覚的に、分かりやすく作っていくことができます。

開発環境はMac OS X El Capitan、Xcode7を使用しています。

目次
  1. Storyboardでボタンを作る
  2. ボタンに文字列を反応させる

Storyboardでボタンを作る

eyecatch_dog
まずは前回同様にプロジェクトを作成します。

Labelを貼る

では、前回とかさなりますが、ウィンドウに文字を表示させる所から始めてみましょう。
ウィンドウ右下のライブラリでLabelと検索してドラッグするんでしたよね。
Xcode23

Buttonを貼る

次に、Labelの下にButtonを貼ります。Labelを貼る時と同様に、ライブラリでButtonと検索し、「Push Button」をウィンドウへドラッグします。
Xcode24

一度実行してみる

では、一度実行してみましょう。
▶︎ボタンをクリックすれば実行です。
Xcode25

しかし、まだボタンをクリックしても、何の反応もありません。
「返事が無い、ただのマグロの様だ。」

文字を変更し、大きさやレイアウトを整える

ButtonやLabelに表示されている文字列を変更し、大きさやレイアウトを揃えてみましょう。
ButtonやLabelの文字列は、Storyboard上のものをダブルクリックして変更。
また、下の画像の様に、中央揃えしたいパーツを選択し、上2つの◯が選択されていることを確認。一番下の◯をクリックすると、文字を中央に揃えることができます。
Xcode26

ボタンに文字列を反応させる

それでは、ボタンを押すことで文字列が変更されるプログラムを作っていきます。

ソースを表示する

まずはソースが書かれたファイルを、右側に表示させます。◯の部分をクリックするとソースが表示されます。もう一度クリックするとソースの表示方法を選択できます。
Xcode28

パーツをソースに繋ぐ

なんと、これぐらいのプログラムならば、殆どコードを書かずに作ることができます。
ではウィンドウに置いたLabelを「controlキー」を押しながら、ViewControllerクラスの中の、一番上にドラッグします。すると下の画像の様なものが表示されるので、Nameのところに、「label1」と入力し、「Connect」ます。
Xcode29

同じ様にbuttonを「controlキー」を押しながら、ViewControllerクラスの中の、今度は一番下にドラッグします。Connectionを「Action」に切り替え、Nameのところに「pushButton」と入力し、「Connect」ます。
Xcode32

作られたpushButtonクラスに書いた命令が、ボタンが押された時に実行されます。

文字を変更する命令を加える

では最後に、文字を変更する命令をpushButtonクラス内に入力します。

label1.stringValue = "押すなよは押せって意味だろ!"

つまり、この全体のプログラムはこうなっています。

import Cocoa

class ViewController: NSViewController {
    @IBOutlet weak var label1: NSTextField!
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
    }

    override var representedObject: AnyObject? {
        didSet {
        // Update the view, if already loaded.
        }
    }
    @IBAction func pushButton(sender: AnyObject) {
        label1.stringValue = "押すなよは押せって意味だろ!"
    }
}

最後に実行してみる

では、最後に実行して確認してみましょう。
Xcode33

押します。
Xcode34

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門。オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第6弾です。 前回の講座(こうざ)では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理(かんり)する方法を紹介しました。 今回

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

Docker Composeで自分のWordPressサイトをローカル開発環境に反映!

ローカルにWordPress開発環境を整えてテーマを作成することがあるのですが、単にローカルに環境を作っただけでは記事がなく、テーマのイメージが分かりません。@It_is_Rです。 かといって、te

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。 今回は

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

WordPress

WordPressカスタマイズ。テンプレートのファイル構成をチェック。

二兎を追う者は一兎をも得ず。でも、三兎を追えばそのうちの一兎ぐらい得られるんじゃ無いかと思い、その努力の割に何も得られないのが@It_is_Rです。やかましいわ。 今回の記事は初のWordPre

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。