1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. ターミナル
  6. »
  7. zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。

そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。
今回、第一回目は zsh ( Z Shell ) のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法について解説します。

zsh のインストール

まずはインストール方法です。
Homebrew を使ってインストールします。

Homebrew をまだインストールしていない人は、Homebrewを使いこなせ!Macへのインストールや使い方。をご覧ください。

インストールは以下のコマンドを実行してください。

$ brew install --without-etcdir zsh

インストールされているかどうかは、

$ brew list

で、確認することができます。

zsh の基本

まずは zsh の基本の使い方を紹介します。
もしも以下のコマンドで正常に動作しない(インストールしたものと違うバージョンが起動するなど)場合は、 zsh がうまくインストールされていない、もしくはPATHが通っていない可能性があります。
PATHに関して、詳しくはこの下のPATHを通すをご覧ください。

zsh に切り替える

zsh に切り替えたい時は、

$ zsh

で、切り替えることができます。

バージョンを確認する

以下のコマンドでバージョンを確認することができます。

$ zsh --version
zsh 5.4.2 (x86_64-apple-darwin16.7.0)

また、 zsh が動いている状態で、以下のコマンドを入力すれば、今動いているバージョンを表示させることができます。

% echo $ZSH_VERSION
5.4.2

終了する

以下のコマンドで終了します。

% exit

PATHについて

PATHを通すとは、コマンドを実行する為のファイルの場所を、パソコンに教えてあげることです。
上で紹介したコマンドがうまく動作しない場合は、PATHが通っていない可能性があります。

PATHを通すことについて、簡単な基礎知識も兼ねて、紹介します。

PATHを確認する

パスを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin

このように : を区切りとして表示されます。
ずらっと横並びが見にくい場合は、trコマンドで:\nに変換します。

$ echo $PATH | tr ':' '\n'
/usr/local/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

デフォルトの場合、Homebrewでインストールしたものは、 /usr/local/bin に保存されます。
なので、 /usr/local/bin があるかどうか、確認してください。

/usr/local/bin には、システム標準でないものを入れると覚えておけばいいと思います。

パスの優先順位

パスの優先順位は、最初に書かれているものから順に優先となります。

/usr/local/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

ですと、 /usr/local/bin が一番優先されます。

PATHを通す

もしも /usr/local/bin がない場合はPATHを通してみましょう。
今回は3通りの方法を紹介します。

.bash_profile (ユーザーごと)

まず .bash_profile を使う方法を紹介します。(bashが読み込まれた時に実行されます。)
.bash_profile を使うと、ユーザーごとのPATHの設定ができます。

$ echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

これは、 export PATH=/usr/local/bin:$PATH を .bash_profile に書き込む命令です。
実際に、 vi ~/.bash_profile で確かめると、 export PATH=/usr/local/bin:$PATH が追加されていると思います。

(ターミナル起動時に zsh を読み込む設定にしている場合は、この方法は使えません。以下で解説する方法のどちらかを使ってください。)

.zshenv (ユーザーごと)

.zshenv に書き込む方法もあります。ターミナル起動時に zsh を起動するように設定している人は、こちらの方法か、グローバルに設定する方法がいいと思います。

$ echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.zshenv
$ source ~/.zshenv

.zshenv は、 zsh を起動したときに読み込まれるファイルです。

/etc/paths (グローバル)

グローバルに設定してしまう方法もあります。

$ sudo vim /etc/paths
Password:

VIM が立ち上がるので、以下のようにします。

/usr/local/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

このように /usr/local/bin を一番上に移動させます。

違うバージョンが起動してしまう場合

zsh コマンドを実行したとき、違うバージョンが起動してしまう場合があるかもしれません。
例えば、Homebrewを使って、 zsh 5.4.2 をインストールしたものの、 zsh 5.2 が起動するといった感じです。

これは、Homebrewでインストールしたものではなく、Macにもともと入っていたものが起動してしまっている可能性があります。
そんな時はPATHの優先順位を変更すると直る可能性があります。

とりあえず、以下のファイルは確認してみてください。

$ vim ~/.bash_profile
$ vim ~/.zshenv
$ vim /etc/shells

先ほども書きましたが、優先順位は先に書かれているものが優先です。
Macにもともと入っているものは、 /usr/bin に、
Homebrewでインストールしたものは、 /usr/local/bin に入ります。(デフォルトの場合)

なので、 /usr/local/bin を優先にすれば、Homebrewでインストールしたものが開かれるはずです。

まず確認するのは .bash_profile や .zshenv に、このような記入はありませんか?
この記入ですと、 /usr/bin が優先されてしまいます。

export PATH=$PATH:/usr/local/bin

/usr/local/bin を優先させたいので、正しくはこうです。

export PATH=/usr/local/bin:$PATH

もう一つ確認する場所は、 /etc/paths です。
これは、上で紹介したように、直してみてください。

それでも見つからない場合は、以下のファイルも見てみましょう。

$ vim ~/.bashrc
$ vim ~/.zshrc

起動を zsh に設定(ログインシェル)

Macのデフォルトでは、ターミナル起動時には bash が読み込まれます。
そこで、ログインシェルを zsh に変更してみます。

$ sudo vi /etc/shells
Password:

開かれたファイルに、 /usr/local/bin/zsh を追加します。

# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh

その後、以下のコマンドで、ログインシェルが変更されます。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

この企画の一覧はこちら

  1. zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。
  2. .zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)
  3. zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。
  4. enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

文字を表示するクラスを作ろう!

小学生からのJavaScript。文字を表示するクラスを作ってみよう!

小学生からのJavaScript講座です。 このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が

JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

押入れが部屋になっている@It_is_Rです。 今回の記事はJavaScriptマンガ講座、2回目となりました。 この企画はJavaScriptをフザケまくって覚えようというものです。

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第9回目となります。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。

小学生からのJavaScript入門。画像の表示と移動をしてみよう!

小学生からのJavaScript入門、第3弾です。 今回はゲーム開発(かいはつ)へもう一歩踏み込んでみましょう! [serif icon="aru-s.jpg" name="アル"]うーん……

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

Yarn

Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

最近ドラクエにはまっている@It_is_Rです。PS1 のやつです。ドラクエⅦ。 関係ない話はさておき、今回は Yarn の使い方を解説していきたいと思います。 Yarn とは

WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。

ふぁ……ふぁ……、ファンクションッ!! あ、どうも@It_is_Rです。 なに笑ってるんですか? WordPress テーマ自作シリーズ第10回目です。 今回は、 functions.php

HTML5とCanvasを使うべ!

小学生からのJavaScript。HTML5とCanvasを使ってみよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第9弾です。 これまでの講座(こうざ)では、JavScriptの基本(きほん)について学び、キャラクターの操作(そうさ)ができるようになりました。 こ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。