1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Unity
  6. »
  7. 【Unity】開発したiOSゲームをiPhoneで実機テストする方法

【Unity】開発したiOSゲームをiPhoneで実機テストする方法

こんにちは。現在、最新ゲーム熱意製作中の@It_is_Rです。
個人での開発はとても大変で、時間がかかってしまっていますが、すこしずつ形にしていっています。

さて、今回はUnityで開発したiOS用のゲームを、iPhoneで実機テストする方法です。

実機テストをすると、Unity上で再生したときとは、ゲームの動きが異なる場合があります。
早い段階で行なっておきましょう。

また、Androidを使って実機テストをしたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

今回は、Macを使った方法の紹介になります。
Windowsをお使いの場合、iPhoneでの実機テストはできなくはないようですが、有料のサービスを使う方法だったり、リモートのMacを使う方法だったりと、少々むずかしい印象があります。

目次
  1. モジュールのインストール
  2. iOS用にゲームをビルドする
  3. iPhoneで実機テストする
  4. まとめ

モジュールのインストール

Unityで開発したゲームをiPhoneで動かすには、iOS用にビルドする必要があります。
そのためには、「iOS Build Support」というモジュールをインストールしなければなりません。

では、「iOS Build Support」をインストールしていきましょう。

まずはUnity Hubを開き、「インストール(Installs)」をクリックします。

使用したいバージョンの、右上のマークをクリックします。

「モジュールを加える(Add Modules)」をクリックします。

「iOS Build Support」を選択して「実行(DONE)」をクリックします。

これでインストールが始まります。しばらく待ちましょう。

下の画像のように、iOSと表示されれば、インストールの成功です。

iOS用にゲームをビルドする

続いてiOS用にゲームをビルドしてみましょう。
ファイル(File)」から、「ビルド設定(Build Settings)」をクリックします。

「iOS」を選択し、「Switch Platform」をクリックします。

すると表示が切り替わるので、「ビルド(Build)」をクリックします。

保存先を選択して「Choose」をクリックします。

保存したフォルダを見てみると、次のようなファイルが出力されています。
そのなかから「Unity-iPhone.xcodeproj」を開きます。

するとXcodeが立ち上がります。

iPhoneで実機テストする

では、Unityで開発したゲームを、iPhoneで実行してみましょう。
iPhoneMacにUSB接続してください。

さらに、下の画像の場所をクリックします。

接続したiPhoneを選択しましょう。

「Unity-iPhone」をクリックし、「Signing & Capabilities」を選択します。

「Automatically manage signing」のチェックを入れます。

すると次のようなダイアログが表示されますので、「Enable Automatic」をクリックします。

さらに、「Team」の部分をクリックします。

自分のアカウントを選択します。(アカウントの登録が済んでいる必要があります)

このとき、もしかすると「Failed to register bundle identifier」や「No profiles fir ‘com.XXX.XXX’ were found」といったエラーが表示されるかもしれません。

そんなときは「Bundle identifier」を変更すると、エラーが消えることがあります。
今日の日にちを入れてみたり、適当な数字を入れてみたりして、なんどか試してみてください。

それでは、▶をクリックして、実行してみましょう。

このとき、もし次のようなダイアログが表示された場合、iPhoneの設定を変更し、デベロッパを許可しましょう。

許可するには「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」と選択し、「デベロッパAPP」の項目から開発元を信頼する設定をすることができます。

これで無事、iPhoneの実機でテストをすることができました。

まとめ

Unityでスマホゲームを開発していると、Mac上で再生したときと、スマホで動かしたときとで、動作が異なることがあります。
それを防ぐためには、早い段階で実機テストを行なっておいたほうがいいでしょう。

今回はUnityで開発したゲームをiPhoneで動作確認する方法を紹介しました。
参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Git】リモートリポジトリへPushする方法

こんにちは、@It_is_Rです。 前回「【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法」では、ブランチを使うことの便利さを学びました。第五回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

【Unity】開発したゲームをAndroidで実機テストする方法

こんにちは。現在、最新ゲーム熱意製作中の@It_is_Rです。 さて、今回はUnityで開発したゲームをAndroidで実機テストする方法です。Unity上で再生したときは動いていたゲームも、

Unityのダウンロードとインストールの方法【Mac】

UnityはUnity Technologiesのゲームエンジンです。2D、3Dゲーム両方に対応しており、大手企業も使用してゲームを開発している、とても高機能なツールです。 Unityにはいく

Pug

PugでPHPが使える! gulpfile.jsをちょっと工夫するだけだよ

HTMLを書くときPugを使うととても便利なのですが、PHPを書きたいと思ったときは少し工夫が必要になります。 PugでPHPを書くためのプラグインを使う方法もありますが、使うプラグインが増えれば増

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

Pythonのtkinterを使って、ウィンドウを表示してみよう!

さて、今日《きょう》もたのしくプログラミングを学《まな》んでいきましょう! 前回《ぜんかい》、Python《パイソン》でじゃんけんゲームを作りましたが、それは文字《もじ》だけのとてもシンプルな

【enchant.js入門】ガンシューティングゲームの作り方を完全解説!

enchant.jsを使ってガンシューティングゲームの開発を行なっていきます。 enchant.jsはゲームを作るのに特化したJavaScriptフレームワークです。 これを使うことで、Jav

homebrew

Homebrewのインストール方法を分かりやすく解説(M1 Macも対応)

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。 Homebrewは、Mac、Linuxで使うことができる、パッケージマネージャというものです。パッケージマネージャを使うことで、ソフトウェアのインス

【初心者向け】cdコマンドの使い方を分かりやすく解説!(Windows)

「cd」は、いま作業《さぎょう》しているディレクトリを移動《いどう》するためのコマンドです。 Windows《ウィンドウズ》でも、Mac《マック》(Unix)でも、使うことができますが、その使

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。