1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Unity
  6. »
  7. 【Unity】開発したiOSゲームをiPhoneで実機テストする方法

【Unity】開発したiOSゲームをiPhoneで実機テストする方法

こんにちは。現在、最新ゲーム熱意製作中の@It_is_Rです。
個人での開発はとても大変で、時間がかかってしまっていますが、すこしずつ形にしていっています。

さて、今回はUnityで開発したiOS用のゲームを、iPhoneで実機テストする方法です。

実機テストをすると、Unity上で再生したときとは、ゲームの動きが異なる場合があります。
早い段階で行なっておきましょう。

また、Androidを使って実機テストをしたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

今回は、Macを使った方法の紹介になります。
Windowsをお使いの場合、iPhoneでの実機テストはできなくはないようですが、有料のサービスを使う方法だったり、リモートのMacを使う方法だったりと、少々むずかしい印象があります。

目次
  1. モジュールのインストール
  2. iOS用にゲームをビルドする
  3. iPhoneで実機テストする
  4. まとめ

モジュールのインストール

Unityで開発したゲームをiPhoneで動かすには、iOS用にビルドする必要があります。
そのためには、「iOS Build Support」というモジュールをインストールしなければなりません。

では、「iOS Build Support」をインストールしていきましょう。

まずはUnity Hubを開き、「インストール(Installs)」をクリックします。

使用したいバージョンの、右上のマークをクリックします。

「モジュールを加える(Add Modules)」をクリックします。

「iOS Build Support」を選択して「実行(DONE)」をクリックします。

これでインストールが始まります。しばらく待ちましょう。

下の画像のように、iOSと表示されれば、インストールの成功です。

iOS用にゲームをビルドする

続いてiOS用にゲームをビルドしてみましょう。
「ファイル(File)」から、「ビルド設定(Build Settings)」をクリックします。

「iOS」を選択し、「Switch Platform」をクリックします。

すると表示が切り替わるので、「ビルド(Build)」をクリックします。

保存先を選択して「Choose」をクリックします。

保存したフォルダを見てみると、次のようなファイルが出力されています。
そのなかから「Unity-iPhone.xcodeproj」を開きます。

するとXcodeが立ち上がります。

iPhoneで実機テストする

では、Unityで開発したゲームを、iPhoneで実行してみましょう。
iPhoneをMacにUSB接続してください。

さらに、下の画像の場所をクリックします。

接続したiPhoneを選択しましょう。

「Unity-iPhone」をクリックし、「Signing & Capabilities」を選択します。

「Automatically manage signing」のチェックを入れます。

すると次のようなダイアログが表示されますので、「Enable Automatic」をクリックします。

さらに、「Team」の部分をクリックします。

自分のアカウントを選択します。(アカウントの登録が済んでいる必要があります)

このとき、もしかすると「Failed to register bundle identifier」や「No profiles fir ‘com.XXX.XXX’ were found」といったエラーが表示されるかもしれません。

そんなときは「Bundle identifier」を変更すると、エラーが消えることがあります。
今日の日にちを入れてみたり、適当な数字を入れてみたりして、なんどか試してみてください。

それでは、▶をクリックして、実行してみましょう。

このとき、もし次のようなダイアログが表示された場合、iPhoneの設定を変更し、デベロッパを許可しましょう。

許可するには「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」と選択し、「デベロッパAPP」の項目から開発元を信頼する設定をすることができます。

これで無事、iPhoneの実機でテストをすることができました。

まとめ

Unityでスマホゲームを開発していると、Mac上で再生したときと、スマホで動かしたときとで、動作が異なることがあります。
それを防ぐためには、早い段階で実機テストを行なっておいたほうがいいでしょう。

今回はUnityで開発したゲームをiPhoneで動作確認する方法を紹介しました。
参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

ファイルを分けるべよ!

【JavaScript】ファイルを分けて管理してみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回はりこちゃんを方向キーで操作《そうさ》することができるようになりました。しか

小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?

小学校でプログラミングを勉強しなくてはいけないことになり、「プログラミングなんてやったことないし、そもそもプログラミングってなんなんだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。 といっても、「

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

【enchant.js入門】ガンシューティングゲームの作り方を完全解説!

enchant.jsを使ってガンシューティングゲームの開発を行なっていきます。 enchant.jsはゲームを作るのに特化したJavaScriptフレームワークです。 これを使うことで、Jav

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。今回は

今月の残り日数を計算するべ!

JavaScriptで今月の残り日数を計算してみよう! 小学生からのプログラミング入門

さて、小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門、第2回目のはじまりです。今回は、JavaScriptでの演算(えんざん)の方法を学び、今月の残《のこ》り日数を計算してみましょう。

M1 Mac対応。DockerでWordPress開発環境を構築する方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。 ローカルにWordPressの開発環境を作りたいとき、Dockerを使うと、とても簡単に構築することができます。しかし、実際に運営しているWordP

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です