1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。
では詳しくみていきましょう。

目次
  1. Bootstrap とは
  2. ダウンロード無しで Bootstrap 4 を使う
  3. Bootstrap をダウンロードして使う場合

Bootstrap とは

Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、CSSフレームワークです。
例えば、レイアウトを整えたり、ボタンを作ったりということが、あらかじめ用意されたクラスを割り振っていくことで、簡単にできてしまいます。

 Bootstrap 4 では、 Bootstrap と jQuery 、そして Popper.js というライブラリを読み込む必要があります。
今回はそれらのインストール方法を、かなり詳しく解説していきます。

ダウンロード無しで Bootstrap 4 を使う

Bootstrap はダウンロードすることなく始めることができます。
まずは以下の link タグを、<head></head>の間に入力します。

<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-/Y6pD6FV/Vv2HJnA6t+vslU6fwYXjCFtcEpHbNJ0lyAFsXTsjBbfaDjzALeQsN6M" crossorigin="anonymous">

次に以下のコードを、</body>の直前に入力します。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.slim.min.js" integrity="sha384-KJ3o2DKtIkvYIK3UENzmM7KCkRr/rE9/Qpg6aAZGJwFDMVNA/GpGFF93hXpG5KkN" crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.11.0/umd/popper.min.js" integrity="sha384-b/U6ypiBEHpOf/4+1nzFpr53nxSS+GLCkfwBdFNTxtclqqenISfwAzpKaMNFNmj4" crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-h0AbiXch4ZDo7tp9hKZ4TsHbi047NrKGLO3SEJAg45jXxnGIfYzk4Si90RDIqNm1" crossorigin="anonymous"></script>

HTML 全体で、以下のようになります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- ここから -->
    <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-/Y6pD6FV/Vv2HJnA6t+vslU6fwYXjCFtcEpHbNJ0lyAFsXTsjBbfaDjzALeQsN6M" crossorigin="anonymous">
    <!-- ここまでを入力 -->
  </head>
  <body>
    <h1>Bootstrapの使い方。</h1>

    <!-- ここから -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.slim.min.js" integrity="sha384-KJ3o2DKtIkvYIK3UENzmM7KCkRr/rE9/Qpg6aAZGJwFDMVNA/GpGFF93hXpG5KkN" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.11.0/umd/popper.min.js" integrity="sha384-b/U6ypiBEHpOf/4+1nzFpr53nxSS+GLCkfwBdFNTxtclqqenISfwAzpKaMNFNmj4" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0-beta/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-h0AbiXch4ZDo7tp9hKZ4TsHbi047NrKGLO3SEJAg45jXxnGIfYzk4Si90RDIqNm1" crossorigin="anonymous"></script>
    <!-- ここまでを入力 -->
  </body>
</html>

上のサンプルでは、 jquery の slim を使っていますが、フルバージョンもサポートしているとのこと。

Bootstrap をダウンロードして使う場合

では、ダウンロードして使う方法を解説します。
ダウンロードの場合は少々手間がかかります。本当ならば直接urlを指定する、上記の方法で行うのをおすすめしますが、ソースをダウンロードして設定する方法も紹介しておきます。

Bootstrap のダウンロード

今回は公式サイトからダウンロードする方法と、パッケージマネージャーを使ってダウンロードする方法を紹介します。

サイトからダウンロードする方法

Bootstrap をダウンロードしていきます。
ダウンロード方法はいくつかあります。まずは、サイトからダウンロードする方法です。
Bootstrap
Bootstrap

上のリンクから Bootstrap のページへ飛び、「 Download 」をクリックします。
Bootstrap

さらに「 Download 」をクリックすると、実際にダウンロードが開始されます。
Bootstrap

npm を使ってインストールする方法

npm を使う場合は、 Node.js が必要になります。
下の記事の「 Homebrewのインストール 」と、「 Node.jsをインストール 」を参考にしてください。
gulpでsassをcssにコンパイル。インストール&便利な使い方。

フォルダを作成し、ターミナルの cd コマンドで、作成したフォルダへ移動します。
その後、npm initで package.json ファイルを作ります。

では、インストールしていきましょう。
以下のコマンドを実行してください。

$ npm install bootstrap@4.0.0-beta

Yarn を使ってインストールする方法

Yarn の詳しい使い方については「Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。」を参考にしてください。

ここではさわりだけ解説します。
yarn initで package.json ファイルを作ります。

インストールは以下のコマンドです。

$ yarn add bootstrap@4.0.0-beta

これで先ほど作ったフォルダの中に node_modules フォルダが作成され、そのなかに bootstrap フォルダが作成されていれば成功です。

jQuery のダウンロード

同様に、公式サイトからダウンロードする方法と、パッケージマネージャーを使う方法を紹介します。

jQuery をサイトからダウンロード

jQuery もダウンロードしましょう。
jQuery
jQuery

Download jQuery をクリックすると、次の画面が表示されるので、使用したいタイプの jQuery を選び、クリックでダウンロードされます。
jquery

jQuery を npm でインストール

package.json ファイルがあるフォルダで、以下のコマンドを実行してください。

$ npm install jquery

これで、 node_modules フォルダの中に jquery フォルダが作成され、その中に様々なファイルが生成されました。

jQuery を Yarn でインストール

package.json ファイルがあるフォルダで、以下のコマンドを実行してください。

$ yarn add jquery

これで、 node_modules フォルダの中に jquery フォルダが作成され、その中に様々なファイルが生成されました。

Popper.js のダウンロード

Popper.js に関しては、パッケージマネージャーを使ってダウンロードします。

Popper.js
Popper.js

Popper.js を npm でインストール

package.json ファイルがあるフォルダで、以下のコマンドを実行してください。

$ npm install popper.js

node_modules フォルダの中に popper.js フォルダが作成されます。

Popper.js を Yarn でインストール

package.json ファイルがあるフォルダで、以下のコマンドを実行してください。

$ yarn add popper.js

node_modules フォルダの中に popper.js フォルダが作成されます。

index.html から読み込む

では、index.html から jQuery と Popper.js を読み込みます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">
 
    <!-- ここから -->
    <link rel="stylesheet" href="./node_modules/bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css">
    <!-- ここまでを入力 -->
  </head>
  <body>
    <h1>Bootstrapの使い方。</h1>
 
    <!-- ここから -->
    <script src="./node_modules/jquery/dist/jquery.slim.min.js"></script>
    <script src="./node_modules/popper.js/dist/umd/popper.min.js"></script>
    <script src="./node_modules/bootstrap/dist/js/bootstrap.min.js"></script>
    <!-- ここまでを入力 -->
  </body>
</html>

作成したHTMLファイルをブラウザで開いてみて、次ように表示されていれば準備完了です。
隙間が空いていたり、ブラウザのコンソールにエラーが出ていたら、見直しましょう。

この企画の一覧はこちら

  1. Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。
  2. 【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。
  3. 【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法
  4. 【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!
  5. Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!
  6. 【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法
  7. 【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方
  8. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

スマホの充電がいつの間にか無くなっている@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、10回目となりました。 前回、様々なレイアウトの使い方を紹介しましたが、今回はその中でもちょっと難しい

【enchant.js入門】ガンシューティングゲームの作り方を完全解説!

enchant.jsを使ってガンシューティングゲームの開発を行なっていきます。 enchant.jsはゲームを作るのに特化したJavaScriptフレームワークです。 これを使うことで、Jav

オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門。オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第6弾です。 前回の講座(こうざ)では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理(かんり)する方法を紹介しました。 今回

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

今月の残り日数を計算するべ!

小学生からのJavaScript入門。今月の残り日数を計算してみよう!

小学生からのJavaScript入門、第2弾です。 今回はJavaScriptでの演算(えんざん)の方法を学び、今月の残り日数を計算してみましょう。 演算というのは、足したり、引いたり、割った

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!

お魚くわえた@It_is_Rです。 Gitの使い方第3回目の今回は、実際にGitを使ってバージョン管理をしてみようと思います。 [serif name="It is R"]りこ師匠

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

2件のコメント “Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

  1. Rails 5で開発を進めております。
    ドロップダウンがなかなか表示されず、四苦八苦しておりました。
    しかし主様の記事で無事解決しました。

    原因は直前でcdnを読み込んでいなかったことと、読み込む順番でした。
    本当にありがとうございました。

    1. >名無しの新九郎さん
      コメントありがとうございます。
      無事解決できたとのこと、私も嬉しく思います。
      開発、お互い頑張っていきましょう。
      ありがとうございます。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。