1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. パッケージマネージャー
  6. »
  7. Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

最近ドラクエにはまっている@It_is_Rです。PS1 のやつです。ドラクエⅦ。

関係ない話はさておき、今回は Yarn の使い方を解説していきたいと思います。

目次
  1. Yarn とは
  2. Yarn をインストールする
  3. Yarn のバージョンを確認する
  4. package.json ファイルの作成(新しいプロジェクト開始)
  5. パッケージをインストールする
  6. パッケージのアップグレード
  7. パッケージをアンインストールする

Yarn とは

Yarn
Yarn

Yarn は JavaScript のパッケージマネージャです。 Facebook が、Exponent、Google、Tilde とコラボして公開しています。

Yarn をインストールする

では、早速インストールしていきましょう。
今回は Homebrew を使った方法を紹介します。
Homebrew を使ったことがない場合は Homebrewを使いこなせ!Macへのインストールや使い方。 をご覧ください。

インストールは下のコマンドをターミナルに入力します。

$ brew install yarn

Yarn のバージョンを確認する

Yarn のバージョンは、以下のコマンドで確認することができます。

$ yarn --version
1.2.1

もしくは

$ yarn -v
1.2.1

package.json ファイルの作成(新しいプロジェクト開始)

新しいプロジェクトを開始する場合は、 package.json ファイルを作成します。
package.json ファイルは、以下のコマンドで作成できます。

$ yarn init

必要な情報を入力します。(何も入力せずに、 Enter を押してしまっても構いません)

パッケージをインストールする

では、パッケージをインストールする方法を紹介します。

$ yarn add パッケージ名

例えば Bootstrap をインストールしたい場合は

$ yarn add bootstrap

となります。

パッケージのバージョンを指定する

パッケージのバージョンを指定したい場合は @ の後にバージョンを入力します。

$ yarn add パッケージ名@バージョン

例えば Bootstrap の 4.0.0-beta をインストールしたい場合は

$ yarn add bootstrap@v4.0.0-beta

となります。

依存関係

パッケージのインストールには、依存関係を示すオプションが使えます。

$ yarn add パッケージ名
$ yarn add パッケージ名 --dev
$ yarn add パッケージ名 --peer
$ yarn add パッケージ名 --optional

上記コマンドで、 package.json ファイルのそれぞれ
dependencies
devDependencies
peerDependencies
optionalDependencies
に登録されます。

package.json からインストールする

今までと環境が変わったなどの場合には、 package.json からパッケージをインストールすることができます。
cd コマンドで package.json と同じ階層へ移動し、以下のコマンドを実行します。

$ yarn install

もしくは

$ yarn

パッケージのアップグレード

upgradeコマンドで、パッケージをアップグレードすることができます。

$ yarn upgrade パッケージ名

また、バージョンを指定することもできます。

$ yarn upgrade パッケージ名@バージョン

例えば Bootstrap の 4.0.0-beta にアップグレードしたい場合は

$ yarn upgrade bootstrap@v4.0.0-beta

です。

パッケージをアンインストールする

以下のコマンドでパッケージをアンインストールできます。

$ yarn remove パッケージ名

例えば Bootstrap をアンインストールしたい場合

$ yarn remove bootstrap

となります。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

npm-scriptsの使い方。自作のコマンドによるタスク実行方法

畳んだ布団が飼い猫のお気に入りの場所になってます。@It_is_Rです。 npm-scriptsを使うことで、あらかじめタスクをかんたんな名前で指定しておき、そのタスクを素早く実行できるように

fish shell

Fish shellの使い方。プラグインなしでもここまで可愛くできる!

先日、Macをフォーマットしたため、今まで構築したきた開発環境が消えました。 といっても、バックアップはとってあるので戻すことはできるのですが、せっかく綺麗に全部消えたので、もう一度作り直そうかな、

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

オブジェクトを使ってみよう!

【JavaScript】オブジェクトを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう!前回の講座《こうざ》では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理《かんり》す

HTML CSS

CSSでの円の作り方と、その上下左右中央に文字を表示する方法

サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。 円はCSSで簡単に作ることができます。 さらに今回はCSSで作成した円の中央に文字を置く方法も紹介します。 CSSでの

scratch

Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門

さて、プログラミングの勉強をはじめていきましょう! 前回の「Scratchでじゃんけんゲームを作ろう!」では、じゃんけんゲームの作り方を学びました。今回は、もうちょっと本格的(ほんかくてき)な

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

WordPressのテーマを自作してみよう。テーマ開発の方法を徹底解説!

WordPressテーマの自作方法を紹介していきます。 今回はテーマ作成における知識や、ツール、ファイル構成、実際の作り方などを書いていきます。 WordPressのテーマを自作する上

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です