1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。

WordPress テーマ自作シリーズ第五回目です。
今回から、本格的にテーマを作っていきます。

前回の記事はこちらです。
WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

今回は gulp のプラグインを使って Pug ( 旧 Jade )をコンパイルするので、二回目のこちらの記事で、準備をしておいてください。
WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!

記事一覧ページを作る

前回の記事で、ファイルの優先順位を解説しましたが、 もっとも優先度の低いファイルが index.php です。
しかし、このファイルは最も重要なファイルと言えます。極端な話、このファイル一つで、全てのページを作ることができるからです。

まず、サイト全体のベースから作っていきたいので、この index.php を使って記事一覧ページを作ります。となると、記事一覧ページは、 header.php, index.php, footer.php, sidebar.php の4つに分けることができます。

wordpress

しかし、まだサイドバーの設定をしていないので、今回使うファイルは、 header.php, index.php, footer.php の3つです。
サイドバーについては、後日、別の記事で解説していきます。

index.php ファイルを作る

パーツごとのファイル( header.php や footer.php など )は、 index.php から呼び出してあげる必要があります。
まずはその基礎となる index.php を作ります。

index.pug(コンパイル前)

:php get_header();
main#main
	:php while(have_posts()) :
	:php the_post();
	article.p-article-list.c-media
		:php if(has_post_thumbnail()):
		a.c-media__img.p-article-list__thumbnail(href!="<?php the_permalink(); ?>")
			:php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main'));
		:php endif;
		.c-media__body
			h1.p-article-list__ttl
				a(href!="<?php the_permalink(); ?>")
					:php the_title();
			p.c-media__txt.p-article-list__snippet
				:php the_excerpt();
		time.c-panel.p-article-list__time(datetime!="<?php the_time('c'); ?>")
			:php the_time("Y/n/j")
		a.p-article-list__readmore(href!="<?php the_permalink(); ?>") 続きを読む
	:php
		endwhile;
		the_posts_pagination(array(
			'mid_size'				=> 2,
			'prev_text'				=> 'Prev',
			'next_text'				=> 'Next',
			'show_all'				=> false,
			'before_page_number' => '',
		));
:php
	get_footer();

index.php(コンパイル後)

<?php get_header(); ?>
<main id="main">
  <?php while(have_posts()) : ?><?php the_post(); ?>
  <article class="p-article-list c-media"><?php if(has_post_thumbnail()): ?><a class="c-media__img p-article-list__thumbnail" href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main')); ?></a><?php endif; ?>
    <div class="c-media__body">
      <h1 class="p-article-list__ttl"><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h1>
      <p class="c-media__txt p-article-list__snippet"><?php the_excerpt(); ?></p>
    </div>
    <time class="c-panel p-article-list__time" datetime="<?php the_time('c'); ?>"><?php the_time("Y/n/j") ?></time><a class="p-article-list__readmore" href="<?php the_permalink(); ?>">続きを読む</a>
  </article><?php endwhile;
the_posts_pagination(array(
	'mid_size'				=> 2,
	'prev_text'				=> 'Prev',
	'next_text'				=> 'Next',
	'show_all'				=> false,
	'before_page_number' => '',
)); ?>
</main><?php get_footer(); ?>

header.php ファイルを作る

では、header.php を作ります。

header.pug(コンパイル前)

doctype
<html <?php language_attributes(); ?>>
head
	//metaタグ, css,js の読み込みなど
	:php wp_head();
<body <?php body_class('page'); ?>>
header.p-header
	h1.p-header__ttl
		a(href!="<?php echo home_url(); ?>" rel="home")
			:php bloginfo('name');
	p.p-header__info 
		:php bloginfo('description');

header.php(コンパイル後)

<!DOCTYPE html><html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <!--metaタグ, css,js の読み込みなど--><?php wp_head(); ?>
</head><body <?php body_class('page'); ?>>
<header class="p-header">
  <h1 class="p-header__ttl"><a href="<?php echo home_url(); ?>" rel="home"><?php bloginfo('name'); ?></a></h1>
  <p class="p-header__info">
     <?php bloginfo('description'); ?></p>
</header>

footer.php ファイルを作る

footer.php を作っていきます。

footer.pug(コンパイル前)

footer.p-footer
	div.p-footer__copyright
		small Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved
| </div>
:php wp_footer();
| </body>
| </html>

footer.php(コンパイル後)

<footer class="p-footer">
  <div class="p-footer__copyright"><small>Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved</small></div>
</footer></div><?php wp_footer(); ?></body>
</html>

実際にサイトを表示してみると、スタイルのあたっていないシンプルなサイトになっていると思います。

まとめ

今回は、3つのファイルを使ってトップページをつくりました。

WordPress では、 PHP を使うということ、ヘッダーやフッターなどを分けて書くことから、 Pug を使うというのは効率が悪いようにも感じられるかもしれません。
しかし、記述の短さや、後々の編集のしやすさを考えると、 Pug を1つの選択肢に入れるのもありだと考えています。

この企画の一覧はこちら

  1. WordPress テーマ自作 | 本格的に作りたい人が揃えるべきツールや知識。
  2. WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!
  3. これから作る WordPress のテーマをローカルサイトに適用させる。
  4. WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。
  5. WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!
  6. WordPress にウィジェット(サイドバー)を追加する方法。
  7. WordPress テーマ自作!投稿ページ、固定ページの作り方。
  8. 【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】
  9. カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!
  10. WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。
  11. WordPress テーマ自作 | サイト全体のレイアウトを整える。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

WordPress | ツイート数やシェア数付きのSNSシェアボタンを自作しよう!

最近SNSシェアボタンを作り直した@It_is_Rです。 せっかく作ったんだから、シェアするのだよ、みんな。 そこで今回は、Twitter や Facebook、GooglePlus、はてな

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

Swift

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

何だか今日はトイレが近い。@It_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

Android アプリ開発入門! Android Studio のインストール手順。

人の笑顔が大嫌い。 @It_is_R です。 Android アプリ開発では、 Eclipse や Android Studio を使ってアプリを開発するのが一般的です。 一般的に言語は Ja

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

HTML CSS

Google Fontsの使い方。サイトをカッコよくしよう。

Webページを作るのは結構好きな@It_is_Rです。 WordPress、もしくは他のホームページやブログをやっていると、フォントを変えたいなと思うことも多いと思います。 そこで、Googl

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。