1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。
今回はPugでWordPressテーマを作る方法を少し紹介します。

詳しいテーマの作り方はこちらをご覧ください。
WordPressのテーマを自作してみよう。テーマ開発の方法を徹底解説!

今回は gulp のプラグインを使って Pug ( 旧 Jade )をコンパイルするので、二回目のこちらの記事で、準備をしておいてください。
WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!

目次
  1. 記事一覧ページを作る
  2. まとめ

記事一覧ページを作る

前回の記事で、ファイルの優先順位を解説しましたが、 もっとも優先度の低いファイルが index.php です。
しかし、このファイルは最も重要なファイルと言えます。極端な話、このファイル一つで、全てのページを作ることができるからです。

まず、サイト全体のベースから作っていきたいので、この index.php を使って記事一覧ページを作ります。となると、記事一覧ページは、 header.php, index.php, footer.php, sidebar.php の4つに分けることができます。

wordpress

しかし、まだサイドバーの設定をしていないので、今回使うファイルは、 header.php, index.php, footer.php の3つです。
サイドバーについては、後日、別の記事で解説していきます。

index.php ファイルを作る

パーツごとのファイル( header.php や footer.php など )は、 index.php から呼び出してあげる必要があります。
まずはその基礎となる index.php を作ります。

index.pug(コンパイル前)

:php get_header();
main#main
	:php while(have_posts()) :
	:php the_post();
	article.p-article-list.c-media
		:php if(has_post_thumbnail()):
		a.c-media__img.p-article-list__thumbnail(href!="<?php the_permalink(); ?>")
			:php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main'));
		:php endif;
		.c-media__body
			h1.p-article-list__ttl
				a(href!="<?php the_permalink(); ?>")
					:php the_title();
			p.c-media__txt.p-article-list__snippet
				:php the_excerpt();
		time.c-panel.p-article-list__time(datetime!="<?php the_time('c'); ?>")
			:php the_time("Y/n/j")
		a.p-article-list__readmore(href!="<?php the_permalink(); ?>") 続きを読む
	:php
		endwhile;
		the_posts_pagination(array(
			'mid_size'				=> 2,
			'prev_text'				=> 'Prev',
			'next_text'				=> 'Next',
			'show_all'				=> false,
			'before_page_number' => '',
		));
:php
	get_footer();

index.php(コンパイル後)

<?php get_header(); ?>
<main id="main">
  <?php while(have_posts()) : ?><?php the_post(); ?>
  <article class="p-article-list c-media"><?php if(has_post_thumbnail()): ?><a class="c-media__img p-article-list__thumbnail" href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main')); ?></a><?php endif; ?>
    <div class="c-media__body">
      <h1 class="p-article-list__ttl"><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h1>
      <p class="c-media__txt p-article-list__snippet"><?php the_excerpt(); ?></p>
    </div>
    <time class="c-panel p-article-list__time" datetime="<?php the_time('c'); ?>"><?php the_time("Y/n/j") ?></time><a class="p-article-list__readmore" href="<?php the_permalink(); ?>">続きを読む</a>
  </article><?php endwhile;
the_posts_pagination(array(
	'mid_size'				=> 2,
	'prev_text'				=> 'Prev',
	'next_text'				=> 'Next',
	'show_all'				=> false,
	'before_page_number' => '',
)); ?>
</main><?php get_footer(); ?>

header.php ファイルを作る

では、header.php を作ります。

header.pug(コンパイル前)

doctype
<html <?php language_attributes(); ?>>
head
	//metaタグ, css,js の読み込みなど
	:php wp_head();
<body <?php body_class('page'); ?>>
header.p-header
	h1.p-header__ttl
		a(href!="<?php echo home_url(); ?>" rel="home")
			:php bloginfo('name');
	p.p-header__info 
		:php bloginfo('description');

header.php(コンパイル後)

<!DOCTYPE html><html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <!--metaタグ, css,js の読み込みなど--><?php wp_head(); ?>
</head><body <?php body_class('page'); ?>>
<header class="p-header">
  <h1 class="p-header__ttl"><a href="<?php echo home_url(); ?>" rel="home"><?php bloginfo('name'); ?></a></h1>
  <p class="p-header__info">
     <?php bloginfo('description'); ?></p>
</header>

footer.php ファイルを作る

footer.php を作っていきます。

footer.pug(コンパイル前)

footer.p-footer
	div.p-footer__copyright
		small Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved
| </div>
:php wp_footer();
| </body>
| </html>

footer.php(コンパイル後)

<footer class="p-footer">
  <div class="p-footer__copyright"><small>Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved</small></div>
</footer></div><?php wp_footer(); ?></body>
</html>

実際にサイトを表示してみると、スタイルのあたっていないシンプルなサイトになっていると思います。

まとめ

今回は、3つのファイルを使ってトップページをつくりました。

WordPress では、 PHP を使うということ、ヘッダーやフッターなどを分けて書くことから、 Pug を使うというのは効率が悪いようにも感じられるかもしれません。
しかし、記述の短さや、後々の編集のしやすさを考えると、 Pug を1つの選択肢に入れるのもありだと考えています。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

画像を動かすよ!

JavaScriptで画像を移動してみよう! 小学生からのプログラミング入門

みなさんこんにちは。今回も、プログラミングの勉強《べんきょう》をはじめていきましょう! 前回、「JavaScriptで画像を表示してみよう! 小学生からのプログラミング入門」では、JavaSc

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

gulp

gulp4完全攻略ガイド。インストールから使い方まで徹底解説!

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回はgulp4の使い方を、インストールか

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、WEB開発で、JavaScriptは必須といっても過言ではありません

webpackでSass(SCSS)をCSSにコンパイルする最もシンプルな方法

webpackを使うと、JavaScriptをまとめることができて便利です。しかし、webpackにはたくさんの機能があり、パッケージをインストールすることで、様々な機能が使えるようになります。

メインループを作ってみよう!

【JavaScript】ゲームのメインループを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう! 突然《とつぜん》ですが、ゲーム開発《かいはつ》の基本として大切なことってなんだっ

【初心者向けJavaScrip入門】変数を使いこなすための、かなり詳しい解説

変数は、数値や文字列などのデータを入れておける箱です。プログラミングをはじめて、最初のほうで覚えるものですが、変数は意外と奥が深いものです。 そこで今回は、JavaScriptにおける変数の使

Android StudioをMacにインストールする方法

Android Studioを使って、Androidアプリ開発を行っていきましょう! 今回は Android Studioをインストールする手順を解説します。 Android Studio

文字を表示するクラスを作ろう!

【JavaScript】文字を表示するクラスを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重要なキ

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げ

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です