1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。

WordPress テーマ自作シリーズ第五回目です。
今回から、本格的にテーマを作っていきます。

前回の記事はこちらです。
WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

今回は gulp のプラグインを使って Pug ( 旧 Jade )をコンパイルするので、二回目のこちらの記事で、準備をしておいてください。
WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!

目次
  1. 記事一覧ページを作る
  2. まとめ

記事一覧ページを作る

前回の記事で、ファイルの優先順位を解説しましたが、 もっとも優先度の低いファイルが index.php です。
しかし、このファイルは最も重要なファイルと言えます。極端な話、このファイル一つで、全てのページを作ることができるからです。

まず、サイト全体のベースから作っていきたいので、この index.php を使って記事一覧ページを作ります。となると、記事一覧ページは、 header.php, index.php, footer.php, sidebar.php の4つに分けることができます。

wordpress

しかし、まだサイドバーの設定をしていないので、今回使うファイルは、 header.php, index.php, footer.php の3つです。
サイドバーについては、後日、別の記事で解説していきます。

index.php ファイルを作る

パーツごとのファイル( header.php や footer.php など )は、 index.php から呼び出してあげる必要があります。
まずはその基礎となる index.php を作ります。

index.pug(コンパイル前)

:php get_header();
main#main
	:php while(have_posts()) :
	:php the_post();
	article.p-article-list.c-media
		:php if(has_post_thumbnail()):
		a.c-media__img.p-article-list__thumbnail(href!="<?php the_permalink(); ?>")
			:php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main'));
		:php endif;
		.c-media__body
			h1.p-article-list__ttl
				a(href!="<?php the_permalink(); ?>")
					:php the_title();
			p.c-media__txt.p-article-list__snippet
				:php the_excerpt();
		time.c-panel.p-article-list__time(datetime!="<?php the_time('c'); ?>")
			:php the_time("Y/n/j")
		a.p-article-list__readmore(href!="<?php the_permalink(); ?>") 続きを読む
	:php
		endwhile;
		the_posts_pagination(array(
			'mid_size'				=> 2,
			'prev_text'				=> 'Prev',
			'next_text'				=> 'Next',
			'show_all'				=> false,
			'before_page_number' => '',
		));
:php
	get_footer();

index.php(コンパイル後)

<?php get_header(); ?>
<main id="main">
  <?php while(have_posts()) : ?><?php the_post(); ?>
  <article class="p-article-list c-media"><?php if(has_post_thumbnail()): ?><a class="c-media__img p-article-list__thumbnail" href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail('medium', array('class' => 'p-article-list__catch p-article-list__catch--main')); ?></a><?php endif; ?>
    <div class="c-media__body">
      <h1 class="p-article-list__ttl"><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h1>
      <p class="c-media__txt p-article-list__snippet"><?php the_excerpt(); ?></p>
    </div>
    <time class="c-panel p-article-list__time" datetime="<?php the_time('c'); ?>"><?php the_time("Y/n/j") ?></time><a class="p-article-list__readmore" href="<?php the_permalink(); ?>">続きを読む</a>
  </article><?php endwhile;
the_posts_pagination(array(
	'mid_size'				=> 2,
	'prev_text'				=> 'Prev',
	'next_text'				=> 'Next',
	'show_all'				=> false,
	'before_page_number' => '',
)); ?>
</main><?php get_footer(); ?>

header.php ファイルを作る

では、header.php を作ります。

header.pug(コンパイル前)

doctype
<html <?php language_attributes(); ?>>
head
	//metaタグ, css,js の読み込みなど
	:php wp_head();
<body <?php body_class('page'); ?>>
header.p-header
	h1.p-header__ttl
		a(href!="<?php echo home_url(); ?>" rel="home")
			:php bloginfo('name');
	p.p-header__info 
		:php bloginfo('description');

header.php(コンパイル後)

<!DOCTYPE html><html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <!--metaタグ, css,js の読み込みなど--><?php wp_head(); ?>
</head><body <?php body_class('page'); ?>>
<header class="p-header">
  <h1 class="p-header__ttl"><a href="<?php echo home_url(); ?>" rel="home"><?php bloginfo('name'); ?></a></h1>
  <p class="p-header__info">
     <?php bloginfo('description'); ?></p>
</header>

footer.php ファイルを作る

footer.php を作っていきます。

footer.pug(コンパイル前)

footer.p-footer
	div.p-footer__copyright
		small Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved
| </div>
:php wp_footer();
| </body>
| </html>

footer.php(コンパイル後)

<footer class="p-footer">
  <div class="p-footer__copyright"><small>Copyright © <?php bloginfo('name'); ?> All Rights Reserved</small></div>
</footer></div><?php wp_footer(); ?></body>
</html>

実際にサイトを表示してみると、スタイルのあたっていないシンプルなサイトになっていると思います。

まとめ

今回は、3つのファイルを使ってトップページをつくりました。

WordPress では、 PHP を使うということ、ヘッダーやフッターなどを分けて書くことから、 Pug を使うというのは効率が悪いようにも感じられるかもしれません。
しかし、記述の短さや、後々の編集のしやすさを考えると、 Pug を1つの選択肢に入れるのもありだと考えています。

この企画の一覧はこちら

  1. WordPress テーマ自作 | 本格的に作りたい人が揃えるべきツールや知識。
  2. WordPress のテーマ開発に絶対必須な gulp プラグイン9選!
  3. これから作る WordPress のテーマをローカルサイトに適用させる。
  4. WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。
  5. WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!
  6. WordPress にウィジェット(サイドバー)を追加する方法。
  7. WordPress テーマ自作!投稿ページ、固定ページの作り方。
  8. 【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】
  9. カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!
  10. WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。
  11. WordPress テーマ自作 | サイト全体のレイアウトを整える。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

FC2でブログを始めよう!誰でも簡単にできるブログの作り方

FC2ブログは、FC2が運営する無料でブログを開設できるサービスです。(有料版もあります) また、FC2のサービスには、動画、ライブ配信、アフィリエイト、小説など、様々なものがあります。 今回

【Android Studio】エミュレータを起動してプログラムを実行する方法!

何をやっても長続きしない@It_is_Rです。 このままでは人生さえも長続きしないかも知れない。 さて、しばらくぶりになってしまいましたが、今回は Android Studio 2.3.2 を

メインループを作ってみよう!

小学生からのJavaScript入門。ゲームのメインループを作ってみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第7弾です。 突然(とつぜん)ですが、ゲーム開発(かいはつ)の基本として大切なことってなんだったか覚えていますか? そうです。「変

enchant.js

ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

こんばんわ、@It_is_Rです。 ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。 今回は、 enchant.js を使った横スクロールアクションゲームの背景を表示してみようと思います。 空と

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

WordPress テーマ自作 | サイト全体のレイアウトを整える。

水を飲む時、口に入れすぎてしまう@It_is_Rです。 WordPressテーマ自作シリーズ第11回目です。 今回は、サイト全体のレイアウトを整えてみましょう。 このシリーズの前回の記事

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

普段から猫に遊ばれている@It_is_Rです。 今回は JavaScript について、初心者の人にも分かりやすく、丁寧に解説していきます。 JavaScript と EcmaSc

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。