1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。

サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。
Bootstrap4には、カルーセルを実装する為の機能が備わっています。

今回はその機能を使って、カルーセルを作ってみたいと思います。

目次
  1. カルーセルとは
  2. カルーセルの作り方の基本
  3. スライドさせる矢印を作る
  4. スライドを切り替える為のバーを表示する
  5. キャプションを表示する
  6. クロスフェード
  7. オプションを使う
  8. まとめ

カルーセルとは

ではまず、カルーセルとはどういったものなのでしょうか。
Webサイトを見ていると、たまに下のようなナビゲーションを見かけます。
カルーセル

左右の矢印をクリックすると、くるくると回転するようにスライドしていくものです。

カルーセルの作り方の基本

ではBootstrap4でカルーセルを作ってみましょう。
基本的なコードは以下の通りです。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

1行目のidは、同ページ内に複数のカルーセルがある場合、他と被らないようにします。
3行目、6行目、9行目のcarousel-itemには、どれか一つに必ずactiveを指定します。

下のサンプルは、一定の間隔でスライドします。

スライドさせる矢印を作る

先ほどの例では一定間隔でスライドしましたが、そこに見たい情報があったとき、自分のタイミングで進めたり戻したりしたいです。
そこで矢印を作って、スライドを操作できるようにしてみましょう。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>
<a class="carousel-control-prev" href="#carousel-example" role="button" data-slide="prev">
	<span class="carousel-control-prev-icon" aria-hidden="true"></span>
	<span class="sr-only">Previous</span>
</a>
<a class="carousel-control-next" href="#carousel-example" role="button" data-slide="next">
	<span class="carousel-control-next-icon" aria-hidden="true"></span>
	<span class="sr-only">Next</span>
</a>

下のサンプルは、一定の間隔でスライドし、左右矢印のクリックにより手動でもスライドします。

スライドを切り替える為のバーを表示する

矢印ではなく、カルーセルの下部にバーを表示し、それをクリックすることでスライドさせることもできます。

<div class="carousel-inner">
	<div class="carousel-item active">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
	</div>
	<div class="carousel-item">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
	</div>
	<div class="carousel-item">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
	</div>
</div>
<ol class="carousel-indicators">
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="0" class="active"></li>
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="1"></li>
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="2"></li>
</ol>

下のサンプルは、一定の速度でスライドし、下部のバーをクリックすることでもスライドさせることができます。

キャプションを表示する

カルーセル上にキャプションを表示させることもできます。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドA</h5>
				<p>こちらはスライドAです。</p>
			</div>
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドB</h5>
				<p>こちらはスライドBです。</p>
			</div>
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドC</h5>
				<p>こちらはスライドCです。</p>
			</div>
		</div>
	</div>
</div>

上のサンプルでは、一応キャプションを表示していますが、カルーセルのサイズが小さいとキャプションが表示されません
そのままの状態だと、ブログのレイアウト上、キャプションが表示されていない可能性があります
もし表示されていない場合、ブラウザのサイズを変更すると、表示される場合があります

クロスフェード

スライドではなく、クロスフェードを使うこともできます。

<div id="carousel-example" class="carousel slide carousel-fade" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

一定の間隔でクロスフェードにより、内容が切り替わります。

オプションを使う

また、いくつかオプションもありますので、紹介します。
オプションは、data-○○という形で一番外側のdivタグに指定します。○○の部分に以下で紹介するオプション名を入れます。

名前 機能 初期値 タイプ
interval スライドの間隔 5000 数値
keyboard キーボードに対応するか true ブーリアン
pause マウスを置いた時に一時停止するかどうか。falseにすると一時停止しない hover 文字列、ブーリアン
ride 自動で回転するかどうか false 文字列
wrap カルーセルが回転するかしないか true ブーリアン

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel" data-interval="1000">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

この例では1行目にdata-interval="1000"と指定しています。
これにより、1秒ごとにスライドするようになります。

まとめ

Webサイトを見ているとたまに見かけるカルーセル機能ですが、Bootstrap4を使うととても簡単に実装することができます。
Bootstrapを使ってサイトを運営している方で、カルーセルが欲しいなと思ったらぜひ使ってみてください。

そんなわけで、Bootstrap4によるカルーセルの実装方法でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。文字の大きさを設定する。

こんにちわ。美しいものほど濁って見える@It_is_Rです。 今回もFC2ブログの最強カスタマイズを始めていこうと思います。 今回は文字の大きさや色など、ブログ内の文字の設定をしていきます。初

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

これまでのプログラム全体をクラスを使って作るべ!

【JavaScript】プログラム全体をクラスを使って作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第13弾です。 前回はプログラミングにおける、クラスの使い方を学びました。しかし、まだクラスをどうやって使えばいいのか、ピンときていないかもしれません

Homebrew

Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

おみくじゲームを作るべ!

JavaScriptでおみくじを作ろう! 小学生からのプログラミング入門

さて、今日も楽しく、プログラミングを学んでいきましょう!今回はなんと、プログラミングでおみくじゲームを作ってみます。 そして今回から、Scratch(スクラッチより、少しレベルアップして、Ja

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ

JavaScriptで画像の表示と移動をしてみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript入門、第3弾です。 今回はゲーム開発(かいはつ)へもう一歩踏み込んでみましょう! [serif icon="aru-s.jpg" name="アル"]うーん……[/s

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

Scratchでピアノを 作ってみよう!

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

小学生から始めるScratch入門です。 前回はじゃんけんゲームを作りました。 今回はピアノの鍵盤を作って、音を鳴らしてみましょう。 プロローグ [serif icon="aru-s.jpg"

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です