1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Bootstrap
  6. »
  7. 【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。

サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。
Bootstrap4には、カルーセルを実装する為の機能が備わっています。

今回はその機能を使って、カルーセルを作ってみたいと思います。

カルーセルとは

ではまず、カルーセルとはどういったものなのでしょうか。
Webサイトを見ていると、たまに下のようなナビゲーションを見かけます。
カルーセル

左右の矢印をクリックすると、くるくると回転するようにスライドしていくものです。

カルーセルの作り方の基本

ではBootstrap4でカルーセルを作ってみましょう。
基本的なコードは以下の通りです。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

1行目のidは、同ページ内に複数のカルーセルがある場合、他と被らないようにします。
3行目、6行目、9行目のcarousel-itemには、どれか一つに必ずactiveを指定します。

下のサンプルは、一定の間隔でスライドします。

スライドさせる矢印を作る

先ほどの例では一定間隔でスライドしましたが、そこに見たい情報があったとき、自分のタイミングで進めたり戻したりしたいです。
そこで矢印を作って、スライドを操作できるようにしてみましょう。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>
<a class="carousel-control-prev" href="#carousel-example" role="button" data-slide="prev">
	<span class="carousel-control-prev-icon" aria-hidden="true"></span>
	<span class="sr-only">Previous</span>
</a>
<a class="carousel-control-next" href="#carousel-example" role="button" data-slide="next">
	<span class="carousel-control-next-icon" aria-hidden="true"></span>
	<span class="sr-only">Next</span>
</a>

下のサンプルは、一定の間隔でスライドし、左右矢印のクリックにより手動でもスライドします。

スライドを切り替える為のバーを表示する

矢印ではなく、カルーセルの下部にバーを表示し、それをクリックすることでスライドさせることもできます。

<div class="carousel-inner">
	<div class="carousel-item active">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
	</div>
	<div class="carousel-item">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
	</div>
	<div class="carousel-item">
		<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
	</div>
</div>
<ol class="carousel-indicators">
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="0" class="active"></li>
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="1"></li>
	<li data-target="#carousel-example" data-slide-to="2"></li>
</ol>

下のサンプルは、一定の速度でスライドし、下部のバーをクリックすることでもスライドさせることができます。

キャプションを表示する

カルーセル上にキャプションを表示させることもできます。

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドA</h5>
				<p>こちらはスライドAです。</p>
			</div>
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドB</h5>
				<p>こちらはスライドBです。</p>
			</div>
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
			<div class="carousel-caption d-none d-md-block">
				<h5>スライドC</h5>
				<p>こちらはスライドCです。</p>
			</div>
		</div>
	</div>
</div>

上のサンプルでは、一応キャプションを表示していますが、カルーセルのサイズが小さいとキャプションが表示されません
そのままの状態だと、ブログのレイアウト上、キャプションが表示されていない可能性があります
もし表示されていない場合、ブラウザのサイズを変更すると、表示される場合があります

クロスフェード

スライドではなく、クロスフェードを使うこともできます。

<div id="carousel-example" class="carousel slide carousel-fade" data-ride="carousel">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

一定の間隔でクロスフェードにより、内容が切り替わります。

オプションを使う

また、いくつかオプションもありますので、紹介します。
オプションは、data-○○という形で一番外側のdivタグに指定します。○○の部分に以下で紹介するオプション名を入れます。

名前 機能 初期値 タイプ
interval スライドの間隔 5000 数値
keyboard キーボードに対応するか true ブーリアン
pause マウスを置いた時に一時停止するかどうか。falseにすると一時停止しない hover 文字列、ブーリアン
ride 自動で回転するかどうか false 文字列
wrap カルーセルが回転するかしないか true ブーリアン

<div id="carousel-example" class="carousel slide" data-ride="carousel" data-interval="1000">
	<div class="carousel-inner">
		<div class="carousel-item active">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideA.jpg" alt="スライドA">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideB.jpg" alt="スライドB">
		</div>
		<div class="carousel-item">
			<img class="d-block w-100" src="img/carousel-slideC.jpg" alt="スライドC">
		</div>
	</div>
</div>

この例では1行目にdata-interval="1000"と指定しています。
これにより、1秒ごとにスライドするようになります。

まとめ

Webサイトを見ているとたまに見かけるカルーセル機能ですが、Bootstrap4を使うととても簡単に実装することができます。
Bootstrapを使ってサイトを運営している方で、カルーセルが欲しいなと思ったらぜひ使ってみてください。

そんなわけで、Bootstrap4によるカルーセルの実装方法でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Swift

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

何だか今日はトイレが近い。@It_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

HTML CSS

CSSで文字を、円の上下左右中央ド真ん中に表示する方法。

体重が50キロを切りました。@It_is_Rです。身長は171あります。 骨っていうなー! サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。画像を丸くして。。。なんてやっている人

WordPress テーマ自作!投稿ページ、固定ページの作り方。

サンタは何故お爺さんなんでしょうか。@It_is_Rです。 今年からサンタのギャルにしましょう。 WordPress テーマ自作シリーズ第7回目です。 今回は、投稿ページと固定ページを作って

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第9回目となります。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。

WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

ドラクエとかにテンプレートっていう武器ありそうですね。@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第4回目です。 今回はテーマを作成する上で、重要な知識を書いていこうと思いま

CSS Button

サイト制作に!!CSSでマウスオーバーボタンの作り方。

新年初の記事です。とりあえず、あけましておめでとうございます。@It_is_Rです。 お正月……おそーがつ……おそまつ……おそ松さん。新年早々くだらないこと言ってないで早く記事を書けって話ですね。

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

【初心者向け】webpack 4入門。一番簡単で詳しい使い方

風邪をひいてぼんやりしている@It_is_Rです。どちらにしろいつもぼんやりしてますが。 さて、今回はWebpack4について紹介していきたいと思います。 この記事では、jsファイルをビルドす

これから作る WordPress のテーマをローカルサイトに適用させる。

WordPress と AliExpress って混乱しますよね。@It_is_Rです。せーへんわ。 WordPress テーマ自作シリーズ、第三回目です。 前回までで、ローカルで Wor

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。