1. HOME
  2. »
  3. グラフィック
  4. »
  5. Photoshop
  6. »
  7. Photoshopで髪の毛のテクスチャーを作る2種類の方法

Photoshopで髪の毛のテクスチャーを作る2種類の方法

サイトのアクセス数がなぜか激減した@It_is_Rです。
きっと時代がまだ私に追いついていないんですね。

Blenderなどでの3Dモデリングでは、テクスチャが必須となってきます。
しかし、テクスチャを作る方法が分からないといった方もいるのではないかと思います。

そこで今回はPhotoshopを使った髪の毛テクスチャーを作る方法を2種類紹介したいと思います。

目次
  1. ノイズを使った髪の毛テクスチャの作り方
  2. 髪の毛ブラシを使ったテクスチャーの作り方
  3. まとめ

ノイズを使った髪の毛テクスチャの作り方

まず、Photoshopのノイズ機能を使った髪の毛テクスチャの作り方を紹介したいと思います。
この方法では、ペンタブを使わずにマウスのみで作ることができます。

では1024*1024のサイズで新規作成し、レイヤーを一つ作ります。
photoshop

作ったレイヤーをグレーで塗ります。
photoshop

「フィルター」から「ノイズ」、「ノイズを加える」を選択します。
photoshop

量を100%、ガウス分布、グレースケールノイズにチェックを加え、OKをクリックします。
photoshop

するとこのようになります。
photoshop

「フィルター」から「ぼかし」、「ぼかし(移動)」をクリックします。
photoshop

角度を90度にして、距離を2000pixelまでグッとあげてしまいましょう。
photoshop

縦ラインの束が出来上がったと思います。
photoshop

しかし、このままでは髪がいきなり切れている状態になってしまうので、マスクを使ってぼかします。
まずレイヤーマスクを追加します。
photoshop

グラデーションツールを選択し、100%の黒を選びます。
下から上に画面をドラッグすることでマスクがかかり、髪の色が徐々に薄くなる表現ができます。
photoshop

ではモノクロ状態の髪に色をつけていきます。

新規レイヤーを作り、「オーバーレイ」にします。
さらに、レイヤー1とレイヤー2の間をAitを押しながらクリックしておくことで、クリッピングマスクを追加することができます。
photoshop

今追加したレイヤーに茶色で色を塗ってみました。
色は好きな色をつけてください。
photoshop

次はハイライトを作っていきます。
ブラシツールを使って、Shiftを押しながら横向きにラインを引きます。
photoshop

「フィルター」から「変形」、「波形」と選択します。
photoshop

私は設定を以下のようにしました。
 photoshop

するとこのようになります。
photoshop

「フィルター」から「ぼかし」、「ぼかし(移動)」をクリックします。
photoshop

角度を90度にし、距離を85pixelにしました。
photoshop

するとこのようになります。
photoshop

最後に、ハイライトのレイヤーをオーバーレイに変更して完成です。
photoshop

実際にblenderで作ったキャラに当ててみました。

髪の毛ブラシを使ったテクスチャーの作り方

次に髪の毛ブラシを使ったテクスチャーの作り方を紹介します。
この方法はペンタブが必要になります。

まず、1024*1024で新規します。
photoshop

さらにブラシ作成用に100*100で新規します。
photoshop

そこにブラシのサイズを変えながら、黒い点をいくつか描いていきます。
photoshop

「編集」から「ブラシを定義」をクリックします。
photoshop

これで最初に新規した方でも、先ほど作ったブラシが使えるようになっています。
photoshop

しかしこのままでは髪の毛らしくありません。
そこで間隔を1%に設定します。
photoshop

基本的にはこれで髪の毛ブラシの完成です。
後はお好みで設定してください。

このブラシを使うと、このように描くことができます。
photoshop

では、新規レイヤーを作成して、髪を描いていきましょう。
Shiftを押しながら、上から下に線を引くと、直線で引くことができます。
その描き方で何本も線を引きます。

しかし、Shiftを押しっぱなしにしていると、このように斜めにも線が引かれてしまいます。
photoshop

その場合は斜めの線を隠すように上から線を引いてしまえば、最終的には目立たなくなります。
線を引きまくって、こんな感じになりました。
photoshop

あとは同じ要領で、Shiftを押しながら、影やハイライトを入れていきます。
最終的には背景レイヤーを非表示にして、背景を透明にすれば完成です。
photoshop

実際にblenderで作ったキャラに当ててみるとこんな感じです。
photoshop

まとめ

今回はPhotoshopを使った髪の毛テクスチャの作り方を紹介しました。
一つ目の方法はマウスがあれば作れますが、二つ目の方法はペンタブが必須です。
しかし二つ目の方法の方が、自由度は高いです。

私は基本的に二つ目の方法で作っています。
もっと線を入れてみたり、影や光を入れてみたりして工夫して作ると、もっと綺麗なテクスチャーが作れると思います。
ぜひ色々とアレンジして、自分だけのテクスチャーを作って、楽しんでください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

第9回Blender3Dキャラ入門!

【第9回】動画で学ぶ Blender 2.8 。テクスチャーで女の子を可愛くする!

Blender2.8 でキャラクターを作る方法を動画付きで紹介しています。 前回はキャラクターの服を作りました。 今回はキャラクターの目や肌にテクスチャーを貼ってみましょう。 動画は

Medibang Paint

MediBang Paint Proの使い方。4コマ漫画を描く8つの手順。

コンビニは人生において必要不可欠ですね。@It_is_Rです。 さて、最近は本当にMediBang Paint Proが流行っているから凄いなと思っています。 そこで、今回はMediBang

Illustratorでオブジェクトを均等に並べる超簡単な2つの方法。

ロゴなどを制作する上でほぼ必要不可欠となっているIllustratorですが、この機能を完全に使い果たすのは至難の技だと思います。@It_is_Rです。 今回は、オブジェクトを均等に並べる方法を

第6回Blender3Dキャラ入門!

【第6回】動画で学ぶ Blender 2.8 。女の子キャラクターの顔を作ろう!

Blender2.8 でキャラクターを作る方法を動画付きで紹介しています。 前回はキャラクターの手を作りました。 第6回目の今回は、キャラクターの顔を作り込んでいこうと思います。 動

blender

【Blender】BlenderレンダーとCyclesレンダーのマテリアルの使い方

今回はマテリアルを使って、キャラの服に色をつけるのを例に、マテリアルの使い方を紹介していきたいと思います。 また、モデルはこのようになっております。 ここにマテリアルで色をつけていきま

PhotoShop CS6

超簡単に Photoshop CS6 で曇り空を青空に変える

>噛めば噛む程、味が無くなっていくRでございます。 すでに桜も散ってしまいましたね。。。いや、まだ咲いてる地域もあるのでしょうか。 自分が花見に行った時は運悪く曇り空で、写真を撮ってもあまり綺

illust

キャラクターの描き方。描き始めから完成まで。

イラストを描く時、途中でめんどくなる@It_is_Rです。 そんなIt is Rが、僭越ながら今回はイラスト描き方を発表させていただきたく思います。 イラストの描き方は百人いれば百通りの描き方

RGB

Photoshopを使う上で必要不可欠。RGBとCMYKって何?

人生は山あり谷ありといいますが、下り坂しか無い私の人生はどこに山があるのでしょうか。@It_is_Rです。 今回はPhotshopなどのソフトを使う上で必要不可欠となる、RGBやCMYKについて

PhotoShopでFire Brushesを使った炎のテラ簡単な描き方。

ゲーム開発は着実に進行中です。@It_is_Rです。 イラストに炎を入れるとカッコいいですよね。でも、炎を描くのって結構めんどくさいです。 そこで、PhotoShopを使って炎を描くのに、とて

Blender第2回3Dキャラ入門!

【第2回】動画で学ぶ Blender 2.8 。キャラクターの顔の輪郭をつくろう!

動画で学べる、Blenderでのキャラクターの作り方入門講座です。 前回までの動画講座では、下絵を読み込む方法を紹介しました。 では、この下絵を元に、キャラクターを作っていこう

2件のコメント “Photoshopで髪の毛のテクスチャーを作る2種類の方法

  1. こんばんは。先日はお世話になりました。一応テクスチャは貼ることが出来ました。いくつか報告とまた教えていただければということがあります。

    ・以前初めてブレンダーを使ったときは、UVマップとUV展開、マテリアル、テクスチャの関係や役割がどうしても理解できなくてテクスチャを使うのは諦めていました。今回はなんとか上手くいきましたが、それでもこの3つの概念や関係性は分かりづらく理解しきれていないです・・・。

    ・保存方法ですが、私の場合はフォトショで作って「新しい名前で保存」→「PNG形式指定で適当な名前で保存」でテクスチャを作ってました。今でもそれを使っています。「web用に保存」の方法でも作っていたのですが、微々たる差ですがこちらの方がファイルサイズが重かったです。それと、「web用に保存」ではテクスチャを張り付けてみたら、透過部分と色の塗られてる部分の境目に白いジャギーのようなものが無視できないレベルに残りました。「新しい名前で保存」→「PNG形式指定」のやり方ではちゃんと綺麗に透過されました。原因も分からないです。何かあるんですかね。

    ・教えていただきたいことですが、素体をミラーで作った場合はどの段階でミラーを適用させますか? 現在は素体、テクスチャでの色塗りの段階まで終わって次はボーンを入れ込もうとしています。初めてやったときはボーンを入れる前にミラー適用したのか、入れた後にミラー適用したのかはもう覚えてないです。こちらでも調べてみますので、分かり次第また報告いたします。同じくお手すきの頃で構いません。どうかよろしくお願いします。

    1. >blender初心者さん
      コメントありがとうございます。

      私の場合、Photoshopで加工したものをネット上に載せることが多いこともあり、つい「web用に保存」を多用してしまうのですが、作った画像をwebに公開しなければどちらでも構わないと思います。
      また「web用に保存」ではジャギーのようなものが残ったとのことですが、もしPNG-8で保存しているのであれば、PNG-24で保存しても残ってしまいますか?

      ミラーを適用するタイミングですが、私はミラーを適用させないままポーズまで作ってしまうやり方です。
      もし適用させるのであればボーンを入れた後で大丈夫だと思います。

      参考になれば幸いです。
      またよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。