1. HOME
  2. »
  3. グラフィック
  4. »
  5. MediBang Paint
  6. »
  7. MediBang Paint Proの使い方。4コマ漫画を描く8つの手順。

MediBang Paint Proの使い方。4コマ漫画を描く8つの手順。

コンビニは人生において必要不可欠ですね。@It_is_Rです。

さて、最近は本当にMediBang Paint Proが流行っているから凄いなと思っています。
そこで、今回はMediBang Paint Proを使って4コマ漫画を描く8の手順を紹介します。

今日から君も漫画家になれたらいいのにね。

MediBang Paint Proはこちらからダウンロードできます。

今回作成したマンガはこちらとなります。
マスは片方だけ使ってます。
札束

目次
  1. 漫画原稿の新規作成
  2. 大まかに構成を考える。
  3. 下書きをする。
  4. 線画を入れる。
  5. トーンを貼る。
  6. 陰と光を入れる。
  7. フキダシを入れる。
  8. 文字を入れる。
  9. 完成はこちら。

漫画原稿の新規作成

まず、4コマ漫画用の漫画原稿を新規作成してみましょう。
MediBang Paint Proを開くと、次のようなウィンドウが表示されます。

メディバン クラウド サービス

MediBang!のアカウントを持っている人は、ログインしましょう。もし持っていない人は新規登録からアカウントを作りましょう。

さて、ログインできましたか?
メディバン クラウド サービス

それでは、ウィンドウ左上のイラストを描くをクリックして、画像の新規作成ウィンドウを開きます。
「標準」と「漫画原稿」の2つのタブがありますので、「漫画原稿」のタブを選択し、テンプレートを「商業誌 4コマ(タイトルあり)」、背景色を「白」と選択します。
もちろんこの選択は、作りたいものに合わせてOKです。

OKをクリックすれば、4コマ漫画用の原稿が作られました。
ここに4コマ漫画を描いていきます。
MediBang Paint Pro

大まかに構成を考える。

大まかに構成を考えます。様々なパターンがありますが、よくありがちなのが起承転結パターンです。
つまり、「起」で物語が始まり、「承」でどう転に繋げるか、「転」で物語に変化を加え、「結」でオチという形です。

Rも今回は起承転結パターンで描いてみようと思います。

下書きをする。

大まかに構成を考えた後、考えたことを下書きします。
既にレイヤー2というレイヤーが作られていますので、ここに下書きを描いていきましょう。

タイトルは後から考えれば別にいいかと思います。
「command と +キー」で拡大できますので、拡大してガリガリ描いていきます。
下書きなので、大雑把でいいです。
MediBang Paint Pro

線画を入れる。

この下書きを薄くし、線画を入れていきます。
下書きの色を変えたい時は、「透明度を保護」にチェックを入れ、ブラシツールのサイズを大きくし、一気に塗ってしまいましょう。
MediBang Paint Pro

MediBang Paint Pro

さて、線画を入れていきます。入れるときにレイヤーの追加を忘れないでください。
吹き出しは後から入れるので、まだ描きません。
MediBang Paint Pro

トーンを貼る。

では、今描いた線画にトーンを入れていきます。
ウィンドウ左上の吹き出しマークをクリックすると、タイルやトーンなどの「素材パネル」が表示されます。
クラウドから素材をダウンロードすることも可能です。素材をダウンロードする時は、一番下にある雲と矢印のマークをクリックします。
medibang21

「自動選択ツール」で貼付けたい範囲を選択し、ドラッグすることで貼付けることができます。
この時、レイヤーを追加しておくこと。ついでにフォルダーを作っておくと分かりやすいです。
MediBang Paint Pro

時には、線画に空間があり、選択できない場合もあるでしょう。
そんな時は、まずはみ出た状態でトーンを張ります。
MediBang Paint Pro

その後、消しゴムで消してあげます。
MediBang Paint Pro

こんな感じで、全体にトーンを張ります。
MediBang Paint Pro

陰と光を入れる。

新たにレイヤーを追加して、今度は陰と光を作っていきます。
ここで、トーンを重ねてみましょう。トーンを重ねると、色が濃くなり、陰らしくなります。

光を入れるときは、色を透明色、ブラシを点描にすると、トーンを削ることができます。
MediBang Paint Pro

これらを使って陰を入れたり削ったりします。
こんな感じになります。ちょっと雑ですがこんな感じです。
MediBang Paint Pro

フキダシを入れる。

では、ついにフキダシを入れます。吹き出してしまいそうなフキダシを入れましょう。

…というか、説明するまでも無いかもしれませんね。

とりあえず、下書きを見ながら普通にフキダシを描きます。
新規レイヤーを追加するのを忘れずに。
MediBang Paint Pro

色を塗ります。バケツのマークのやつです。
ウィンドウの上部にある「参照」を「レイヤー」にすると、先ほど追加したレイヤーのみに色を塗れます。
MediBang Paint Pro

さて、全体にフキダシを入れましょう。
漫画っぽくなりましたかね。
MediBang Paint Pro

文字を入れる。

さて、最後に文字を入れていきましょう。
ウィンドウ左にあるパネルの中から、「T」のマークをクリックし、テキストを置きたい位置をクリックすると次のような画面が表示されます。

ここで文字の設定を行い、OKをクリックすると、文字を入力することができます。
MediBang Paint Pro

漫画の中はすべて入力しました。
MediBang Paint Pro

タイトルもついでに入力してしまいましょう。
MediBang Paint Pro

完成はこちら。

ついに完成しました。こんな感じです。
札束

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

PhotoShopでFire Brushesを使った炎のテラ簡単な描き方。

ゲーム開発は着実に進行中です。@It_is_Rです。 イラストに炎を入れるとカッコいいですよね。でも、炎を描くのって結構めんどくさいです。 そこで、PhotoShopを使って炎を描くのに、とて

Photoshopで髪の毛のテクスチャーを作る2種類の方法

サイトのアクセス数がなぜか激減した@It_is_Rです。 きっと時代がまだ私に追いついていないんですね。 Blenderなどでの3Dモデリングでは、テクスチャが必須となってきます。 しかし、

Blender初心者入門。まずはじめに知っておきたい基礎知識と操作方法

初めてBlenderを使う人のための、Blender初心者入門です。 今回はBlenderに関して右も左も上下前後も分からないという方のための、Blender基礎知識と操作方法を書いていきたいと

【Blender】テクスチャの貼り方をしっかりとマスターしよう!

Blenderでのテクスチャの貼り方を、詳しく紹介していきます。 テクスチャは、メッシュに貼り付けるための画像のことです。壁には壁紙を貼りますよね。それと同じで、作成したメッシュにテクスチャを

Blender初心者入門。 ワークスペースでレイアウト変更

Blender初心者入門。ワークスペースでレイアウトを変更する

物事を始める時、まずは見た目から入る@It_is_Rです。 今回は、Blender初心者入門として、ワークスペースについて紹介していこうと思います。 ワークスペースというのは、Blender上

Blender第2回3Dキャラ入門!

【Blender 2.8】女の子キャラクター全身のモデリング【第2回】

動画で学べる、Blenderでのキャラクターの作り方入門講座です。 前回までの動画講座では、下絵を読み込む方法を紹介しました。 では、この下絵を元に、キャラクターを作って

illust

キャラクターの描き方。描き始めから完成まで。

イラストを描く時、途中でめんどくなる@It_is_Rです。 そんなIt is Rが、僭越ながら今回はイラスト描き方を発表させていただきたく思います。 イラストの描き方は百人いれば百通りの描き方

Blenderでの3D女の子キャラモデリングの全てを完全解説するよ!

Blenderを使って、3D女の子のキャラクターをモデリングする方法のすべてを紹介します。 もともとこの記事はBlender2.7を使った、女の子キャラクターの作り方だったのですが、Blend

blender

【Blender】BlenderレンダーとCyclesレンダーのマテリアルの使い方

今回はマテリアルを使って、キャラの服に色をつけるのを例に、マテリアルの使い方を紹介していきたいと思います。 また、モデルはこのようになっております。 ここにマテリアルで色をつけていきま

【Blender】UVをまっすぐな長方形に整列。超かんたんに整える方法

Blenderでテクスチャを貼るとき、長方形をならべるように、まっすぐにUVを整列したいことがよくあります。 しかし、手作業での作業はとても時間がかかり、とても大変です。なにかいい方法はないの

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です