1. HOME
  2. »
  3. グラフィック
  4. »
  5. Blender
  6. »
  7. Blender初心者入門。まずはじめに知っておきたい基礎知識と操作方法

Blender初心者入門。まずはじめに知っておきたい基礎知識と操作方法

初めてBlenderを使う人のための、Blender初心者入門です。

今回はBlenderに関して右も左も上下前後も分からないという方のための、Blender基礎知識と操作方法を書いていきたいと思います。

この講座では、Blenderはすでにダウンロードされているものとして進めていきます。
もしダウンロードがまだという方は、こちらからダウンロードしてください。

目次
  1. Blenderでどういうものが作れるのか
  2. 画面の構成要素の名称
  3. ツールバーとサイドバーの表示、非表示
  4. オブジェクトモード(Objrct Mode)と編集モード(Edit Mode)
  5. ウィンドウの分割
  6. まとめ

Blenderでどういうものが作れるのか

まず、Blenderでは3Dのイラストやアニメーションを作ることができます。これはこの記事を読んでくださっている方なら知っていますよね。
では、Blenderを使うと、どのぐらいのものが作れるのでしょうか?

こちらをご覧ください。

なんとも美しい作品ですね。
これはSpringという作品で、Blender2.8で作成されています。

やる気が湧いてきましたか? それとも失せましたか?

私のように失せてしまったあなたはこちらをご覧ください。
やる気出ましたね!

画面の構成要素の名称

まず、画面の構成要素について見ていきましょう。
デフォルトでの画面の構成要素はこのようになっています。

またマニュアルには英語での名称しか書かれていません。名称の日本語訳がどうなるのか私には分かりませんが、とりあえず日本語でも書きましたので参考にしてください。

  • 3Dビュー(3D View) : 実際にモデリングをおこなっていくメインの画面
  • アウトライナー(Outliner) : オブジェクト、カメラ、ランプなど、blenderファイル内のデータがリストとなって表示される
  • プロパティ(Properties) : 様々な機能がまとめられている
  • タイムライン(Timeline) : アニメーションを作るときに使用する

また3Dビューは次のもので構成されています。

  • ヘッダー(Header) : モードの変更や、オブジェクトの追加などここから操作できる
  • サイドバー(Sidebar) : オブジェクトの位置など、細かな設定ができる
  • ツールバー(Toolbar) : 使用するツールをここから選択する
  • アジャストラストオペレーション(Adjust Last Operation) : 最後におこなった操作を調節することができる

Blender起動時や、新規作成をしたとき、デフォルトで次の3つが表示されます。

  • オブジェクト(Object) : 実際に作っていく物体
  • カメラ(Camera) : オブジェクトをどの方向から、どのように撮るかを設定できる
  • ライト(Light) : 光をどこから、どのように、どれだけ当てるかなどを設定できる。Blender2.79ではランプ(Lamp)となっていた

ツールバーとサイドバーの表示、非表示

ツールバーとサイドバーは、表示、非表示を切り替えることができます。
ツールバーはtを、サイドバーはnを押すことで、切り替えます。

オブジェクトモード(Objrct Mode)と編集モード(Edit Mode)

Blenderで最も多く使うモードとして、オブジェクトモード(Objrct Mode)編集モード(Edit Mode)があります。
そのほかにもモードはありますが、まずはこの2つをマスターしましょう。

オブジェクトモード(Objrct Mode)

オブジェクトモードは、編集したいオブジェクトを選択するときに使います。また、オブジェクト全体の位置や大きさなどを調節したりするときにも使います。
オブジェクトモード(Object Mode)

編集モード(Edit Mode)

オブジェクトを選択してtabを押すと、編集モードに切り替わります。
こちらは、頂点を移動させるなどして、オブジェクトの形を変えたりすることができるモードです。
編集モード(Edit Mode)

ウィンドウの分割

Blenderでモデリングをするとき、ウィンドウを分割して、様々な角度から見ることができる状態でおこなう人も多いです。
例えば、このようになります。

ウィンドウの角にマウスカーソルを合わせると、カーソルが「+」の形に変わります。

そして左へドラッグすると、2画面になります。
左へドラッグ

ウィンドウの数を減らしたいときは、カーソルが「+」に変わる範囲の、境界線より僅かに内側を反対側のウィンドウに向かってドラッグします。
境界線より若干内側を 反対側へドラッグ

まとめ

今回はBlender初心者入門として、まずはじめに知っておきたい基礎知識と操作方法について学びました。
3Dモデリングは、最初はちょっと難しいなと思いがちですが、慣れてくるとだんだん思う形が作れるようになってくると思います。

なによりも諦めないことが大切です。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

第9回Blender3Dキャラ入門!

【Blender 2.8】肌や瞳にテクスチャーを使ってみよう!【第5回】

Blender2.8 でキャラクターを作る方法を動画付きで紹介しています。 前回はキャラクターの服を作りました。 今回はキャラクターの目や肌にテクスチャーを貼ってみましょう。 動画はこちらです ま

Blender第2回3Dキャラ入門!

【Blender 2.8】女の子キャラクター全身のモデリング【第2回】

動画で学べる、Blenderでのキャラクターの作り方入門講座です。 前回までの動画講座では、下絵を読み込む方法を紹介しました。 では、この下絵を元に、キャラクターを作って

動画付きグリザイユ画法で「冥土へ誘うメイド」を描いてみた

メイキングだけにメイドです。@It_is_Rです。 メイドとゴスロリの違いは分かりません。 久しぶりにイラストメイキングの記事を書いてみます。 動画をアップしましたので、よろしければご覧くだ

【PhotoShop】パスを使って綺麗な曲線を引く方法

PhotoShopを使ってイラストを描きたいとき、ブラシツールを使ったマウスのみの操作では、なかなか綺麗な線を引くことができません。 しかし、ペンツールを使うと、マウスのみの操作でも、強弱のあ

Photoshopで曇り空を青空に変える超簡単な方法

旅行先などで運悪く天気がよくないとき、せっかく綺麗な景色を写真に収めようとしても、あまり綺麗に写らないことがあります。 しかし、Photoshopを使えば、曇り空を青空に加工することも可能です

3d photo inpainting

3D Photo Inpaintingの使い方。2D画像が超簡単に3Dに!

画像を3Dにする技術が話題となっております。 この技術を使えば、写真やイラストなど、2Dのものが、簡単に3Dになってしまいます。 今回はその技術の使い方を紹介していこうと思います。 3D Pho

【TexToolsの使い方】BlenderでUVをかんたんに整列できるアドオン!

TexToolsは、Blender上で使用できる、UVをかんたんに操作できるアドオンです。これを使うことで、手作業ではとても大変なUVの整列などを、自動的に行なってくれます。 TexTools

PhotoShopでFire Brushesを使った炎のテラ簡単な描き方。

ゲーム開発は着実に進行中です。@It_is_Rです。 イラストに炎を入れるとカッコいいですよね。でも、炎を描くのって結構めんどくさいです。 そこで、PhotoShopを使って炎を描くのに、とて

【Blender】UVをまっすぐな長方形に整列。超かんたんに整える方法

Blenderでテクスチャを貼るとき、長方形をならべるように、まっすぐにUVを整列したいことがよくあります。 しかし、手作業での作業はとても時間がかかり、とても大変です。なにかいい方法はないの

illust

キャラクターの描き方。描き始めから完成まで。

イラストを描く時、途中でめんどくなる@It_is_Rです。 そんなIt is Rが、僭越ながら今回はイラスト描き方を発表させていただきたく思います。 イラストの描き方は百人いれば百通りの描き方

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です