1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. GitHubのアカウントを作成する方法

GitHubのアカウントを作成する方法

Gitを使うとバージョン管理が簡単になりますが、それ以前に自分の頭の中を管理するのが大変な@It_is_Rです。

Gitの使い方をいくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。
まず今回はGitHubに登録して、アカウントを作る方法の紹介です。

R

お久しぶりです、りこ師匠。Gitも扱えるんですね!?

りこ

もちろん使えるわ

R

りこ師匠を知らない人は、こちらを見てください

目次
  1. GitHubについて
  2. GitHubのアカウントを作る
  3. まとめ

GitHubについて

まず、Gitとは、分散型バージョン管理システムと呼ばれるものです。プログラムなどの変更履歴を記録し、それをバージョンとして管理します。
バージョンを保存しておくことで、プログラムを作っている途中バグが発生してしまった場合などに、すぐ前のバージョンに戻すことができます。
またリモートでファイルを共有し、複数人で開発する場合にも使えます。

さらに、Gitで管理しているデータを、保存しておくWebサービスが、GitHubです。
GitHubは、無料版と有料版が用意されています。

個人や、小規模での開発に使用する場合であれば、無料版でも問題なく使えると思います。

りこ

もともと無料版のGitHubでは、リポジトリが全部公開されちゃってたんだけど、今では無料でもプライベートリポジトリが使えるようになったの

R

公開とか、プライベートとか言われると、なんだか鼻血がでそうになりますね

りこ

てめーは中学生かっ! 頭かち割るぞっ!(蹴

R

ぎえぇぇっ! 頭の中は小学生っ!

GitHubのアカウントを作る

では、GitHubのアカウントを作っていきましょう。
まずは、こちらからGitHubにアクセスしてください。

「GitHubに登録する」をクリックします。

アカウントの情報を入力

つづいて、アカウントの情報を入力していきます。

ユーザ名(Username)
メールアドレス(Email address)
パスワード(Password)を入力します。

パスワードは15文字以上、または、数字と小文字を含む8文字以上にしてください。

その下のチェックは、製品アップデート、お知らせ、オファーなどを、登録したメールアドレスに送るかどうかです。
送ってもらいたい場合は、チェックを入れます。

入力が終わったら、コンピュータではなく、人かどうかの確認をします。
「検証開始」をクリックして、問題を解いてください。

それが済んだら、「Create an account」をクリックします。

自分自身についてを入力

つづいて、自分自身についてを入力していきます。

まず、「What kind of work do you do, mainly?」の項目では、普段なにをしているのかを選択します。

つづいて、「How much programming experience do you have?」の項目では、どのくらいのプログラミング経験があるのかを選択します。

「What do you plan to use GitHub for?」には、GitHubを使って何をする予定なのかを3つまで選択します。

「I am interested in:」には、興味のある言語、フレームワーク、業界などを入力します。

入力が済んだら「Complete setup」をクリックします。

次のような画面が表示されたら、登録したメールをご確認ください。

メールの内の「Verify email address」をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力すれば、アカウント作成の完了です。

まとめ

Gitを使うと、プログラムなどを過去の状態へ簡単に戻すことができるようになります。
また、GitHubに登録し、そこにデータをアップしておけば、別のパソコンからでも簡単にそのデータを取得することができます。

R

よーし、アカウント作ったぞ!

りこ

なにかバージョン管理したいものがあるの?

R

りこ師匠のスリーサイズを毎日自動更新していくプログラムをGitで管理しようと思うんです

りこ

なるほど、あたしのスリーサイズを毎日自動更新ってすごいプログラムだ……

りこ

……って、させるかーっ! (蹴




illustration
R

ぎぇーっ! 地球が回っている!

この企画の一覧はこちら

  1. GitHubのアカウントを作成する方法
  2. 【Mac】Gitのダウンロードとインストールの手順
  3. Gitの使い方。バージョン管理する流れを、実際にやってみよう
  4. 【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Git】リモートリポジトリへPushする方法

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

【JavaScript】キャラを決まった間隔ずつ動かす! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回は、キャラクターの画像《がぞう》をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

文字を表示するクラスを作ろう!

【JavaScript】文字を表示するクラスを作ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript講座です。このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。シリーズの一覧はこちらをご覧ください。 さて、ゲーム作成で重要なキ

Android StudioをMacにインストールする方法

Android Studioを使って、Androidアプリ開発を行っていきましょう! 今回は Android Studioをインストールする手順を解説します。 Android Studio

Dockerでよく使うコマンドとオプション、その使い方を徹底解説!

人生に意味は求めない。それよりもDockerのコマンドの意味を理解する方が重要です。@It_is_Rです。 Dockerにはたくさんのコマンドがありますが、まずはよく使うコマンドを覚えていきまし

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

WordPressのテーマを自作してみよう。テーマ開発の方法を徹底解説!

WordPressテーマの自作方法を紹介していきます。 今回はテーマ作成における知識や、ツール、ファイル構成、実際の作り方などを書いていきます。 WordPressのテーマを自作する上

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を読み込む

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です