1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!

【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!

Gitを使うとバージョン管理が簡単になりますが、それ以前に自分の頭の中を管理するのが大変な@It_is_Rです。

Gitの使い方をいくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。
まず今回はGitHubに登録して、アカウントを作る方法の紹介です。

It is R

お久しぶりです、りこ師匠。Gitも扱えるんですね!?


りこ

もちろん使えるわ


It is R

りこ師匠を知らない人は、こちらを見てください

Gitとは

Gitとは、分散型バージョン管理システムと呼ばれるものです。プログラムなどの変更履歴を記録し、それをバージョンとして管理します。
バージョンを保存しておくことで、プログラムを作っている途中バグが発生してしまった場合などに、すぐ前のバージョンに戻すことができます。
またリモートでファイルを共有し、複数人で開発する場合にも使えます。

また、Gitで管理しているデータを、保存しておくWebサービスとしてGitHubがあります。
これは無料版と有料版が用意されています。

りこ

無料版のGitHubでは全部公開されちゃうから気をつけてね


It is R

なんてこったい!

GitHubのアカウントを作る

では、GitHubのアカウントを作っていきましょう。

アカウントの情報を入力

ユーザーネーム(Username)
メールアドレス(Email address)
パスワード(Password)を入力します。
github

入力が終わったら、「Create an account」をクリックします。

プランの入力

次の画面では、プランを選択します。
「Unlimited public repositories for free.」を選択すれば、無料版
「Unlimited private repositories for 7$/month.」を選択すれば、有料版です。

github

「Help me set up an organization next」はチェックせず、
「Send me updates on GitHub news, offers, and events」は、ニュースなどを送って欲しければチェックを入れます。

最後に「Continue」をクリックします。

自分自身について入力

次の画面では、プログラミング経験など、自分自身のことを入力します。

github

「How would you describe your level of programming experience?」では、どれぐらいのプログラミング経験があるかを選択します。

「Very experienced」 : 経験豊富
「Somewhat experienced」 : やや経験あり
「Totally new to programming」 : 全く経験なし

「What do you plan to use GitHub for?」では、どのようにGitHubを利用したいかを選択します。

「Design」 : デザイン
「Research」 : 研究
「Project Management」 : プロジェクトマネジメント
「Development」 : 開発
「School projects」 : 学校の課題
「Other (please specify)」 : その他

「Which is closest to how you would describe yourself?」 : には自分自身に当てはまるものを選択します。

「I’m a professional」 : プロ
「I’m a hobbyist」 : 趣味
「I’m a student」 : 学生
「Other (please specify)」 : その他

「What are you interested in?」には、興味があるものを自由に入力します。

最後に「Submit」をクリックします。

あとは、届いたメールを確認して、そのリンクからGitHubを開きましょう。

まとめ

Gitを使うと、プログラムなどを過去の状態へ簡単に戻すことができるようになります。
また、GitHubに登録し、そこにデータをアップしておけば、別のパソコンからでも簡単にそのデータを取得することができます。

GitHubの無料版はデータが公開されてしまうので、パスワードなどのデータは扱わないようにしましょう。
Gitで扱いたくないファイルを指定する方法もありますが、それはまた後日紹介しようと思います。

そんなわけで、今回はGitHubの登録の仕方でした。

It is R

よーし、アカウント作ったぞ!


りこ

なにかバージョン管理したいものがあるの?


It is R

りこ師匠のスリーサイズを毎日自動更新していくプログラムをGitで管理しようと思うんです


りこ

なるほど、あたしのスリーサイズを毎日自動更新ってすごいプログラムだ……って、させるかーっ! (蹴

illustration

It is R

ぎぇーっ! 地球が回っている!

この企画の一覧はこちら

  1. 【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!
  2. 【Gitの使い方 – その2】GitをMacにインストールする方法!
  3. 【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!
  4. 【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。

サイズは大きいほど、押しがいがあります。@It_is_Rです。 スマホのボタンの話ですよ。何を考えてたんですか? Androidアプリ開発、8回目となりました。 今回はこれまでに学習した T

【webpack 4】npm-scriptsでオリジナルのコマンドを設定する方法

※追記(2018/5/15) 殆ど意味のない例を使っての説明にのちのち後悔し、余分な部分を大幅に削除しました。 畳んだ布団が飼い猫のお気に入りの場所になってます。@It_is_Rです。

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。 今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。 webpack.config.jsとは

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

プログラミングのクラスってなぁに?

小学生からのJavaScript。クラスの概念をしっかりと理解しよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第12弾です。 前回はマップ上をキャラクターが自由に動くことができるようにしました。 今回はES6から使われるようになった「ク

【初心者向け】webpack 4入門。一番簡単で詳しい使い方

風邪をひいてぼんやりしている@It_is_Rです。どちらにしろいつもぼんやりしてますが。 さて、今回はWebpack4について紹介していきたいと思います。 この記事では、jsファイルをビルドす

ファイルを分けるべよ!

小学生からのJavaScript入門。ファイルを分けて管理してみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第5弾です。 前回はりこちゃんを方向キーで操作(そうさ)することができるようになりました。 しかしプログラムを作ってくと、コンピュ

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。 全然どいてくれない。 今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポー

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。