1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Git】リモートリポジトリへPushする方法

【Git】リモートリポジトリへPushする方法

こんにちは、@It_is_Rです。

前回「【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法」では、ブランチを使うことの便利さを学びました。
第五回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、Pushする方法を紹介します。

R

りこ師匠!! プログラムが完成したので、GitHubで共有したいです

りこ

じゃあ、GitHubにリモートリポジトリを作って、そこにPushね

R

GitHubのアカウントを作ってない人は「GitHubのアカウントを作成する方法」を見てね!

目次
  1. Gitの設定をしよう ( git config )
  2. GitHubにログイン
  3. GitHubのリモートリポジトリを作成
  4. ターミナルからリモートリポジトリへPush
  5. まとめ

Gitの設定をしよう ( git config )

Gitの設定をしていきます。
ユーザー名とEメールアドレスの設定をしてみましょう。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力します。

$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email "メールアドレス"

また、設定を確認したい場合は、以下のコマンドを使います。

$ git config -l --global

GitHubにログイン

ではまず、ブラウザからGitHubにログインしましょう。
こちらからGitHubにアクセスしてください。

アクセスしたら、画面右上の「サインイン」をクリックします。

続いて、ユーザ名もしくはメールアドレスと、パスワードを入力します。

「Sign in」をクリックすると、GItHubにログインすることができます。

GitHubのリモートリポジトリを作成

GitHubのリモートリポジトリを作成する方法です。
GitHubにアクセスし、ログインすると、次のような画面になっていると思います。

右上の「 + 」ボタンをクリックすると、次のようなリストが表示されるので、「New repository」をクリックします。

Create a new repositoryという画面が開きますので、情報を入力していきます。

「Repository name」には、リポジトリに付けたい名前を入力します。今回は「test」と入力しました。

また、「Public(公開)」か「Private(非公開)」かを選ぶことができます。今は「Private(非公開)」も無料で使うことができます。

入力が終了したら「Create repository」をクリックします。

ターミナルからリモートリポジトリへPush

GitHubにリポジトリを作ると、次のような画面が表示されます。
ここに、コマンドが書かれていますので、参考にするといいでしょう。

では、ここに書かれたコマンドに従ってPushしていきます。

まず、もしもREADME.mdファイルがない場合は作成し、add, commitしましょう。

$ echo "# test" >> README.md
$ git add README.md
$ git commit -m "test"

そして、先ほど作ったリポジトリにPushします。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザ名/test.git
$ git push -u origin master

すると、ユーザー名とパスワードを訊かれるので、GitHubのユーザー名とパスワードを入力します。

これで、GitHubにPushすることができました。

では、実際に先ほど作ったリモートリポジトリを確認してみましょう。

無事、反映されていますね。

まとめ

今回は、GitHubのページからリポジトリを作成し、そこにコマンドラインからPushする方法を紹介しました。
パスワードなどには注意して、使ってみてください。

R

りこ師匠!! Pushできました!

りこ

お、反映されてるね

R

むむ……こんなありきたりな会話じゃ、この記事を見てくれている人に申し訳ない。どうするべきか……
とりあえず、りこ師匠もPushしておくか……そりゃ!

りこ

ぎゃっ! てめー、どこをPushしとんじゃーっ!! (バックドロップ

バックドロップ
R

ぎぇーっ!! 部屋の中なのに星が綺麗だ!

この企画の一覧はこちら

  1. GitHubのアカウントを作成する方法
  2. 【Mac】Gitのダウンロードとインストールの手順
  3. Gitの使い方。バージョン管理する流れを、実際にやってみよう
  4. 【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Git】リモートリポジトリへPushする方法

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?

小学校でプログラミングを勉強しなくてはいけないことになり、「プログラミングなんてやったことないし、そもそもプログラミングってなんなんだろう」と思う方も多いのではないでしょうか。 といっても、「

Local by Flywheel

Local by Flywheelの使い方。かんたんWordPressローカル環境構築方法

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。 Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。 今回はこれを使って、ローカルに

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

【JavaScript】キャラを決まった間隔ずつ動かす! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのプログラミング入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう! 前回は、キャラクターの画像《がぞう》をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔

パスの書き方を覚えるべ!

パスの書き方を覚えよう。絶対パス、相対パス、ルート相対パスの違い

みなさん、こんにちは。今日もプログラミングの勉強《べんきょう》をはじめていきましょう。 今回は、パスの書き方について学びます。パスというのは、ファイルの場所《ばしょ》を、パソコンに教《おし》え

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です