1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。

さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。

R

りこ師匠!! プログラムが完成したので、GitHubで共有したいです


りこ

じゃあ、GitHubにリモートリポジトリを作って、そこにPushね


R

GitHubのアカウントを作ってない人は「【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!」を見てね!

GitHubのリモートリポジトリを作成

GitHubのリモートリポジトリを作成する方法です。
GitHubにアクセスし、ログインすると、次のような画面になっていると思います。
github

右上の「 + 」ボタンをクリックすると、次のようなリストが表示されるので、「New repository」をクリックします。
github

Create a new repositoryという画面が開きますので、情報を入力していきます。
github

「Repository name」には、リポジトリに付けたい名前を入力します。今回は「test」と入力しました。
「Public(公開)」か「Private(非公開)」かを選ぶことができますが、「Private(非公開)」は有料です。

入力が終了したら「Create repository」をクリックします。

ターミナルからリモートリポジトリへPush

GitHubにリポジトリを作ると、次のような画面が表示されます。
ここに、コマンドが書かれていますので、参考にするといいでしょう。
github

では、ここに書かれたコマンドに従ってPushしていきます。

もしもREADME.mdファイルがない場合は作成し、add, commitしましょう。

$ echo "# test" >> README.md
$ git add README.md
$ git commit -m "test"

そして、先ほど作ったリポジトリにPushします。

$ git remote add origin https://github.com/It-is-R/test.git
$ git push -u origin master

「https://github.com/It-is-R/test.git」の部分は、ユーザー名と、リポジトリ名を入力します。
今回は「test」というリポジトリ名なので、「test.git」となります。

すると、ユーザー名とパスワードを訊かれるので、GitHubのユーザー名とパスワードを入力します。

これで、GitHubにPushすることができました。

では、実際に先ほど作ったリモートリポジトリを確認してみましょう。
github

無事、反映されていますね。

まとめ

今回は、GitHubのページからリポジトリを作成し、そこにコマンドラインからPushする方法を紹介しました。
無料版のGitHubでは、設定を公開にしかできませんので、パスワードなどには注意して使ってみてください。

R

りこ師匠!! Pushできました!


りこ

お、反映されてるね


R

むむ……こんなありきたりな会話じゃ、この記事を見てくれている人に申し訳ない。どうするべきか……
とりあえず、りこ師匠もPushしておくか。。。そりゃ!


りこ

ぎゃっ! てめー、どこをPushしとんじゃーっ!! (バックドロップ

バックドロップ

R

ぎぇーっ!! 部屋の中なのに星が綺麗だ!

この企画の一覧はこちら

  1. 【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!
  2. 【Gitの使い方 – その2】GitをMacにインストールする方法!
  3. 【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!
  4. 【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

WordPress テーマ自作 | functions.php から CSS を読み込む方法。

ふぁ……ふぁ……、ファンクションッ!! あ、どうも@It_is_Rです。 なに笑ってるんですか? WordPress テーマ自作シリーズ第10回目です。 今回は、 functions.php

Homebrew

Homebrewのインストール&使い方。すぐに使える詳しい解説!

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

Swift

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

何だか今日はトイレが近い。@It_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ

Swift

【Xcode7】Swift2使ってみた。playgroundで遊びながら覚える。

最近は押入れの中で寝るのが日課の@It_is_Rです。 押入れは寝心地がいいです。部屋も押入れ分だけ広くなるし。 SwiftはAppleが出しているプログラミング言語です。Swiftを使うこと

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を

【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。

サイズは大きいほど、押しがいがあります。@It_is_Rです。 スマホのボタンの話ですよ。何を考えてたんですか? Androidアプリ開発、8回目となりました。 今回はこれまでに学習した T

zsh

enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

曲を作っても、再生数が伸びない。@It_is_Rです。 やかましいわ。 ターミナルをカッコよくするシリーズ4回目です。 今回は enhancd というプラグインを使って cd コマンドを便利

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。