1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。

さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。

R

R

りこ師匠!! プログラムが完成したので、GitHubで共有したいです


りこ

りこ

じゃあ、GitHubにリモートリポジトリを作って、そこにPushね


R

R

GitHubのアカウントを作ってない人は「【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!」を見てね!

目次
  1. GitHubのリモートリポジトリを作成
  2. ターミナルからリモートリポジトリへPush
  3. まとめ

GitHubのリモートリポジトリを作成

GitHubのリモートリポジトリを作成する方法です。
GitHubにアクセスし、ログインすると、次のような画面になっていると思います。
github

右上の「 + 」ボタンをクリックすると、次のようなリストが表示されるので、「New repository」をクリックします。
github

Create a new repositoryという画面が開きますので、情報を入力していきます。
github

「Repository name」には、リポジトリに付けたい名前を入力します。今回は「test」と入力しました。
「Public(公開)」か「Private(非公開)」かを選ぶことができますが、「Private(非公開)」は有料です。

入力が終了したら「Create repository」をクリックします。

ターミナルからリモートリポジトリへPush

GitHubにリポジトリを作ると、次のような画面が表示されます。
ここに、コマンドが書かれていますので、参考にするといいでしょう。
github

では、ここに書かれたコマンドに従ってPushしていきます。

もしもREADME.mdファイルがない場合は作成し、add, commitしましょう。

$ echo "# test" >> README.md
$ git add README.md
$ git commit -m "test"

そして、先ほど作ったリポジトリにPushします。

$ git remote add origin https://github.com/It-is-R/test.git
$ git push -u origin master

「https://github.com/It-is-R/test.git」の部分は、ユーザー名と、リポジトリ名を入力します。
今回は「test」というリポジトリ名なので、「test.git」となります。

すると、ユーザー名とパスワードを訊かれるので、GitHubのユーザー名とパスワードを入力します。

これで、GitHubにPushすることができました。

では、実際に先ほど作ったリモートリポジトリを確認してみましょう。
github

無事、反映されていますね。

まとめ

今回は、GitHubのページからリポジトリを作成し、そこにコマンドラインからPushする方法を紹介しました。
無料版のGitHubでは、設定を公開にしかできませんので、パスワードなどには注意して使ってみてください。

R

R

りこ師匠!! Pushできました!


りこ

りこ

お、反映されてるね


R

R

むむ……こんなありきたりな会話じゃ、この記事を見てくれている人に申し訳ない。どうするべきか……
とりあえず、りこ師匠もPushしておくか。。。そりゃ!


りこ

りこ

ぎゃっ! てめー、どこをPushしとんじゃーっ!! (バックドロップ

バックドロップ

R

R

ぎぇーっ!! 部屋の中なのに星が綺麗だ!

この企画の一覧はこちら

  1. 【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!
  2. 【Gitの使い方 – その2】GitをMacにインストールする方法!
  3. 【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!
  4. 【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、11回目となりました。 そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。 そこ

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。背景を変更する。

三度の飯よりも好きなものが多すぎて比較にならない@It_is_Rです。 FC2ブログ"最強"カスタマイズ入門講座の続きですね。最強にカスタマイズしていきましょう。 今回は背景色の変更をメインに

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。 今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。 webpack.config.jsとは

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

カスタムロゴの使い方。 WordPress サイトのタイトルを画像に変更!

笑いたい時に笑えず、笑っちゃいけない時に笑えてくる@It_is_Rです。 今回はカスタムロゴの使い方を紹介したいと思います。 このシリーズの前回の記事はこちらです。 【 WordPres

キャラクター

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、ブラウザ上でのアニメーションはJavaScriptが多く使われるように

Scratchでピアノを 作ってみよう!

小学生から始めるScratch入門。ピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回はじゃんけんゲームを作りました。 今回はピアノの鍵盤を作って、音を鳴らしてみましょう。 プロローグ [serif icon="ar

オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門。オブジェクトを使ってみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第6弾です。 前回の講座(こうざ)では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理(かんり)する方法を紹介しました。 今回

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キャラを決まった間隔ずつ動かす!

小学生からのプログラミング入門講座(にゅうもんこうざ)、第8弾です。 前回は、キャラクターの画像(がぞう)をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔(かんかく)を短く

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。