1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。

さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。

R

R

りこ師匠!! プログラムが完成したので、GitHubで共有したいです


りこ

りこ

じゃあ、GitHubにリモートリポジトリを作って、そこにPushね


R

R

GitHubのアカウントを作ってない人は「【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!」を見てね!

目次
  1. GitHubのリモートリポジトリを作成
  2. ターミナルからリモートリポジトリへPush
  3. まとめ

GitHubのリモートリポジトリを作成

GitHubのリモートリポジトリを作成する方法です。
GitHubにアクセスし、ログインすると、次のような画面になっていると思います。
github

右上の「 + 」ボタンをクリックすると、次のようなリストが表示されるので、「New repository」をクリックします。
github

Create a new repositoryという画面が開きますので、情報を入力していきます。
github

「Repository name」には、リポジトリに付けたい名前を入力します。今回は「test」と入力しました。
「Public(公開)」か「Private(非公開)」かを選ぶことができますが、「Private(非公開)」は有料です。

入力が終了したら「Create repository」をクリックします。

ターミナルからリモートリポジトリへPush

GitHubにリポジトリを作ると、次のような画面が表示されます。
ここに、コマンドが書かれていますので、参考にするといいでしょう。
github

では、ここに書かれたコマンドに従ってPushしていきます。

もしもREADME.mdファイルがない場合は作成し、add, commitしましょう。

$ echo "# test" >> README.md
$ git add README.md
$ git commit -m "test"

そして、先ほど作ったリポジトリにPushします。

$ git remote add origin https://github.com/It-is-R/test.git
$ git push -u origin master

「https://github.com/It-is-R/test.git」の部分は、ユーザー名と、リポジトリ名を入力します。
今回は「test」というリポジトリ名なので、「test.git」となります。

すると、ユーザー名とパスワードを訊かれるので、GitHubのユーザー名とパスワードを入力します。

これで、GitHubにPushすることができました。

では、実際に先ほど作ったリモートリポジトリを確認してみましょう。
github

無事、反映されていますね。

まとめ

今回は、GitHubのページからリポジトリを作成し、そこにコマンドラインからPushする方法を紹介しました。
無料版のGitHubでは、設定を公開にしかできませんので、パスワードなどには注意して使ってみてください。

R

R

りこ師匠!! Pushできました!


りこ

りこ

お、反映されてるね


R

R

むむ……こんなありきたりな会話じゃ、この記事を見てくれている人に申し訳ない。どうするべきか……
とりあえず、りこ師匠もPushしておくか。。。そりゃ!


りこ

りこ

ぎゃっ! てめー、どこをPushしとんじゃーっ!! (バックドロップ

バックドロップ

R

R

ぎぇーっ!! 部屋の中なのに星が綺麗だ!

この企画の一覧はこちら

  1. 【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!
  2. 【Gitの使い方 – その2】GitをMacにインストールする方法!
  3. 【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!
  4. 【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

zsh

enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

曲を作っても、再生数が伸びない。@It_is_Rです。 やかましいわ。 ターミナルをカッコよくするシリーズ4回目です。 今回は enhancd というプラグインを使って cd コマンドを便利

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

キー入力で文字を切り替えるべ

JavaScript|ノベルゲーム風にキー入力で文字を切り替える方法!

小学生からのJavaScript講座です。 前回、文字を一文字づつ表示させる方法と改行の方法を紹介しました。 今回はこのプログラムに、キー入力によって文字を切り替えられる機能をつけてみましょう

wordpress

WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPressみたいに私自身の人生もカスタムできたらいいのに。@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズは、公開しているサイトだけではありません。 管理画面をカスタマイズする

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ

【Gitの使い方 – その1】GitHubのアカウントを取得する方法!

Gitを使うとバージョン管理が簡単になりますが、それ以前に自分の頭の中を管理するのが大変な@It_is_Rです。 Gitの使い方をいくつかの記事に分けて紹介していきたいと思います。 まず今回は

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法

エビの殻や、ポテチ、煮干しなどを食べると、必ずと言っていいほど口が血だらけになります。@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方4回目の今回は、ブランチについてです。 ブランチは作業を枝分か

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。