1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Git
  6. »
  7. 【Git】リモートリポジトリへPushする方法

【Git】リモートリポジトリへPushする方法

こんにちは、@It_is_Rです。

前回「【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法」では、ブランチを使うことの便利さを学びました。
第五回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、Pushする方法を紹介します。

R

R

りこ師匠!! プログラムが完成したので、GitHubで共有したいです

りこ

りこ

じゃあ、GitHubにリモートリポジトリを作って、そこにPushね

R

R

GitHubのアカウントを作ってない人は「GitHubのアカウントを作成する方法」を見てね!

目次
  1. Gitの設定をしよう ( git config )
  2. GitHubにログイン
  3. GitHubのリモートリポジトリを作成
  4. ターミナルからリモートリポジトリへPush
  5. まとめ

Gitの設定をしよう ( git config )

Gitの設定をしていきます。
ユーザー名とEメールアドレスの設定をしてみましょう。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力します。

$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email "メールアドレス"

また、設定を確認したい場合は、以下のコマンドを使います。

$ git config -l --global

GitHubにログイン

ではまず、ブラウザからGitHubにログインしましょう。
こちらからGitHubにアクセスしてください。

アクセスしたら、画面右上の「サインイン」をクリックします。

続いて、ユーザ名もしくはメールアドレスと、パスワードを入力します。

「Sign in」をクリックすると、GItHubにログインすることができます。

GitHubのリモートリポジトリを作成

GitHubのリモートリポジトリを作成する方法です。
GitHubにアクセスし、ログインすると、次のような画面になっていると思います。

右上の「 + 」ボタンをクリックすると、次のようなリストが表示されるので、「New repository」をクリックします。

Create a new repositoryという画面が開きますので、情報を入力していきます。

「Repository name」には、リポジトリに付けたい名前を入力します。今回は「test」と入力しました。

また、「Public(公開)」か「Private(非公開)」かを選ぶことができます。今は「Private(非公開)」も無料で使うことができます。

入力が終了したら「Create repository」をクリックします。

ターミナルからリモートリポジトリへPush

GitHubにリポジトリを作ると、次のような画面が表示されます。
ここに、コマンドが書かれていますので、参考にするといいでしょう。

では、ここに書かれたコマンドに従ってPushしていきます。

まず、もしもREADME.mdファイルがない場合は作成し、add, commitしましょう。

$ echo "# test" >> README.md
$ git add README.md
$ git commit -m "test"

そして、先ほど作ったリポジトリにPushします。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザ名/test.git
$ git push -u origin master

すると、ユーザー名とパスワードを訊かれるので、GitHubのユーザー名とパスワードを入力します。

これで、GitHubにPushすることができました。

では、実際に先ほど作ったリモートリポジトリを確認してみましょう。

無事、反映されていますね。

まとめ

今回は、GitHubのページからリポジトリを作成し、そこにコマンドラインからPushする方法を紹介しました。
無料版のGitHubでは、設定を公開にしかできませんので、パスワードなどには注意して使ってみてください。

R

R

りこ師匠!! Pushできました!

りこ

りこ

お、反映されてるね

R

R

むむ……こんなありきたりな会話じゃ、この記事を見てくれている人に申し訳ない。どうするべきか……
とりあえず、りこ師匠もPushしておくか。。。そりゃ!

りこ

りこ

ぎゃっ! てめー、どこをPushしとんじゃーっ!! (バックドロップ

バックドロップ

R

R

ぎぇーっ!! 部屋の中なのに星が綺麗だ!

この企画の一覧はこちら

  1. GitHubのアカウントを作成する方法
  2. 【Mac】Gitのダウンロードとインストールの手順
  3. Gitの使い方。バージョン管理する流れを、実際にやってみよう
  4. 【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法
  5. 【Git】リモートリポジトリへPushする方法

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。今回は

scratch

Scratchの使い方と、ゲーム作りの基礎知識を学ぼう! 小学生からのプログラミング入門

さて、今回もプログラミングの勉強(べんきょう)をはじめていきましょう!前回の「小学生からのプログラミング入門。プログラミングってなぁに?」では、プログラミングっていうのが、どういうものなのかを学びま

小学校プログラミング必修化。どんなことを学べばいいの?

2020年からのプログラミング必修化において、お子さんのいる方は、「いったいどんなことを学べばいいんだろう?」、「プログラミングなんてまったく分からないのに、どうやって教えてあげればいいんだろう……

リセットCSS は何を使う? おすすめ8選(コピペも可能!)

Web開発でブラウザごとの表示の違いをリセットしてくれる リセットCSS というものがあります。 しかし、何を使っていいのかと感じている人もいると思います。 今回はこの リセットCSS につい

【Git】ブランチを使って履歴を分岐させる方法

こんにちは、@It_is_Rです。 前回「Gitの使い方。バージョン管理する流れを、実際にやってみよう」では、 実際にGitを使ってバージョン管理する流れを学びました。 さて、4回目の今

Scratchでピアノを 作ってみよう!

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

今回も、小学生からのScratch《スクラッチ》入門、はじめていきます。 前回、「Scratchでシューティングゲームを作ろう! 小学生からのプログラミング入門」では、Scratchを使ってシ

画像を動かすよ!

JavaScriptで画像を移動してみよう! 小学生からのプログラミング入門

みなさんこんにちは。今回も、プログラミングの勉強《べんきょう》をはじめていきましょう! 前回、「JavaScriptで画像を表示してみよう! 小学生からのプログラミング入門」では、JavaSc

【CSS設計】ボタンを作って覚える。機能ごとに分けて作る重要性。

手が回らない、頭が回らない、口が回らない。@It_is_Rです。 CSSはある程度大雑把に書いても動かすことができます。しかし、CSSを覚える上で一番難しい部分と言えばCSS設計でしょう。 パ

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

Pug

PugでPHPが使える! gulpfile.jsをちょっと工夫するだけだよ

HTMLを書くときPugを使うととても便利なのですが、PHPを書きたいと思ったときは少し工夫が必要になります。 PugでPHPを書くためのプラグインを使う方法もありますが、使うプラグインが増えれば増

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です