1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. 実行方法
  6. »
  7. MacでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

MacでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

Macマックで、Pythonパイソンファイル(.py)に書かれたプログラムを、実行じっこうする方法ほうほう紹介しょうかいします。

今回こんかい、プログラムを実行するために、ターミナルを使つかいます。
あらかじめ、ひらいておきましょう。

今回は、デスクトップの「python」というフォルダにある、「test.py」ファイルに書かれたプログラムを実行するものとして、解説かいせつしていきます。

また、test.pyの中は、次のようになっています。

print('こんにちは!')

print()は、「文字列(など)を出力して!」というおねがいです。
今回であれば、「こんにちは!」と出力されます。

目次
  1. Pythonファイルのあるディレクトリ(フォルダ)に移動しよう!
  2. Pythonファイルに書かれたプログラムを実行する方法

Pythonファイルのあるディレクトリ(フォルダ)に移動しよう!

ターミナルをひらいたら、実行じっこうしたいPythonパイソンファイルがあるディレクトリフォルダ)に移動いどうする必要ひつようがあります。

では、cdコマンド使つかって、pythonフォルダに移動しましょう。
cd と入力した後ろに、移動したいディレクトリフォルダ)までのパスを入力し、returnします。

Pythonファイルに書かれたプログラムを実行する方法

MacマックPythonパイソンファイル(.py)に書かれたプログラムを実行じっこうするには、pythonというコマンド使つかいます。
まず、コマンドラインにpython入力ゆうりょくし、後ろに半角はんかくスペースを入力します。

この後ろに、実行したいPythonファイル名を入力します。
このとき、tabすことで、そのディレクトリ(フォルダ)にあるファイル名が、自動的じどうてきに入力されます。
ファイルがいくつもある場合ばあいtab何度なんども押すことで、ファイル名がわります)

実行したいPythonファイル名が入力された状態じょうたいで、returnを押します。
これで、「こんにちは!」と表示ひょうじされれば成功せいこうです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

クラスを使ってみよう!

Python(パイソン)プログラミングにおける、クラスの使(つか)い方(かた)を学(まな)んでいきましょう。少々(しょうしょう)むずかしい言葉(ことば)が出(で)てきますが、分(わ)かりやすくご説明

実行方法

Python《パイソン》で作ったプログラムの、実行方法《じっこうほうほう》です。プログラミングにおいて「実行」というのは、作ったプログラムを実際《じっさい》に動《うご》かすことをいいます。

print()関数でデータを出力する詳しい方法

Python(パイソン)プログラミングにおいての、print関数(かんすう)の使(つか)い方(かた)を学(まな)びましょう。 print関数とは print()は、データを出力(

データ型

データには「型《かた》」というものがあります。今回《こんかい》はデータ型について学《まな》んでいきましょう。 型ってなんだろう? データにはいろんなものがあります。数値《すうち》

breakを使って、繰り返しから抜け出す

Python《パイソン》プログラミングにおいての、breakの使《つか》い方《かた》を学《まな》んでいきましょう。 breakを使ってみよう! breakは、「while」や「f

インストール

Windows《ウィンドウズ》やMac《マック》に、Python《パイソン》をインストールする方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。以下《いか》のリンクから、ご自身《じしん》の環境《かんきょう

コマンドラインを使ってみよう

Python《パイソン》プログラミングでは、コマンドを使ってWindows PC《ウィンドウズ ピーシー》やMac《マック》を操作《そうさ》することがあります。 「コマンド」というのは、コンピ

クラス

Pythonプログラミングにおける、クラスについて学んでいきましょう。 クラスを使ってみよう!

「for 〜 in」とrangeを使って、指定した回数の繰り返しをしてみよう!

Python《パイソン》プログラミングにおいての、繰《く》り返《かえ》しの方法《ほうほう》です。今回《こんかい》は、「for 〜 in」と「range」を使って、繰り返したい回数《かいすう》だけ、繰

関数

Pythonプログラミングにおける、関数の使い方を学んでいきましょう。 関数の基本引数を使って、関数に値を渡してみよう!returnを使って、関数から値を返してみよう!(戻り値)

オリジナルゲーム.com