1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. 演算(計算)
  6. »
  7. 算術演算子

算術演算子

Pythonパイソンプログラミングにおいての、算術演算子さんじゅつえんざんしについて、まなんでいきましょう。

目次
  1. 算術演算子とは
  2. 算術演算子の優先順位

算術演算子とは

算術演算子さんじゅつえんざんしは、四則演算しそくえんざんおこなうときに使つかう、記号きごうのことです。
四則演算しそくえんざんというのは、ざんき算、け算、り算、の4つの計算けいさんのことをいいます。

つまり、算術演算子というのは、「+-*/」や、「**//%」といった記号のことをいいます。

また、四則演算の方法ほうほうについては、「演算(四則演算)について」をごらんください。

算術演算子の優先順位

算数さんすう数学すうがくで、ざんき算よりも、け算やり算のほうをさきおこなう、というのをまなんだと思います。
Pythonパイソンでも、おなじように計算けいさんされます。

answer = 3 + 2 * 5
print(answer)

実行結果じっこうけっか

13

うえれいでは、2 * 5が先に計算され、そのあとに3が足されるので、こたえは13になります。
つまり、2 * 5のほうが、3 + 2よりも優先ゆうせんされる、ということです。

上のソースコードでも結果けっかただしくなりますが、このような優先順位ゆうせんじゅんいちがう計算をわせたものをくときは、優先順位の高い演算子えんざんしの、左右のスペースをなくすと、分かりやすくなります。

answer = 3 + 2*5
print(answer)

また、掛け算や割り算よりも、あえて先に足し算や引き算をしたいときは、()を使います。

answer = (3+2) * 5
print(answer)

実行結果

25

この場合ばあいは、()の中が優先されるので、()の中のスペースはなくしたほうが分かりやすくなります。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

if文を使って条件分岐してみよう

Python《パイソン》プログラミングにおいての、if文の使《つか》い方《かた》を学《まな》んでいきましょう。 if文の使い方 Python《パイソン》プログラミングにおける条件

よく使う演算子の一覧

演算《えんざん》をするときは、「演算子《えんざんし》」というものを使《つか》います。今回は、演算子とはなんなのか、どういったものがあるのか、について、学んでいきましょう。 演算子につい

条件分岐について

Python《パイソン》プログラミングにおいての、条件分岐《じょうけんぶんき》について学《まな》んでいきましょう。 条件分岐とは 条件分岐《じょうけんぶんき》は、「こうだったら、

MacでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

Mac《マック》で、Python《パイソン》ファイル(.py)に書かれたプログラムを、実行《じっこう》する方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。 今回《こんかい》、プログラムを実行するた

繰り返し

Pythonプログラミングにおける、繰り返しについて学んでいきましょう。 while文を使って、繰り返しをしてみよう!「for 〜 in」を使って、繰り返しをしてみよう!「for 〜 in」と

関数の基本

Python《パイソン》プログラミングにおける、関数《かんすう》の基本《きほん》についてを学《まな》びましょう。 関数とは? コーヒーを飲《の》みたいとき、まずコーヒーを淹《い》

変数・定数の基本

Python《パイソン》においての、変数《へんすう》と定数《ていすう》の基本《きほん》を学《まな》んでいきましょう。 変数・定数とは まず、「変数《へんすう》」は、数値《すうち》

インストール

Windows《ウィンドウズ》やMac《マック》に、Python《パイソン》をインストールする方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。以下《いか》のリンクから、ご自身《じしん》の環境《かんきょう

abs()関数で、絶対値を取得してみよう!

Python(パイソン)プログラミングにおいて、abs関数(かんすう)で絶対値(ぜったいち)を取得(しゅとく)する方法(ほうほう)を学(まな)びます。 abs関数とは abs()

変数・定数

Python《パイソン》における、変数《へんすう》と定数《ていすう》について学《まな》んでいきましょう。 変数・定数の基本変数の型について変数名のつけ方

オリジナルゲーム.com