1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. 演算(計算)
  6. »
  7. 演算(四則演算)について

演算(四則演算)について

Pythonパイソンにおいての、四則演算しそくえんざんについてまなんでいきましょう。

目次
  1. 四則演算とは
  2. 四則演算をしてみよう!
  3. もっと細かい四則演算

四則演算とは

まず、四則演算しそくえんざんくと、なんだかよく分からないなぁ、と思ってしまうかもしれません。

しかし、ぜんぜんむずかしいものではなく、ざんき算、け算、り算、の4つの計算けいさんのことを、四則演算といいます。

四則演算をしてみよう!

では、実際じっさい四則演算しそくえんざんおこなってみましょう。

足し算(加算)

まずは、ざんおこなってみます。
足し算をするには、+使つかいます。

answer = 6 + 3
print(answer)

実行結果じっこうけっか

9

引き算(減算)

つづいて、き算を行なってみます。
引き算をするには、-を使います。

answer = 10 - 2
print(answer)

実行結果

8

掛け算(乗算)

こんどは、け算をしてみましょう。
掛け算では、*を使います。×ではないので注意ちゅういです。

answer = 3 * 2
print(answer)

実行結果

6

割り算(除算)

最後さいごに、り算をしてみます。
割り算では、/を使います。÷ではないので注意です。

answer = 14 / 2
print(answer)

実行結果

7.0

この割り算の方法ほうほうでは、整数同士せいすうどうしの計算でも、こたえが小数しょうすうになります。

もっと細かい四則演算

つづいて、四則演算しそくえんざんについて、もっとこまかいところをていきましょう。

割り算の、小数点以下を切り捨て

さきほど紹介しょうかいしたざんでは、整数せいすうと整数の割り算でも、小数しょうすうこたえがていました。
答えを整数にしたいときは、小数点以下をてる、//使つかいましょう。

answer = 14 // 2
print(answer)

実行結果じっこうけっか

7

また、小数と小数の割り算では、小数点以下は切り捨てられますが、答えは小数になります。

answer = 13.0 // 8.0
print(answer)

実行結果

1.0

割り算の余り

割り算をしたときのあまりをあらわすには、%を使います。

answer = 13 % 8
print(answer)

実行結果

5

小数を含めた計算

+-*、といったものは、整数と整数の計算けいさんでは、答えも整数になります。
しかし、そこに小数がふくまれるときは、たとえ答えが小数を使わずにあわらせるものであっても、答えは小数になります。

answer = 1.0 + 2
answer2 = 2.0 - 1
answer3 = 3.0 * 4
print(answer)
print(answer2)
print(answer3)

実行結果

3.0
1.0
12.0

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WindowsでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

Windows《ウィンドウズ》で、Python《パイソン》ファイル(.py)に書かれたプログラムを、実行《じっこう》する方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。 今回《こんかい》、プログラ

print()関数でデータを出力する詳しい方法

Python(パイソン)プログラミングにおいての、print関数(かんすう)の使(つか)い方(かた)を学(まな)びましょう。 print関数とは print()は、データを出力(

Pythonプログラミングをはじめるには?

プログラミングは、コンピュータに対して、ああしてほしい、こうしてほしい、というお願《ねが》いを、文章《ぶんしょう》にすることです。しかし、コンピュータは、普段《ふだん》私《わたし》たちが使《つか》う

breakを使って、繰り返しから抜け出す

Python《パイソン》プログラミングにおいての、breakの使《つか》い方《かた》を学《まな》んでいきましょう。 breakを使ってみよう! breakは、「while」や「f

コメント・コメントアウト

Python《パイソン》には、書《か》いた文字《もじ》がプログラムに反映《はんえい》されない、「コメント」という機能《きのう》があります。今回《こんかい》は、コメント、コメントアウトについて、紹介《

繰り返し

Pythonプログラミングにおける、繰り返しについて学んでいきましょう。 while文を使って、繰り返しをしてみよう!「for 〜 in」を使って、繰り返しをしてみよう!「for 〜 in」と

クラスを使ってみよう!

Python(パイソン)プログラミングにおける、クラスの使(つか)い方(かた)を学(まな)んでいきましょう。少々(しょうしょう)むずかしい言葉(ことば)が出(で)てきますが、分(わ)かりやすくご説明

「for 〜 in」とrangeを使って、指定した回数の繰り返しをしてみよう!

Python《パイソン》プログラミングにおいての、繰《く》り返《かえ》しの方法《ほうほう》です。今回《こんかい》は、「for 〜 in」と「range」を使って、繰り返したい回数《かいすう》だけ、繰

コマンドラインを使ってみよう

Python《パイソン》プログラミングでは、コマンドを使ってWindows PC《ウィンドウズ ピーシー》やMac《マック》を操作《そうさ》することがあります。 「コマンド」というのは、コンピ

MacでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

Mac《マック》で、Python《パイソン》ファイル(.py)に書かれたプログラムを、実行《じっこう》する方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。 今回《こんかい》、プログラムを実行するた

オリジナルゲーム.com