1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. 演算(計算)
  6. »
  7. 代入演算子、累算代入演算子

代入演算子、累算代入演算子

代入演算子だいにゅうえんざんしは、変数へんすうあたいを代入するときに使つか記号きごうです。
今回は、代入演算子についてまなんでいきます。

目次
  1. 代入演算子
  2. 累算代入演算子(複合代入演算子)

代入演算子

代入だいにゅう」というのは、変数へんすうにデータをおぼえておいてもらうこと、というふうに「変数・定数の基本」のところでも紹介しょうかいしました。

このとき、「=」という記号きごう使つかいました。

たとえば、変数へんすうbest_score」に、「2000」という数値すうちを代入するには、つぎのようにします。

best_score = 2000

この「=」が「代入演算子だいにゅうえんざんし」です。

累算代入演算子(複合代入演算子)

あるあたいしたあと、その値を代入だいにゅう、というような、ふたつの機能きのうったものを、「累算代入演算子るいさんだいにゅうえんざんし複合代入演算子ふくごうだいにゅうえんざんし)」といいます。

言葉ことばだけではかりにくいので、具体例ぐたいれいで見ていきましょう。

たとえば、このようなソースコードがあったとします。

score = 1000
score = score + 200
print(score)

実行結果じっこうけか

1200

上のソースコードの2行目をごらんください。
1000が代入されたscoreという変数へんすうに、さらに200を足したものを、ふたたscoreに代入しています。

この2行目のコードですが、累算代入演算子を使うと、もっとみじかくすることができます。

score = 1000
score += 200
print(score)

実行結果

1200

この「+=」というのが、累算代入演算子です。

累算代入演算子にも、いろんなものがあります。
こちらは、累算代入演算子の一覧いちらんです。

演算子説明
+=右側の値を足し算したものを代入
-=右側の値を引き算したものを代入
*=右側の値を掛け算したものを代入
/=右側の値で割り算したものを代入
//=右側の値で割り算し、小数点以下しょうすうてんいかてたものを代入
%=右側の値で割り算し、そのあまりを代入

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

データ型

データには「型《かた》」というものがあります。今回《こんかい》はデータ型について学《まな》んでいきましょう。 型ってなんだろう? データにはいろんなものがあります。数値《すうち》

MacにPythonをインストール(Homebrewとpyenvを使う方法)

Homebrew《ホームブルー》を使《つか》って、Mac《マック》にPython《パイソン》をインストールする方法《ほうほう》です。 MacにPythonをインストールするには、Homebre

while文を使って、繰り返しをしてみよう!

今回《こんかい》は、while文について、学《まな》んでいきましょう。 while文を使ってみよう! たとえばコンピュータさんに、1〜5までの数字《すうじ》を表示《ひょうじ》して

print()関数でデータを出力する詳しい方法

Python(パイソン)プログラミングにおいての、print関数(かんすう)の使(つか)い方(かた)を学(まな)びましょう。 print関数とは print()は、データを出力(

論理演算子

Python《パイソン》プログラミングにおける、論理演算子《ろんりえんざんし》について、学んでいきましょう。 論理演算子とは 論理演算子《ろんりえんざんし》は、条件《じょうけん》

変数・定数の基本

Python《パイソン》においての、変数《へんすう》と定数《ていすう》の基本《きほん》を学《まな》んでいきましょう。 変数・定数とは まず、「変数《へんすう》」は、数値《すうち》

クラス

Pythonプログラミングにおける、クラスについて学んでいきましょう。 クラスを使ってみよう!

【Mac】ターミナルを使ってみよう

統合開発環境《とうごうかいはつかんきょう》やWeb《ウェブ》サービスを使わずにPythonプログラミングをするとき、Mac《マック》では「ターミナル」というものを使《つか》う必要《ひつよう》がありま

クラスを使ってみよう!

Python(パイソン)プログラミングにおける、クラスの使(つか)い方(かた)を学(まな)んでいきましょう。少々(しょうしょう)むずかしい言葉(ことば)が出(で)てきますが、分(わ)かりやすくご説明

変数・定数

Python《パイソン》における、変数《へんすう》と定数《ていすう》について学《まな》んでいきましょう。 変数・定数の基本変数の型について変数名のつけ方

オリジナルゲーム.com