1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. 変数・定数
  6. »
  7. 変数の型について

変数の型について

データにはかたというものがある、ということを、「データ型」の項目こうもく紹介しょうかいしました。
変数へんすうにデータをおぼえておいてもらうとき、このデータかたを、(少しは)意識いしきする必要ひつようがあります。

今回は、変数の型について、まなんでいきましょう。

目次
  1. Pythonにおける変数の型について
  2. 変数の型を意識したいところ

Pythonにおける変数の型について

Pythonパイソンでないプログラミング言語げんご場合ばあいだと、最初さいしょ変数へんすうかためてしまわなくてはいけないものもあります。

しかしPythonでは、変数にデータをおぼえておいてもらったときや、変更へんこうされたときなどに、自動的じどうてきかたまりますので、変数の型をあまり意識いしきすることなく、プログラミングを行なうことができます。

number = 123  #int型(数値)
string = 'abc'  #str型(文字列

ただ、まったく意識していないと、エラーが発生はっせいしてしまったりするので、注意ちゅうい必要ひつようです。

また、おな変数でも、あとからべつの型のデータを覚えなおしてもらったときは、型がわります。
たとえば、変数aに「123」を覚えてもらったときaはint型になりますが、そのあとに「'123'」を覚え直してもらったときは、str型になります。

a = 123  #int型(数値)
a = '123'  #str型(文字列

変数の型を意識したいところ

Pythonパイソンでは、変数へんすうかたをそれほど意識いしきしなくてもプログラミングができるのですが、まったく意識していないと、それが原因げんいんでバグが発生はっせいしてしまうことがあります。

では、どういったところで、変数の型を意識すればいいのでしょうか。

1番多くであう意識したいところは、変数を使った計算けいさん演算えんざん)のときだと思います。
演算については、もう少し先でなまぼうと思っているのですが、ここでちょっとだけ紹介しょうかいします。

たとえば、int型のデータを代入した変数と、str型のデータを代入した変数を、ざんしてしまうと、エラーになります。(足し算は、3行目のprint()のなかでおこなっています)

number = 111
string = '222'
print(number + string)

実行結果じっこうけっか(エラー)

TypeError: unsupported operand type(s) for +: 'int' and 'str'

上のれいは、数値すうち文字列もじれつそうとしたためにおきたエラーです。

また、型がちがうことで、不思議ふしぎなことがおきてしまう場合があります。
たとえば、こんなふうにしてみたらどうでしょうか。

number = 111
is_cat = True
print(number + is_cat)

実行結果

112

上の例は、int型にbool型を足してみたものです。
111Trueを足すって、意味いみかりません。
しかし、おどろくことに、「112」という結果けっかになりました。

「はい」をあらわすはずのTrueですが、じつは1とおなじ意味をっています。
また、「いいえ」を表すFalseは、実は0と同じ意味を持っています。

なんだか分からなくなってしまいそうですが、これをちゃんと理解りかいしていると、のちのちプログラミングをしていく上で便利べんりに使うことができるようになります。
しかし、これを知らないと、この不思議な動きに戸惑とまどってしまったり、バグが発生してしまったりすることも考えられます。

こういった、型の違いによっておこってしまうミスは、変数の名前をしっかりと考えることでふせぐことができます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Pythonプログラミングをはじめるには?

プログラミングは、コンピュータに対して、ああしてほしい、こうしてほしい、というお願《ねが》いを、文章《ぶんしょう》にすることです。しかし、コンピュータは、普段《ふだん》私《わたし》たちが使《つか》う

関数

Pythonプログラミングにおける、関数の使い方を学んでいきましょう。 関数の基本引数を使って、関数に値を渡してみよう!returnを使って、関数から値を返してみよう!(戻り値)

演算(計算)

演算《えんざん》というのは、計算《けいさん》のようなもの、と考《かんが》えれば分《わ》かりやすいと思います。Python《パイソン》における、演算の方法《ほうほう》を学《まな》んでいきましょう。

【Mac】ターミナルを使ってみよう

統合開発環境《とうごうかいはつかんきょう》やWeb《ウェブ》サービスを使わずにPythonプログラミングをするとき、Mac《マック》では「ターミナル」というものを使《つか》う必要《ひつよう》がありま

MacでのPython実行方法。ファイルのプログラムの実行してみよう

Mac《マック》で、Python《パイソン》ファイル(.py)に書かれたプログラムを、実行《じっこう》する方法《ほうほう》を紹介《しょうかい》します。 今回《こんかい》、プログラムを実行するた

変数名のつけ方

変数《へんすう》にデータを覚《おぼ》えておいてもらうためには、その変数に名前《なまえ》をつけてあげなくてはいけません。 今回は、変数名《へんすうめい》のつけ方について、紹介《しょうかい》してい

算術演算子

Python《パイソン》プログラミングにおいての、算術演算子《さんじゅつえんざんし》について、学《まな》んでいきましょう。 算術演算子とは 算術演算子《さんじゅつえんざんし》は、

【Windows】コマンドプロンプトを使ってみよう

統合開発環境《とうごうかいはつかんきょう》やWeb《ウェブ》サービスを使《つか》わずに、Windows《ウィンドウズ》でPython《パイソン》プログラミングを行《おこ》なうには、「コマンド」を使う

returnを使って、関数から値を返してみよう!(戻り値)

Python《パイソン》プログラミングにおける関数《かんすう》の使《つか》い方《かた》として、戻《もど》り値《ち》について学《まな》んでいきましょう。 戻り値とは コーヒーメーカ

引数を使って、関数に値を渡してみよう!

Python《パイソン》プログラミングにおいての関数《かんすう》の使《つか》い方《かた》として、引数《ひきすう》を使《つか》って関数《かんすう》に値《あたい》を渡《わた》す方法《ほうほう》を学《まな

オリジナルゲーム.com