1. HOME
  2. »
  3. Python入門
  4. »
  5. コマンドラインを使ってみよう
  6. »
  7. 【Windows】コマンドプロンプトを使ってみよう

【Windows】コマンドプロンプトを使ってみよう

統合開発環境とうごうかいはつかんきょうWebウェブサービスを使つかわずに、WindowsウィンドウズPythonパイソンプログラミングおこなうには、「コマンド」を使う必要ひつようがあります。

今回こんかいは、コマンドを使う方法として、「コマンドプロンプト」のかんたんな使い方を紹介しょうかいします。

目次
  1. コマンドプロンプトの開き方
  2. タスクバーにピン留めしておこう!
  3. コマンドプロンプトの使い方
  4. コマンドを使ってみよう!

コマンドプロンプトの開き方

まず、コマンドプロンプトひらいてみましょう。
Windowsキーr同時どうじします。

すると、次のような画面がめんが開きますので、「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。

これで、コマンドプロンプトを開くことができます。

タスクバーにピン留めしておこう!

コマンドプロンプトひらいたら、下の画像がぞうのように、タスクバーからアイコンを右クリックして、「タスクバーにピン留めする」をクリックしておきましょう。

こうすることで、タスクバーから、かんたんにコマンドプロンプトを開くことができるようになります。

コマンドプロンプトの使い方

では、コマンドプロンプト画面がめんてみましょう。
下の画像がぞうしめしたところが、今いるディレクトリです。(ディレクトリは、フォルダとだいたいおな意味いみです)

このうしろに、コマンドを入力することができます。

コマンドを使ってみよう!

では、実際じっさいコマンド使つかってみましょう。
Pythonパイソンプログラミングをする上で、どうしてもおぼえておきたいコマンドがひとつだけあります。

それは、cdというコマンドです。
これは、今いるディレクトリフォルダ)から、べつディレクトリ移動いどうするときなどに、使えるコマンドです。

では、cdを使って、今いるディレクトリフォルダ)から移動してみましょう。
まず、コマンドプロンプトに、cd と入力します。コマンドうしろに半角はんかくスペースがあることに注意ちゅういです。

さらにその後ろに、移動先いどうさきディレクトリフォルダ)までのみちのりを入力にゅうりょくするのですが、ここでちょっと便利べんり方法ほうほうがあります。
それは、移動先のフォルダを、コマンドプロンプト画面がめんまで、ドラッグ&ドロップするんです。

これで、移動先のフォルダまでの道のりを、かんたんに入力することができます。

あとは、enterせば、今いるディレクトリフォルダ)の場所ばしょわります。

以上いじょうが、cdコマンドの使い方です。

さて、このcdコマンドですが、どんなときに使うのか、いまいち分からないかもしれません。
ですがこれは、Pythonパイソンプログラミングを行なう上で、とっても大切たいせつコマンドになります。

しっかりとおぼえておきましょう。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

データ型

データには「型《かた》」というものがあります。今回《こんかい》はデータ型について学《まな》んでいきましょう。 型ってなんだろう? データにはいろんなものがあります。数値《すうち》

returnを使って、関数から値を返してみよう!(戻り値)

Python《パイソン》プログラミングにおける関数《かんすう》の使《つか》い方《かた》として、戻《もど》り値《ち》について学《まな》んでいきましょう。 戻り値とは コーヒーメーカ

比較演算子

Python《パイソン》プログラミングにおいての、比較演算子《ひかくえんざんし》について学《まな》んでいきましょう。 比較演算子とは 比較演算子《ひかくえんざんし》は、データを比

abs()関数で、絶対値を取得してみよう!

Python(パイソン)プログラミングにおいて、abs関数(かんすう)で絶対値(ぜったいち)を取得(しゅとく)する方法(ほうほう)を学(まな)びます。 abs関数とは abs()

if文を使って条件分岐してみよう

Python《パイソン》プログラミングにおいての、if文の使《つか》い方《かた》を学《まな》んでいきましょう。 if文の使い方 Python《パイソン》プログラミングにおける条件

WindowsにPythonをインストール

Windows《ウィンドウズ》にPython《パイソン》をインストールする方法《ほうほう》です。 Pythonのダウンロード では、Python《パイソン》をダウンロードしましょ

引数を使って、関数に値を渡してみよう!

Python《パイソン》プログラミングにおいての関数《かんすう》の使《つか》い方《かた》として、引数《ひきすう》を使《つか》って関数《かんすう》に値《あたい》を渡《わた》す方法《ほうほう》を学《まな

continueを使って、繰り返しの先頭に戻る

Python《パイソン》プログラミングにおける、continueの使《つか》い方《かた》を学《まな》んでいきましょう。 continueを使ってみよう! continueは、「w

変数の型について

データには型《かた》というものがある、ということを、「データ型」の項目《こうもく》で紹介《しょうかい》しました。変数《へんすう》にデータを覚《おぼ》えておいてもらうとき、このデータ型《かた》を、(少

代入演算子、累算代入演算子

代入演算子《だいにゅうえんざんし》は、変数《へんすう》に値《あたい》を代入するときに使《つか》う記号《きごう》です。今回は、代入演算子について学《まな》んでいきます。 代入演算子

オリジナルゲーム.com