1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. テキストエディタ
  6. »
  7. Vim
  8. »
  9. Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作

Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作

今回も、Vimを学んでいきましょう。

Vimは、特有の操作でテキストを編集するので、慣れるまで少々時間がかかります。
そこで今回は、まず最初に覚えておきたい、一番基本的な操作方法を紹介します。

また、前回の記事はこちらになります。

目次
  1. 今回の記事で紹介するコマンドの一覧
  2. カーソルを移動する
  3. 文字を入力する
  4. テキストを削除する
  5. テキストを選択する
  6. まとめ

今回の記事で紹介するコマンドの一覧

まず、今回紹介するコマンドの一覧です。

kカーソルを上方向へ移動
jカーソルを下方向へ移動
hカーソルを左方向へ移動
l(小文字のL)カーソルを右方向へ移動
カーソルの移動
i挿入モードに切り替え(カーソルの位置をそのまま)
I(大文字のi)挿入モードに切り替え(カーソルをその行の先頭に移動)
a挿入モードに切り替え(カーソルを次の文字に移動)
A挿入モードに切り替え(カーソルをその行の最後に移動)
挿入モードへの切り替え
xカーソルと重なった文字や、選択されたテキストを削除
Xカーソルの手前の文字を削除
ddカーソルのある行を削除
テキストの削除
vビジュアルモードに切り替え
V行単位のビジュアルモードに切り替え
control+v矩形ビジュアルモードに切り替え
テキストの選択

カーソルを移動する

まず、カーソルの移動方法です。

kカーソルを上方向へ移動
jカーソルを下方向へ移動
hカーソルを左方向へ移動
l(小文字のL)カーソルを右方向へ移動

これらを使わなくても、方向キーで移動はできます。しかし、これらを覚えることで方向キーまで手を移動する手間を省け、作業効率が上がるのです。

開いたばかりのVimは、ノーマルモードになっています。

ノーマルモードの状態では、hjklで、カーソルを上下左右に移動させることができます。

今回は、HTMLファイルを編集するときのことを例に進めていきます。
では、これらのコマンドを使って、閉じるtitleタグの、<の上にカーソルを移動してみます。

文字を入力する

つづいて、実際に文字を入力してみたいと思います。
文字を入力するには、モードを「挿入モード(Insert mode)」にする必要があります。

i挿入モードに切り替え(カーソルの位置をそのまま)
I(大文字のi)挿入モードに切り替え(カーソルをその行の先頭に移動)
a挿入モードに切り替え(カーソルを次の文字に移動)
A挿入モードに切り替え(カーソルをその行の最後に移動)

titleタグの中にカーソルがある状態で、今回はiを押して「挿入モード」に切り替えましょう。
左下に「挿入」と表示されれば、挿入モードになっています。

これで、文字の入力が可能になります。

入力が完了したら、Escでノーマルモードに戻ります。

ただ、本当ならば、カーソルをひとつずつ動かしていては、ちょっと効率がよくないので、実際に作業するときは、もっと便利なコマンドを使って、カーソルを移動させます。

テキストを削除する

つづいて、テキストを削除してみます。

xカーソルと重なった文字や、選択されたテキストを削除
Xカーソルの手前の文字を削除
ddカーソルのある行を削除

たとえば、下の画像の場所にカーソルがあるとします。

このままxを押すことで、カーソルのある文字を削除することができます。

つづいて、下の画像の位置にカーソルを移動させます。

こんどはXを押すと、カーソルの手前の文字が削除されます。

今度は、カーソルを下の画像の行に移動します。

dを2回続けて押すと、カーソルのある行が削除されます。

テキストを選択する

テキストを選択するには、ビジュアルモードに切り替えます。

ビジュアルモードには、以下の3つがあります。

vビジュアルモードに切り替え
V行単位のビジュアルモードに切り替え
control+v矩形ビジュアルモードに切り替え

まず、vを押すと、ビジュアルモードになります。
このモードでは、文字単位でテキストを選択できます。

今度は、Vを押してみます。
すると、行単位のビジュアルモードになります。

さらに次は、control + vを押してみます。
これは、テキストを矩形で選択できるビジュアルモードです。

また、選択を解除するには、Escを押します。

まとめ

今回は、Vimを使い始めたら最初に覚えたい、基本的な操作について紹介しました。

Vimはとても高機能で、たくさん覚えることがあります。もちろん、すべてを覚えることは難しいので、まずはかんたんなものを覚えていって、すこしずつVimに慣れていきましょう。

このシリーズの一覧はこちら

  1. Macに最新版のVimをインストールする方法
  2. 【Vim使い方】初心者でもすぐに始められるVimの基本
  3. Vimのモードについて。それぞれどんなことができるの?
  4. Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作
  5. Vimを始めたら最初に覚えておきたいコマンド一覧
  6. Vimのウィンドウを分割して使う方法を分かりやすく紹介
  7. 【Vim使い方】行番号を表示&非表示にする方法。
  8. 【Vim使い方】ソースを色付けしてコードを読みやすくする方法!!
  9. .vimrc でVimの設定をしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

software

フリーテキストエディタ徹底比較。一番自分に合ったものを探そう!

こんにちは、@It_is_R です。 WEBページを作るときや、プログラミングをするとき、必須になるのがテキストエディタです。 よい機能を使うことで、プログラムのバグを防ぐことができます。

YouTubeのおすすめやコメントを非表示にする方法。もう時間を無駄にしたくない!

YouTubeを見ていると、つい時間を無駄にしてしまうことってありますよね。気がつくと時間が過ぎていて、あとから、全然作業進んでない……ってなる方も多いと思います。 そんなときは、Chrome

【Vim使い方】初心者でもすぐに始められるVimの基本

前回に引き続き、Vimの使い方について解説していきたいと思います。 今回は、ファイルの作成方法、開き方、保存、そしてモードについてなど、実際にVimを使い始められるところまでしっかりと解説して

Vimの置換コマンドを使いこなそう!

Vimの置換コマンドは、複雑な文字列を置く変えることもでき、とても便利です。しかし、複雑になればなるほど、そのコマンドはむずかしくなります。 今回は、Vimの置換コマンドの使い方を、基本から、

UTMでM1 MacにUbuntuの仮想環境を構築してみよう!

Apple M1ではVirtualBoxなどの仮想化ソフトがうまく動かなかったりします。Parallels Desktop for MacがM1に対応しているとのことですが、できれば無料のものを使い

Macに最新版のVimをインストールする方法

こんにちは。@It_is_Rです。 Vimは、プログラミングに使える、高機能なテキストエディタです。 使い方が普通のテキストエディタとは異なるので、最初はとっつきにくい所がありますが、慣

rufus

Rufusの使い方。ブータブルUSBを簡単に作成可能!

起動にとても時間がかかる@It_is_Rです。 Rufusは、起動可能なUSBドライブを作成するのに、とても便利なソフトです。今回はRufusの使い方ということで、CentOSのインストールU

Excel

Excelの使い方。初心者でもすぐ分かる!基本を実践で完全解説

パソコンのソフトって無駄に高いですよね。。。 それなのに、学校の授業などで Microfost Office は必要となってきます。 しかし、そんなあなたに朗報です。 Office Online を

英単語を一瞬で調べられる!Chrome拡張機能「Weblioポップアップ英和辞典」

英語サイトを見ているとき、なんとなく頭で訳しながら見るのですが、途中で分からない単語に出会すことがよくあります。一応、Macには辞書機能があるのですぐに調べることができるのですが、「Weblioポッ

UTMでの仮想環境(Ubuntu)でWebサーバを立ち上げる方法

M1 MacではVirtualBoxがうまく動作せず、UTMを使っているのですが、UTMの情報がまだまだ少ない気がします。 さて、VPSなどで運用するサイトをお持ちの方でしたら、サーバなどの知

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com