1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. テキストエディタ
  6. »
  7. Vim
  8. »
  9. Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作

Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作

今回も、Vimを学んでいきましょう。

Vimは、特有の操作でテキストを編集するので、慣れるまで少々時間がかかります。
そこで今回は、まず最初に覚えておきたい、一番基本的な操作方法を紹介します。

また、前回の記事はこちらになります。

目次
  1. 今回の記事で紹介するコマンドの一覧
  2. カーソルを移動する
  3. 文字を入力する
  4. テキストを削除する
  5. テキストを選択する
  6. まとめ

今回の記事で紹介するコマンドの一覧

まず、今回紹介するコマンドの一覧です。

kカーソルを上方向へ移動
jカーソルを下方向へ移動
hカーソルを左方向へ移動
l(小文字のL)カーソルを右方向へ移動
カーソルの移動
i挿入モードに切り替え(カーソルの位置をそのまま)
I(大文字のi)挿入モードに切り替え(カーソルをその行の先頭に移動)
a挿入モードに切り替え(カーソルを次の文字に移動)
A挿入モードに切り替え(カーソルをその行の最後に移動)
挿入モードへの切り替え
xカーソルと重なった文字や、選択されたテキストを削除
Xカーソルの手前の文字を削除
ddカーソルのある行を削除
テキストの削除
vビジュアルモードに切り替え
V行単位のビジュアルモードに切り替え
control+v矩形ビジュアルモードに切り替え
テキストの選択

カーソルを移動する

まず、カーソルの移動方法です。

kカーソルを上方向へ移動
jカーソルを下方向へ移動
hカーソルを左方向へ移動
l(小文字のL)カーソルを右方向へ移動

これらを使わなくても、方向キーで移動はできます。しかし、これらを覚えることで方向キーまで手を移動する手間を省け、作業効率が上がるのです。

開いたばかりのVimは、ノーマルモードになっています。

ノーマルモードの状態では、hjklで、カーソルを上下左右に移動させることができます。

今回は、HTMLファイルを編集するときのことを例に進めていきます。
では、これらのコマンドを使って、閉じるtitleタグの、<の上にカーソルを移動してみます。

文字を入力する

つづいて、実際に文字を入力してみたいと思います。
文字を入力するには、モードを「挿入モード(Insert mode)」にする必要があります。

i挿入モードに切り替え(カーソルの位置をそのまま)
I(大文字のi)挿入モードに切り替え(カーソルをその行の先頭に移動)
a挿入モードに切り替え(カーソルを次の文字に移動)
A挿入モードに切り替え(カーソルをその行の最後に移動)

titleタグの中にカーソルがある状態で、今回はiを押して「挿入モード」に切り替えましょう。
左下に「挿入」と表示されれば、挿入モードになっています。

これで、文字の入力が可能になります。

入力が完了したら、Escでノーマルモードに戻ります。

ただ、本当ならば、カーソルをひとつずつ動かしていては、ちょっと効率がよくないので、実際に作業するときは、もっと便利なコマンドを使って、カーソルを移動させます。

テキストを削除する

つづいて、テキストを削除してみます。

xカーソルと重なった文字や、選択されたテキストを削除
Xカーソルの手前の文字を削除
ddカーソルのある行を削除

たとえば、下の画像の場所にカーソルがあるとします。

このままxを押すことで、カーソルのある文字を削除することができます。

つづいて、下の画像の位置にカーソルを移動させます。

こんどはXを押すと、カーソルの手前の文字が削除されます。

今度は、カーソルを下の画像の行に移動します。

dを2回続けて押すと、カーソルのある行が削除されます。

テキストを選択する

テキストを選択するには、ビジュアルモードに切り替えます。

ビジュアルモードには、以下の3つがあります。

vビジュアルモードに切り替え
V行単位のビジュアルモードに切り替え
control+v矩形ビジュアルモードに切り替え

まず、vを押すと、ビジュアルモードになります。
このモードでは、文字単位でテキストを選択できます。

今度は、Vを押してみます。
すると、行単位のビジュアルモードになります。

さらに次は、control + vを押してみます。
これは、テキストを矩形で選択できるビジュアルモードです。

また、選択を解除するには、Escを押します。

まとめ

今回は、Vimを使い始めたら最初に覚えたい、基本的な操作について紹介しました。

Vimはとても高機能で、たくさん覚えることがあります。もちろん、すべてを覚えることは難しいので、まずはかんたんなものを覚えていって、すこしずつVimに慣れていきましょう。

このシリーズの一覧はこちら

  1. Macに最新版のVimをインストールする方法
  2. 【Vim使い方】初心者でもすぐに始められるVimの基本
  3. Vimのモードについて。それぞれどんなことができるの?
  4. Vimを使い始めたらまず覚えたい基本の操作
  5. Vimを始めたら最初に覚えておきたいコマンド一覧
  6. Vimのウィンドウを分割して使う方法を分かりやすく紹介
  7. 【Vim使い方】行番号を表示&非表示にする方法。
  8. 【Vim使い方】ソースを色付けしてコードを読みやすくする方法!!
  9. .vimrc でVimの設定をしてみよう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Windowsでパーティション管理。MiniTool Partition Wizardの使い方

パーティションは、複数作成することで、マシンやOSごとに領域を使い分けることができ便利なのですが、パーティションを管理するのは、すこし大変な面もあります。 パーティションを作成したいとき、削除

Vimのウィンドウを分割して使う方法を分かりやすく紹介

今回も、Vimを学んでいきましょう。 Vimで複数のファイルを同時に編集したいとき、ウィンドウを分割すると便利です。そこで今回は、Vimの画面を分割して使う方法を紹介します。 今

Excel

Excelの使い方。初心者でもすぐ分かる!基本を実践で完全解説

パソコンのソフトって無駄に高いですよね。。。 それなのに、学校の授業などで Microfost Office は必要となってきます。 しかし、そんなあなたに朗報です。 Office Online を

Vimを始めたら最初に覚えておきたいコマンド一覧

作業をしようと思ってから、実際にするまで3時間かかります。@It_is_Rです。 今回は、初心者卒業向けとして、Vimを使う上で最初に覚えておきたいコマンドをまとめました。 カー

office

WordやExcel、PowerPointなど、Officeを無料で使う方法

学校などで、WordやExcelを使って提出物を作らなければいけないことはありませんか? Microsoft Officeの購入を考えている方もいるかもしれません。しかし、今後使用するかどうかも分か

Macに最新版のVimをインストールする方法

こんにちは。@It_is_Rです。 Vimは、プログラミングに使える、高機能なテキストエディタです。 使い方が普通のテキストエディタとは異なるので、最初はとっつきにくい所がありますが、慣

Vimの自動補完プラグイン「ddc.vim」の使い方

ddc.vimは、Vimで自動補完を行うことができる、とても優れたプラグインです。今回は、ddc.vimの使い方を紹介します。 ddc.vimについて ddc.vimは、Shou

【Vim使い方】行番号を表示&非表示にする方法。

もしも魔法が使えたら猫になります。@It_is_Rです。 Vimの使い方、第7回目です。 今回はVimの画面に行番号を表示&非表示にする方法を紹介したいと思います。 前回の記事はこちらにな

Vimで括弧とクォーテーションの最強補完機能を自作しよう!

普段、テキストエディタとして、私はVimを使っています。括弧の補完機能を便利にしたいと思い、今回はそれを自作してみようと思います。 今回作成する補完機能について 今回作る、括弧や

YouTubeのおすすめやコメントを非表示にする方法。もう時間を無駄にしたくない!

YouTubeを見ていると、つい時間を無駄にしてしまうことってありますよね。気がつくと時間が過ぎていて、あとから、全然作業進んでない……ってなる方も多いと思います。 そんなときは、Chrome

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。