1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Docker
  6. »
  7. Docker Composeで自分のWordPressサイトをローカル開発環境に反映!

Docker Composeで自分のWordPressサイトをローカル開発環境に反映!

ローカルにWordPress開発環境を整えてテーマを作成することがあるのですが、単にローカルに環境を作っただけでは記事がなく、テーマのイメージが分かりません。@It_is_Rです。
かといって、testtestを繰り返して記事をつくるのも大変ですし、やっぱり自分のサイトをそのままローカルの開発環境にも反映させたいのでございます。

そんなわけで、今回はDocker Composeを使ったローカル開発環境に、自分のWordPressサイトを反映させる方法を紹介します。

目次
  1. Docker ComposeでローカルにWordPressの環境を整える
  2. 自分のサイトをローカルのWordPress環境に反映させる
  3. リンク先を変更する
  4. まとめ

Docker ComposeでローカルにWordPressの環境を整える

ではまず、Docker Composeを使ってローカルにWordPressの環境を整えてみましょう。

まず、好きな場所にフォルダを作り、その中へ移動します。今回は「mysite」というフォルダを作成しました。

$ mkdir mysite
$ cd mysite

そこにdocker-compose.ymlというファイルを作成します。

$ vim docker-compose.yml

docker-compose.ymlの中は以下のようにします。

version: '3'
services:
    wp:
        image: wordpress:latest
        ports:
            - "80:80"
        depends_on:
            - mysql
        volumes:
            - ./wordpress:/var/www/html/
        environment:
            WORDPRESS_DB_PASSWORD: p4ssw0rd
            WORDPRESS_DB_NAME: wp
        restart: always
    mysql:
        image: mysql:5.7
        environment:
            MYSQL_ROOT_PASSWORD: p4ssw0rd
            MYSQL_DATABASE: wp
        volumes:
            - ./db-data:/docker-entrypoint-initdb.d
        restart: always

さらに、次のコマンドを実行します。

$ docker-compose up

しばらくしてからhttp://localhost/を確認すると、WordPressの初期設定の画面が表示されます。

確認できたら、いったんctrl + cでストップします。

自分のサイトをローカルのWordPress環境に反映させる

続いて、自分のサイトをローカルに反映させたいと思います。

必要なデータは自分のサイトの「wp-content」フォルダ、データベース、そしてSearch Replace DB masterです。これらはあらかじめ準備しておいてください。

この「Search Replace DB master」は、後ほどurlを書き換える時に使用します。
こちらからダウンロードしておきましょう。

さて、この状態で現在のディレクトリを確認してみると、「db-data」と「wordpress」というフォルダが増えているのが分かります。

このdb-dataフォルダの中に、自分のWordPressサイトのデータベースファイル(xxxxx.sql)を入れます。
また、wordpressフォルダの中の、wp-contentを自分のサイトのwp-contentに置き換えます。
さらにwordpressフォルダの中に、先ほどダウンロードしたSearch-Replace-DB-masterを入れてください。

このままでは先ほどのコンテナが残っていますのでdownしておきましょう。

$ docker-compose down   
Stopping mysite_wp_1    ... done
Stopping mysite_mysql_1 ... done
Removing mysite_wp_1    ... done
Removing mysite_mysql_1 ... done
Removing network mysite_default

もう一度立ち上げてみましょう。今度はオプションをつけてバックグラウンドで起動してみます。

$ docker-compose up -d
Creating mysite_mysql_1 ... done
Creating mysite_wp_1    ... done

しばらく待ってみて、もう一度http://localhost/を開いてみます。

すると、自分のサイトがそっくりそのまま見れるようになります。

リンク先を変更する

しかしこのままだと、例えば記事へのリンクをクリックすると、本当のサイトへリンクされてしまいます。
そこで、リンク先をローカルのものに変更しましょう。

http://localhost/Search-Replace-DB-master/を見てみます。
すると次のような画面が表示されます。

Search Replace DB master

search for… : 元のurl
replace width … : 新しいurl

つまり今回は「search for…」の部分に自分のサイトのURL(xxxxx.comなど)を、「replace width…」の部分にlocalhostと入力します。
もしsslを使っている場合は、「search for…」の部分に「https://xxxxx.com」、「replace width…」の部分に「http://localhost」と入力すればいけるみたいです。

そしてまず「dry run」をクリックして、問題がなければ「live run」を押します。

これでURLが変更され、ローカルのページへのリンクに書き換わります。

まとめ

ローカルにWordPress開発環境を整えてテーマを作成するとき、やはり本来のサイトとローカルのサイトは同じものにしたいです。
今回はリモートのWordPressサイトを、Docker Composeを使ったローカルの環境にそのまま反映させる方法を紹介しました。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

宇宙一分かりやすい JavaScript のかなり詳しい基本の解説。

JavaScriptを使ってゲームを作成するのが好きです。@It_is_Rです。 JavaScriptはWebページに動きを出すのによく使われ、ブラウザゲームなども作ることができます。 今回は

【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法

前にBootStrap4の記事を書いていましたが、日にちが空いてしまいましたね。@It_is_Rです。 前回は全体的な機能とアラートの使い方を紹介しました。 今回はバッジの使い方を紹介していき

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キャラを決まった間隔ずつ動かす!

小学生からのプログラミング入門講座(にゅうもんこうざ)、第8弾です。 前回は、キャラクターの画像(がぞう)をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔(かんかく)を短く

【Android Studio】 GridLayout の使い方。複雑なレイアウトを表現する方法

スマホの充電がいつの間にか無くなっている@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、10回目となりました。 前回、様々なレイアウトの使い方を紹介しましたが、今回はその中でもちょっと難しい

wordpress

WordPress管理画面のテーマカスタマイザーに独自の項目を追加。

WordPressみたいに私自身の人生もカスタムできたらいいのに。@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズは、公開しているサイトだけではありません。 管理画面をカスタマイズする

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。