1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. Docker
  6. »
  7. Docker Composeで自分のWordPressサイトをローカル開発環境に反映!

Docker Composeで自分のWordPressサイトをローカル開発環境に反映!

ローカルにWordPress開発環境を整えてテーマを作成することがあるのですが、単にローカルに環境を作っただけでは記事がなく、テーマのイメージが分かりません。@It_is_Rです。
かといって、testtestを繰り返して記事をつくるのも大変ですし、やっぱり自分のサイトをそのままローカルの開発環境にも反映させたいのでございます。

そんなわけで、今回はDocker Composeを使ったローカル開発環境に、自分のWordPressサイトを反映させる方法を紹介します。

目次
  1. Docker ComposeでローカルにWordPressの環境を整える
  2. 自分のサイトをローカルのWordPress環境に反映させる
  3. リンク先を変更する
  4. まとめ

Docker ComposeでローカルにWordPressの環境を整える

ではまず、Docker Composeを使ってローカルにWordPressの環境を整えてみましょう。

まず、好きな場所にフォルダを作り、その中へ移動します。今回は「mysite」というフォルダを作成しました。

$ mkdir mysite
$ cd mysite

そこにdocker-compose.ymlというファイルを作成します。

$ vim docker-compose.yml

docker-compose.ymlの中は以下のようにします。

version: '3'
services:
    wp:
        image: wordpress:latest
        ports:
            - "80:80"
        depends_on:
            - mysql
        volumes:
            - ./wordpress:/var/www/html/
        environment:
            WORDPRESS_DB_PASSWORD: p4ssw0rd
            WORDPRESS_DB_NAME: wp
        restart: always
    mysql:
        image: mysql:5.7
        environment:
            MYSQL_ROOT_PASSWORD: p4ssw0rd
            MYSQL_DATABASE: wp
        volumes:
            - ./db-data:/docker-entrypoint-initdb.d
        restart: always

さらに、次のコマンドを実行します。

$ docker-compose up

しばらくしてからhttp://localhost/を確認すると、WordPressの初期設定の画面が表示されます。

確認できたら、いったんctrl + cでストップします。

自分のサイトをローカルのWordPress環境に反映させる

続いて、自分のサイトをローカルに反映させたいと思います。

必要なデータは自分のサイトの「wp-content」フォルダ、データベース、そしてSearch Replace DB masterです。これらはあらかじめ準備しておいてください。

この「Search Replace DB master」は、後ほどurlを書き換える時に使用します。
こちらからダウンロードしておきましょう。

さて、この状態で現在のディレクトリを確認してみると、「db-data」と「wordpress」というフォルダが増えているのが分かります。

このdb-dataフォルダの中に、自分のWordPressサイトのデータベースファイル(xxxxx.sql)を入れます。
また、wordpressフォルダの中の、wp-contentを自分のサイトのwp-contentに置き換えます。
さらにwordpressフォルダの中に、先ほどダウンロードしたSearch-Replace-DB-masterを入れてください。

このままでは先ほどのコンテナが残っていますのでdownしておきましょう。

$ docker-compose down   
Stopping mysite_wp_1    ... done
Stopping mysite_mysql_1 ... done
Removing mysite_wp_1    ... done
Removing mysite_mysql_1 ... done
Removing network mysite_default

もう一度立ち上げてみましょう。今度はオプションをつけてバックグラウンドで起動してみます。

$ docker-compose up -d
Creating mysite_mysql_1 ... done
Creating mysite_wp_1    ... done

しばらく待ってみて、もう一度http://localhost/を開いてみます。

すると、自分のサイトがそっくりそのまま見れるようになります。

リンク先を変更する

しかしこのままだと、例えば記事へのリンクをクリックすると、本当のサイトへリンクされてしまいます。
そこで、リンク先をローカルのものに変更しましょう。

http://localhost/Search-Replace-DB-master/を見てみます。
すると次のような画面が表示されます。

Search Replace DB master

search for… : 元のurl
replace width … : 新しいurl

つまり今回は「search for…」の部分に自分のサイトのURL(xxxxx.comなど)を、「replace width…」の部分にlocalhostと入力します。
もしsslを使っている場合は、「search for…」の部分に「https://xxxxx.com」、「replace width…」の部分に「http://localhost」と入力すればいけるみたいです。

そしてまず「dry run」をクリックして、問題がなければ「live run」を押します。

これでURLが変更され、ローカルのページへのリンクに書き換わります。

まとめ

ローカルにWordPress開発環境を整えてテーマを作成するとき、やはり本来のサイトとローカルのサイトは同じものにしたいです。
今回はリモートのWordPressサイトを、Docker Composeを使ったローカルの環境にそのまま反映させる方法を紹介しました。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

webpackの設定ファイル「webpack.config.js」の使い方を覚えよう

webpack.config.jsはwebpackを使う上での設定ファイルです。 今回は、webpack.config.jsの使い方を紹介します。 webpack.config.jsとは

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

【Docker入門】仮想マシンとコンテナの違いから仮想環境の構築まで

DockerよりもDoctorXが好きです。失敗しかしない@It_is_Rです。 Dockerは仮想環境の構築や、アプリケーションの実行、配布などが可能なプラットフォームです。 Virtual

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

WordPress

WordPressカスタマイズ。テンプレートのファイル構成をチェック。

二兎を追う者は一兎をも得ず。でも、三兎を追えばそのうちの一兎ぐらい得られるんじゃ無いかと思い、その努力の割に何も得られないのが@It_is_Rです。やかましいわ。 今回の記事は初のWordPre

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

Scratchでピアノを 作ってみよう!

小学生から始めるScratch入門。ピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回はじゃんけんゲームを作りました。 今回はピアノの鍵盤を作って、音を鳴らしてみましょう。 プロローグ [serif icon="ar

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。