1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。
人生さえ彷徨い続けてここにいます。

さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うととても便利です。
今回は WordMove でリモートとローカルを FTP で同期させる方法を紹介します。

目次
  1. はじめに
  2. WordMove のインストール
  3. movefile.yml を作成
  4. movefile.yml を変更
  5. リモートの WordPress をローカルにダウンロード
  6. Internal Server Error
  7. データベースが同期されない場合
  8. まとめ

はじめに

今回、作業を行うまえに、あらかじめ、VirtualBox と Vagrant をインストールしておきます。
【 Mac 】 Vagrant と VirtualBox のインストール方法。

さらに、 WordPress のローカル開発環境も整えておきます。
VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

WordMove のインストール

まず、インストールから始めましょう。
以下のコマンドを実行します。

$ gem install wordmove

movefile.yml を作成

vagrant up コマンドで、 Vagrant を起動すると、 movefile.yml が作成されます。
もし、このファイルを消してしまった場合は、以下のコマンドで、 movefile.yml を作成します。

$ wordmove init

movefile.yml を変更

では、設定を変更していきます。
movefile.yml を開き、以下のように書き換えます。

local:
  vhost: "http://vccw.test/"
  wordpress_path: "ローカルの、 WordPress をダウンロードしたいディレクトリを入力" # use an absolute path here

  database:
    name: "wordpress"
    user: "wordpress"
    password: "wordpress"
    host: "localhost"
    charset: "utf8"

production:
  vhost: "自分のサーバーのURLを入力"
  wordpress_path: "サーバー上のWordPressのディレクトリを入力。(多くの場合、 / と入力)" # use an absolute path here

  database:
    name: "データベース名を入力"
    user: "データベースのユーザー名を入力"
    password: "データベースのパスワードを入力"
    host: "データベースのホスト名を入力"
    charset: "utf8"
    # port: "3308" # Use just in case you have exotic server config
    # mysqldump_options: "--max_allowed_packet=1G" # Only available if using SSH

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "movefile.yml"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"

  ftp:
    user: "FTP のユーザー名を入力"
    password: "FTP のパスワードを入力"
    host: "FTP のホスト名を入力"
    passive: true
    scheme: "ftps もしくは ftp かを入力" # default "ftp"

リモートの WordPress をローカルにダウンロード

では、以下のコマンドを実行し、 WordPress 全体をローカルにダウンロードします。

$ wordmove pull --all

これで、サイト全体をダウンロードすることができます。

また、部分ごとにダウンロードすることもできます。

//WordPress本体をダウンロード
$ wordmove pull -w
//メディアファイルをダウンロード
$ wordmove pull -u
//テーマをダウンロード
$ wordmove pull -t
//プラグインをダウンロード
$ wordmove pull -p
//言語ファイルをダウンロード
$ wordmove pull -l
//データベースをダウンロード
$ wordmove pull -d

また、 pull ではなく、 push にするとアップロードが開始されます。
間違えると、本当のサイトが壊れますので、注意です。

Internal Server Error

サイト全体をダウンロードし、アクセスすると、Internal Server Errorとなる場合があります。

その場合は、 wordpress フォルダ内の、「 .htaccess 」を削除すると、サイトが表示されます。
※意図的に .htaccess を変更していない場合。

データベースが同期されない場合

サイト全体のダウンロードが終わり、実際に vccw.test を開いてみると、サイトが初期状態のまま反映されていない場合があります。(私の場合がそれでした)
これはデータベースが同期されていないのが原因のようです。

そんな場合は、データベースのみ別にダウンロードして、ローカルのサイトに反映させる方法を使います。

まず、使っているサーバーから、 sql ファイルをダウンロードして、 vccw フォルダに保存します。

仮想マシンにログインする

データベースを反映させたいので、仮装マシンにログインしましょう。

$ vagrant ssh

データベースをリセットする

仮想マシンにログインした状態で、以下のコマンドを入力すると、データベースをリセットすることができます。

vagrant@vccw:~$ wp db reset
Are you sure you want to reset the 'wordpress' database? [y/n] y

ダウンロードした sql ファイルを反映させる

では、先ほどダウンロードした sql ファイルを反映させてみましょう。

vagrant@vccw:~$ cd /vagrant
vagrant@vccw:/vagrant$ wp db import ファイル名.sql

これで、ローカルでサイトが見れるようになったはずです。

文字列を変換する

このままでは、サイト内のリンク先がリモートのURLになっているので、不便です。
文字列の変換で、直しておきましょう。

vagrant@vccw:/vagrant$ wp search-replace '実際のサイトのURL' 'vccw.test'

最後に仮想マシンからログアウトしておきます。

vagrant@vccw:/vagrant$ exit

まとめ

私のように格安サーバーを使っている場合、 SSH が使えず、 FTP を使わざるをえない場合があります。
そんな訳で、今回は、 WordMove を使った FTP でのローカルとリモートのサイトの同期でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

Dockerでよく使うコマンドとオプション、その使い方を徹底解説!

人生に意味は求めない。それよりもDockerのコマンドの意味を理解する方が重要です。@It_is_Rです。 Dockerにはたくさんのコマンドがありますが、まずはよく使うコマンドを覚えていきまし

【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法

エビの殻や、ポテチ、煮干しなどを食べると、必ずと言っていいほど口が血だらけになります。@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方4回目の今回は、ブランチについてです。 ブランチは作業を枝分か

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

文字を一文字ずつ表示してみよう!

小学生からのJavaScript。改行と一文字ずつ画面に表示する方法!

小学生からのJavaScript講座です。 このシリーズでは、ゲームをつくりながらJavaScriptの使い方を学んでいきます。 前回、画面に文字を表示するためのクラスを作ったのですが、それを

WordPress

WordPressカスタマイズ。テンプレートのファイル構成をチェック。

二兎を追う者は一兎をも得ず。でも、三兎を追えばそのうちの一兎ぐらい得られるんじゃ無いかと思い、その努力の割に何も得られないのが@It_is_Rです。やかましいわ。 今回の記事は初のWordPre

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

HTML5とCanvasを使うべ!

小学生からのJavaScript。HTML5とCanvasを使ってみよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第9弾です。 これまでの講座(こうざ)では、JavScriptの基本(きほん)について学び、キャラクターの操作(そうさ)ができるようになりました。 こ

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。