1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。
人生さえ彷徨い続けてここにいます。

さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うととても便利です。
今回は WordMove でリモートとローカルを FTP で同期させる方法を紹介します。

目次
  1. はじめに
  2. WordMove のインストール
  3. movefile.yml を作成
  4. movefile.yml を変更
  5. リモートの WordPress をローカルにダウンロード
  6. Internal Server Error
  7. データベースが同期されない場合
  8. まとめ

はじめに

今回、作業を行うまえに、あらかじめ、VirtualBox と Vagrant をインストールしておきます。
【 Mac 】 Vagrant と VirtualBox のインストール方法。

さらに、 WordPress のローカル開発環境も整えておきます。
VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

WordMove のインストール

まず、インストールから始めましょう。
以下のコマンドを実行します。

$ gem install wordmove

movefile.yml を作成

vagrant up コマンドで、 Vagrant を起動すると、 movefile.yml が作成されます。
もし、このファイルを消してしまった場合は、以下のコマンドで、 movefile.yml を作成します。

$ wordmove init

movefile.yml を変更

では、設定を変更していきます。
movefile.yml を開き、以下のように書き換えます。

local:
  vhost: "http://vccw.test/"
  wordpress_path: "ローカルの、 WordPress をダウンロードしたいディレクトリを入力" # use an absolute path here

  database:
    name: "wordpress"
    user: "wordpress"
    password: "wordpress"
    host: "localhost"
    charset: "utf8"

production:
  vhost: "自分のサーバーのURLを入力"
  wordpress_path: "サーバー上のWordPressのディレクトリを入力。(多くの場合、 / と入力)" # use an absolute path here

  database:
    name: "データベース名を入力"
    user: "データベースのユーザー名を入力"
    password: "データベースのパスワードを入力"
    host: "データベースのホスト名を入力"
    charset: "utf8"
    # port: "3308" # Use just in case you have exotic server config
    # mysqldump_options: "--max_allowed_packet=1G" # Only available if using SSH

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "movefile.yml"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"

  ftp:
    user: "FTP のユーザー名を入力"
    password: "FTP のパスワードを入力"
    host: "FTP のホスト名を入力"
    passive: true
    scheme: "ftps もしくは ftp かを入力" # default "ftp"

リモートの WordPress をローカルにダウンロード

では、以下のコマンドを実行し、 WordPress 全体をローカルにダウンロードします。

$ wordmove pull --all

これで、サイト全体をダウンロードすることができます。

また、部分ごとにダウンロードすることもできます。

//WordPress本体をダウンロード
$ wordmove pull -w
//メディアファイルをダウンロード
$ wordmove pull -u
//テーマをダウンロード
$ wordmove pull -t
//プラグインをダウンロード
$ wordmove pull -p
//言語ファイルをダウンロード
$ wordmove pull -l
//データベースをダウンロード
$ wordmove pull -d

また、 pull ではなく、 push にするとアップロードが開始されます。
間違えると、本当のサイトが壊れますので、注意です。

Internal Server Error

サイト全体をダウンロードし、アクセスすると、Internal Server Errorとなる場合があります。

その場合は、 wordpress フォルダ内の、「 .htaccess 」を削除すると、サイトが表示されます。
※意図的に .htaccess を変更していない場合。

データベースが同期されない場合

サイト全体のダウンロードが終わり、実際に vccw.test を開いてみると、サイトが初期状態のまま反映されていない場合があります。(私の場合がそれでした)
これはデータベースが同期されていないのが原因のようです。

そんな場合は、データベースのみ別にダウンロードして、ローカルのサイトに反映させる方法を使います。

まず、使っているサーバーから、 sql ファイルをダウンロードして、 vccw フォルダに保存します。

仮想マシンにログインする

データベースを反映させたいので、仮装マシンにログインしましょう。

$ vagrant ssh

データベースをリセットする

仮想マシンにログインした状態で、以下のコマンドを入力すると、データベースをリセットすることができます。

vagrant@vccw:~$ wp db reset
Are you sure you want to reset the 'wordpress' database? [y/n] y

ダウンロードした sql ファイルを反映させる

では、先ほどダウンロードした sql ファイルを反映させてみましょう。

vagrant@vccw:~$ cd /vagrant
vagrant@vccw:/vagrant$ wp db import ファイル名.sql

これで、ローカルでサイトが見れるようになったはずです。

文字列を変換する

このままでは、サイト内のリンク先がリモートのURLになっているので、不便です。
文字列の変換で、直しておきましょう。

vagrant@vccw:/vagrant$ wp search-replace '実際のサイトのURL' 'vccw.test'

最後に仮想マシンからログアウトしておきます。

vagrant@vccw:/vagrant$ exit

まとめ

私のように格安サーバーを使っている場合、 SSH が使えず、 FTP を使わざるをえない場合があります。
そんな訳で、今回は、 WordMove を使った FTP でのローカルとリモートのサイトの同期でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

リセットCSS は何を使う? おすすめ8選(コピペも可能!)

Web開発でブラウザごとの表示の違いをリセットしてくれる リセットCSS というものがあります。 しかし、何を使っていいのかと感じている人もいると思います。 今回はこの リセットCSS につい

Node.js

Windows10にNode.jsをインストールする方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。今回は、Windows10にNode.jsをインストールする方法を紹介していきます。 また、Macを使っている場合は「MacにNode.jsをインスト

【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】

馬鹿は風邪を引かないといいますが、どうやら引いたようです。@It_is_Rです。 ちなみに、「馬鹿は風邪を引かない」ということわざは、「馬鹿は風邪を引いても気がつかない」という例えだって知ってました

gulp

gulp4完全攻略ガイド。インストールから使い方まで徹底解説!

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回はgulp4の使い方を、インストールか

Pug

PugでPHPが使える! gulpfile.jsをちょっと工夫するだけだよ

HTMLを書くときPugを使うととても便利なのですが、PHPを書きたいと思ったときは少し工夫が必要になります。 PugでPHPを書くためのプラグインを使う方法もありますが、使うプラグインが増えれば増

M1 Mac対応。DockerでWordPress開発環境を構築する方法

みなさんこんにちは。@It_is_Rです。 ローカルにWordPressの開発環境を作りたいとき、Dockerを使うと、とても簡単に構築することができます。しかし、実際に運営しているWordP

オブジェクトを使ってみよう!

【JavaScript】オブジェクトを使ってみよう! 小学生からのプログラミング入門

小学生からのJavaScript《ジャバスクリプト》入門講座《にゅうもんこうざ》、今回もはじめていきましょう!前回の講座《こうざ》では、HTMLやCSS、JavaScriptを分けて管理《かんり》す

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が

【解決!】Macで「デフォルトシェルはzshになった」と表示されるときの対処法

MacOSをアップデートしてから、ターミナルを開くたびに、「The default interactive shell is now zsh.」というメッセージが表示されるようになりました。 これは

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です