1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。
人生さえ彷徨い続けてここにいます。

さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うととても便利です。
今回は WordMove でリモートとローカルを FTP で同期させる方法を紹介します。

はじめに

今回、作業を行うまえに、あらかじめ、VirtualBox と Vagrant をインストールしておきます。
【 Mac 】 Vagrant と VirtualBox のインストール方法。

さらに、 WordPress のローカル開発環境も整えておきます。
VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

WordMove のインストール

まず、インストールから始めましょう。
以下のコマンドを実行します。

$ gem install wordmove

movefile.yml を作成

vagrant up コマンドで、 Vagrant を起動すると、 movefile.yml が作成されます。
もし、このファイルを消してしまった場合は、以下のコマンドで、 movefile.yml を作成します。

$ wordmove init

movefile.yml を変更

では、設定を変更していきます。
movefile.yml を開き、以下のように書き換えます。

local:
  vhost: "http://vccw.test/"
  wordpress_path: "ローカルの、 WordPress をダウンロードしたいディレクトリを入力" # use an absolute path here

  database:
    name: "wordpress"
    user: "wordpress"
    password: "wordpress"
    host: "localhost"
    charset: "utf8"

production:
  vhost: "自分のサーバーのURLを入力"
  wordpress_path: "サーバー上のWordPressのディレクトリを入力。(多くの場合、 / と入力)" # use an absolute path here

  database:
    name: "データベース名を入力"
    user: "データベースのユーザー名を入力"
    password: "データベースのパスワードを入力"
    host: "データベースのホスト名を入力"
    charset: "utf8"
    # port: "3308" # Use just in case you have exotic server config
    # mysqldump_options: "--max_allowed_packet=1G" # Only available if using SSH

  exclude:
    - ".git/"
    - ".gitignore"
    - ".sass-cache/"
    - "bin/"
    - "tmp/*"
    - "Gemfile*"
    - "movefile.yml"
    - "wp-config.php"
    - "wp-content/*.sql"

  ftp:
    user: "FTP のユーザー名を入力"
    password: "FTP のパスワードを入力"
    host: "FTP のホスト名を入力"
    passive: true
    scheme: "ftps もしくは ftp かを入力" # default "ftp"

リモートの WordPress をローカルにダウンロード

では、以下のコマンドを実行し、 WordPress 全体をローカルにダウンロードします。

$ wordmove pull --all

これで、サイト全体をダウンロードすることができます。

また、部分ごとにダウンロードすることもできます。

//WordPress本体をダウンロード
$ wordmove pull -w
//メディアファイルをダウンロード
$ wordmove pull -u
//テーマをダウンロード
$ wordmove pull -t
//プラグインをダウンロード
$ wordmove pull -p
//言語ファイルをダウンロード
$ wordmove pull -l
//データベースをダウンロード
$ wordmove pull -d

また、 pull ではなく、 push にするとアップロードが開始されます。
間違えると、本当のサイトが壊れますので、注意です。

Internal Server Error

サイト全体をダウンロードし、アクセスすると、Internal Server Errorとなる場合があります。

その場合は、 wordpress フォルダ内の、「 .htaccess 」を削除すると、サイトが表示されます。
※意図的に .htaccess を変更していない場合。

データベースが同期されない場合

サイト全体のダウンロードが終わり、実際に vccw.test を開いてみると、サイトが初期状態のまま反映されていない場合があります。(私の場合がそれでした)
これはデータベースが同期されていないのが原因のようです。

そんな場合は、データベースのみ別にダウンロードして、ローカルのサイトに反映させる方法を使います。

まず、使っているサーバーから、 sql ファイルをダウンロードして、 vccw フォルダに保存します。

仮想マシンにログインする

データベースを反映させたいので、仮装マシンにログインしましょう。

$ vagrant ssh

データベースをリセットする

仮想マシンにログインした状態で、以下のコマンドを入力すると、データベースをリセットすることができます。

vagrant@vccw:~$ wp db reset
Are you sure you want to reset the 'wordpress' database? [y/n] y

ダウンロードした sql ファイルを反映させる

では、先ほどダウンロードした sql ファイルを反映させてみましょう。

vagrant@vccw:~$ cd /vagrant
vagrant@vccw:/vagrant$ wp db import ファイル名.sql

これで、ローカルでサイトが見れるようになったはずです。

文字列を変換する

このままでは、サイト内のリンク先がリモートのURLになっているので、不便です。
文字列の変換で、直しておきましょう。

vagrant@vccw:/vagrant$ wp search-replace '実際のサイトのURL' 'vccw.test'

最後に仮想マシンからログアウトしておきます。

vagrant@vccw:/vagrant$ exit

まとめ

私のように格安サーバーを使っている場合、 SSH が使えず、 FTP を使わざるをえない場合があります。
そんな訳で、今回は、 WordMove を使った FTP でのローカルとリモートのサイトの同期でした。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

gulp

gulpでsassをcssにコンパイル。インストール&便利な使い方。

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回は、gulpを使ってsassをcssに

リセットCSS は何を使う? 2018年ランキング5選紹介。

世間では年があけたと大騒ぎですが、私はいつでもオープンです。@It_is_Rです。 祝ってください。 Web開発でブラウザごとの表示の違いをリセットしてくれる リセットCSS というものがあり

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。【準備編】

いつもどうもです。@It_is_Rです。 少し前まで、私は FC2ブログ を使っていました。 やはり個性を大切にしたい私にとって、用意されたテンプレートを使うことに抵抗がありました。 「

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

HTML5とCanvasを使うべ!

小学生からのJavaScript。HTML5とCanvasを使ってみよう!

小学生からのプログラミング講座(こうざ)、第9弾です。 これまでの講座(こうざ)では、JavScriptの基本(きほん)について学び、キャラクターの操作(そうさ)ができるようになりました。 こ

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第五回目です。 今回から、本格的にテーマを作っていきます。 前回の記事はこちらです。 WordPres

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。