1. HOME
  2. »
  3. パソコン・Mac
  4. »
  5. Mac
  6. »
  7. MacでのHDDフォーマット方法。APFSなどの形式の違いもまとめて紹介!

MacでのHDDフォーマット方法。APFSなどの形式の違いもまとめて紹介!

外付けより浅漬け。@It_is_Rです。うまい。山田くーん、マット4枚!

今回は 外付けSSDやHDDをフォーマットする方法です。
APFSというファイルシステムから、コンテナという概念があり、フォーマットにすこし戸惑うことがあるかもしれません。

そういった内容も含め、分かりやすく紹介していきたいと思います。
今回の記事で使用しているOSはBig Surです。

この記事は2021/05/17に、最新の情報に書き直しております。

目次
  1. ディスクユーティリティの使い方
  2. フォーマット形式について
  3. ディスク、コンテナ、ボリューム……どれを選択すればいいの?
  4. SSDやHDDの全体をフォーマットする方法
  5. ボリュームをフォーマットする
  6. コンテナをフォーマットする
  7. まとめ

ディスクユーティリティの使い方

MacでSSDやHDDをフォーマットするとき、デフォルトで入っているディスクユーティリティというソフトウェアを使います。

では、ディスクユーティリティの使い方を見ていきましょう。

ディスクユーティリティを立ち上げる

Launchpad の 「その他」から「ディスクユーティリティ」を立ち上げます。

こちらがディスクユーティリティの画面となります。

サイドバーの表示方法について

SSDやHDDをフォーマットする上で、サイドバーの表示方法はとても重要になります。
というのも、どの部分が選択されているかしっかりと理解してフォーマットしないと、重要なデータが入ったドライブをフォーマットしてしまう可能性があるためです。

サイドバーは「非表示」、さらに「ボリュームのみを表示」と「すべてのデバイスを表示」から選ぶことができます。

「ボリュームのみを表示」を選択した場合、つぎのように表示されます。

また、「すべてのデバイスを表示」を選択した場合、つぎのように表示されます。

現在のフォーマットを知る

フォーマットしたいSSDやHDDがなにでフォーマットされているか見てみましょう。
サイドバーから、知りたいボリュームを選択します。
四角で囲まれた部分を見ると、現在のフォーマットが分かります。

この場合、exFATでフォーマットされていることが分かります。

フォーマット形式について

フォーマットの種類や方式は、色々とあって厄介なので、一覧でまとめました。

フォーマットの種類について

まず、フォーマットの種類になりがあるか紹介します。

  • APFS : Apple File System の略。Mac OS拡張フォーマット(HFS+) の根本的な問題解決が目的。 macOS High Sierra から導入された。macOS High Sierra より前の OS では使えないらしいが、今ではHigh Sierraよりも前のOSを使っている人も少ないと思うので、普通はAPFSを選ぶのがおすすめ。また、APFSはSSDに最適化されているが、HDDでも使用可能。
  • APFS(暗号化) : APFS の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。 macOS High Sierra以降のOSを使っていて、SSDを持ち運びたい人におすすめ。
  • APFS(大文字/小文字を区別): OSを入れる SSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • APFS(大文字/小文字を区別、暗号化) : 上と同じで、OS を入れるSSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング) : macOS High Sierra より前の OS も使いたい場合、こちらのフォーマットにしておかないと読み込めないとのこと。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化) : Mac OS拡張(ジャーナリング) の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング) : OS を入れる SSD や HDD で大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング、暗号化) : 上と同じで、OS を入れる SSD や HDD で大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • MS-DOS(FAT) : WindowsでもMacでも使用したい人。4GB以上のファイルを扱うことができないので注意。
  • exFAT : WindowsでもMacでも使用したい人。上述したMS-DOS(FAT)では4GB以上のファイルを扱うことができないので、WindowsでもMacでも使用したい人はexFATがおすすめ。

方式について

方式はこの三つです。大抵の人は GUID パーティションマップ を選べばいいと思います。 Windows も使いたいなら マスター・ブート・レコード を選ぶのが無難だと思います。

  • GUID パーティションマップ : IntelベースのMacを使用している場合はこれ。
  • マスター・ブート・レコード : Windowsも使いたいならこれ。でも一応GUID パーティションマップでも Windows で読み取れる。(読み取れない場合も結構あるみたいなので注意。)
  • Apple パーティションマップ : PowerPCベースのMacを使用している場合これ。

ディスク、コンテナ、ボリューム……どれを選択すればいいの?

フォーマットをしようとして最初に迷うのが、ディスク、コンテナ、ボリュームの、どれを選択してフォーマットすればいいのか、というところです。
(SSDはディスクなのか……とは思いますが、擬似ディスクドライブとも言われるので、ここではディスクとします)

  • ディスク(一番上): SSDやHDD全体がフォーマットされる
  • コンテナ(二番目): コンテナ、いわゆるパーティションごとのフォーマットができる
  • ボリューム(一番下): APFSではコンテナにボリュームを複数作成でき、そのボリュームごとのフォーマットができる

新しいUSBメモリを購入したとき、SSDやHDDの中身をすべて消してスッキリさせたいときなど、多くの場合は、一番上のディスクのフォーマットが当てはまると思います。

では、以下で詳しく見ていきましょう。

SSDやHDDの全体をフォーマットする方法

では、実際にSSDやHDDをフォーマットしてみましょう。
まず、SSDやHDD全体をフォーマットする方法です。

フォーマットしたいSSDやHDDを、下の画像のように選択します。
(もしAPFS以外でフォーマットされている場合、「コンテナdisk○」のようなものは表示されません)

そして「削除」をクリックします。

ここで、名前、フォーマット、方式を選ぶことができます。

あとは「削除」をクリックすれば、フォーマットがはじまります。

ボリュームをフォーマットする

特定のボリュームのみをフォーマットすることも可能です。
複数のボリュームがあった場合、上述したSSDやHDDの全体をフォーマットする方法では、すべてのボリュームが削除されてしまいます。

では、APFSでフォーマットされたSSDを例に、ボリュームをフォーマットしてみましょう。

サイドバーからフォーマットしたいボリュームを選択します。

「消去」をクリックします。

つぎに表示された画面で、フォーマットを選ぶことができます。

ここでの注意点は、 ボリュームのみのフォーマットでは、APFSからHFS+(Mac OS 拡張)へのフォーマットができないということです。方式の変更もできません。

また、ボリュームのフォーマットでも、HFS+(Mac OS 拡張)からAPFSへのフォーマットであれば可能です。

あとは「削除」をクリックすることで、フォーマットがはじまります。

コンテナをフォーマットする

APFSからはコンテナという概念が追加されました。
コンテナとは、パワーアップしたパーティションのようなものです。

Mac OS拡張(ジャーナリング)やexFATでフォーマットされている場合、以下の画像のように「コンテナdisk○○」のような表示はありません。

コンテナに複数のボリュームが作られた場合、それらのボリューム同士で、空き容量が共有されるようになります。
コンテナについて、詳しくはこちらをご覧ください。

さて、このコンテナをフォーマットすることもできます。

「削除」をクリックします。

コンテナであれば、APFSからHFS+(Mac OS 拡張)へのフォーマットも可能です。

あとは「削除」をクリックすれば、コンテナがフォーマットされます。

まとめ

今回はMacで外付けSSDやHDDをフォーマットする方法を紹介しました。

APFSからのコンテナという概念で、フォーマットにすこし戸惑うかもしれませんが、コンテナはパーティションのことだと考えれば、ディスクユーティリティの表示も理解しやすいのではないかと思います。

お役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【超かんたん!】GmailをMacのメールソフトで使う方法

GmailはGoogleが提供するフリーメールサービスです。ブラウザ上で操作することもできますが、もちろんメールソフトでGmailを使うことも可能です。 そして、MacのメールへのGmailア

Mac

【書き出し可能】Macのテキスト読み上げ機能を使う。

夢は大きければ大きいほど、どうせ叶わない。@It_is_Rです。 夢を見ていて幸せなのは、夢を見ている時だけです。その後、ほとんどの人に絶望が待ってますから気をつけた方がいいですよ。。。 さて、今

ssd

Macbook AirのSSDを1TBに交換してみたのでその手順を紹介するよ

私の脳は SSD 並です。@It_is_Rです。 Macbook って SSD の容量が小さいですよね。使っているとすぐに足りなくなってしまいます。 私は、もともと 128GB だった SSD

APFSコンテナってなに? ボリュームやパーティションとの違いをしっかり理解しよう

MacなどのApple製品では、ファイルシステムにAPFSが多く使われています。さて、このAPFSですが、他のフォーマット形式とは少し変わった特徴があります。なんと、パーティションを作成すると、コン

Macで読めない漢字を調べるMacのテラヤバく便利な方法。

漢字は読めるけど書けないことが多い@It_is_Rです。 皆様、本などを読んでいると読めない漢字が出てきて、その漢字を探すのに苦労することはありませんか? ネット上の文章ならば右クリックで検索

MacBook Air の液晶割れを自分で交換修理!!最も易しい方法を解説!!

MacBook Airの液晶が割れ、しばらく使うことができなかった、@It_is_Rです。 実はMacBook Airの液晶はかなり割れやすく、手で少し曲げただけで簡単に割れてしまうほどの素材な

Mac

みんなが使う共有PC(Mac)でイタズラしようぜ!!

前を見ろと言われると横を見る@It_is_Rです。 みなさま、イタズラは好きですか?困っている人を見るのは楽しいですか? そんなあなたにぴったりな記事を書きます。題して、「みんなが使う共有PC

Mac Book Airのバッテリーを 自分で交換!!

【画像付き】Macbook Air のバッテリーを自分で交換する方法!

Macbook Airを何年も使っていると、バッテリーの減りがものすごくはやくなります。 そうなるとバッテリーの交換が必要になってきますが、業者にお願いするとその分お金がかかります。 そこで今

Google Drive

MacのGoogleドライブで複数アカウントを切り替える方法。

最近、生きている気がしない@It_is_Rです。 オンラインストレージはとても便利ですよね。RはオンラインストレージにMacの大切なデータをバックアップする時によく使用しています。 万が一、持

Mac

【超簡単】Time MachineでMac全体のバックアップを取る方法!!

Macユーザーの皆さんこんにちわ。禍福は糾える縄の如しと言いますが、縄というよりも毛糸のようだと思います。@It_is_Rです。 糸は簡単に解け、幸福の道を歩む人と、不幸の道を歩む人に分かれます。そ

2件のコメント “MacでのHDDフォーマット方法。APFSなどの形式の違いもまとめて紹介!

  1. 外出できず時間もあるのでmacOSをCatalinaへ変更。ついでにHDDをFusionDrive化へと挑戦したら・・
    ターミナルの理論ボリームグループ作りで失敗
    顔面蒼白になって
    APFS から Mac OS拡張フォーマットに再度フォーマットする方法を探していたところ此処に辿り着きました。
    丁寧な設明でフォーマット出来て前に進む事が出来ました。
    ありがとうございました。

    1. >ChiAkiさん
      コメントありがとうございます。
      私の記事がお役に立てたようで、嬉しいです。

      このごろは大変な世の中になってしまいましたね。
      お互いに健康に気をつけて、この時期を乗り切りましょう。
      またよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です