1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. ハードウェア
  6. »
  7. ハードディスク(HD/HDD)

ハードディスク(HD/HDD)

ハードディスクハードディスクドライブ、HD、HDD)は、いろんなデータを保存ほぞんしておける機械きかいです。
おおくは、パソコンの中、テレビの中、などに入っていますが、そとにつけるタイプのものもあります。

また、よく役割やくわりをしてくれるものに、ソリッドステートドライブ(SSD)があります。

目次
  1. ハードディスク(ハードディスクドライブ、HD、HDD)とは
  2. もっとくわしいハードディスクの説明
  3. まとめ

ハードディスク(ハードディスクドライブ、HD、HDD)とは

わたしたちは、毎日まいにちいろんなことをおぼえながら、そしていろんなことをわすれながら、ごしています。
大切たいせつなことをわすれないようにするには、ノートにんでおくのがいいでしょう。

この、ノートが「ハードディスク」です。しかも、とっても分厚ぶあついノートです。

ハードディスクに書き込んでおいたものは、自分でさないかぎり消えません。
ノートに書いておいたものが、消しゴムで消さない限り消えないのと同じです。

もっとくわしいハードディスクの説明

ハードディスクおおくは、パソコンやテレビといったものの中に入っています。

パソコンであれば、テキストや画像がぞう動画どうがアプリなど、さまざまなデータを保存ほぞんしておくのに使つかわれます。
テレビであれば、録画ろくがしたテレビ番組ばんぐみなどを保存しておくのに使われます。

では、パソコンの中にあるハードディスクについて、かんがえてみましょう。
わたしたちが、大切たいせつなことをノートにむように、パソコンはハードディスクに書き込みます。(SSDに書き込むものも多いですが、SSDの役割やくわりハードディスクおなじです)

ハードディスクというノートには、画像や動画、音楽おんがくアプリだって書き込めます。
ノートに、いたり、パラパラマンガを描いたり、楽譜がくふ波形はけいを書いたり、なにかをするときの方法を書いたりするイメージです。ただ、ハードディスクは、絵も、パラパラマンガも、楽譜や波形も、方法も、すべて0と1を使って記録きろくしています。

ハードディスクに書かれているものは、自分じぶんしたりしなければ、消えることはありません。
そしてパソコンは、そのハードディスクを見て、そこから必要ひつようなものを使います。
たとえば、なにかのアプリ起動きどうしたとき、パソコンはハードディスクからアプリさがして、そのアプリ画面上がめんじょう表示ひょうじして、使わせてくれます。

アプリというのは、パソコンなどのコンピュータにたいして、「あれをやって、これをやって」というおおねがいが、たくさん書かれたものです。
文字もじ表示ひょうじして」とか、「ボタンをクリックしたらおとを出して」とか、そういったおおねがいがたくさんわさって、ひとつのアプリになっています。

つまりアプリは、「なにかをするための方法をノートにくわしくまとめたもの」と考えると、アプリ本当ほんとう姿すがたが見えてきます。
アプリうごかす、というは、パソコンがそのノートを見ながら「このときはこうするんだな」というふうに、動いてくれているわけです。ですので、パソコンでアプリを動かす、というよりも、アプリがパソコンを動かしている、という方が近いのかもしれません。

また、パソコンは、作業さぎょうをするとき、毎回まいかいハードディスクからデータをんでいるわけではありません。

ハードディスクから目的のものを探すのは、ちょっと時間がかかります。
ですので、読み込んだものを、とりあえず一時的いちじてきおぼえておいてくれるものがあります。

それが「メモリ」です。
このメモリのおかげで、パソコンがスムーズに動いてくれます。

いろんなことがまれたノートから、目的もくてきのページをさがすのは大変たいへんですよね。
苦労くろうして目的のページが見つかっても、ノートをじてしまえばまたからなくなってしまいます。
これではとても時間じかんがかかってしまいますよね

そんなとき、このページをいまだけ、とりあえず記憶きおくしてしまおう、と考える人も多いと思います。
そして、まさにそれをしてくれるのが、メモリ、というイメージです。
合わせておぼえてください。

まとめ

ハードディスクは、いろんなデータを保存ほぞんしておける機械きかいです。
とっても分厚ふあついノート、というふうにかんがえると、かりやすいと思います。

ノートには、いろんなものをむことができて、パソコンはそのノートを見ながら、アプリ使つかわせてくれたり、ノートにかれた画像がぞう表示ひょうじしてくれたり、音楽おんがく再生さいせいしてくれたりします。

また、そのノートのページを一時的いちじてきおぼえておいてくれるのが、メモリです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Mac(マック、Macintosh)

Mac《マック》は、Apple《アップル》という会社《かいしゃ》が作《つく》っているパソコンのことです。 Mac(マック)とは Mac《マック》は、Macintosh《マッキント

フラッシュメモリ(フラッシュROM)

フラッシュメモリ(フラッシュROM《ロム》)は、USBメモリ、SSD、SDカード、スマホのストレージ、などで使《つか》われている、メモリのことです。 ROMは、書《か》き込《こ》んだり消《け》

メモリ

メモリは、いろんなことを覚《おぼ》えておいてくれるものです。USBメモリ、フラッシュメモリ、メモリーカード、など、メモリっぽい言葉《ことば》はいろいろあります。 「メモリ」とだけ言った場合《ば

スマートフォン(スマホ)

スマートフォン(スマホ)は、まるでパソコンみたいに賢《かしこ》い、携帯電話《けいたいでんわ》のことです。 スマートフォン(スマホ)とは スマートフォン(スマホ)は携帯電話《けいた

RAM

RAM《ラム》(Random Access Memory《ランダムアクセスメモリ》)は、いろんなことを一時的《いちじてき》に覚《おぼ》えておいてくれるメモリのことで、メインメモリと同《おな》じ意味《

ROM

ROM《ロム》(Read Only Memory《リードオンリーメモリ》)は、読《よ》み込《こ》むことしかできないメモリのことです。 ……というのが、多《おお》くの方が使《つか》っている意味《

iPhone

iPhone《アイフォン》は、Apple《アップル》が作《つく》っているスマートフォンのことです。 iPhoneとは iPhone《アイフォン》は「りんごのマーク」がついたスマー

パソコン

パソコン(PC、パーソナルコンピュータ)は、インターネットを使《つか》ったり、メールを送《おく》ったり、ゲームをプレイしたりなど、いろんなことができる機械《きかい》のことです。 パソコ