RAM

RAMラムRandom Access Memoryランダムアクセスメモリ)は、いろんなことを一時的いちじてきおぼえておいてくれるメモリのことで、メインメモリおな意味いみです。

目次
  1. RAMとは
  2. もっとくわしいRAMの説明
  3. まとめ

RAMとは

RAMラムは、ハードディスクやSSDからんだものを、一時的いちじてきおぼえておいてくれるものです。
メインメモリと同じ意味いみで使われます。

たとえば、みなさんはノートにんで、いろんなことをおぼえているとします。
そのノートを、ちょっと手直てなおししたいな、と思ったとき、そのノートをんで、なにをノートに書き込むかをあたまのなかでまとめて、それからノートをなおしますよね。

この、頭の中に一時的に記憶きおくしておく、という役割やくわりをしてくれるのが「RAM」です。

そしてノートは、SSDやハードディスクといった、「ストレージ」にたります。

もっとくわしいRAMの説明

RAMラム」は、スマホやパソコンの「メインメモリ」のことです。

メモリというのは、このメインメモリ以外いがいにも、メモリっぽいものがたくさんあります。
USBメモリとか、メモリーカードとか、そういうものです。

しかし、USBメモリやメモリーカードといったものは、RAMではなくストレージです。

USBメモリ、メモリカード、SSD、ハードディスクなどは、ストレージの仲間なかまです。
これらは、スマホやパソコン電源でんげんったり、はずしたりしても、データがえることはありません。

しかし、スマホやパソコンのメインメモリ、つまりRAMは、パソコンスマホの電源を切ると、データは消えてしまいます。

でも、ストレージよりRAMの方が、たいていの場合ばあいはやいです。

では、ストレージとメインメモリ関係かんけいを、パソコンの場合をれいに、かんたんに説明せつめいします。

パソコンのデータは、SSDやハードディスクなどの、「ストレージ」に保存ほぞんされています。
ストレージは「ノート」とかんがえるとかりやすいです。
最近さいきんのストレージは、たくさんめるので、とっても分厚ぶあついノートです。

こういったストレージの多くは、きがおそいです。
分厚いノートから、目的もくてきのページをさがして、消しゴムで消して、鉛筆えんぴつで書きなおす、というふうなイメージです。

そして、そのノートから目的のページを見つけたら、とりあえずいまだけでいいので、内容ないようおぼえてしまっておきたいですよね。
だって、内容を覚えてしまわなければ、なんどもそのページを読み直さなければいけなくなってしまいますから。

そこで、ストレージから読み込んだものを、一時的いちじてきに覚えておいてくれるものがあります。
それが「RAM」、つまり「メモリ(メインメモリ)」です。

ノートに書き込んであるものを直そうとしたとき、考えたことをすべてノートに書き込んでいくとしたら、とっても大変たいへんですよね。
おそらくみなさんは、ノートを読んで、あたまの中でなにを書くべきかまとめて、それからノートに書き込むと思います。

それと同じで、どういったものを書き込むかまとめる、つまり頭の整理せいりをする、といったことが、このメモリ上でおこなわれます。

つまり、メモリ上で、どういったものを書き込むのかをまとめてから、それをノートに書き込むので、何度なんどもノートを読み直したり、何度も消しゴムで消して鉛筆で書き直したり、といったことをしなくてもよくなります。
ですので、その分、うごきがスムーズになります。

ではここで、具体的ぐたいてきはなしをしてみましょう。

たとえば、ハードディスク保存ほぞんされた、テキストデータをひらいたとします。
するとまず、ハードディスクにあるそのテキストデータを、メインメモリ記憶きおくしてくれます。つまり、開いたテキストデータは、いまはメモリにコピーされている、ということになります。
そして、テキストの編集へんしゅうメインメモリの上で行なわれます。
編集がわってそのテキストデータを保存したとき、メインメモリが覚えておいてくれた編集後へんしゅうごのデータが、ハードディスクに保存されます。

これが、パソコンでデータをえるときのながれです。

また、RAMとよく言葉ことばに、ROMロムというものがあります。
ROMは「Read Only Memoryリードオンリーメモリ」をみじかくしたもので、「みだけのメモリ」という意味です。
アーティストのCDや、ゲームソフトのディスク、映画えいがBlu-rayブルーレイなどが、ROMと呼ばれるものです。

RAMROMは、文字としてはとても似ていますが、実際じっさいはまったくちがうものです。

RAMが一時的な記憶きおくなのにたいして、ROMたとえるならば、本です。
消すことも、書き込むこともできません。ただ、読むことしかできないものです。

まとめ

RAMラムは、SSDやハードディスクなどのストレージからみ込んだものを、一時的いちじてきおぼえておいてくれるものです。

スマホやパソコンに入っているメモリ(メインメモリ)とRAMといいます。

ストレージは、スマホやパソコン電源でんげんったり、はずしたりしても、データはえません。
しかしRAMは、スマホやパソコンの電源を切ると、データが消えてしまいます。

ストレージに保存ほぞんされたものを、いったんRAM(メインメモリ)が覚えてくれて、そこで編集へんしゅうするという仕組しくみにすることで、スムーズにスマホやパソコン操作そうさすることができるようになっています。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

ハードディスク(HD/HDD)

ハードディスク(ハードディスクドライブ、HD、HDD)は、いろんなデータを保存《ほぞん》しておける機械《きかい》です。多《おお》くは、パソコンの中、テレビの中、などに入っていますが、外《そと》につけ

フラッシュメモリ(フラッシュROM)

フラッシュメモリ(フラッシュROM《ロム》)は、USBメモリ、SSD、SDカード、スマホのストレージ、などで使《つか》われている、メモリのことです。 ROMは、書《か》き込《こ》んだり消《け》

Mac(マック、Macintosh)

Mac《マック》は、Apple《アップル》という会社《かいしゃ》が作《つく》っているパソコンのことです。 Mac(マック)とは Mac《マック》は、Macintosh《マッキント

iPhone

iPhone《アイフォン》は、Apple《アップル》が作《つく》っているスマートフォンのことです。 iPhoneとは iPhone《アイフォン》は「りんごのマーク」がついたスマー

スマートフォン(スマホ)

スマートフォン(スマホ)は、まるでパソコンみたいに賢《かしこ》い、携帯電話《けいたいでんわ》のことです。 スマートフォン(スマホ)とは スマートフォン(スマホ)は携帯電話《けいた

メモリ

メモリは、いろんなことを覚《おぼ》えておいてくれるものです。USBメモリ、フラッシュメモリ、メモリーカード、など、メモリっぽい言葉《ことば》はいろいろあります。 「メモリ」とだけ言った場合《ば

パソコン

パソコン(PC、パーソナルコンピュータ)は、インターネットを使《つか》ったり、メールを送《おく》ったり、ゲームをプレイしたりなど、いろんなことができる機械《きかい》のことです。 パソコ

ROM

ROM《ロム》(Read Only Memory《リードオンリーメモリ》)は、読《よ》み込《こ》むことしかできないメモリのことです。 ……というのが、多《おお》くの方が使《つか》っている意味《

オリジナルゲーム.com