メモリ

メモリは、いろんなことをおぼえておいてくれるものです。
USBメモリ、フラッシュメモリメモリーカード、など、メモリっぽい言葉ことばはいろいろあります。

メモリ」とだけ言った場合ばあいには、スマホやパソコンなどに入っている、一時的いちじてきにデータを記憶きおくしてくれる「メインメモリ」をすことがおおいです。

しかし、スマホはなしをしているときに「メモリ」という言葉ことばが出てきたら、スマホのなかの保存場所ほぞんばしょ(ストレージ)のことを指していることもありますし、メインメモリとストレージの両方りょうほうを指していることもあります。

また、メインメモリのことを、「RAMラムランダムアクセスメモリ)」ともいいます。

目次
  1. メモリとは
  2. もっとくわしいメモリの説明
  3. まとめ

メモリとは

まず、「メモリ」は「メインメモリ」のことをしている場合ばあいおおいです。
メインメモリは、ハードディスクやSSDからんだものを、一時的いちじてきおぼえておいてくれるものです。

たとえば、みなさんはノートにんで、いろんなことをおぼえているとします。
そのノートを、ちょっと手直てなおししたいな、と思ったとき、そのノートをんで、なにをノートに書き込むかをあたまのなかでまとめて、それからノートをなおしますよね。

この、頭の中に一時的に記憶きおくしておく、という役割やくわりをしてくれるのが「メインメモリ」です。
そしてノートは、SSDやハードディスクといった、「ストレージ」にたります。

しかし「メモリ」は、とても意味いみひろ言葉ことばで、場合によってはストレージのことも「メモリ」とったりします。

もっとくわしいメモリの説明

パソコンでは、データをSSDやハードディスク保存ほぞんします。

ときには、USBメモリや、SDカード、CDなどにも保存したりします。

さて、これらは、メモリっぽいものです。
とくにUSBメモリだなんて、もう名前なまえからしてメモリです。

しかし、これらをメモリんでしまうと、「メインメモリ」のことなのかなんなのか、よく分からなくなってしまいます。
そこで、こういったものはあえてメモリといわずに、「ストレージ」ということも多いです。

ストレージは、自分でさないかぎり、んだものが消えることはありません。
ノートのようなものだと考えてください。書き込んだものは、消しゴムで消さなければ、消えることはありません。
しかも、最近さいきんのストレージはすごくたくさんのものを書き込むことができるので、とっても分厚ぶあついノートです。

こういったストレージの多くは、きがおそいです。
分厚いノートから、目的もくてきのページをさがして、消しゴムで消して、鉛筆えんぴつで書きなおす、というふうなイメージです。

そして、そのノートから目的のページを見つけたら、とりあえずいまだけでいいので、内容ないようおぼえてしまっておきたいですよね。
だって、内容を覚えてしまわなければ、なんどもそのページを読み直さなければいけなくなってしまいますから。

そこで、ストレージから読み込んだものを、一時的いちじてきに覚えておいてくれるものがあります。
それが「メモリ」です。

ノートに書き込んであるものを直そうとしたとき、考えたことをすべてノートに書き込んでいくとしたら、とっても大変たいへんですよね。
おそらくみなさんは、ノートを読んで、あたまの中でなにを書くべきかまとめて、それからノートに書き込むと思います。

それと同じで、どういったものを書き込むかまとめる、つまり頭の整理せいりをする、といったことが、このメモリ上でおこなわれます。

つまり、メモリ上で、どういったものを書き込むのかをまとめてから、それをノートに書き込むので、何度なんどもノートを読み直したり、何度も消しゴムで消して鉛筆で書き直したり、といったことをしなくてもよくなります。
そして、その分、うごきがスムーズになります。

ではここで、具体的ぐたいてきはなしをしてみましょう。

たとえば、ハードディスクに保存された、テキストデータをひらいたとします。
するとまず、ハードディスクにあるそのテキストデータを、メインメモリ記憶きおくしてくれます。つまり、開いたテキストデータは、いまはメインメモリにコピーされている、ということになります。
そして、テキストの編集へんしゅうメインメモリの上で行なわれます。
編集がわってそのテキストデータを保存したとき、メインメモリが覚えておいてくれた編集後へんしゅうごのデータが、ハードディスクに保存されます。

これが、パソコンでデータをえるときのながれです。

また、メインメモリパソコン電源でんげんると、すべてわすれてしまいます。
テキストの編集中へんしゅうちゅうパソコンの電源が消えてしまったりすると、編集中のデータが消えてしまうのはこのためです。

つまりメインメモリがデータを覚えていてくれるのは、一時的なものです。
こういった、一時的にデータを覚えておいてくれるメモリを、「RAMラムランダムアクセスメモリ)」といいます。

さて、ここまでが「メインメモリ」についての説明せつめいです。
しかし、スマホの話のときに使われる「メモリ」は、この意味いみではなかったりします。

上のように、「RAMラム」と「ROMロム」のふたつをわせて「メモリ」、というかたたことがある人も多いと思います。

これまで、「メインメモリ」の意味で「メモリ」という言葉ことばを使ってきたとしたら、この書き方に、ちょっとっかかるな、とかんじるかもしれません。

ただ、RAM(ランダムアクセスメモリ)も、ROM(リードオンリーメモリ)も、たしかにメモリです。

ですので、スマホはなしで「メモリ」という言葉が出てきたら、「メインメモリ」のことを言っているのか、「ストレージ」のことを言っているのか、もしかしたら両方りょうほうなのか、というのを、そのときそのときで判断はんだんする必要ひつようがある、ということになります。

ROMは、ほんとうは、「みだけのメモリ」という意味です。
しかしある日、書き込みや削除さくじょができるROMというものが発明はつめいされてしまいました。

それが「フラッシュROM」というもので、またの名を「フラッシュメモリ」といいます。

フラッシュROMは、USBメモリ、SSD、SDカード、そしてスマホのストレージ、などに使われています。

まとめ

メモリは、いろんなものをおぼえておいてくれるものです。

USBメモリメモリーカード、といった、メモリっぽい言葉ことばがいっぱいありますが、たんに「メモリ」と言ったときは、スマホやパソコンに入っている、一時的いちじてきにデータを覚えておいてくれるもの(メインメモリ)をしていることがおおいです。

メインメモリを、「RAMラムランダムアクセスメモリ)」ともいいます。

ハードディスクやSSDなどのストレージは、だいたいメモリよりもきがおそいです。
ストレージのデータを一時的にメインメモリに保存しておいて、そこでいろんなことをおこなうという方法ほうほうにすることで、スマホやパソコンが、スムーズにうごくようになっています。

また、スマホはなしのときに「メモリ」という言葉が出てきたら、メインメモリのことか、ストレージのことか、それとも両方りょうほうのことなのか、そのときそのときで判断はんだんする必要ひつようがあります。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

RAM

RAM《ラム》(Random Access Memory《ランダムアクセスメモリ》)は、いろんなことを一時的《いちじてき》に覚《おぼ》えておいてくれるメモリのことで、メインメモリと同《おな》じ意味《

ROM

ROM《ロム》(Read Only Memory《リードオンリーメモリ》)は、読《よ》み込《こ》むことしかできないメモリのことです。 ……というのが、多《おお》くの方が使《つか》っている意味《

ハードディスク(HD/HDD)

ハードディスク(ハードディスクドライブ、HD、HDD)は、いろんなデータを保存《ほぞん》しておける機械《きかい》です。多《おお》くは、パソコンの中、テレビの中、などに入っていますが、外《そと》につけ

スマートフォン(スマホ)

スマートフォン(スマホ)は、まるでパソコンみたいに賢《かしこ》い、携帯電話《けいたいでんわ》のことです。 スマートフォン(スマホ)とは スマートフォン(スマホ)は携帯電話《けいた

Mac(マック、Macintosh)

Mac《マック》は、Apple《アップル》という会社《かいしゃ》が作《つく》っているパソコンのことです。 Mac(マック)とは Mac《マック》は、Macintosh《マッキント

パソコン

パソコン(PC、パーソナルコンピュータ)は、インターネットを使《つか》ったり、メールを送《おく》ったり、ゲームをプレイしたりなど、いろんなことができる機械《きかい》のことです。 パソコ

フラッシュメモリ(フラッシュROM)

フラッシュメモリ(フラッシュROM《ロム》)は、USBメモリ、SSD、SDカード、スマホのストレージ、などで使《つか》われている、メモリのことです。 ROMは、書《か》き込《こ》んだり消《け》

iPhone

iPhone《アイフォン》は、Apple《アップル》が作《つく》っているスマートフォンのことです。 iPhoneとは iPhone《アイフォン》は「りんごのマーク」がついたスマー

オリジナルゲーム.com