1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. ターミナル
  6. »
  7. 【Mac】ローカルにWebサーバを立ち上げる超簡単な方法!

【Mac】ローカルにWebサーバを立ち上げる超簡単な方法!

JavaScriptを使ってWebページなどの開発をしていると、Google ChromeやSafariなどのブラウザでうまく開けない場合が稀にあります。
そんな時、ローカルにWebサーバを立ち上げて実行することで、うまく読み込まれる場合があります。

また、JavaScriptを使ったブラウザゲームなどを開発している場合、ローカルの環境ではうまく動作していたものが、サーバ上に保存したらうまく動作しなくなったという場合もありますので、実際にサーバを立ち上げて動作チェックを行なった方が懸命です。

そこで、今回はローカルにWebサーバを簡易的に立ち上げる方法を紹介します。

今回はMacでGoogle Chromeを使用した場合を例に、紹介していきたいと思います。

実際の状況

例えば、JacaScriptでコードを書いて、そのコードは間違っておらず、HTMLからもちゃんと呼び出したにも関わらず、画面が真っ白になる場合があります。

デベロッパーツールのConsoleを見てみると、このように表示されています。

Failed to load file:///xxxx/xxxx.js: Cross origin requests are only supported for protocol schemes: http, data, chrome, chrome-extension, https.

今回の方法はこのような状況になった場合に有効な方法です。

ターミナルでのディレクトリ移動について

実際にサーバを立ち上げる前に、ターミナルでのディレクトリ移動を紹介します。

このあと紹介するサーバを立ち上げる方法は、ターミナルを使って行ないます。
今現在Webサイトを作成している場合、そのWebサイトのフォルダを作って、その中で作成していると思います。
サーバを立ち上げるには、そのディレクトリ(フォルダ)に移動して、コマンドを実行してあげる必要があります。

では、ディレクトリ(フォルダ)の移動方法です。
移動にはcdというコマンドを使います。

$ cd xxx/xxx/xxx/webサイトのフォルダ

このように、そのフォルダまでの場所を入力しますが、これを簡単に行なう方法があります。
ターミナル

cd 」と入力した後に、フォルダをターミナルに向かってドラッグするのです。
そうすることで、そのフォルダまでのパスが自動的に入力されます。(cdの後ろには半角スペースが必要)

phpコマンドを使う方法

phpコマンドを使ってローカルにサーバを立てる方法です。
ターミナルに以下のコマンドを入力してください。

$ php -S localhost:8080

その後、http://localhost:8080にアクセスすることにより、index.htmlやindex.phpが読み込まれます。

この方法ですと、index.phpファイルなどのPHP形式のファイルをブラウザで開くこともできます。

pythonコマンドを使う方法

次にpythonコマンドを使う方法を見ていきましょう。
ターミナルに以下のコマンドを入力します。

$ python -m SimpleHTTPServer 8080

その後、http://localhost:8080にアクセスすることにより、index.htmlが読み込まれます。

先ほどの方法だとPHP形式のファイルを開くことができたのに対し、この方法ではPHPには対応しておりません。

live-serverを使う方法

node(npm)がインストールされている場合、live-serverをインストールしてローカルWebサーバを立ち上げることができます。

$ npm init -y
$ npm install live-server
$ live-server
Serving "xxxx" at http://127.0.0.1:8080

その後、atの後に表示されたurl(今回であればhttp://127.0.0.1:8080)にアクセスすることで、index.htmlが読み込まれます。

この方法も同様にPHPには対応しておりません。

まとめ

JavaScriptなどを扱っていると、コードは間違っていないにも関わらず、ブラウザでうまく読み込めない場合があります。
また、ローカルとサーバ上では動きが異なってくる場合もあります。

そんな時の解決方法として、ローカルにサーバを立ち上げるという方法があります。
今回はそんな時に役立つ、超簡単にローカルにWebサーバを立ち上げる方法を紹介しました。
とても簡単にできる方法なので、気になった方はぜひやってみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Local by Flywheel

一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。 Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。 今回はこれを使って、ローカルに

【Android Studio】開発したアプリの実機テストを行う方法。

どうも、頭がすっからかんの@It_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法

前にBootStrap4の記事を書いていましたが、日にちが空いてしまいましたね。@It_is_Rです。 前回は全体的な機能とアラートの使い方を紹介しました。 今回はバッジの使い方を紹介していき

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

キーボードで画像を動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キー入力でキャラを動かしてみよう!

小学生からのプログラミング入門講座(にゅうもんこうざ)、第7弾です。 前回はHTMLでりこちゃんの画像を表示し、クリックすると前に一歩動くというのをJavaScriptで作りました。 Java

WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

ドラクエとかにテンプレートっていう武器ありそうですね。@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第4回目です。 今回はテーマを作成する上で、重要な知識を書いていこうと思いま

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

bootstrap3

Bootstrap3でサイト制作するための、準備と初期設定。

ゲーム制作は順調にすすんでいます。このまま順調にいけば、今月か来月までには完成できそうです。@It_is_Rです。 さて、今回はBootstrap3によるサイト制作の入門講座です。 このBoo

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。