1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. ExifCleanerの使い方。画像のExif情報(メタデータ)を削除する方法

ExifCleanerの使い方。画像のExif情報(メタデータ)を削除する方法

ExifCleanerは、画像や動画、PDFなどのファイルのExif情報やメタデータを削除してくれるアプリです。
WindowsMac、Linuxで使うことができます。

とても素早くかんたんにExif情報やメタデータを削除でき、しかも無料で使うことができます。

今回はそのExifCleanerの使い方を紹介します。

目次
  1. Exif情報について
  2. ExifCleanerのインストール
  3. ExifCleanerの使い方
  4. ExifCleanerが対応しているファイル形式
  5. まとめ

Exif情報について

画像ファイルには、撮影した場所や日付、カメラの設定など、さまざまな情報が含まれている場合があります。
この情報をExif情報といいます。

Exif情報は、場合によっては個人情報が含むので、画像をそのまま不特定多数の人に共有するのは、予期せぬ問題を引き起こす可能性があります。

ExifCleanerのインストール

まず、ExifCleanerの公式サイトこちらです。

上記サイトのリンクから、GitHubへのリンクがあり、そこから自分の環境に合ったものをダウンロード可能です。

また、Macユーザであれば、Homebrewを使ってインストールすることもできます。

$ brew install --cask exifcleaner

Homebrewについてくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ExifCleanerの使い方

ExifCleanerを開くと、次のような画面が表示されます。

使い方はとてもかんたんで、Exif情報を削除したいファイルを、この画面にドラッグ&ドロップするだけです。

たったこれだけで、その画像のExif情報は削除されているはずです。(一応、ご自身でご確認ください)

ExifCleanerが対応しているファイル形式

ExifCleanerではさまざまなファイルの形式に対応しているようです。

画像ファイルであれば、JPG、PNG、GIF、TIFF、動画ファイルであれば、MP4、MOVなどに対応しており、さらにはPDFなど、かなり多くのファイルに対応しています。

参考:https://github.com/szTheory/exifcleaner

まとめ

ExifCleanerは画像などのファイルのExif情報やメタデータを削除してくれるアプリです。

不特定多数の人と画像などのファイルを共有するときなどは、Exif情報を削除しておきたいものです。
そんなときは、ExifCleanerを使うと、とてもかんたんにExif情報やメタデータを削除することができます。

またExifCleanerでは、画像ファイルだけでなく、動画やPDFなど、数多くのファイル形式に対応しています。

ぜひ一度お試しください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com